追放系

検索結果:6件

  • 悪役令嬢が行く。破滅回避の世直しファンタジー 王国から追放され、島流しにされた場所で、前世の記憶を取り戻した 悪役令嬢、グレーナー=フォン=センドラー。 彼女は自分がもともとは十九歳の女子大生、榎本秋乃であったことを思い出す。 そして、センドラーのもう一人の人格になって、一緒に戦ってほしいと本来のセンドラーから告げられる。 このままでは彼女は強圧的な独裁者とレッテルを張られ、処刑される。そしてこの世界は滅んでしまうというバッドエンドを迎えてしまうと知った秋乃はセンドラーと一緒にこの世界のために戦うと誓う。 ラスト=ピアという王都から最も離れた土地。 与えられた政務も「書記長」という政府内の人事に携わるという地味で日の目を浴びないハズレ仕事。 その中で秋乃は成り上がりを見せる。 感情的で優しい、攻撃魔法の適性がある秋乃。 冷徹で目的のためには感情を殺せる。防御魔法が得意なセンドラー。 一つの肉体に二つの魂が入っている悪役令嬢の物語。 秋乃は、自分とは正反対とも言える悪役令嬢、センドラーと一緒に多くの困難を乗り越え、この世界を、そしてセンドラーの未来を救うために奮闘するのであった

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間42分

    この作品を読む

  • デビルサモン・リベンジャー

    これは、僕が真実と向き合っていく物語

    3,600

    0


    2021年4月26日更新

    20XX年、突如として東京23区と各都道府県に現れたダンジョン━━━━ 最初のうちは警察に編成された組織が捜査していたが、あまりにも死亡率が高いため、腕に自信のある人間による民間のハンターが現れはじめ、それが主流に。 ついには警察には最低三人以上のハンターで構成されているパーティーの同伴が必要になる。 十七歳の少年「早見 蓮」は六人構成のパーティーの悪魔使い。 理性的な悪魔や魔人と契約を結び、仲間として使役することができる。 しかし、人類の敵である悪魔を使役する彼に世間の顔色は良くなく、パーティーでも鼻つまみ者であった。 ある日、蓮は偶然、理性が極めて高い亜人タイプの悪魔「アリス」を助ける形になり、ついにパーティーから追放されてしまう。 途方に暮れる蓮、残されたのは僅かな現金と三人の悪魔達だけ。 絶望の果てに、諦観を飼い慣らしアビス攻略による起死回生を図るが、乗り込んだアビスの中で蓮は自分が追放される原因となった悪魔のアリスと対面し……?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間3分

    この作品を読む

  • ノーネーム(無称号)と呼ばれた俺は無双する。〜家を追放されたので、好きにやらせてもらいます。〜

    まぁよくある俺TUEEEE。

    100

    0


    2021年4月18日更新

    異世界勇者の家系であるノア。 齢15というこの世界での節目を迎えた僕は、教会に称号授与の儀を行ないに行ったが・・・。 何とこの国始まって数千年の中で唯一の『称号無し』になってしまう。 そこからの生活は一転し、公爵家である自らの家を追い出され友人に見捨てられ、許嫁は裏切る始末。 追放され魔物の跋扈する森を抜けようとするが呆気なく魔物に遊ばれ瀕死状態となる。 称号が無いから無能・・・? いや違うそうじゃないだろ? 見せてやるよ。

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • 神眼の異端狩人 ~役立たずと追放された『分析士』にして『ものまね士』はいきすぎた『眼力』≪レベルMAX!≫と『ものまね』で辺境から最強へ~

    完結しました。日間週間月間1位感謝です!

    224,600

    8,345


    2020年6月3日更新

    ※完結しました。 とある世界の大陸『ミード』は『魔』素を操る生『物』―――『魔物』の脅威にさらされ続けている。 ミードでは十三歳になると誰もが『天職』を授けられ、特殊な力を得るのだが———掟破りの『天職』二個持ち、『分析士』と『ものまね士』のケイオスはある日、魔物の分析が地味で目立たない役立たずな力だとして、Aクラスの冒険者パーティから追放された。 仲間だと思っていた者達の様変わりと裏切りを見せつけられ、見切りをつけて故郷へ帰るケイオス。 無職となった彼が新たに就いたのは——『魔物ハンター』。 『冒険者パーティー』という『殻』から解き放たれたケイオスは自分の力を見つめ直し、分析力とものまねを発揮して、魔物を滅殺する。 故郷で受けるクエストの数々は彼をどこまでも飛躍させ、ジャンプアップした彼は一流に。 一方で元居たAランクパーティーは失敗続きで墜ちていく。 そして訪れる元・仲間との再会。 分析士にしてものまね士が最強のハンター『神眼の異端狩人』へと至る道筋。 日々進化する魔物たちとの戦いの果てに見るものは。 追放系アンドその男、実は最強につき——という話。 追放、無双、最強、成り上がり、ざまぁ、となっています。 終わるまで順次更新。 あとがきのおまけともども楽しんでいただけたら幸いです。 ※この作品は『小説家になろう』様にも掲載されています

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間31分

    この作品を読む

  • 【マンガ原作プロットコンテスト用作品】追放聖女のメロン革命~新たな職場《魔王城》がブラックだったので働き方改革しちゃいます!

    聖なる果実が世界を震撼させる

    3,100

    0


    2020年4月18日更新

    聖女×女魔王×働き方改革 全身を蕩けさせる聖女のメロンが世界を震撼させる異世界ファンタジー! 他サイトで連載していた作品「勇者パーティに捨てられた私《聖女》、新たな職場《魔王城》がブラックだったので働き方改革しちゃいます!」を元にしていますが、「UJ原作プロットコン」応募用に内容を一部変更しております。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • ダメ男製造機の聖女は勇者パーティー追放に納得できない

    自称無能が追放決定に抗う理由とは!?

    1,400

    0


    2019年6月1日更新

    私――ユラン・イリアースは神託によって選ばれた仲間達と共に打倒魔王を誓った勇者パーティーの一員である聖女です。 勇者様達との旅は決して楽なものではありません……私も聖女として仲間達の力になる! そう決意したのですが……。 「ユラン・イリアース。今この時を以て君には俺達のパーティーを抜けてもらう」 「――え?」 私はパーティー追放を言い渡されてしまいました。 私が足手纏いだという自覚はありました……襲って来た敵に勇者様達を傷付けさせないと魔法で蹴散らしたり、皆が最高級の宿で体を休めるようにクエストをパパっと達成してお金を稼いだり、保存食ばかりだとお腹が空くと思って料理を振る舞ったり、強い装備があれば買って渡したり、危険が少ないルートの情報を探したり、昨日なんて勇者様を嘲笑った魔王幹部を皆で倒したり……。 勇者様達の活躍に比べれば私がしてきたことは確かに微々たるものです……。 でも私に出来ることを精一杯してきただけなのに、いくら足手纏いだからって長い旅路を共にしてきた仲間にそんな仕打ち……納得出来ません!

    読了目安時間:18分

    この作品を読む