追放物

検索結果:3件

  • だから何回も何回も何回も言ってるだろう? そんなに勇者豪傑英雄の類を貸してほしいなら、‶戦死者の館〟のオーディン殿に問い合わせろってさぁ。 そこでどうして一足飛びで拉致監禁に走りやがるんだこのクソ土人共がよぉぉぉ。 そんなだから貴様の世界は滅びかけるんだクソ土人共風情がよぉぉぉ。 なる程そんなに正当な労働の正当な対価を支払うのが嫌かあ。 ――オーケー分かった。そんなに人にナメた真似をし腐るなら――貴様の口からは「お願いします、殺してください」という哀願の絶叫しか出てこないようにしてやんよ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間2分

    この作品を読む

  • 神逐(かんやらい)

    日本最古の追放物語

    9,100

    0


    2021年2月18日更新

    ノベルデイズ2000文字文学賞「歴史・時代小説」参加作品(とその作成用メモ)。 日本最古の追放物語を題材にしました。 応募規定に ・他社開催の賞との重複応募はできません。 ・他の小説投稿サイト、アプリ、ホームページに掲載された作品や、電子書籍のみ・同人誌などで発表した作品は、応募可 とあったので、エントリー中ですが、ホームであるノベプラでも公開させていただこうと思います。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 人種ライトは、信じていた仲間達『種族の集い』リーダーからダンジョン内部で追放宣告を受ける。 この世界では人種、獣人種、竜人種、エルフ種、ドワーフ種、魔人種の6種が存在した。その中でも人種はレベルが上がり辛く一般的に他種族から見下され、差別を受けていた。 『種族の集い』はそんな差別を払拭するため各種族が集まったレギオンだったが――実際は裏の目的があった。 彼らは人種を除く国々の命令を受け『ますたー』という存在を探し、あわよくば自国に取り込むのが目的だったのだ。 ライトはギフト『無限ガチャ』という、『ますたー』が所持していそうなギフトを持っていたため目を付けられたのである。そしてライトは『種族の集い』や各国の調査から、『ますたー』ではないと判断をくだされる。しかし、今後何があるか分からないため、念のために殺しておこうとなったのだ。 ライトは『種族の集い』のメンバーに殺されそうになったが、誤ってダンジョン内部にランダムで飛ばされる『転移陣』を踏む。 結果、ダンジョン最下層に転移しメンバー達から殺されることは無くなったが、地下深くでLV1000の神話に登場しそうな魔物に襲われる。 ライトは破れかぶれで『無限ガチャ』を連打。運良くSURカード『レベル9999探求者メイドのメイ』を引き当てる。彼女によってライトは魔物を撃退し命を救われる。 危機を完全に脱したライトは、元仲間達『種族の集い』メンバーに復讐し、殺されかけた真実を知るため各国家に対しても戦うことを決意。 メイは元メンバーに復讐、国家から真実を得るために『無限ガチャ』で自分のような存在、本当に信じられる仲間カードを集めるよう忠言する。 ライトはその言葉に同意し、ダンジョン地下深くで復讐と各国家に対抗する力を蓄えることを選択したのだった。 ――それから約3年後。地上にある全戦力、国家と戦い滅ぼせるほどの力を蓄え、ダンジョン地下深くに最強国家を築き上げたライトが、元仲間達に復讐するため、自身が虫けらのごとく殺されそうになった真実を知るため、再び地下から地上へと逆侵攻をしかけるのだった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間9分

    この作品を読む