過去

検索結果:57件

  • 君を救えるなら、僕は

    本当に私を救える??

    282,700

    107


    2022年1月28日更新

    まずは、こちらの作品は、縦読みしてもらえるとありがたいです。 次の書籍化のための練習です。 ここが読みにくいなど意見をくださると助かります ジャンルとしては、恋愛でハートフルストーリーです。 テーマは、救うこと、わかり合うこと、過去です。 主人公である佐藤 祐希が、恋人の山瀬 華菜といつものようにデートをしてたときのことだ。 突然彼女が涙を流し、「こんな人生もう嫌だ」という言葉を口にする。 主人公は驚きながらも、その言葉に隠された彼女の思いを知って彼女を救いたいと思うが……

    読了目安時間:2時間30分

    この作品を読む

  • ジビエ料理は異世界食堂で

    異世界生活とグルメ、人間ドラマが多い話

    34,500

    15


    2022年1月20日更新

    <あらすじ> 故郷で起きた魔力の暴走による空間のひずみ、時空のひびに中途半端に引っかかっている食堂があり、「異世界食堂」という。異世界から現代世界へ食堂ごと転移せざるを得なかった、四人は現代世界で、ジビエ料理が流行していることに気づく。そこで営業を決意する。店の奥には通常の人には見えない魔法陣が二つある。その部分だけ、故郷とつながっている。銀行と、食材通達人(ハンター)たちの協会(ギルド)につながっていた。現代世界と故郷でもある異世界を行き来したかったが、この現代世界には魔力素(マーナ)が極端に少なく、魔法が使えない状態であった。 ところがある事件を境に、故郷と同じぐらいの魔力素の濃度になる。その原因を探ろうとしていると、ここには存在しないハズのモンスターの目撃情報が相次ぐ。四人はやじ馬に混ざって様子を見にいくと、そこにあったものは時空門(ゲート)であった。四人の中で一番魔力が高いアルが人工的に築いたものだ、という。その日から少しずつ、異変に見舞われていく。アルが呪歌(じゅか)の標的にされたり、戦士のパタが死にかけたり、シェフ自身も過去に受けた腕の傷あとからくる痙攣に悩ませたりする。食材とお金専用に使っていた店の奥の魔法陣前には、小型のモンスターが出現していた。魔獣遣い(テイマーメイジ)のピットが使った魔法により、火事となる。店を再建後にはピットの消えた記憶の謎も判明していく。 <紹介文> 作品構成:約15年前に思いついた話。 web用に書き起こした物語になります。ライトノベルの書き方などはすべて独学です。 他の小説投稿サイトにも投稿しています。 人生で初めてweb小説、しかも無謀にも長編にチャレンジした作品。作品構成が下手なので読みにくいと思われますが読んでくださると嬉しいです。 ※2022年1月14日※ 改稿作業を開始。続きは休載気味です。同人誌に収録予定の作品です。同人誌には挿絵も付ける予定です。 改稿にあたり有償で添削指導をカエデ屋本舗様にしていただきましたので、今後は共著という形にします。 カエデ屋本舗様、その節はありがとうございました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間14分

    この作品を読む

  • ショッピングモール

    特にオチのない不思議なお話

    2,700

    0


    2022年1月3日更新

    これは、私の父が体験した不思議な出来事についてのお話です。 ほとんどが父から聞いた話になりますので、私が想像して脚色した部分も含みますが、話の流れは極力聞いた通りに記述しています。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • アストラの夜空

    初めての創作物。強くて弱い、男の子の物語

    76,390

    1,127


    2021年12月30日更新

    このストーリーは実際に作者が小さな頃見た夢が元となっています。 そのまま中学生の頃にその夢の内容を元に小説として下書きし、それが発掘されたので投稿に至りました。 当時書いた文章をあえてあまり変えないようにして投稿しているので拙い部分など多々あると思いますがそれでも良ければ。(書き出しの部分は変更しました) ※奴隷制度のお話なので不快に思われる方は戻るボタンを押すことをおすすめします。 また、内容に1部暴力的なシーンや不適切な単語が含まれておりますが決してその様な行為を強要しているわけでは御座いませんのでご了承ください。 誤字脱字等は指摘して下さると助かります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間49分

    この作品を読む

  • 天命のセナ - 王国編 -

    真実を解き明かしていく王国編。

    200

    0


    2021年12月11日更新

    天蘭王国(_テンランオウコク_) この王国の第一皇女であるセナ。 彼女は現国王であるルク王の1人娘であり、王国唯一の後継ぎでもあった。しかし、彼女は己が17を迎える誕生日の日に、フードを被った謎の青年に出会い。現国王の命を狙う者がいると告げられる。 そして、その日の夕方。 現国王は何者かに毒を盛られ、殺された。 国王を殺された状況の中、セナは自分も狙われているかもしれないと思い。長い付き合いの幼なじみであり、護衛であるルソンと共に、城を出ることを決断する。 王も殺され、王の娘であるセナまで、居なくなってしまった城では、現国王に毒を盛り、城に紛れ込んだ王の弟だと名乗る者に、王座を任せようとしていた。 一方、セナは誕生日の日に謎の青年に渡された古びた王国の地図と青年が書いたであろう文書を頼りに、とある真実と遥か昔、王に仕えていた天命の盾となる者達を探しに旅をすることになる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 今日ノソライロ〜死の都

    いじめシーン注意です

    200

    0


    2021年11月22日更新

    命は、儚くて…時に残酷で…美しい…。 これは…屍で溢れかえった世界に身を投じた少年少女の物語。 神奈川県に住む中学3年の少女本山明日美。 彼女は両親と幼なじみの裕太、一翔、奈央の里沙とあの源義経や竹崎季長などのちょっと変わった幼なじみと幸せな日々をおくっていた。 しかし、ある日その日常は突然、悪夢に変わる事となる。 明日美が幼なじみの奈央、里沙、裕太と帰っている時に突然ゾンビらしき女性に襲われる。 その日からゾンビは一向に増えていくばかりで犠牲者はます一方。 そんな状況を打開する為に100年後の未来から令和時代を救う為に神崎友里亜という少女が派遣される。 そして、ゾンビが発生した原因は未来から来た軍の生物兵器の実験だったという衝撃的な事実に辿り着く。 順調にゾンビを倒していた明日美達は自分達の実験の邪魔をしたとして軍から命を狙われるようになる。 次々に軍から刺客を送られ、苦戦し、満身創痍になっていく彼ら彼女ら。 大切な人の死など、次々と襲いかかる悲劇。 そんな絶望的な状況の中で彼ら彼女らは「大切な人の為に生き抜く」という道を選択する。 そして明かされる裕太、一翔、季長、義経の悲しい過去。 彼らが明日美に対して常にそっけない理由。 クライマックスで明かされるとある少年の明日美に対する恋心とは…? そしてあの日の約束………………。 少年達の守りたかったもの、少女、明日美の純粋な友情。 激闘の果てに迎えるラストとは……? ⚠途中いじめシーンが含まれますが、いじめを推奨している訳ではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間8分

    この作品を読む

  • いつか私を思い出して

    処女作です。二人の少女の物語です

    248,050

    3,023


    2021年11月1日更新

    ある少女たちの数奇な人生の物語を書こうと思っています。 気軽に立ち寄っていて抱ければと思います。 ※この物語はフィクションです。多少調べてはいますが、自分の知識と想像で書いているので、現実とは異なることがあります。 もし気づいたことがあればコメントください。現実ではこうですよなど...

    読了目安時間:3時間26分

    この作品を読む

  • 銀と赤とヘビの牙。 

    「死にたい」ではなく、「消えたい」。

    100

    0


    2021年11月1日更新

    心が動かなければ、傷付かない。穴は空かない。痛まない。 だったら、そのほうがいいだろ? 「BOYSFANコン」募集テーマ『お題フリー』 黒髪、華奢な体、白い肌。 大人になった今でも、消えたいと思う『オレ』には、別れてから半年経つ元カレが居る。 たまたま行ったバーで働いていた男。 銀髪、長身、整った顔立ち。 この男なら、男も女も選びたい放題なのに、男はなぜか『オレ』に声を掛け、持ち帰った。 そして初めて会ったその日、男は『オレ』を抱いた。 砂糖を大量に入れたコーヒーみたいに、甘ったるいセックスだった。 常に声を掛け、気遣い、気持ち悪いくらい優しく、丁寧に『オレ』を抱いた。 真っ赤な舌を這わせ、体中を舐めまくる男を、ヘビみたいだと思った。 「ねぇ、俺と付き合ってよ」 何が気に入ったのか、ただの遊びなのか。それとも、いいおもちゃを見つけたとでも思ったのか、男が言った。 そして四ヶ月ほど経つと、男は別れを告げ、『オレ』のもとを去っていった。 それから半年。 なんの前触れもなく、突然、その元カレが訪ねてきた。 「ヤりに来た」と。 ただ、今日の男は、『オレ』が知っている男ではないみたいだった。 基本、甘ったるいセックスをする男。それが、今日は違った。 気遣いや優しさなんて感じられない乱暴なセックスに、一方的な暴力。 そして、いつも気持ち悪いくらい優しかった男に、初めて、傷を付けられた。 まるで、呪縛のような首輪が付いた『オレ』の首に、男は歯を立て、咬傷を残した。 その行為に、何か意味があったのか。 男は何を考えているのか、何がしたかったのか。 本当に、ただ「ヤりに来た」だけなんだろうか。 ※『白と黒とガラス玉。』と、対になっています。

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • 僕と彼女のレンタル家族

    完結まで、どうぞよろしくお願いいたします

    200

    0


    2021年10月31日更新

    メイン登場人物 主人公 近藤在過 35歳(コンドウ トオカ) 妻 近藤言葉 32歳(コンドウ コトノハ) 娘 近藤希心 5歳 (コンドウ キコ) 過去ヒロイン 篠崎神鳴 25歳(シノザキ カンナ) 母親 篠崎雷華 45歳(シノザキ ライカ) 父親 篠崎大迦 47歳(シノザキ オオカ) あらすじ 近藤在過の娘が5歳の誕生日を迎えたころ、数か月前から一軒家に引っ越しの計画を立てていた。 引っ越しの数日前に荷造りをしていると、過去に失恋をした恋人の思い出を見つけてしまう。 過去の思い出がフラッシュバックしてしまう在過の泣いている姿を目撃した妻と娘に、過去の呪縛から逃れるために、失恋した経緯を話していく。 しかし、過去の話をしていくうちに不可解な事に気づく。 いつ、妻と出会い娘を授かったのか? 思い出すことができなかった。 過去の失恋話が終盤になるほど、息苦しく、体が怠い症状が襲い掛かってくる。 最期まで話し終えた在過は、微笑んでいる妻と娘の姿を見て意識を失った。 「いってらっしゃい」 最期にそんな言葉を聞いた気がする在過の視界に映りこんだのは、自宅で眠る自分だった。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間49分

    この作品を読む

  • キオクガタリ。ミライガタリ。

    初投稿なので優しい心でお読みください

    500

    0


    2021年10月22日更新

    その人の過去がわかるというキオクガタリの一族のミヤコは、その人の未来がわかるというミライガタリ。がかつて存在していたと 小さいころから聞かされていた。興味をもったミヤコは、キオクガタリとミライガタリの関係性を調べようとする。 そんな矢先一人の男の子と出会って、、、。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 短歌・詩集 あおぞら

    重なりあう、言の葉を想いに託して…

    95,650

    2,136


    2021年10月14日更新

    ご訪問頂き、ありがとうございます。 短歌・詩をひとくくりにまとめていきます。 「詩集・冬も打上花火が見たいんだ」に掲載の詩がいくつかかぶります。今後新しいものは、こちらに綴っていきますね。 短歌は、twitterより発信して参りました短歌に加えて、皆様にお返しした返歌などです。なかなか新しい歌が詠めないままですが、たまには新作もご紹介したいなと思っています。 短歌を詠んだのもまだ日が浅いのですが、日本語のもつ美しさに日々勉強中です。 自分らしい言葉で歌を詠めた時はやはり嬉しかったりもします。 小説を書く時にも美しく表現できることを期待しつつ……詠んでいこうかと思っています。 詩は、過去・現在・未来、四季折々に感じたことを言葉にのせていけたらと思っています。 ひとつでも、貴方の心に響いてくれると幸せです。 更新は不定期でゆっくりになります。どうぞよろしくお願い致します。 twitterアカウント @_a_cherry_tree 桜 透空

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • EVE〜破壊と創造〜

    異世界ファンタジー&ミステリー

    1,300

    0


    2021年10月13日更新

    ある日の誘拐事件をきっかけに、異世界へと飛ばされる主人公とその仲間たち。 なぜ自分達が誘拐されたのか、なぜ異世界へと飛ばされたのか。 異世界と現実世界、そして過去、未来の話が進行しながら衝撃のラストへと繋がっていきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:49分

    この作品を読む

  • 後悔が好きな女の子

    この作品だけなのでぜひ読んでみてください

    800

    0


    2021年9月8日更新

    愛は抱えていた過去を周りに話せず過ごしていたが、仲良くなった晴(男)に打ち明けることにした。愛は晴と自身の「後悔は美しい」精神と共にまた1つ後悔を作っていく。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 隣の席の美少女に恋をしてたら修羅場ってた・・・

    楽しい恋愛小説です。

    29,100

    20


    2021年9月7日更新

    三角関係とか甘いものを書きたくなったので書いていきます。 最初は甘いものをメインに、後半はハッピーエンドを目指して書いていきます。 応援よろしくお願いします。 表紙絵はミウキ様(@miuki_uki )に描いて頂きました。

    読了目安時間:1時間15分

    この作品を読む

  • 私はコルト〜コルト大臣の半生記✨〜

    私コルト大臣の半生記ですぞ✨

    3,122

    0


    2021年8月21日更新

    ミルカ姫と出会う前の私コルトのお話しをいたしましょう。 人並みに恋もしました笑 幸せだと思います。 いえ、今でも幸せですぞ。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 人と妖の物語―妖魔師―(表紙あり)

    妖魔師誕生の物語/本編の妖魔師もどうぞ!

    4,400

    70


    2021年7月29日更新

    これは【伝説の妖魔師】と呼ばれる、始まりの妖魔師【東城 春玄】とその相棒の妖魔たちが、この世の平和の為に奮闘した、誰も知り得ない物語。 妖魔と人間が争う混沌とした世界。東城春玄は陰陽師として日々、悪霊と呼ばれる妖魔と戦い続けていた。 平和を乱し、暴れる妖魔たち。しかしその中でも平和を、人と共存することを強く望む白狐の幼い妖魔、【白蓮】と出会う。 陰陽師として妖魔は悪……しかしそれに強い違和感を覚えていた春玄は白狐の妖魔白蓮、化猫の妖魔風丸、幻狼の妖魔紫幻とともに、影から平和を導く者【妖魔師】としてこの世の混沌に立ち向かう。 妖魔と人間が為す奇跡。 妖魔師誕生の物語。 ご要望にお答えしまして、設定資料の中で眠っていた始まりの物語を執筆します! AN/杏様に表紙を描いて頂きました。ありがとうございます!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 夏の思い出[浜辺の漂流物]

    夏の5題小説マラソン用で書いた小説です。

    0

    50


    2021年7月29日更新

    5題小説マラソンのルール上、全て完結で終わらせなければならない。 だが、同じ登場人物を登場させてはならないというルールはない。あくまで完結させてあればいい。 どうせならやるでしょ。 全部のお題を活かしきったうえでのストーリーをね。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 事故死して生まれ変わった俺の体は、皮肉にも妻の浮気相手になっていた

    転生後にも妻と出逢えた意味とは……?

    6,200

    0


    2021年7月24日更新

    『どうせなら異世界に転生した方がマシだったかもしれない……。』 妻の浮気現場を目撃し、気が沈んだまま迎えた初めての結婚記念日。 しかし不運な事故に遭い、目が覚めた時には過去の世界の『自分』………ではなく妻の『浮気相手』になっていた⁉︎ 知ってる世界で巻き起こる、知らなかった急展開。 見つめ直される主人公と妻と浮気相手の関係性。 それでも主人公は同じ職場で、別人として働く毎日。 まさかの事態は受け止めるけど、愛した妻への感情は錯綜しっぱなし。 そもそも今の俺、どう見ても『浮気相手』だよ‼︎

    読了目安時間:6時間9分

    この作品を読む

  • 夏が交差する

    打ち上げ花火の見えない家に住みたかった

    5,300

    70


    2021年7月17日更新

    新婚生活の新居選びに勤しむ「俺」と婚約者の沙織。 選んだマンションは、小綺麗な日当たりもよいマンション。 ところが、住み始めて一年後の夏、沙織はその家に致命的な欠点があることに気付く。 沙織は過去の痛ましい事件の記憶を呼び覚まし、精神を次第に追い詰めていって……。 夏の5題小説マラソン《打ち上げ花火》参加作品。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 夏夜の幻

    俺たちの秘密基地にしないか。

    14,500

    10


    2021年7月9日更新

    きっかけはそんな昔なじみからの電話だった。結婚した、と聞いた時、すぐに理解が追い付かなかった。僕たちはまだ互いに二十一という年齢で、法的に結婚ができる年齢だ、ともちろん知識としては知っていても、自分たちにはまだまだ先のイベント事のように、すくなくとも僕は感じていたからだ。もう子どもじゃないんだよ、と何の脈絡もなく、いきなり世間から諭されてしまったような気分に近いのかもしれない。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む