貴種流離譚

検索結果:7件

  • ゴータマの方ではない、シャカの物語。

    ♡147,450

    〇1,500

    歴史/時代・連載中・56話・193,918字 亜桜趙蝶

    2020年9月22日更新

    現在の南アフリカ共和国の東部に、かつてたった一代で、大きく領土を拡大した国があった……その名は『ズールー王国』。 そして偉大なる統治者こそ、帝王「シャカ・ズールー」である! 戦争の天才であるシャカはそれまでの戦争のやり方を一新し、弱小部族に過ぎなかったズールーを、巨大な国へと成長させた。 伝統の得物を変え、戦術を変えて。彼の造り上げた軍隊は、やがて近代武装した白人の軍をも討ち果たす。 しかし、王としての彼の統治は、暴君とも呼べる恐怖政治そのものであった。 英雄であり独裁者である彼の一生は、短くも鮮烈な生き様である。 誰が言ったか。シャカは「アフリカの織田信長」であるとも。 これは、今なおズールー族最大の英雄と語られるシャカ・ズールーの、戦いと、親子の愛のお話。 【参考・引用文献】 岩波現代選書 『偉大なる帝王、シャカ I』『偉大なる帝王、シャカ II』マジシ・クネーネ:著 土屋 哲:訳

  • ショタ王子とポンコツ女騎士のレコンキスタ

    ♡10,900

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・10話・36,586字 たけのこ

    2020年7月9日更新

    むかしむかし、竜の王様が納めるとても平和な国がありました。 しかし、竜王様は大臣と結託した新しい王妃によって殺されてしまいました。 王妃と大臣は自分たちの間に生まれた赤子を第二王子ということにして、国を乗っ取ろうとしていたのです。 あとは王子世話役である汚らわしいハーフエルフに王殺しの罪を着せて、第一王子ともども亡き者にしてしまえばいい。 まさに完璧な計画だと、彼らは自画自賛しました。 しかし、大臣と王妃は知りませんでした。 世話役のハーフエルフは、べらぼうに強かったのです。 王国の騎士相手にたくさんの無双をしたハーフエルフは、王子を連れて王宮から脱出しました。 しかし、べらぼうに強かったハーフエルフは、あたまのほうは大変残念でした。 何をやっても不器用で、どんな仕事もうまくいかなかったのです。 三年後、すっかり落ちぶれた生活を送っていたハーフエルフは最後の手段として「冒険者ギルド」の門をたたきました。 それがまさか、自分の天職であったとも知らずに​──。 これは頑張り屋のハーフエルフが可愛い第一王子を甘やかしつつも、なんだかんだで国を取り戻しちゃう物語。

  • ウルジャン・マンガ原作プロットコン用

    ♡1,000

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・5話・2,791字 平尾正和/ほーち

    2020年5月31日更新

    地球によく似た中世~近世風ファンタジー世界で、里を抜けた忍者が相棒の魔女とともに西を目指して旅する話 道中いろいろな厄介ごとに巻き込まれたり、追っ手を撃退したりする ノクターンノベルズに公開中の短編を元に、長編用のプロットを作成 短編作品は以下に公開 ※【R-18】注意 https://novel18.syosetu.com/n5401es/

  • キャラクター重視な趣味闇鍋の作品です

    ♡800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・71話・272,175字 亜桜趙蝶

    2020年5月30日更新

    《世界は虚無に包まれていた。 生命はもちろん、右も左も上も下もすらない虚無。 そんな虚無の中に、あるとき一輪の植物が生えた。|〜創世記第1章より》 ◇◆ 笑いのツボのズレた鈍感系サムライ兼ハッカーなエルフ。 捻くれ者で毒舌家だけど、みんなのおかん的なドワーフの少年。 戦闘中毒者で豪放磊落だけど、機械にはめっきり弱いジジイ思考古龍。 気配り上手なイケメンながら、肉が絡むと途端に残念な人狼の拳闘士。 一行の財布を握る、ファミコンで恋愛脳こじらせた巨人族の少女。 銀河系魔法少女アイドル(歌姫)兼、天才魔法学者の魔法使い。 一行のブレーン的な読書家の吸血鬼ツンデレお姉さんスナイパー。 破壊衝動持ちの合法ロリ系アホの子な妖精(まな板)族の女の子。 動物好きで不思議な雰囲気を持つ白い女。 神話の花々によって作られた世界で、〝黒花獣〟と呼ばれる敵を討ち果たすべく、主人公達は舞台となる大陸〝大和〟を旅しながら成長していく。 ☆★☆★ 旅物語に人外推しに和風にファンタジーに独自神話に9(10?)人もの複数主人公! &ガチガチに固まった設定! たまに挿絵! さらに叙事詩(あらすじ冒頭のようなやつ)あり! 現代的要素(携帯など)あり! SF?(オートマタ)あり! 和服とかあり! 好きをひたすらぶち込みながら、設定の整合性上手く取りながら書いてます! キャラが多くても、みんなキャラが立ってるともっぱらの評判。キャラクター小説でもある。 何もかもが濃い、複数の主人公で送る。旅物王道和風ハイファンタジー。ここに開幕!

  • 『くノ一』サギと忍びの猫にゃん影の活躍!

    ♡272,700

    〇11,159

    歴史/時代・連載中・231話・444,289字 薔薇美

    2020年5月30日更新

    時は江戸中期。若き富羅鳥藩主が何者かに暗殺され富羅鳥城から盗み出された秘宝『金鳥』『銀鳥』。 『銀鳥』は年寄りの銀煙、そして、対の『金鳥』は若返りの金煙が吹き上がる玉手箱であった。 そう、かの浦島太郎が竜宮城から持ち帰った玉手箱と同じ類いのものである。 誰しもが乞い願う若返りの秘宝『金鳥』を巡る人々の悲喜こもごも。忍びの『金鳥』争奪戦。 『くノ一』サギと忍びの猫にゃん影がお江戸日本橋を飛び廻る!

  • 究極の群像劇を貴方に

    ♡20,000

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・11話・35,380字 早瀬史啓

    2020年4月4日更新

    戦争を文明ごと終局へ導いたという大いなる遺産、鉄女神。 その継承者であり、小国アル・カマルの第二皇子でもあるルシュディアークは、義姉のイブティサームを殺した咎で皇位を剥奪され、国を追われてしまう。身分と名を偽りながら逃亡を続ける彼に差し向けられる故国からの刺客。 その中には、鉄女神を狙う隣国からの刺客も混じっていて……。 鉄女神を巡る運命が、今、廻り始める。 ●登場人物 ルシュディアーク:主人公。権力を剥奪されたアル・カマル皇国第二皇子。 ウィゼル:白い竜を駆る荷運びの少女。 アサド:流民の大男。 イスマイーラ:ルシュディアークに付き添うアル・カマル皇国軍の兵士。 ハリル:ルシュディアークと親しい北カムール領主の息子。 アズライト:遺跡で眠っていた女性。

  • わたくし、夜の顔は少しばかり違いますわ!

    ♡9,300

    〇55

    異世界ファンタジー・連載中・193話・853,389字 ふみきり

    2020年3月12日更新

    アリツェは、まんまと逃げおおせたと思った――。 しかし、目の前には黒いローブを着た少女が、アリツェたちを邪教徒と罵りつつ、行く手を阻むように立ち塞がっている。 少女の背後には、父配下の多数の領兵が控えていた。 ――作戦が、漏れていた!? まさか、内通者が出るとは思わなかった。逃亡作戦は失敗だ。 アリツェは考える。この場をどう切り抜けるべきかと。 背後には泣き震える孤児院の子供たち。眼前には下卑た笑いを浮かべる少女と、剣を構えてにじり寄るあまたの領兵。 アリツェは覚悟を決めた。今、精霊術でこの場を切り抜けなければ、子供たちの命はない。 苦楽を共にしてきた家族同然の子供たちを、見捨てるなんてできやしない! アリツェはナイフを握り締め、自らの霊素を練り始めた――。 ★ ☆ ★ ☆ ★ これは、ひょんなことから異世界の少年悠太の人格をその身に宿した、貴族の少女アリツェの一代記……。 アリツェは飄々とした悠太の態度に手を焼くも、時には喧嘩をしつつ、時には協力し合い、二重人格を受け入れていく。 悠太の記憶とともに覚醒した最強の精霊術は、幼く無力だったアリツェに父と戦う術を与えた。 はたしてアリツェは、命をつけ狙う父の魔の手を振り払い、無事に街から逃げのびられるのだろうか。 そして、自らの出生の秘密を、解き明かすことができるのだろうか――。 ●完結まで予約投稿済みです。第五章以降毎日1話更新で完結は2020/3/12となります。 ●第五章~第八章のみ主人公が交代します。ご注意ください。 ●以前掲載していた「追放少女と転生少年」を、改稿前のバージョンに差し替えたものです 【小説家になろう、アルファポリス、カクヨムにも掲載中です】