貴族

検索結果:116件

  • Weather -雨々しい公子と霧っとした神姫-

    ぜひ表紙をご覧になってください

    79,634

    1,329


    2022年5月26日更新

    魔法の存在する世界を舞台として、非力な貴族のボンボンと半神半人の巫女の出会い、触れ合い、旅立ち、別れ、再会、諍い、その他諸々を描いています。 カクヨム、ノベルアップ+、アルファポリスでも掲載しています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間30分

    この作品を読む

  • 世界最強の魔導師にして歴代最年少の少年王は聖女を溺愛してる

    ショタは世界最強です

    1,200

    0


    2022年5月25日更新

    神の末裔が治めるエルトリア王国の第二十九代国王の名はタルキウス。十一歳という幼さながら、全知全能の神の血を色濃く継ぐ彼は“黄金王”と呼ばれて絶対君主として君臨している。 だが、国内には黄金王の政策に反発する貴族達、国外には世界の覇権を懸けて争う大国と敵ばかり。 それでも幼い王には微塵の不安もない。なぜなら傍らには常に最愛の女性、聖女リウィアがいるからだ。 「タルキウス様は最強ですから絶対、誰にも負けません!」 「リウィアが信じてくれる限り、俺は誰にも負けないよ!」 これは世界最強の少年王による政争と戦争の物語。 そして彼を甘やかしがちで過保護な聖女との甘々な物語。

    読了目安時間:3時間14分

    この作品を読む

  • 異世界に自由に行けてレベルアップ!!虐げられてきた日常を吹き飛ばせ!!~異世界と日本を行き来して二つの世界で無双する!~

    5月25日なろうで日間4位!1

    0

    0


    2022年5月25日更新

    ※毎日AM7時更新※〖あらすじ〗主人公の同級生から醜いと言うことで虐めを受けている優斗は神様から異世界へのドアとゴッドスキルを三つ貰う。異世界へのドアは異世界と日本を行き来できる神器だった。優斗は異世界のドアを使い異世界に行く。異世界はゲームの様な世界で魔物を倒すとレベルが上がり強く成る。スキルと力を得る。力を持った優斗は日本に戻っても穏やかな生活に戻れなかった。そして多くの少女たちに出会っていく。地球で出来ないことを異世界で楽しみ、異世界で出来ないことを地球で楽しむ。異世界と地球で楽しみながら成り上がっていく話です。初めての作品です。法律を破るような話が出てきます。初めに誤っておきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間47分

    この作品を読む

  • ミセス・アンティークのお人形

    第三回勉強会掌編

    3,200

    0


    2022年5月24日更新

    ミセス・アンティークは古物収集にご熱心なご婦人。毎回珍しいものを集めては、皆に自慢する。 十二の「僕」は、風邪で休んだ姉の代わりに彼女のコレクションを目にすることになる。 貼り合わせたオパールは、ダブレットという技法を使っています。ラピスラズリなど、キラキラ光る石の上に、ガラスや水晶など透明感ある石を貼り合わせると綺麗なのです。宝石そのものの価値としては低いのですが、独特の美しさがありますよ。気になる方は「ダブレット ジュエリー」とかで検索してみてください。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 妹のふりして婚約を断ってこいと言われたけど、俺、男だよ?

    舞台は異世界 内容はコメディです

    200

    0


    2022年5月23日更新

    妹に縁談が舞い込んだ! と言うか、親がうっかり約束をしてきてしまった! 泣いている妹を宥めている親に「気付かれないように妹のふりしてやんわり断ってこい!」って言われたけど・・・え? 俺、男だよ? 何言ってんの? 無理に決まってるじゃん そんな真っ当な主張は受け入れられず、ドレスだけを着せられて馬車に放り込まれてしまった俺の、新年早々一人だけ不幸なコメディ

    読了目安時間:52分

    この作品を読む

  • 公爵家3男に転生しました。顔を隠して、平穏に生きようと思います。

    顔が…と噂されている少年は…? 毎日更新

    0

    0


    2022年5月23日更新

    ※独自の貴族のルールなどあります。現実のルールと違ったりしてもそれであっていますので、そんなもんだと思って、ご指摘等はご遠慮下さい。 ―――僕は公爵家の3男に転生した。 生まれて少しして前世の記憶が戻ってから、自分の顔を見ると美少年で嬉しく思うも、皆、自分の顔を見ると黙ってしまったり、目を合わせてもらえなかったりする。 この世界では顔がいい基準が違うのかと思い、できるだけ顔を隠そうと考え、メガネと、マスクで顔を隠すようになる。 だが良かったこともあり、僕の目の色は、魔力が最も強いとされている虹色?で、時によって目の色が変わったりする。 魔力が目にまで現れるほど、この世界で一番強い魔力を手に入れたのだ。 そのおかげで、僕の顔が悪いと言われてても、魔法オタクたちの友人もたくさんいるし、学園生活も楽しい。 そんな僕は、これからも魔法で生き残ろうと思います。 ・表紙→Picrew table___様 はりねず版男子メーカー

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 悪魔少女は旅に出る

    母を殺された少女が真実を知る為旅に出ます

    0

    0


    2022年5月22日更新

    不吉な銀髪の髪と紅い瞳をもって生まれた公爵家の1人娘、アリシラ。 不吉だと言われ外では悪口を言われ続けた幼いアリシラは父親からの言われで家を出なくなった。 そんなアリシラを気味悪がらず、愛し育ててくれたのは母親セシリアだった。 天使、女神だと謳われてきた母がアリシラは大好きだった。 _____しかし、突然セシリアが殺された。 この事件はどうやら、セシリアの助けた青年が関わっているようだ。 アリシラはその青年と共に、母親が殺された真実を知る為旅へと出かける。 一体何故母は殺されたのか? 旅を進めるほどに、少女は知っていくだろう。 だが、大切な友もそして敵も、この旅を阻む。 助けるのは青年と、旅で出会う人々。 旅は道連れ。 そして、帰るまでが旅。

    読了目安時間:1時間10分

    この作品を読む

  • ある日、五人の貴族のどら息子たちがとある一冊の本をみつける。その本には、勇者のことが書かれていた。 五人はその本に影響され勇者にあこがれる。そして冒険者となり、苦難の道を歩むことを決意し身分をすて国を出て旅立った。 だがそんな中、五人を英雄とまつり上げようとするもが現れる。 そして、ここから五人の冒険ストーリーが始まるのだった。 今作品は、願望の宝玉編のみ掲載です。 【”勇者”に憧れたはずだったのに――?! キャッチコピー:ろーぐ様作】 ✩୭⋆*✦*⋆୭*✩ *カクヨム先行掲載、小説家になろう、アルファポリス、エブリスタにも掲載* 【五勇戯貴族〜俺たちは冒険者になり勇者になる! いえあなた方は英雄となるのです!〜*願望の宝玉編*】から【五勇戯貴族〜俺たちは勇者に憧れ冒険者になった。だけど英雄になれと言われたので、勇者になる夢を抱いたままその道を進もうとおもう〜*願望の宝玉編*】にタイトルを変更しました! 表紙と挿絵イラスト:もけもけこけこ様の作品に付き不正使用、無断転載、無断転売、自作発言を禁止します!

    読了目安時間:2時間0分

    この作品を読む

  • 終止符を君の手で

    内気な主人公が騒動に巻き込まれる話です

    11,500

    0


    2022年5月5日更新

    侯爵家の四兄弟の末っ子、リンジー・ダールトンは幼い頃の事件をきっかけに、身内以外の男性に恐怖心を抱くようになってしまう。結婚を諦めた彼女は、家を出て宮殿で働く道を選んだ。 しかし侍女として働こうとした矢先、宮殿で不穏な計画を耳にしてしまう。国家機密を知ってしまった彼女は拘束され、計画にも関わる若き公爵との結婚を命じられる。家族を人質にとられ、結婚を承諾したリンジーはやがて、国を揺るがす騒動に巻き込まれていく──。 諸国の思惑に翻弄されながら、内気な少女が蓋をしていた過去と向き合い、大切なものを守るために踏み出していく物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間6分

    この作品を読む

  • 無敵の公爵令嬢と名無しのジョン

    がんがんいこうぜな令嬢と受け身令息のお話

    0

    0


    2022年5月3日更新

    家族から愛されて何不自由なく育った公爵令嬢のフランチェスカは、ようやく成人を迎え、自分を磨きに磨いて臨んだ舞踏会で、最近いい雰囲気だったはずの令息と大喧嘩してしまう。その場をおさめてくれたのはちょっと地味な年上の誰かさんだった。自己肯定感マシマシなお嬢様が、ちょっと後ろ向きな名無しさんに恋をしてどったんばったんする話。 ※他サイトで重複投稿しています。 ※長編の「終止符を君の手で」の関連作品ですが、単体でもお読みいただけます。

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • エトワールブリヤント【改訂版】

    通常版を分割で読みやすくした改訂版です。

    1,000

    0


    2022年5月2日更新

    行商人として旅をするお話。 エトワールブリリアントの改訂版です。

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • 晦冥の朔鬼《かいめいのさくき》

    平安時代のSFオリエンタルファンタジー

    7,600

    0


    2022年4月29日更新

    周波数渡航者《フレクエンティア・トラベラー》の一族に生まれた主人公、桂 香砂《けい こうしゃ》がやってきたのは、数ある地球の中でも、古代から中世の文明レベルの地球にある慶安時代の葦原国。 香砂はその類稀なる力を見込まれ、望んでもいないのに羽林《うりん》という武官にとっては花形ともいえる部署に所属し、皇帝家とその住居がある内裏を護る日々……のはずだった。 京《みやこ》を魔の者たちから守っていたはずの太門《たいもん》が何者かによって破られ、そこからあふれ出した妖魔《もののけ》が人々を襲いだしたのだ。 香砂《こうしゃ》は武闘派の親王たちと共に、連日妖魔退治に駆り出され、意図しない功績を積み重ねていく。 なるべく人とかかわらないように生きていけるよう頑張っていたのが水の泡。 そんな矢先、さらなる事件が起きる。 戦闘後は焼き払うはずの妖魔の屍を、持ち帰っている不審な人物を目撃してしまったのだ。 それが始まりだった。 香砂は不審人物を追いかけたその日から、内裏のみならず、国を巻き込む仄暗い陰謀と策略の中へと放り込まれていく。 果たして、すべてを解き明かすことはできるのか。 家族を巻き込むことなく、黒幕を突き止め、決着をつけることはできるのか。 人とかかわることを嫌い、出来ることならば家の布団の中で読書をして過ごしていたい。 そんな引きこもり気質でコミュニケーションがへたくそな主人公が、闇深き謎を馬鹿力と魔法で解決していく少し緩めのオリエンタルダークファンタジー、はじまりはじまり。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間45分

    この作品を読む

  • エトワールブリヤント

    【4/26更新】第3話公開しました!

    1,100

    0


    2022年4月26日更新

    能力を持たない令嬢のお嬢様が、行商人として旅を しながら人々の弱さに触れ合っていくお話です。特別な力が無くても、人は自分を変えていく力も、 人の心を動かせる力も持っている。 現実は願っても力なんて与えられない。 今ある自分の力でしか戦えないけれど、力を与えられるより掴みに行く姿を描くお話です。 これは、輝きを持った星たちが弱さと向き合う物語。 よろしければ応援頂けましたら嬉しいです。

    読了目安時間:1時間18分

    この作品を読む

  • 「君を愛する事はできない」 新婚初夜に旦那様から聞かされたのはこんな台詞でした。 貴族同士の婚姻です。愛情も何もありませんでしたけれどそれでも結婚し妻となったからにはそれなりに責務を果たすつもりでした。 元々貧乏男爵家の次女のわたくしには良縁など望むべくもないとは理解しておりました。 まさかの侯爵家、それも騎士団総長を務めるサイラス様の伴侶として望んで頂けたと知った時には父も母も手放しで喜んで。 決定的だったのが、スタンフォード侯爵家から提示された結納金の金額でした。 それもあってわたくしの希望であるとかそういったものは全く考慮されることなく、年齢が倍以上も違うことにも目を瞑り、それこそ父と同年代のサイラス様のもとに嫁ぐこととなったのです。 何かを期待をしていた訳では無いのです。 幸せとか、そんなものは二の次であったはずだったのです。 わたくしの人生など、嫁ぎ先の為に使う物だと割り切っていたはずでした。 女が魔法など覚えなくともいい それが父の口癖でした。 洗礼式での魔力測定ではそれなりに高い数値が出たわたくし。 わたくしにこうした縁談の話があったのも、ひとえにこの魔力量を買われたのだと思っておりました。 魔力的に優秀な子を望まれているとばかり。 だから。 「三年でいい。今から話す条件を守ってくれさえすれば、あとは君の好きにすればいい」 とこんなことを言われるとは思ってもいなくて。 新婚初夜です。 本当に、わたくしが何かを期待していた訳ではないのです。 それでも、ですよ? 妻として侯爵家に嫁いできた身としてまさか世継ぎを残す義務をも課されないとは思わないじゃ無いですか。 もちろんわたくしにそんな経験があるわけではありません。 それでもです。 こんなふうに嫁ぐ事になって、乳母のミーシャから色々教えて貰って。 初夜におこなわれる事についてはレクチャーを受けて、覚悟してきたのです。 いくらなんでもあんまりじゃないでしょうか。 わたくしの覚悟は、どうすればいいというのでしょう?

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 亡国の奴隷王子と囚われの奴隷騎士~二人の少年は友情で成り上がる~

    元王子が親友と共に復讐を目指す物語。

    15,800

    20


    2022年4月15日更新

    ガリア大陸の三分の一を支配する大国ヴェルサイユ王国の第七王子ローラン・ド・ヴェルサイユは母親の身分が低かったために冷遇され宮廷ではその存在をほぼ黙殺されていた。 しかし、それでもローランは幸せだった。 なぜなら、常にその傍らには同い年の親友オリヴィエ・ド・ランヌがいたからだ。 ローランに仕える騎士オリヴィエとの日々はローランにとっては何よりの宝物であり、二人は慎ましくも幸せな日々を過ごしていた。 だが、聖歴一六七五年七月十四日。二人がまだ七歳の時に、突如起きた革命によって二人は引き裂かれる事になる。 王政は打倒され、新たな共和政の時代が幕を開けた。 王族は次々と処刑されるも、ローランは辛うじて難を逃れて身分を隠し、奴隷として生き延びていた。 一方、オリヴィエは革命の中で王室の子犬として捕らえられ、見世物として闘技場で剣闘士や猛獣を相手に戦い続ける事を強要される。 しかし、ローランもオリヴィエも生きる事を諦めなかった。 ローランは穏やかな日々を奪った革命指導者ロベスピエールへと復讐を果たすため。そして離れ離れになった親友と再会するために。 オリヴィエはヴェルサイユ王室の名誉を守るためにも、そしてどこかで生きているはずの親友にまた仕える日が来ることを信じて。 そんな過酷な日々を過ごして三年。 ついに二人は運命の再会を迎える事になった。 動乱の時代を、最悪の環境下で生きてきた二人の少年の、友情と復讐と成り上がりの物語。 カクヨムでも投稿しております。 ※ 『BOYSFAN』 BLコミック原作小説コンテスト「バディもの」応募作品。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間51分

    この作品を読む

  • ジェノサイド・オンライン 〜極悪令嬢のプレイ日記〜

    極悪非道なお嬢様のVRゲームプレイ日記

    577,200

    355


    2022年4月12日更新

    ___あなたとは少しだけ違った歴史を辿り発展した日本での話。 これは日本のお嬢様が日頃のストレスを晴らすために現実と変わらないくらいにリアルで自由度の高い最新のVRMMORPGに手を出し、そこで悪役プレイをしていくうちに始まりの街を混乱の渦に叩き込み、裏社会の組織を片手間に潰し、果てはクーデターまで行ってしまい、最終的にプレイヤー達から『ジェノサイダーさん』『徘徊するラスボス』『一人だけやってるゲーム違う人』『レイドボス』『無慈悲』『文字通り人災』と呼ばれ色んな意味で有名になっていくプレイ日記です。 ==================== 書籍化しています。 ぶんか社BKブックスよりイラストレーターは久坂んむり様で2019年3月5日から発売しています。 ※担当さんとノベルアップ+運営さんに確認をとって掲載しています。 もし良かったら書籍版もよろしくお願いしますね。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:30時間52分

    この作品を読む

  • 異世界マゼマゼ奮闘記

    神様のお願いが、断片的すぎて読めません

    9,500

    100


    2022年4月5日更新

    僕、岡塚汲広(くみひろ)は特に秀でた所もなくごくごく普通の男子高校生。将来は何になるんだろう?あまり深く考えていない。そこそこ平凡に暮らしていたある日、神様みたいのに選ばれて、異世界の少女 ステファニア と心がリンクしてしまった! 私、ステファニア・フォン・カンデラは、カンデラ子爵家の三女。家庭教師のラメリアに言わせれば、座学:優、護身術:優、作法:優と、高く評価されているみたい。でも、何で周りからお転婆娘って言われるのよ!私、普通にしているつもりなのよ!ある日、夢に神様みたいののお告げを聞き、その後クミヒロという平民になった夢を見た。夢のような不思議な世界。…ってクミヒロ、何か変なこと想像していない!? こうして、謎の神様みたいなのの気まぐれによって、汲広とステファニアの半分日常、半分異世界のドタバタ交流が今、始まる! この作品は、2020年に連載していた 「CONNECT ~異世界と地球をない交ぜにしてやんよ!~」 のリメイク作品です。

    読了目安時間:10時間54分

    この作品を読む

  • 薬術の魔女の結婚事情

    とある制度に巻き込まれた二人の歪な恋愛話

    5,900

    0


    2022年4月1日更新

    『身分を問わず、魔力の相性が良い相手と婚姻すべし』 少子高齢化の進む魔術社会でそんな法律が出来る。それは『相性結婚』と俗世では呼称された。 これは法律に巻き込まれた、薬術が得意な少女の物語—— —— —— —— —— ×以下 中身のあらすじ× ×× 王家を中心に複数の貴族家で構成されたこの国は、魔獣の襲来などはあるものの隣国と比べ平和が続いていた。 特出した育児制度も無く労働力は魔術や魔道具で補えるので態々子を増やす必要が少なく、独り身を好む者が増え緩やかに出生率が下がり少子高齢化が進んでいた。 それを危惧した政府は『相性結婚』なる制度を作り上げる。 また、強い魔力を血筋に取り込むような婚姻を繰り返す事による魔力の質が低下する懸念があり、強い血のかけあわせよりも相性という概念での組み合わせの方が、より質の高い魔力を持つ子供の出生に繋がると考えられた。 しかし、魔力の相性がいいと性格の相性が良くない事が多く、出生率は対して上がらずに離婚率をあげる結果となり、法律の撤廃が行われようとしている間際であった。 薬作りが得意な少女、通称『薬術の魔女』は、エリート学校『魔術アカデミー』の薬学コース生。 第四学年になった秋に、15歳になると検討が始まる『相性結婚』の通知が届き、宮廷で魔術師をしているらしい男と婚約する事になった。 顔合わせで会ったその日に、向こうは「鞍替えしても良い」「制度は虫よけ程度にしか使うつもりがない」と言い、あまり乗り気じゃない上に、なんだかただの宮廷魔術師でもなさそうだ。 他にも途中で転入してきた3人もなんだか変なやつばっかりで。 こんな感じだし、制度はそろそろ撤廃されそうだし。アカデミーを卒業したら制度の通りに結婚するのだろうか。 これは、薬術の魔女と呼ばれる薬以外にほとんど興味のない(無自覚)少女と、何でもできるが周囲から認められず性格が歪んでしまった魔術師の男が制度によって出会い、互いの関係が変化するまでのお話。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間48分

    この作品を読む

  • 子爵家次男の復讐

    嘘を見抜いて復讐する物語

    100

    0


    2022年3月27日更新

    王族殺害の罪を着せられたクレイグは公開処刑をされた。 気がつくと見知らぬ空間に居て、悪魔を名乗る者から取引を持ちかけられ、クレイグは『嘘を見抜く』という能力を手に過去へと遡る。 思い人であるアイラが処刑される未来を変えるべく、そして自分達に汚名を着せてきた者達へ復讐をするべく、クレイグは茨の道を突き進む。 セルフレイティングは保険です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 1+nの幸福論~蒸気の彼方より愛を込めて

    幸せって、なんだろう。

    100

    0


    2022年3月22日更新

    魔法が当たり前に存在するこの世界は、「旧世界」と呼ばれる高度な文明が栄えた時代が滅びた後に確立したものとされていた。 そんな中で魔力をまったく持たずに生まれてきたニナは、わずかな劣等感に苛まれながらも、自分の存在意義を探して前向きに生きようと模索していた。夢を叶える目前まで来ていたニナだったが、ある時、両親の死後失踪した兄の子だというリュカと出会う。家族を失ってどうしようもない孤独を感じていたニナは、突然現れたたった一人の肉親を切り捨てることができず、恩師の反対を押し切ってリュカを自らの子として育てることを決心する。孤独な中でもそれなりに順風満帆だったニナの人生の歯車は、そこから少しずつ大きな運命の流れによって狂い始めていった。 どん底の状態で彷徨ったブランモワ伯領で、伯爵令嬢であるエレーヌに助けられたニナとリュカ。伯爵邸でしばらく穏やかに過ごしていたある日、ニナは異国の青年キアンと出会う。 圧倒的な魔力量に恵まれた彼はその才能を生かし、権威ある立場についていたが、国事犯というレッテルを貼られて祖国を追われてしまっていた。 人との関わりに苦悩を抱えるキアンにリュカの姿をつい重ねてしまい、ニナは何かとキアンのことを気にかけるようになる。そしてキアンの方も、ニナが自分のことを理解し受け入れてくれることに安らぎを覚え、信頼するようになる。 人の機微を読み取り、相手の心情を察する能力を持つ魔力なしのニナと、宮廷魔術兵団筆頭として、偉大な功績を残すほどの実力を持つ人の心が分からないキアン。そんな正反対の二人が、仲間や家族と共にさまざまな困難を乗り越え、少しずつ絆を深めていくスチームパンキッシュな冒険譚。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間21分

    この作品を読む

  • 異世界でゆるゆるスローライフ!~小さな波乱とチートを添えて~

    異世界でスローライフをおくりたい!

    6,300

    0


    2022年3月19日更新

    助けて、刺されて、死亡した主人公。神様に会ったりなんやかんやあったけど、社畜だった前世から一転、ゆるいスローライフを送る……筈であるが、そこは知識チートと能力チートを持った主人公。波乱に巻き込まれたりしそうになるが、そこはのんびり暮らしたいと持っている主人公。波乱に逆らい、世界に名が知れ渡ることはなくなり、知る人ぞ知る感じに収まる。まぁ、それは置いといて、主人公の新たな人生は、温かな家族とのんびりした自然、そしてちょっとした研究生活が彩りを与え、幸せに溢れています。 *話はとてもゆっくりに進みます。また、序盤はややこしい設定が多々あるので、流しても構いません。 *他の小説や漫画、ゲームの影響が見え隠れします。作者の願望も見え隠れします。ご了承下さい。 *頑張って週一で投稿しますが、基本不定期です。 *無断転載、無断翻訳を禁止します。 小説家になろうにて先行公開中です。主にそっちを優先して投稿します。 更新は不定期です。

    読了目安時間:10時間24分

    この作品を読む

  • バーミリオン・ハート…南の魔女は二度死ぬ

    肉体は華麗な女伯爵、ハートは18才童貞

    93,822

    1,491


    2022年3月18日更新

    カラダはビッチ♀・ハートは童貞♂ 親ガチャ勝ち組から一夜で転落した非力で怠惰な18才童貞ニートが、思いがけない邪悪な陰謀とアクシデントにより異国の女伯爵に姿を変えられ、命がけの波乱の運命に巻き込まれつつも、どうにかこうにか周囲をごまかし生き抜いていく。 異国で英雄だった過去を持つセレブの父親エルロゾと、かしこく優しい美少女の妹リズから、過剰なまでに献身的な愛情で包まれながら、部屋にひきこもってエロゲ三昧の幸福なニート生活をエンジョイする18才の親ガチャ勝ち組男子・紅鳥狩 楓(あかとがり かえで)。 だが、そんな家族の愛情が仕組まれたウソだったと分かる日が訪れ、カエデは、父親の母国である南欧の島国グランナカルト公国に連れ去られる。 命の危機をどうにか回避できたものの、なぜか、いきなり公国の南の地方の女伯爵に姿を変えられ、広大な領地やガチムチ青年だらけのハーレムを統治しなくてはならなくなった。 女伯爵の元カレに正体を見破られかけたり、公国を統べるクセモノぞろいの領主たちの策謀に巻き込まれたり、自分を裏切った元家族エルロゾとリズへの復讐に燃えたりと、命の危険と隣り合わせの崖っぷちに追いつめられつつも、どうにか元どおりのお気楽ニート人生を取り戻そうと奮闘するカエデの、サスペンスとアクションおよびライトな下ネタを織り交ぜた、わりとコミカルな現代ファンタジーです。 ■表紙 画像「無料イラスト素材Good」https://sozai-good.com/ 文字「たいとるぐらふぃ」http://underthesky.the-title.jp/ ・規約に則って作成利用させて頂いています ・転載等は禁じられています

    読了目安時間:3時間12分

    この作品を読む

  • フレーバー家の日常

    駄目執事と社長令嬢のほのぼのファンタジー

    4,800

    0


    2022年3月1日更新

    常夏の国、『日向の国』には、大人気アイスクリームチェーン店があった。そのアイスクリーム屋を経営する会社、『コルレシアンカンパニー』の社長令嬢、『チップ・フレーバー』には悩みがある。それは、雇っている執事がとにかく使えない事だった。 その問題の執事、『フランボワーズ・シトラス』は、いつも朝寝坊をし、時には仕事をさぼり、酷い時には家から脱走するなど、とにかく堕落しきった奴である。しかし、彼にはとある秘密があった。それは、彼自身とチップしか知らない、二人だけの秘密。 社長令嬢とポンコツ執事が織りなす、ドタバタほのぼのファンタジー!

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

  • 「ナイト・ストーカー/狙われた令嬢」~つきまといの貴公子は、最強無比の追跡者~

    Knight Stalker

    1,900

    0


    2022年2月28日更新

    「大好きな女だからつきまとう。それの何がいけないのだ?」 女性の敵か神の使徒か? ストーキング・スキルを駆使して自己の平穏を追求せよ。 頭脳明晰、成績抜群であらゆる才能に恵まれるフィオレンツァ・シルヴェリオ。 神に二物も三物も与えられた若き貴族には、一方通行の想い人がいた。 婚約の申し込みを袖にされ、何とかせねばと奮起する。 魔獣が蠢き神話が現実の世界で、与えられたスキルを駆使する人間たちの物語。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間21分

    この作品を読む

  • ガーナ・ヴァーケルは聖女になりたくない。

    運命に翻弄された少女は革命に巻き込まれる

    700

    0


    2022年2月11日更新

    「私はね、聖女になんかなりたくないの」 十六歳の春、聖女の転生者である可能性を告げられた少女、ガーナ・ヴァーケルは笑った。 「帝国の為なんかに死にたくないもの! 私の大切な友人たちを傷つける帝国なんて大嫌い。運命? 宿命? そんなものなんかで私を縛り付けられると思うのが間違いよ!!」 それは、少女の誇りだった。 「いいわ、かかってきなさい。死ななきゃいけないなんてバカみたいな話、絶対に許さないんだから!!」 ――正義を掲げる「転生者」と悪であることを厭わない「英雄」は衝突する。 帝国には七人の始祖がいる。 彼らは長い年月を生き続け、帝国を危機から救い続ける運命を与えられている英雄だ。 物語が始まる百年前。 それは英雄たちの運命が変わる瞬間だった。 聖女が帝国を裏切った。 聖女は帝国の基礎となる魔方陣を狂わせ、その命を投げ捨てた。 聖女の裏切りにより与えられた平穏は百年後に幕を閉じる。 皇帝ミカエラ・レイチェルと交わされた契約により帝国に縛り付けられていた始祖たちの解放でもあった。 聖女の死から百年後。 十六歳の春、ガーナは聖女の転生者である可能性を告げられる。 聖女である可能性を誰にも打ち明けることができないまま、ガーナは日常を過ごすことを選んだのだが、それも長くはもたなかった。 帝国には危機が迫りつつあった。 その危機は瞬く間にガーナの日常を壊してしまう。 ※以前、公開していた作品のリメイク版です。 ※小説家になろう、アルファポリス、カクヨムに投稿をしています。 ※他投稿サイトにて公開中の同作品に訂正を加えたものになります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • 英雄召喚〜帝国貴族の異世界統一戦記〜

    現代の知識×歴史上の英雄=最強の領地!

    3,400

    0


    2022年2月4日更新

    異世界の大貴族レオ=ウィルフリードに転生した平凡サラリーマン。 しかし、待っていたのは平和な日常などではなかった。内憂外患の帝国での日々は、戦いの日々であった───。 そんなレオに与えられたスキル『英雄召喚』。それは現世で英雄と呼ばれる人々を呼び出す能力。 前世からの知識と、英雄たちの逸話にまつわる能力を使い、異世界に平和をもたらす為の戦いが幕を開ける! ※毎週 日、水、金曜日の午前7時に投稿予定です

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:40分

    この作品を読む

  • ウルラの後継者

    記憶も家族も失ったら……貴方はどうする?

    22,300

    110


    2022年1月22日更新

    「3年間、ずっとずっとお待ちしておりました……クラリッサ様に再びお仕えできるのを……」 リリー、と呼ばれた少女は今にも泣きそうになりながらそう告げた。 クラリッサはとある事件によって3年もの間眠り続け、ようやく目覚めたが、以前の記憶――俗に「思い出」と呼ばれる、自分のことや人との関わりに関する記憶――を失っていた。 眠っている間ずっと庇護下に置いてくれていた叔母のユリアナから説明を受け、従兄妹達のいるクロスフォード公爵家に身を寄せることになったクラリッサ。 「こんな人クラリッサじゃない」なんて言われたらどうしよう、と不安を抱くが、クロスフォード公爵家の人々と過ごす内に、その不安が杞憂だったことを知る。 そして、クロスフォード公爵夫妻と養子縁組をすることで、クラリッサはやっと安心できた――筈だった。 「あれがウルラの後継者……?」 貴族の子弟が通う学院への入学申請のため訪れた王都で待っていたのは、周囲の貴族達の探るような眼差しと、「ウルラの後継者」という謎の言葉。見ず知らずの大人たちの目線と囁きに、クラリッサは恐怖を抱く。 逃げる様にその場から離れたクラリッサを待っていたのは――? これは、3年の眠りから目覚めた少女の成長と記憶、そして運命の物語。 小説家になろうにも同時投稿しております。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:21時間18分

    この作品を読む

  • 暗い部屋でパソコンを立ち上げる少女が1人。彼女の名前は山内桜(やまうち さくら)。食べる事と旅行が好きな普通の高校一年生、16歳。 そんな彼女に今ハマっているゲームがあった。そのゲームの名は「シヴィライゼーション」。魔法もある国家運営ゲームだ。 ある日、彼女はいつものようにゲームを始めようとして……その世界に吸い込まれてしまった。異世界でも平和主義者の彼女は楽しく内政しようとするが、何故かすぐに戦争を仕掛けられる。そして国民が死ぬ。 彼女は悟った。この世界は思った以上に治安が悪いのだと。もう甘い考えではいられないのだと。そんな彼女が皇帝として内政、外交、戦争をして、自国を世界最大国家に押し上げていく。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

  • 「優しく、してね?」

    これは一晩の夢の前。少女の心境。

    5,200

    0


    2021年12月26日更新

    ラファン家に仕えるメイドが一人、夜の廊下を歩く。主の息子、アルト公子に、ハジメテを捧げるために。 怖くないと言ったら嘘になる。でも、見知った少年相手なら、大丈夫だと思う。 小さな胸の奥、緊張の心音を鳴らしながら、そのメイドは……

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • サモン・ハイ! ~カレの異世界での行動理由~

    これは神と人との物語

    10,200

    0


    2021年12月26日更新

    「ふぅ…」 ある時、一人の女神が気まぐれに世界を覗き込んだ。まだ幼い女神は、父が良くする仕草を真似てみたのだ。 「んー…」 そして、彼方より流れくる一つの星を目にする。それは、か細い光を放ちながらチカチカと瞬き、星々の間を縫うようにして落ちてゆく。 「うん…?」 興味を引かれた女神は、つと指を走らせ景色を切り替える…切り替わった景色に映り込んだ物は、星ではなく人だった。 「えーと、おや?」 転生者…いや、肉体を持っている所を見ると転移者だろう。ごくまれに、そういった者が流れてくる事を女神は知識として知っていた。 「フムフム…」 その者は傷付き、疲れ果てているように見える…何か嫌な事でもあったのだろうか? 肉体だけでなく、魂までもが弱っているようだ。 「ホウホウ…」 しかし、そんな彼に女神はある予感を覚えていた。“箱庭遊び”…それは限られた数の神々しか経験したことのない、間接的な世界への調律。それを自分もしてみたい、と以前から女神は思っていたのだ。 「う~ん」 だがルールにより、大地に住む者達を相手にそれをする事は出来ない。基本的に、神々は不干渉を旨としている。立場上、女神もそれに従わねばならなかった。 「もしや、これは…」 しかし、今回のような場合は話が変わってくる。異界の存在である転移者…その存在が知れ渡ると、大地に住む者達の間で予期せぬ意識の変革が起きる。 「ピーンときました!」 地上で起きた意識の瞬きは、少なからずこの世界の在りように影響を与えるだろう。その為、転移者には監視が必要となるのだ。ルールでは、最初に見付けた者に優先権がある…これは、チャンスだった。 「グイグイ、グイッと!」 女神はさっと手を振り彼を招き寄せると、彼の記憶の一部にプロテクトを掛ける。転移した者は元の世界に帰る事は出来ない。 「ちょちょいのちょいっ、です!」 彼は転移した時点で、多くの物を失っているのだ。その喪失に耐えられず、自ら命を絶った転移者の話を女神は他の神々から聞いた事がある。これは神々に比べ、遥かに脆弱である彼の精神を守る為のものであった。 「ではではっ!」 神秘の世界イルージア。強き力を持つ神々が支配する世界。女神はそこに根を下ろす大地へと、自身が所持する宝石を与えて彼を送り出す。 「いってらっしゃーいっ、です!」

    読了目安時間:58分

    この作品を読む