賢者

検索結果:26件

  • 2021年3月7日更新

    吾輩が魔王ニャ!?………主人公の吾輩は現代の日本で家族と幸せに暮らしていた可愛い猫ちゃん。そんな吾輩はなんと、神々のイザコザに巻き込まれ死んでしまったにゃ。そして気が付くと、そこは母親のお腹の中にゃ。なんとなんと!異世界で魔王の娘に転生しちゃったにゃ!オマケに吾輩の魂に二人の神もくっ付いちゃったにゃ?その神にこの世界の悪い神の退治をお願いされたにゃ。面倒だけど、ほっといたら吾輩にも危害が及びそうにゃ……よし!こうなったら、仕方ないので魔法の力で神を倒して世界を征服して平和にするのにゃ!

  • 2021年3月7日更新

    シモン・アーシュ22歳。ティーグル王立魔法大学卒業。就職活動に失敗し、職探しをしていた苦学生のシモンは、弱みを握られた上、つい目先の金に釣られ、ダークサイドな超悪徳商会へ就職してしまう。騙されたと気付いた時には後の祭り……パワハラ、モラハラ、暴力と、死への恐怖……3拍子どころか、4拍子揃った地獄の研修をクリアしたシモンは、正社員なのに個人授業主のようなトレジャーハンターとしてデビューする。命を懸けて、魔物やアンデッドと戦いながら、日々不気味な遺跡を隅から隅まで探索し、底知れぬ迷宮の奥深く潜るシモン。 働いても働いても搾取されまくるシモンに明るい未来は来るのだろうか? そしてある日、シモンの人生を一変させる大事件が起こる!! 旧作『ぜひ!ウチへ来てください!好条件提示!超ダークサイドなパワハラ商会から、超ライトサイドなロジエ魔法学院へ転職した、いずれ最強となる賢者のお話』を途中から設定変更、大幅改稿しております。 ※当作品は皆様のご愛読と応援をモチベーションとして執筆しております。 宜しければブックマーク及び、熱い応援をお願い致します。

  • ちゃんと幸せになれるからね

    ♡52,700

    〇2,950

    恋愛/ラブコメ・連載中・60話・98,044字 松本 せりか

    2021年3月6日更新

    このお話は『賢者の愚行 ~見た目は17歳、中身は12歳の悪役令嬢~+番外編2本』に出てくる三人のお姫様の側から、お姫様の一人称で書いたお話です。 色々、セリフとか微妙な展開が変わりましたが、あらすじだけは、変わって無いはずです。多分。 『見た目は17歳、中身は12歳の悪役令嬢』のみ異世界転移・悪役令嬢物で、後の二本は転生・転移の無い異世界物です。 【あらすじ】 ~見た目は17歳、中身は12歳の悪役令嬢~ 気が付いたら、乙女ゲームの世界にいた。 始まりは乙女ゲーム定番の悪役令嬢斬罪シーンから。 私は確か、このままでは成人まで生きられないと、手術台に上がったはず。なのに、なんで。 王宮の奥にいる賢者さまなら、何とかしてくれると思ったのに……。 泣き虫な主人公の成長物語です。(1話700~2000くらい) ~クリス王子殿下の縁談~ もう一人の賢者 ロザリー姫の恋 舞台は、ハーボルト王国 アルンティル王国から小さなお姫さまがやって来た。 クリス殿下のお嫁さんになる為に……。 賢者の器のクリスにとって最後の現世。 何やら軍事大国の陰謀ただよう、この縁談。 お互いの立場に戸惑いながらも、二人が歩み寄っていくお話……。 (ロザリーは、『アルンティル王国の王妃になった姫君の物語』のフレデリックの2歳上の姉君です) ~ピクトリアンからの姫君~ 舞台は、本編、悪役令嬢から13年後の、ハーボルト王国。 賢者の因縁深いピクトリアン王国から縁談話が舞い込んだ。 どの国も喉から手が出るほど、欲しがられる純血種の姫君。 「うちにだけは、この縁談。来ないと思っていたんだよね」 そう、クリスは言う。 どんな思惑があって、姫を寄越したのか、そしてこの姫の正体とは……。 読んで下さっている方には、感謝しかありません。

  • 何故か少女ばかりが出てくる召喚魔法のお話

    ♡293,770

    〇12,350

    異世界ファンタジー・連載中・332話・750,675字 向原 行人

    2021年3月5日更新

    適性クラスが最弱と呼ばれる召喚士だと判定されてしまった俺は、今まで騎士になるために努力してきたが、突然魔法の勉強をさせられる事に。 魔法の事なんて全然知らないけれど、とりあえず召喚魔法とやらを使ってみると、あろう事にゴーストが召喚されてしまった。 全く持って使えないと思っていたのだが、実はそのゴーストが大昔に大賢者と呼ばれて居たらしく、こっそり魔法の知識を授けてくれる。 ……って、ちょっと待った。やけに強力過ぎる……って、これ魔導書で紹介されてるロスト・マジックじゃねーかっ!

  • きっと帰り道はこんな感じ

    ♡2,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・4話・19,405字 蓬葉

    2021年3月4日更新

    「大魔王を倒しても、勇者である必要があるのですか」 「少なくとも、彼らを故郷に帰すまではね」 """""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""" 敵(かたき)を倒して終わる旅なら、いったいどれほど楽だっただろう。世界を救った現実に、陶酔できたらよかったのに。旅の終わりから始まる旅は、多分往路よりも哀切だらけ。 それでも私は、勇者様に、ついていくだけ。 記憶をたどるように、悲しみを踏み潰すように、ただ、ついていくだけ。 「賢者ルラの備忘録」より

  • 紙の本は好きですか?

    ♡39,310

    〇110

    現代/その他ファンタジー・連載中・43話・81,264字 繭式織羽

    2021年2月27日更新

    目が覚めると地球を外から眺めていた。同じような人達が五百人ぐらい。どうやら宇宙船にいるらしい。 現れたイケメン宇宙人のクラインさんは、アンケートを実施するために、自分達を集めたのだと説明する。でも内容がちょっとふんわりすぎる。しかもアンケート極厚。やる気をなくして皆さんどんどん帰っていかれる。 それでもこの状況への好奇心でアンケートに参加していると、妖精のお姫様みたいな美少女とお知り合いになれたりして結構楽しい。 しかし宇宙人のクラインさんにはアンケート以外に目的があって、それを自分に頼んできた。笑顔はイケメンだけど圧がすごい。断りづらい……。 その頼み事をきっかけに、どういうわけか異世界の少年剣士や賢者さんと出会ったり、うっかり異世界に行ったり、ダンジョンの皆さんや、三枚目の竜や謎の子猫と遭遇したりとなかなか賑やかだ。 とりあえず、自分がやれることといったら、本を読むこと。 そして、いつか本を知ってもらうこと。

  • 2021年2月25日更新

    不景気で都会の本社から田舎に異動になった23歳会社員、樹本有理は他人に関心ない為に友人関係は希薄で遊ぶ場所も何も無い田舎でやる事ないので昔作った通販サイト登録だけに作ったメールアドレスを削除して新しいメールアドレスを作ろうとパソコンを開くと、『賢者様』という怪しいタイトルの迷惑メールを見つける。 魔法の使える別の世界では錬金術師は本職に劣る癖に、国から援助金を貰って国のお荷物と蔑まれ日々食べる物すら満足に食べることが出来ない国があった。そんな国に生まれた錬金術師のセフィールは、5人に1人程度の確率でスキル持ちが生まれるというスキルを持って生まれた。村で盛大に祝われたが、12歳になるまで発動しなかった為無能扱いを受け絶縁され家から追い出される。 33歳になった彼は突如スキル『賢者との交信』が発動する。 地球の女性が暇潰しに始めた厨二病だと思われる男にネットの知識を与えながら、異世界の錬金術師が与えられた知識によって世界の価値観を変えて行くお話です。 (今のところ思う気ままに始めたので間が開くことがあると思います。それと、本人ぼんやりしているので設定間違うことがあると思うのでたまに修正入ると思います。悪しからず。後、迷惑メールは返信しないのがベスト)なろう、カクヨム、アルファポリスにも載せてます。

  • 超正統派ファンタジーです!

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・69話・141,179字 ケンリス・アスペルガー

    2021年2月22日更新

    超正統派ファンタジー小説開幕!! 魔物に故郷を滅ぼされた少年アルウィン。 これは選抜を潜り抜け勇者となった彼の冒険の物語。 神の岩に眠る知られざる過去とは!? 憎むべき敵の正体は!? 仲間と共に、そして勇気と共に進撃せよ!!

  • 製粉の魔法は予想以上!

    ♡600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・7話・18,972字 花依だんご

    2021年2月10日更新

    この世には、かつて賢者と呼ばれる者がいた。 かの賢者は不老不死となるが、何かが決定的に足りないことに気づく。 賢者クラインは転生することに決め、自分の魂を未来へと転生させる。村の少年、アーレインとなった彼の職業は「製粉師」だった!? 元賢者たる彼の知識を上回ってくる製粉の魔法に振り回されながらも、幼馴染と共に学院へ。 アーレインの活躍、是非ご覧あれ。

  • 7人のキャラがメインの現代ファンタジー!

    ♡200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・10話・39,280字 多花橋ユウ

    2021年1月2日更新

    「「「「「「勇者!!!!!!!」」」」」」 六人から声を合わせて叫ばれた少女は、だがしかし、きょとんと首を傾げた。 「ゆうしゃ……?」 長い戦いの果て、『真の敵』を倒すために異世界転生してきた勇者パーティー。しかし転生先の日本では、肝心の勇者にだけなかなか出会えず、ようやく出会えた勇者には記憶がなかった!? さらに、勇者と再会すると同時に、異世界のものであるはずの『魔物』が現れる。 なにが起こっているのか。何故勇者の記憶はないのか。 主人公の黒魔導士は、白魔導士、戦士、僧侶、賢者、魔王、そして記憶のない勇者とともに、現代世界で高校生として生きながら、非常識なファンタジーライフをおくることとなる。 すべては勇者の記憶を取り戻すため、そして『真の敵』を倒すため。 現代世界と異世界が絡み合い交じり合い溶け合っていく中でも決して揺らがない、絆と呪縛の物語。

  • 良かったらポイント分けてください!

    ♡800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・2話・2,495字 まるO

    2020年12月27日更新

    大賢者の主人公は、自分より強い人を探して冒険していた。だが大賢者より強い人は、見つからなかった。そして主人公は、考えた。 「あ・・・弟子作ろ」そう考えた主人公は、残りの人生を全てを『弟子マーリン』に注ぎ込んだ。だが、マーリンはまだ俺には追い付かなかった。そして死に際、マーリンにに大賢者が言った「200年後転生する。それまでに俺より強くなれ」と言い残した。 200年後転生後、マーリンは世界最強の魔導士、賢者となっていた。

  • コミュ障な賢者様の日常コメディをどうぞ

    ♡2,300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・1話・2,102字 海瀬 瑛

    2020年12月12日更新

    (あああああああ!! 今日もまともにしゃべれなかったぁぁぁぁああああああ!) 銀のローブを羽織り、手には杖。 20代後半くらいの整った顔。 博識にして人格者。 そんな賢者様がコミュ障にちょっとだけ悩む姿を描いた物語である。

  • 冒険者のお話です。剣も魔法も盛り沢山

    ♡93,900

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・142話・763,582字 綾瀬 猫

    2020年11月22日更新

    冒険者という職業がある。冒険者には例外なく高い戦闘力が求められるため、誰でもなれるわけではない。難関と言われる冒険者試験に合格した者だけが冒険者免許を獲得できる。 波乱万丈、一攫千金を求めて多くの者が冒険者試験に挑戦する。 それは田舎の村に住むハ歳の少年セティも例外ではなかった。 村に訪れた冒険者達をきっかけに、成人したセティは冒険者試験に挑む。そこでの出会いが、後のセティの冒険者人生に多大な影響を与える。 そしてもう一人、絶世の美少女、空色の髪のエルフも二年の時を経て仲間達と出会う。 これは、そんな二人の主人公に巻き込まれた冒険者達の記憶。 いつしか彼、彼女らは世界に渦巻く本流に流されながらも、世界の真理へと導かれる事になる。 ※『小説家になろう様』で連載していましたが、こちらに引っ越しです。現在はこちらと『アルファポリス様』にて連載しております。

  • まだまだ初心者です気軽にコメントください

    ♡1,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・26話・90,036字 水止 鏡明

    2020年11月19日更新

    世界の前衛職が2割!? 後衛職だらけの時代に転生した大賢者は何を思う? 「前衛がいないなら、おれが《剣士》をしてやる」 転生を繰り返し魔王を封印し続ける大賢者。 7度目の封印の後、予測不能な事態が! 予定と違う未来に転生しさらに魔王が復活、前衛者不足という今までと勝手が違う時代に 「勇者のように前線で戦ってみたい」そんな願望から前衛職《剣士》として、この時代を引っ張っていくことに決めた大賢者の物語。 大賢者が剣士として世界の平和のため奮闘する異世界ファンタジー開幕 なろうにも投稿しています https://ncode.syosetu.com/n9952gm/

  • ご主人さま、メイドへのお触りはご法度です

    ♡200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・21話・27,038字 津ヶ谷

    2020年11月2日更新

    友達の妹を庇って一度死亡し、異世界に転生した叢雲御影。 死んだ御影は神によってチートな力を与えられ、異世界にそのままの年齢で転生した。 そこから数年。世界最強の賢者として名が知れ渡った御影は、依頼先の森で一人の少女を拾う。 それをきっかけに冒険者を引退し、趣味であったメイドカフェを開くことにした。 しかし、巻き込まれ体質は変わらないのであった。 「ご主人様、メイドへのお触りはご法度ですよ?」 これは転生賢者が異世界でメイドカフェを経営する物語。

  • クライマックスから始まります

    ♡2,225

    〇25

    異世界ファンタジー・連載中・109話・117,259字 アルファ・D・H・デルタ

    2020年10月31日更新

    人類最後の希望である勇者が敵の大軍勢に一人囲まれている。 勇者を救える場所にいるのは"彼"のパーティーだけ。 パーティーメンバーが急いで救援に向かおうとするが、突然彼は仲間達を結界の中に封じ込めた。 そして彼は独りで圧倒的大軍勢の中に飛び込む。 彼は何者なのか? 彼の目的は? そしてその真意は? 物語が進むにつれて徐々に明らかになっていく数々の謎に驚愕せよ。

  • 前世の力を全て金稼ぎに!!

    ♡200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・3話・8,552字 かたなかじ

    2020年8月12日更新

    テオドール=ホワイトは商人の家に生まれた一人息子である。 彼はある日、前世と前々世の記憶を取り戻す。 それは賢者と勇者という二つの記憶だった。 「これだけの力があるなら……」 ひとたび剣を手にすれば強力な魔物であろうと彼の敵ではない。 様々な魔法を使うことができ、独自の魔法を無数に創り出している。 失われた過去の知識を持つ。 数々の修羅場を潜り抜けた経験がある。 彼はこれらの力を使いこなして……。 「世界一の大商人になる!」 強力な魔物の素材を集めたり、ただのアイテムをマジックアイテムに変えたり、失われた加工法を使ったり。彼にしかできない特別な手法で次々に金を稼いでいく!

  • 院生が書く、異世界で頑張る院生のお話

    ♡700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・21話・35,871字 汐川 しずく

    2020年6月14日更新

    体を包み込む暖かな陽光。長らく嗅いだことのなかった土の匂い。耳元をくすぐる草の感触――。 勉強のしすぎでとうとう脳がやられたのでなければ、眠りについたのは確かにあの固い安物のベッドだったはず。それがどうして、妖精のような生き物が舞う、まったく見覚えのない見知らぬ森で目覚めてしまったのか。 将来は研究者を目指す学生として多忙な日々を送っていた播田環は、森で行き倒れたところを銀髪の騎士に助けられる。ただの夢、もしくは死後の世界かと思いきや、この世のものとは思えない美貌の(残念)大賢者によれば、まさかの現実だった。魔法あり、魔法生物あり、しかも、言葉も通じない!? 新しい世界でも研究者(賢者)を目指す努力人が、恋も友情も勉強もほのぼの楽しむまったりライフを送るつもりがだんだんと壮大な厄介ごとに巻き込まれていく──。 ※多忙になったため、ノベルアップ+での投稿をストップします。小説家になろう、カクヨムでは引き続き連載しています。

  • ハズレ職→追放→覚醒→賢者無双!!

    ♡2,138

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・40話・96,624字 平尾正和/ほーち

    2020年5月29日更新

    オルギスノベルより書籍1巻発売中! 2巻は5/28発売!! コミカライズ企画進行中!!!! ハズレ初級職【赤魔道士】になったせいで中級職へのクラスチェンジができなくなったレオンは、【賢者】という未知のクラス候補が出るも条件を満たせず、ついには高ランクパーティーをクビになってしまう。しかしそれを期に、上級職ばかりのパーティーではともかく、彼はその万能性で他の冒険者たちから一目置かれていることを知ることとなった。一度は見た勇者への夢を諦め、冒険者として堅実に暮らしていくことに決めたレオンだったが、新たな門出の祝いにと、ギルドマスターに連れて行ってもらった風俗店で筆下ろしを済ませた彼の頭に、メッセージが流れた。 《賢者タイムを開始します》 器用貧乏なハズレ職から、時限式とはいえ最強職へとクラスチェンジができるようになったレオンは、世界中に点在し、モンスターを生み出し続ける『塔』の攻略を進め、やがて最後の塔へいたる勇者を再び目指すと決意するのだった。 ※本作はノクターンノベルズにて連載されている同名【R-18】作品を【R-15】相当に改稿したものです。

  • ウルジャン・マンガ原作プロットコン用

    ♡1,000

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・5話・2,804字 平尾正和/ほーち

    2020年5月26日更新

    魔術、錬金術、医術、算術等々、彼の前世はあまたの学問や技術の研究に生涯を費やした大賢者は、ある日ふらりと寄った娼館で初めてのセックスを体験し、あまりの快感に腹上死してしまう 「前世の俺なにやってんの!?」 数百年後の世界に生まれた青年アクトは、成人を迎えた日にその前世の記憶を取り戻した。 前世で仕込んでおいた転生術が成功した結果ではあるが、突然死だったため多くの知識や技術を失っていることにアクトは気づく。 「そんなことよりセックスだ」 前世の記憶とともにセックスの快感を思い出したアクトは、自分を育ててくれた姉のような存在であるフィーアを口説き落とす。 アクトは少年のころから、世界各地に点在するダンジョン探索を行う冒険者に憧れていた。 そして前世の記憶から、それらダンジョンのある場所は、大賢者だった自分が万一のために技術や知識のバックアップを取っていた宝玉の設置場所であることを知る。 そしてアクトは、各地のダンジョンを巡り、世界中の女性とセックスをするついでに宝玉の力を取り戻すため、旅に出るのだった。