辺境伯

検索結果:3件

  • 放ってほしい王女と甘やかしたい僕の破棄騒動

    婚約破棄と溺愛とスローライフ?

    28,450

    300


    2021年5月12日更新

    全然靡かない王女様には婚約者がいるという。その名を聞いて驚いた。 「それ僕だけど」 「え、嘘……あ、こ、婚約破棄します!」 「そんな!」 ずっと好きだったのに、この仕打ち。 山間の小国の第三王女ラウラは有翼人種。ラウラには幼少期から決められた婚約者がいた。顔も見た事がない、名前も知らない麓の辺境伯。ある日、自分の事を好きだと言う目の前に現れた年若い青年は、その知りもしないはずの婚約者で、かつて自分が自身の翼と、王家にしか現れない特異能力を失うきっかけになった人物だった。 何度断っても諦めない青年ダーレと意地っ張りな王女ラウラの、ドタバタあり、ただ甘やかされるだけもあり、たまにシリアスありのごった煮な恋愛もの。 視点がランダムで展開します。タイトル終わりにダーレ→(D)、ラウラ→(L)で視点表記します。 前作クールキャラは演じられない!と同じ世界線。なのでゆるいです。 ※アルファポリス、小説家になろうにも投稿しています。 ※R15で想定し設定してますがあくまで保険です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間8分

    この作品を読む

  • 婚約破棄ですか…いいでしょう!! おい国王! 聞いていましたね! 契約通り自由にさせてもらいます!!

    貴族だから偉い…という訳じゃない

    1,100

    0


    2021年4月11日更新

    貴族や平民などの立場に関わらず、保有する魔力の量が多いほど偉いと言う世界。 しかし、長い時間が流れその認識は徐々に薄れて行った。 今はただ、魔力を多く保有しているのは貴族に多く、そのため魔力を多く保有していると言うよりも貴族であるからこそ偉いと言う認識が広がっているのだ。 そんな世界に平民でありながら、保有する魔力が異常な程多く生まれ持っていたレイアは、国の意向で無理やり王子と婚約させられていた。 本音を言えば拒否したかったレイアではあるが、いくら魔力を多く保有しているとはいえ平民の出である以上、貴族主義の国の意向に逆らうことは出来ないため、国王と話し合った上で渋々その婚約を受け入れていた。 そんな中、国王も出席している会食でいきなり王子から直接、婚約破棄を突き付けられる。 理由は、レイアが平民出身だから。 周りが騒めきに包まれている中、王子はレイアを見下しながら一人の令嬢を自身の隣に招く。そして何故か濁った瞳を大きく開いて宣言した。 「お前との婚約を破棄し、俺はお前の義妹であるアイリと婚約する!」 しかし、レイアはそれを聞いて内心では歓喜していた。 「おい国王! 聞いていましたね! 契約通り私は自由にさせてもらいますね!!」 レイアは王子と婚約する際に、賭けとして国王と契約していたのだ。 契約内容は、正式に婚姻する前に王子が私情で婚約破棄を宣言した場合、レイアが自由にしても良いという物。 国王との賭けに勝ったレイアは、今まで自由にできなかった時間を取り戻すかのように、自由気ままに行動を開始するのであった。 ※この世界での王族は、広い意味で貴族扱いです。 ※※観覧PVが殆ど動いていないため、読んでいる方が殆ど居ないと判断し、ノベルアップ+様でこの話はここで更新を止めます。 もし、この話の続きが読みたいと言う方は、この話と同じものをアルファポリス・カクヨム、の方でも投稿していますので宜しければそちらで読んでいただけたら幸いです。 ペンネーム、または、話のタイトルは同じのもで投稿していますのでそれで検索していただければ出て来るかと思います。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間30分

    この作品を読む

  • さあさあ歴史好きの皆さま、『恐怖のチョコ三題噺』で甘いもの大量に摂取した皆さま。 ここらで一つ『ビター』なお話でもいかがでしょうか? 今回は『世界史』。ジャンルは『歴史大河』。 18世紀当時に置ける列強がほぼ参加した、この時代の世界大戦とも言うべき戦争『七年戦争』を勝ち抜き軍事史に金字塔を打ち立てた『フリードリヒ大王 プロイセンの英主』という方の『まだ王子だったころの物語』となっております。 リアル王子様にはこのような方もいらっしゃるのです。 そう来たか、と思っていただければ幸いです。 ――あらすじ―― ある日、まだドイツの中堅勢力であった『プロイセン』の若き王太子『フリードリヒ』は泥の水溜まりの中に放り込まれた。 父である王によって蹴りこまれたのだ。 普段から虐待とも取られかねないほどの厳しい躾を強いられていた王太子は、これを機に父から離れることを計画する。 その手段は『国外逃亡』。 果たして、大王と呼ばれることになるこの若き王太子の稚拙な企みは、いかなる結果を生むのであろうか?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20分

    この作品を読む