検索結果:9件

  • 赤蜥蜴と赤羽根

    赤いリザードマンと翼人少女の冒険譚です。

    25,700

    0


    2022年9月24日更新

    非常に珍しい赤い鱗を持つベテラン冒険者のリザードマン、ドレイク・ルフト 非常に珍しい赤い翼を持つ駆け出し冒険者のバードマン、フリルフレア・アーキシャ 二人の出会いは突然に。目の前に落下してくる赤い翼。「大丈夫かフライドチキン?」「ミィィィ!誰がフライドチキンですか!」 過去の記憶をなくしている二人はコンビを組み冒険に出る。受けた仕事は魔物退治!でも何かおかしい? そしてフリルフレアに襲い掛かる悲劇と町を揺るがす事件。 二人の出会いに残酷な運命の歯車が動き出す!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:46時間43分

    この作品を読む

  • 波に乗れない少年が妖精スカーレットと出会い波に乗る妖精物語

    悩んです人に妖精はみえるんです🧚

    100

    0


    2021年12月4日更新

    妖精、それは困っていたり悩んだりしいてる人達にちょっと手を差し伸べる、そんな生き物である。 沢山の子供や大人が集まる常夏の海、河原子。茨城県のその海原に一人の少年は波を待っていた。やがて波がやって来て、板にうつ伏せになり|海面を手で漕ぐ《パドリング》、波に乗り立とうとするがすぐ転けてしまう。 「はぁ~、またダメだ―」 何度か試しても上手くいかず少年はその場で仰向けになり青空を見上げる。どうすれば上手くいくのかと。 その時、 「ハーイッ」 目の前に何かが現れた。 「うわっ!」 それは自分の顔ほどの大きさで、赤い全身タイツを着た人のような姿でトンボみたいな羽が生えて浮いている。 「······な、なに?」 「見てわからない? あたしは妖精」 「ようせい······って、妖精っ!」 お調子者の妖精スカーレットが見えたのはサーフボードを持つシロウだった。 お父さんに親父に認めさせるため二人による特訓が始まる。友情と親子のショートショート妖精ストーリー。 ※エブリスタ、アルファポリスでも公開中

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • アカイロ -さなの赤-

    純真な優しさから生まれる、悲劇。

    0

    0


    2021年11月20日更新

    幼いさなは、ただ、大好きなうさぎさんにどうしても見せたかっただけ。 純真な優しさから生まれる、悲劇。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • アカイロ -しおりの赤-

    踏み出して否定をすればきっと、楽になる

    1,400

    0


    2021年11月13日更新

    地方ではまだまだ根強い、結婚して一人前、論。 それを信じても幸せになれると限らない、そんな事は分かっていても、抗えない自分。 そして自分の容姿に対するコンプレックスから人を妬む自分も、分かっている。 定型から踏み外せない自分も、分かっている。 結婚に限った事ではない。 踏み出して、否定をすればきっと、楽になる。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • アカイロ -京子の赤-

    日常のふとした事で、蘇る閉じ込めた記憶

    1,100

    0


    2021年11月6日更新

    まさか自分が理性を無くす事など、、、そう思っていても、理性は意識して無くすものでは無いのです。 自分では無いような、自分の行動、だから普段は忘れて生活をしている。 しかし、ほんの小さな何かでそれを思い出す。 無意識に忘れた記憶を思い出せば、小さな胸のつかえも取れる事でしょう。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • アカイロ -かおりの赤-

    小さな小さな、完全犯罪

    200

    0


    2021年10月27日更新

    日常のふとした事で、ふと気になったもので、その色の印象で、子供の頃の記憶が蘇る事はありませんか。 小さな子供の小さな心の中で葛藤した日々。 抜け出したくても逃げたくても、仲間外れという言葉が怖くてただ、息をしていた日々。 そんな毎日の中へ偶然訪れた、小さな小さな、完全犯罪。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 色鬼

    【問】あの子が赤と灰のクレヨンを使う理由

    2,600

    0


    2020年7月5日更新

    みんな大好き、お絵かきの時間。色とりどりのクレヨンを片手に、みんなが画用紙に夢を描く中で──あの子は、赤と灰のクレヨンだけを持って画用紙をグチャグチャにしていた。 『……ねえ、何を描いているの? ……どうして、赤と灰色だけしか使わないの?』 『……どうして、それいがいのをつかわなきゃいけないの?』 ゾっとするほど赤と灰に塗れた画用紙。何枚も何枚も続くそれ。絵を描くのが好きでもなければ楽しくも無いというのに、それでもあの子は赤と灰を塗りたくっていく。 ──あの子が赤と灰のクレヨンだけを使って「お絵かき」する理由、あなたはわかりますか? ※【ミステリー短編小説コンテスト:日常の謎】投稿作品 ※【百鬼夜行の手帳】より抜粋

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • Red Rouge

    紅を愛する女に魅せられて

    4,600

    0


    2019年11月23日更新

    愛する夫の裏切りに傷付き、彷徨い歩いていた私。 そんな私を拾った彼女は、赤いくちびるで語ってくれた――己の原点を。経験を。 そして、希望と絶望を。 艶やかな紅に潜む『秘密』を描いた短編。 ※カクヨムにも掲載しております。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 青の弔い

    青が消えた。

    35,300

    255


    2019年10月13日更新

    ある日、青が消えた。 原色が生まれて有史、青は初めて己の役目を捨て、消えた。対となる赤を残して。 青の勢と赤の勢はその有史以来戦を続けてきた。 それは互いの役目を果たすため。 赤は流さねばならない。青はそれを鎮めなければならない。 青が消えた今、二つの原色は混乱し、その意味を考え始める。 ▷20200830 加筆修正終わり ※色擬人化 ※青が好きが高じて ※こちら以外にも一カ所で公開中

    読了目安時間:47分

    この作品を読む