退廃

検索結果:2件

  • 覚めない悪夢にようこそ!

    ♡174,200

    〇2,210

    ホラー・連載中・80話・187,322字 天寧霧佳

    2020年9月26日更新

    記憶喪失の少女が目覚めたのは、血と錆と暗闇が支配する悪夢の国。 彼女を「アリス」と呼ぶ異形の者達が次々に襲いかかる。 訳も分からず戦う事になった少女。 彼女は、覚めない悪夢の中をもがき続ける。

  • ――虚構を模るユートピアの跡地にて。

    ♡0

    〇0

    SF・連載中・5話・24,314字 門一

    2020年7月11日更新

    何千種とありうるどこか遠い未来の中の一破片。 かつて人類が居座っていた筈の、どこか遠い惑星。 そこではアロイコアと呼ばれる二足歩行ロボット生命体、いわば「天然の人工物」が独自の文明を発展させ、生活を営んでいる。 文明を開拓したとされる人類は神として崇められており、彼らにより近い姿形を模ることがこの世界では権威の象徴として認められていた。 よってアロイコア達は豊かな生活を訴えるため、人工の筋繊維や感覚機関を個々の経済事情や嗜みにそぐわせて導入していた。 文明跡地の地下施設を探索していた法人調査員のレーゼルは、その最奥で一機の少女型ロボットを発見する。似ているようで大きく異なる彼女の正体はアロイコアではなく、人類が研究開発していた人工の命。文明の遺物、名をアンドロイド。 一方その頃。法執行機関から足を洗い、何でも屋で日々を食いつないでいるジェットの元に、訳あり風な男から依頼が舞い込んできてーー 命の価値について考えて、またその儚さにも触れてみる。命のいらない場所にて。 ザラついて、けたたましい、人のひとりっ子いやしない、退廃的人工物SF