賢者

検索結果:15件

  • 冒険者のお話です。剣も魔法も盛り沢山

    ♡33,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・75話 綾瀬 猫

    2020年7月15日更新

    冒険者という職業がある。冒険者には例外なく高い戦闘力が求められるため、誰でもなれるわけではない。難関と言われる冒険者試験に合格した者だけが冒険者免許を獲得できる。 波乱万丈、一攫千金を求めて多くの者が冒険者試験に挑戦する。 それは田舎の村に住むハ歳の少年セティも例外ではなかった。 村に訪れた冒険者達をきっかけに、成人したセティは冒険者試験に挑む。そこでの出会いが、後のセティの冒険者人生に多大な影響を与える。 そしてもう一人、絶世の美少女、空色の髪のエルフも二年の時を経て仲間達と出会う。 これは、そんな二人の主人公に巻き込まれた冒険者達の記憶。 いつしか彼、彼女らは世界に渦巻く本流に流されながらも、世界の真理へと導かれる事になる。 ※『小説家になろう様』で連載していましたが、こちらに引っ越しです。現在はこちらと『アルファポリス様』にて連載しております。

  • 何故か少女ばかりが出てくる召喚魔法のお話

    ♡202,370

    〇10,160

    異世界ファンタジー・連載中・285話 向原 行人

    2020年7月13日更新

    適性クラスが最弱と呼ばれる召喚士だと判定されてしまった俺は、今まで騎士になるために努力してきたが、突然魔法の勉強をさせられる事に。 魔法の事なんて全然知らないけれど、とりあえず召喚魔法とやらを使ってみると、あろう事にゴーストが召喚されてしまった。 全く持って使えないと思っていたのだが、実はそのゴーストが大昔に大賢者と呼ばれて居たらしく、こっそり魔法の知識を授けてくれる。 ……って、ちょっと待った。やけに強力過ぎる……って、これ魔導書で紹介されてるロスト・マジックじゃねーかっ!

  • コメント、レビューよろしくお願いします。

    ♡0

    〇未参加

    異世界ファンタジー・連載中・4話 しゃな

    2020年7月9日更新

    ※この物語は シン☆ユウ さんと共同で書いてる物語で魔神王の使徒の物語は シン☆ユウ さんの方にあります。 魔神王の使徒を倒すために女神様に選ばれた勇者エミル・タナトリスと賢者ルカ・シューペルトしかし勇者は普通の勇者では無くビビりなへっぽこ勇者でゴブリンを倒すのも精一杯、そんな勇者をサポートしていく最強賢者ルカ・シューペルト、彼の目線で書いた異世界ファンタジー。

  • ご主人さま、メイドへのお触りはご法度です

    ♡200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・12話 津ヶ谷

    2020年6月18日更新

    友達の妹を庇って一度死亡し、異世界に転生した叢雲御影。 死んだ御影は神によってチートな力を与えられ、異世界にそのままの年齢で転生した。 そこから数年。世界最強の賢者として名が知れ渡った御影は、依頼先の森で一人の少女を拾う。 それをきっかけに冒険者を引退し、趣味であったメイドカフェを開くことにした。 しかし、巻き込まれ体質は変わらないのであった。 「ご主人様、メイドへのお触りはご法度ですよ?」 これは転生賢者が異世界でメイドカフェを経営する物語。

  • 院生が書く、異世界で頑張る院生のお話

    ♡700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・21話 汐川 しずく

    2020年6月14日更新

    体を包み込む暖かな陽光。長らく嗅いだことのなかった土の匂い。耳元をくすぐる草の感触――。 勉強のしすぎでとうとう脳がやられたのでなければ、眠りについたのは確かにあの固い安物のベッドだったはず。それがどうして、妖精のような生き物が舞う、まったく見覚えのない見知らぬ森で目覚めてしまったのか。 将来は研究者を目指す学生として多忙な日々を送っていた播田環は、森で行き倒れたところを銀髪の騎士に助けられる。ただの夢、もしくは死後の世界かと思いきや、この世のものとは思えない美貌の(残念)大賢者によれば、まさかの現実だった。魔法あり、魔法生物あり、しかも、言葉も通じない!? 新しい世界でも研究者(賢者)を目指す努力人が、恋も友情も勉強もほのぼの楽しむまったりライフを送るつもりがだんだんと壮大な厄介ごとに巻き込まれていく──。 ※多忙になったため、ノベルアップ+での投稿をストップします。小説家になろう、カクヨムでは引き続き連載しています。

  • ハズレ職→追放→覚醒→賢者無双!!

    ♡1,638

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・40話 平尾正和/ほーち

    2020年5月29日更新

    オルギスノベルより書籍1巻発売中! 2巻は5/28発売!! コミカライズ企画進行中!!!! ハズレ初級職【赤魔道士】になったせいで中級職へのクラスチェンジができなくなったレオンは、【賢者】という未知のクラス候補が出るも条件を満たせず、ついには高ランクパーティーをクビになってしまう。しかしそれを期に、上級職ばかりのパーティーではともかく、彼はその万能性で他の冒険者たちから一目置かれていることを知ることとなった。一度は見た勇者への夢を諦め、冒険者として堅実に暮らしていくことに決めたレオンだったが、新たな門出の祝いにと、ギルドマスターに連れて行ってもらった風俗店で筆下ろしを済ませた彼の頭に、メッセージが流れた。 《賢者タイムを開始します》 器用貧乏なハズレ職から、時限式とはいえ最強職へとクラスチェンジができるようになったレオンは、世界中に点在し、モンスターを生み出し続ける『塔』の攻略を進め、やがて最後の塔へいたる勇者を再び目指すと決意するのだった。 ※本作はノクターンノベルズにて連載されている同名【R-18】作品を【R-15】相当に改稿したものです。

  • ウルジャン・マンガ原作プロットコン用

    ♡1,000

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・5話 平尾正和/ほーち

    2020年5月26日更新

    魔術、錬金術、医術、算術等々、彼の前世はあまたの学問や技術の研究に生涯を費やした大賢者は、ある日ふらりと寄った娼館で初めてのセックスを体験し、あまりの快感に腹上死してしまう 「前世の俺なにやってんの!?」 数百年後の世界に生まれた青年アクトは、成人を迎えた日にその前世の記憶を取り戻した。 前世で仕込んでおいた転生術が成功した結果ではあるが、突然死だったため多くの知識や技術を失っていることにアクトは気づく。 「そんなことよりセックスだ」 前世の記憶とともにセックスの快感を思い出したアクトは、自分を育ててくれた姉のような存在であるフィーアを口説き落とす。 アクトは少年のころから、世界各地に点在するダンジョン探索を行う冒険者に憧れていた。 そして前世の記憶から、それらダンジョンのある場所は、大賢者だった自分が万一のために技術や知識のバックアップを取っていた宝玉の設置場所であることを知る。 そしてアクトは、各地のダンジョンを巡り、世界中の女性とセックスをするついでに宝玉の力を取り戻すため、旅に出るのだった。

  • 学問で勝つ!異世界“積分”ファンタジー!

    ♡3,400

    〇500

    異世界ファンタジー・連載中・55話 ふーみん

    2020年5月14日更新

    ──まず初めに、これは数学オタクだった高校生が異世界で“積分”を繰り返して成り上がるお話である。 「ジェットコースターを積分する。」 一見、馬鹿みたいな夢であるが、それが数学オタクである葛木一也の夢だった。一也は数学という学問をこよなく愛する高校三年生である。 ジェットコースターを積分するために──小学校からの顔なじみである水谷由香里とデートに行くこととなり、某遊園地でジェットコースターに乗った。しかし、ジェットコースターが急降下しようとした瞬間、安全バーが一也のところだけ上がってしまい、あっさりと外側へ投げ出されて一也は死んだ。 そして一也が目を覚ますとそこには、見慣れない家具や文字が目の前に広がっていたのだった。グラルと名付けられた彼は7歳の洗礼を受けて【積分魔法】を手に入れることになる。 「これでジェットコースターが積分できる……!!」 この作品は他サイトにも投稿しています。

  • ふわっとユルい日常系ファンタジー

    ♡10,300

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・15話 一花カナウ

    2020年3月14日更新

    西の大賢者様が亡くなった。 残された愛弟子三人(アウル・ルーン・リリィ)の《今》と《これから》と《大賢者を継承するためのシステム》のお話。 ---------------- 1話あたり1400〜4000文字程度。 どの話も基本的には独立しているのでどこから読んでもOK(できれば第1話は読了推奨) 気が向いたときに新作追加します。 応援にてお題も募集しますので、挑戦していただければ幸いです。 略称は【西の大賢者】、西の大賢者シリーズって呼んでいます。 Twitterでのタグは #西の大賢者 が推奨。 感想やリクエストをつぶやいていただけたら嬉しいです!

  • 一粒で二度美味しい作品です。

    ♡2,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・6話 記角麒麟

    2020年3月5日更新

    迷宮都市ハニーブルク。 その街の冒険者ギルドと冒険者育成学校の近くに位置する喫茶店『蜂蜜の砦』。 彼、間藤修はその店のマスターをしていた。 そんなある日、彼の日常は一人の常連客が持ち込んだ、一つの黒い魔石がきっかけでどんどんと破綻していく事になるのだが──。 これは、元Sランク冒険者が経営する喫茶店『蜂蜜の砦』での日常の物語。 ……のはず。

  • もふもふ動物と可愛い幼女を愛でる物語です

    ♡93,200

    〇1,400

    異世界ファンタジー・連載中・33話 木野裕喜

    2019年11月9日更新

    長田青葉(おさだあおば)は、結婚を諦めたアラサーJA職員。 生涯独身であることに孤独を感じ始め、もふもふに癒しを求めていた矢先、異世界へと召喚されてしまう。 その一年後、青葉は賢者と呼ばれるまでに魔法使いとして成長し、勇者たちと共に魔王を討ち果たす。 しかし、倒したはずの魔王本人から青葉宛てに、個人的な頼み事をされる。 それは、自分の娘を引き取ってほしいというものだった。 あまりにも無茶振り。 人間側からすれば、明らかな討伐対象である魔王の血族を保護したとなれば、自分までお尋ね者になってしまう。 旦那様は無理でも、子供は欲しかったなぁ……という考えの青葉でさえ、さすがに難色を示した。 だが、そんな葛藤を吹き飛ばすほどに、魔王の娘は可愛かった!!! 「私、勇者パーティー抜けるから」 突然の脱退宣言をした青葉は、魔王の娘を連れ、隠れるようにして田舎へと移り住む。 そしたらなんと、魔王軍幹部である四帝獣までついてきて……。 「あれ? なんかこれ、私が魔王みたいになってない?」 多少のイレギュラーはあれど、青葉は異世界の地で、ついに理想の暮らしを手に入れた。 のんびりお米を作りながら、可愛い幼女ともふもふ動物を愛でる ゆる~い物語がはじまる。

  • 異世界ダークファンタジー

    ♡83,300

    〇285

    異世界ファンタジー・連載中・61話 無瀬

    2019年11月5日更新

    心にある闇を抱える青年、加賀屋 尽(かがや じん)。 彼はいつの間にか持っていた鍵で奇妙な扉を開ける。 するとその扉は、同じ様に扉を開けて来たであろう大勢の人々がいる謎の広場へと繋がっていた。 そこで行われた残虐な殺戮から辛うじて逃れた加賀屋は、突如頭の中に聞こえた声に『救済行為』を行う度に様々な能力が手に入ると告げられる。 魔法が存在する世界『マグナ』 魔獣と呼ばれる怪物達、賢者と呼ばれる存在、そして自分以外の転移者。 数々の事件に巻き込まれながら進む加賀屋を待つのは、希望か絶望か、あるいは───── 現実世界と異世界が交差するダークファンタジー ※推敲前の作品も残していますので、気が向いたらプロフィールの作品欄からご覧下さい。 ※サブタイトル変更しました。 投稿した際にはTwitterでお知らせします→ Twitter:ID【@NAZEmtrnds】

  • 初めまして。よろしくお願いします。

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・3話 松本 せりか

    2019年8月18日更新

    もう千年以上も前から王宮の奥で国王の相談役をしていた賢者が、役目放棄までして願った願いとは。 注意:流血と死にネタがあります。

  • 最強の八歳児がもふもふたち活躍する話です

    ♡144,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・39話 えぞぎんぎつね

    2019年8月8日更新

    最強の老賢者は生涯の目標であった魔王討伐を試み相討ちとなる。 だが、魔王は完全には滅んでいなかった! 賢者は魔王を完全に滅ぼすため、死後、神の世界で修業し神々の使徒ウィルとして転生する。 転生後の未来では賢者は伝説となり、かつての弟子たちは最高権力者になって対魔王のための組織と勇者育成のための学院を造っていた。 そこで最強のウィル(8歳)は、勇者の学院に入学することになる。 これは世界を救う使命を帯びた少年が、もふもふたちと学院生活を楽しみながら戦う救世の物語。 GAノベルから一巻が2019年12月12日に発売になります。 ※小説家になろうにも投稿しています。

  • 3つの記憶を持って最強のスローライフ!

    ♡9,600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・7話 かたなかじ

    2019年6月8日更新

    盗賊の罠にはまり、崖から落ちた鍛冶師ユーゴは過去の記憶を取り戻す。 前世の記憶、地球の大学二年の優吾は事故で亡くなっている。 前前世は勇者の仲間であった大賢者ユーゴ。 二つの記憶を継承したユーゴは、鍛冶師としての腕前、地球の記憶、そして大賢者の魔法。その三つを持って新たな人生を生きていく。 軽い気持ちで作ったポーション、試しに作ったナイフ。 これらがとんでもないものになるとは、作った時のユーゴは思いもしなかった。 彼が動くと、何かが起こる--!