部活動

検索結果:709件

  • Hand to Heart

    (自分の)萌え詰め合わせ(*/ω\*)

    1,100

    0


    2021年9月23日更新

    チーム同士のいざこざに巻き込まれた和明は、その時助けてくれた男性をさがして奔走する。周囲の会話から拾ったキーワードだけを頼りに。そして高確率でその男性【コージ】がいるであろう全寮制の男子校に行けることになるのだが、何故か親友の携(たずさ)も一緒に入学した。 運良く【コージ】と再会できた和明だったが、そこには予期せぬ再会もあった。寮長が姉の元カレで、小学生の頃に自分を可愛がってくれた人だったのだ。ルームメイトの智洋ともすぐに意気投合し、楽しい日々が始まる。 まずは体育会の準備が始まり、浩司が団長をすると知った和明はまよわず団員に立候補した。クラスでもう一人団員に選ばれたのは、別の全寮制男子校から来た周一郎で、彼は自分のいた学校のやり方で和明とスキンシップをはかろうとしてくる。和明はそんな周一郎に恐怖を覚えるのだが、同級生の讃岐と智洋に助けられながら、次第に周一郎とも打ち解けていく。 所属したTRPG同好会のメンバーも個性的で、少し尻込みしつつもそれなりに楽しい時間を過ごす和明。クラスメイトには、浩司と同じチームに属している辰史もいて、浩司ファンの二人は推し語りで盛り上がる。 癖のある面々に囲まれながらも、ルームメイトの智洋といるときに感じるものが、ほかの友人とは異なることに徐々に気付いていく和明。 そして智洋も自分に特別な感情を覚えているのだと知り、二人は恋人同士になった。 一大イベントである体育会が終わり、体に負担になるからと自分で慣らすだけに留めていた和明だったが、ついに智洋と体を繋いだ。二人の仲は深まったと思っていたのだが、急に智洋の言動がおかしくなる。智洋のクラスメイトが妙に引っ付きまわっていることに嫉妬する和明だったが、ある日呼び出された場所で智洋とそのクラスメイトのキスシーンを目撃する。その場で糾弾する和明に、しどろもどろの智洋。絶対に別れたくないと言い張る智洋と、別れないならどうにか話し合いで解決しようとする和明だったが、追い詰めてようやく智洋から真相を聞き出すことに成功する。智洋は和明を守るためにやっていたことだが、それは相手の思うつぼで和明を悲しませることになっていたと知り、智洋は反省する。わずかなシコリは残ったが、和明は智洋を信頼することに決め、もう隠し事はしないと約束させたのだった。 【web初出2012年】テーマ[お題フリー]

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む

  • 片思い同士の初恋

    これはハッピーエンドですよ

    0

    0


    2021年9月23日更新

    宮崎泉は誰もが認める美少女である。彼女は容姿だけではなく天使のような心も持ち合わせている正に女神と呼ぶにふさわしい存在だ。ただし、勉強は人並み以上に苦手としていた。そして、幼稚園からの幼馴染である奥谷信寛に小学生の時から片思いをしているのだが、その思いを伝えることは高校三年生になっても出来ていなかった。彼を追って同じ高校の演劇部に入ったものの、人前に出るのは少し苦手なため裏方として活動している。 奥谷信寛は演劇部に所属する容姿端麗で運動も得意で後輩からも慕われている。くしくも、宮崎泉と同じように勉強は苦手のようだ。彼も同じく幼馴染の宮崎泉にずっと思いを寄せているのだが、それを上手く伝えることは出来ないでいた。同じ演劇部に所属しているのだが、演者と裏方という少し距離の空いた関係のせいにしているのだが、彼自身の勇気が足りないだけという事は他の部員も気が付いている。 山口愛莉は常に一人で行動をしているような生徒である。だが、他人が嫌いというわけではなく、他の人との距離感が掴めていないだけなのだ。幼馴染の宮崎泉と奥谷信寛の二人がお互いを好きだという事には気が付いているのだが、自分がきっかけで仲の良い三人の関係が壊れることを恐れるあまり、二人の思いを成就させることが出来ずに悩む日々が続いている。 同級生や演劇部の部員も二人をくっつけようとしては見るものの、自分に自信のない二人は関係を前進させることが出来ずにいた。 このままでは思いを伝えることが出来ないまま卒業してしまうのではないかと危機感を抱いた二人が送る、高校生活最後の一年間の物語である。 この話は「小説家になろう」「カクヨム」「アルファポリス」にも投稿しております。

    読了目安時間:48分

    この作品を読む

  • 記憶喪失の君の記憶が戻ったら

    日常の中の非日常…そこから物語は始まる

    10,900

    0


    2021年9月23日更新

    主人公の工藤隼人は、小学校四年生のときに交通事故に遭い、それが元で記憶喪失となった。記憶喪失となった隼人は、自分のことすらもわからない中で笑顔も忘れ、人とかかわることを避け、人とのかかわりを絶ち、友だちもいないまま、自分の殻に閉じこもったまま孤独な日々を送っていた。だが、そんな隼人もやがて思春期を迎えると、人並みに親への反抗心も芽生え、中学校を卒業する直前に、同級生の新田文恵から告白され、周囲に言われるままにお付き合いもするようになった。このお付き合いは形だけのものだったが、高校生になった隼人は、やがて入部した地歴部で出会った中澤多恵というひとりの女子に恋をし、文恵とのお付き合いに終止符を打った。だが、多恵に対する思いを口に出来ないまま、隼人は、多恵に関する信じられない驚愕の事実を突きつけられ、心に大きな傷を負い、周囲を驚かせるような行動に出てしまった。そして、興奮のあまり気を失って倒れ救急車で病院に搬送されていった。だが、隼人が病院で目をさますと、そこには見たこともない女子高生や大人たちが顔を並べていた。皆が心配する中、隼人は「車に跳ねられた」と言った。信じられない隼人の言葉に周囲は驚いたが、その場にいた父親だけは、隼人のその言葉に思い当たることがあった。果たして、気を失っている間の隼人にいったい何が起こったのか。そして、これから隼人はどうなっていくのか。 記憶を失い彷徨う中で、あなたは笑って生きていけますか!? この物語は、立ちはだかる記憶の壁と向き合いながら今を生きる隼人と、そんな隼人を取り巻く人々が巻き起こす悲喜交々の青春ストーリーである。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間31分

    この作品を読む

  • 二つの物語が交わるとき

    とある部活動の話です。

    200

    0


    2021年9月22日更新

    駆け出しの女優の双子の姉と、超有名作家の弟がタッグを組み、演劇の作品を作ることに…

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 英雄部の日常と非日常

    ダジャレが好き

    2,500

    30


    2021年9月22日更新

    英雄部の理念 1 常に自分の中の正義に忠実であれ 2 悪行を絶対に見逃さない 3 惚れた人間は笑顔にする ☆ ヒーローを目指す主人公は高校入学を機に英雄部という部活を立ち上げる。しかし部員が3人以上いないと部として認められないというので、部員探しを始める。 最初の部員はダジャレ好きの美少女に決定。そして部活メンバーが3人になり部としての活動を開始するが、所属メンバーが全員面倒くさい性格なので面倒くさいことが起こる話。 *作者はコミュニーケーションをとることが苦手なため、コメントに対する返答もスタンプで行っております。ご了承ください。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません

    読了目安時間:1時間42分

    この作品を読む

  • 産賀良助の普変なる日常

    ありきたりな日常のお話。

    4,400

    0


    2021年9月22日更新

    高校へ入学したことをきっかけに産賀良助(うぶかりょうすけ)は日々の出来事を日記に付け始める。 彼の日々は変わらない人と変わろうとする人と変わっている人がいる至って普通の日常だった。

    読了目安時間:9時間18分

    この作品を読む

  • やはり世界は繋がっていた  (現在第一章毎日二十一時に投稿中)

    どんな人物にもその人の物語がある

    7,600

    0


    2021年9月22日更新

    俺こと佐藤真と心霊に詳しい先輩が事件に巻き込まれる話… そして、そこから派生していく様々な人物の物語 どんなことにも理由がある 何故この事件は起こってしまったのか、どうして解決したのか…何が欠けてもいけなかった やはり、世界は繋がっていた! ※章ごとに主人公、文体、作風が変更されます。 第一章 束の間の家 はシリーズ全体のプロローグとして読んでください。 第二章からが本編です。

    読了目安時間:51分

    この作品を読む

  • となりに魔女と死神が住んでいるのだが・・・

    報いなど不要と献身する能力者はいかが?

    5,900

    50


    2021年9月22日更新

    菊池優斗はサイキッカーの父とサイコメトラーの母がおり二人の能力を受け継いだ能力者だ。 中学で虐められてた友達をサイコキネシスで助けたが逆に気味悪がられて助けた友達にすら避けられ気づけば友達がいなくなってた。 進学と同時に学校生活を全てリセットする為、両親に頼んで遠くの高校に通わせてもらう事になる。 引越し先のアパートの二階で一人暮らしを始めたはいいが両隣は空室と聞いてた部屋に魔女と死神が引っ越して来ていた。 『能力は人の為に使ってこそ』という両親の教えを妄信する優斗に超常現象研究同好会のメンバーは惹かれていく。 ※カクヨム、なろうでも配信してます

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間8分

    この作品を読む

  • オタクな彼女と付き合うのは楽じゃない。

    オタク女子達による、主人公オタク化計画。

    1,500

    0


    2021年9月22日更新

    高校二年の春。岩佐恭平は入学式の日に一目惚れした蔦町弥生と同じクラスになったことを知り、今年こそはと意気込んでいた。 しかしとあるきっかけもとい事故から、彼女がオタクであることを知る。しかしそれだけにとどまらず、彼女は恭平をオタクにしてみせると豪語したのだ。 知り合う女子もみなオタク。そんな彼女達と向き合いながら、恭平はオタクの奥深い世界と知識に触れ、時に混乱し、時には新しい発見をする。 非オタな俺とオタクな彼女。岩佐恭平オタク化計画が幕をあげる?!

    読了目安時間:1時間30分

    この作品を読む

  • スマホを開くな

    ミステリー×ホラー

    100,900

    650


    2021年9月22日更新

    更新時間帯変更のお知らせ。 誠に勝手ではございますが更新時間帯を9月20日(月)より、下記のように変更させていただきます。 18時→20時 通う生徒の大半が富裕層の家庭で育った女の子、つまり所謂お嬢様学校と呼ばれる私立清蘭(せいらん)女学院。 その高等部に、ある日こんな噂が流れ始める。 それはある日スマートフォンに自分からメッセージが送られてくると言うものだった。 そしてそれが送られてきた人は、最終的には死んでしまうとも…。 そんな恐ろしい噂を信じる者もいれば、全く信じないものもいる。 そしてそれを誰かの呪いだと言うものもいれば、それは誰かの陰謀だと言う人もいた。果たしてどちらが正しいのだろうか? それとも答えはどちらでもなく、真実はどこか違うところにあるのか? そしてこの物語に登場する人々に救いはあるのだろうか? 学院の中で起きる数々の惨劇。それにあなたは戦慄することになるだろう。 さて、そろそろ物語の事を話そう。物語はこんなところから始まる。 私立清蘭女学院2年1組の卯月雛(うづきひな)はある日こんな噂を耳にする。それはスマートフォンにいきなり変なメッセージが送られてくると言うもので、詳しく話を聞くとどうやら数字が送られてくるらしい、そしてその数字が少しずつ減っていき、最後には0になると…。そしてその直後何か恐ろしい動画が送られてくるらしいのだ。 そしてその後、送られてきた人物は、同じように恐ろしい目にあう…、と。 そしてしばらく経ったある日、雛のもとに『5』と言う数字が届いた。 言うまでもなく、それは例のメッセージである。 果たしてそれは一体何なのか? ただの噂? それとも誰かの呪い? もしくは誰かの陰謀か? さて、卯月雛に救いはあるのだろうか? その運命やいかに…? 1日1話更新予定です。 最初のほうは時間があれば2話づつ更新します。 9/16扉絵載せました。たまには人に頼らず自力で、と言う訳でお目汚しすみません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間34分

    この作品を読む

  • 彼女と彼の、微妙な関係?

    極普通の恋愛物です(キパ

    31,410

    1,910


    2021年9月22日更新

    ★表紙イラストはPicrewの「もっとももいろね式美少女メーカー」にて作成させていただきました。7話には同様に、誌愛の、2話に全の、5話に瀬里亜のイラストがあります。 自称ごく普通の平凡な女子高生、黒河(くろかわ) 沙理砂(さりさ)は過去のトラウマから、男嫌い、男性恐怖症の気があるのだが、ある日いきなり背の低い下級生、神無月(かんなづき) 全(ぜん)に告白されてしまう。 どうなる?どうする?歳の差、背の逆差のある二人の微妙な初恋ストーリー。 基本、一人称で、彼と彼女、どちらかの視点で話は進みます。 これは、同作者の「剣恋~」のパラレル・ストーリーでありますが、基本的にあちらとはまったくの別物、関連は、人物以外全くありません。 現代風日本の普通の恋愛ものです。あちらを読まずともまったく問題なく読めます。 掲載:なろう、ノベプラ、カクヨム、アルファポリス 尚、ノベプラ、アルファポリスには挿絵機能があるので、Picrewで作ったキャラのイラスト有ります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間28分

    この作品を読む

  • 弱小文芸部員がノベプラを利用してプロになるまでの道!!

    現実世界でプロ小説家になる過程を全公開!

    91,300

    100


    2021年9月22日更新

    V-Novelist 文芸部の活動記録。 ノベプラでの活動を通じて各部員がプロ作家になることを目指す現代青春Vドキュメンタリー。 V-NovelistのVはVictoryのV!!! 現実世界のプロ小説家になる過程を全公開予定! 小説を書く/小説家を目指す方に有益な情報になるよう頑張ります! =文芸部 活動予定= *2021年07月 夏の5題小説マラソン(ノベプラ) *2021年08月~ 公募用作品の制作開始! - 受賞の為の戦略会議 - 制作過程公開(企画、プロットなど) - 完成作品公開(第一稿) *2022年04月 電撃大賞公募 *2022年11月 電撃大賞受賞!? ■キャラ紹介 【日常ちゃん(田中のどか)】 文芸部部長。もともと部員がホラーちゃん一人だった文芸部が不憫だったため力を貸す(乗っ取る)ことに。 絵を書いたり、HPを作れたりと多才。のほほんとした見た目とは裏腹に、策略家でもある。 【ホラーちゃん(墓守玲)】 文芸部ホラー担当。たった一人で文芸部を守っていた少女。文集を作るための必死な部員集めが功を奏す。 人に話しかけるのが苦手でクラスではうまく溶け込めないが、文芸部という居場所ができて学園生活が楽しくなる。 【ミステリちゃん(江戸川翠璃)】 文芸部ミステリ担当。もともと文芸部に興味はあったが、入るタイミングを逃していた。しかし、お菓子がきっかけで入部を決意。 目立ちたがり屋で自分は賢いと思っているが、学校の成績が低空飛行なことを不思議に思っている。 【SFちゃん(時枝彼方)】 文芸部SF担当。お菓子パーティを開く文芸部を、風紀委員として注意しにきたところ、文芸部に興味を持ち加入。 生徒会では規律を重んじる優等生だが、文芸部では感情的になることが多々あり、それを面白いと感じている。

    読了目安時間:4時間15分

    この作品を読む

  • 僕のサッカー日誌2020 ~高校サッカーレベルの僕だけど、本気で天皇杯優勝を目指す。~ 毎日 17:30 更新中

    ディエゴマラドーナ追悼

    1,700

    0


    2021年9月22日更新

    ここはコロナが蔓延しなかった世界。 高卒社会人2年目の主人公、武田凡平は20歳の誕生日に代々伝わる秘密を打ち明けられる。それは自分が望んだ人間を4人まで生み出せる能力であった。夢か現実か……生み出したのは伝説の名ゴールキーパー、ヤシンの生まれ変わりだった。 ――― 2021年元日決勝に向けた第100回サッカー天皇杯予選が各地で始まった。高校で一緒だったサッカー部仲間11人。そして凡平の生み出した伝説級のサッカー選手たちは、優勝を目指し天皇杯予選に参加するのであった…… ※この作品はフィクションです。実在する人物、団体とは一切関係がありません。 第一部 2020年12月25日~2021年1月9日 毎日17時30分更新 第二部 2021年9月16日~2021年10月15日 毎日17時30分更新 終章・終章2 公開時期未定 ※この物語はマルチエンドになっています。最初のエンディングはハッピーエンドです。ハッピーエンドを楽しみたい方は、最後の「終章2」は絶対に読まないでください。

    読了目安時間:1時間32分

    この作品を読む

  • 中学3年の受験生・田辺篤彦(たなべ・あつひこ)は、両親とキャンプにやってきた山中で、不覚にも遭難してしまう。そこで出会ったのは人語を話す石ころ『小石さん』。彼女の導きで助かった篤彦は、その後猛勉強のすえ名門高校への入学を果たす。のんびりできる部活を探した篤彦は、本を読むだけの集まりである『読書部』へ入部することにした…… これは『小石さん』と、彼女を取り巻く読書部の面々が織り成す、ハートフル・ラブストーリー。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間43分

    この作品を読む

  • マンドリニストの群れ

    目指すは全国優勝!高校マンドリン部の日常

    5,700

    50


    2021年9月22日更新

    2022年4月、県立西田高校に入学した大橋奏太と親友の春日糸成はマンドリン部に入部する。マンドリン部は毎年全国大会出場という強豪団体で、二人は全国大会優勝という目標に向かって努力をする中で様々な人に出会っていく。 ーーー マンドリンについて知らなくても楽しめるようなアツい青春部活ものの路線を目指していますのでぜひお気軽にお読みください! ※目次最初の「マンドリン・音楽関連用語解説」と、章ごとの「キャラクター紹介」があるため、本編の文字数と表示されている文字数は異なります。 本作品は「小説家になろう」さんサイト内でも公開しています。第82話以前については「小説になろう」さん版の複数話をこちらの1話分としていますので、あちらのサイトより1話あたりの長さが長くなり、話数が異なります。そのため、あとがきに該当する話数をつけてあります。現在は最新話に追いついたため、どちらで読んでいただいても最新話がご覧いただけるようになっています。 【Twitter】(作品の更新情報や執筆の裏話などを掲載しています。2022年4月より連動新企画を計画中!) https://twitter.com/Mandolinnovel 【重要】(2021/09/01更新) ・①実在の楽曲名の作中使用について ・②参考音源として動画URLの添付について 以上2点の取り扱いを変更しました。詳しくは第117話後書きに記載しています。(文字数制限の都合でこちらに書けないのでそちらをご参照ください。)

    読了目安時間:15時間13分

    この作品を読む

  • 恋愛マスターになってしまいました。

    恋愛ラブコメの皮を被った“何か”

    109,500

    330


    2021年9月22日更新

    恋愛経験ゼロなのに、いつの間にか校内中で「恋愛マスター」として有名になってしまっていた。 そして恋愛相談に来る生徒が次々に。 俺だってそんな青春を送りたいのにッ! こうなったら崩壊・破滅狙いでひどいアドバイスをしてやる! のはずがどうしてか毎回成功してしまうのであった。なんでだよ。 更には助手志望の美少女まで現れて……。 何故か異常なまでの慕い方にちょっとドキッとしてしまったり? 何故か無条件で慕ってくる無口な美少女助手と、訪れる恋愛相談を破滅へ導こうとする主人公の、凸凹コンビが繰り広げる歪んだラブコメ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間19分

    この作品を読む

  • 生徒会長のつかさちゃんは勝ち気な美少女。立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は──でも、モテない 任侠を重んじる家系に生まれた彼女の日常 中二病極道少女×クールメガネ毒舌少女 クセが強すぎる彼女たちの日常会話劇+恋愛模様 ⚠︎注意⚠︎ 思考停止して読んでいただけますと幸いです 表紙立ち絵:しま様 2021 9/20一部タイトル修正しました

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 神様のいたフットサル部

    フットサルを頑張る少女たちの青春物語です

    8,800

    0


    2021年9月21日更新

    新堂良子は東北から引っ越してきたばかりの、元気いっぱいの女の子。 フットサルが大好き。 千葉県にある佐原南高校に通うことになるのだが、 なんとそこは、フットサルの神様である佐治ケ江優が在籍していた学校だった。 ビビビと運命を感じた良子は、さっそく入部するのだが、 しかし彼女は、幼稚園児の方が遥かにマシというくらい、ボールを蹴るのが下手だった。

    読了目安時間:10時間16分

    この作品を読む

  • eハイ!!<全国高等学校総合ゲーム大会>

    【部活+ゲームモノ】

    267,807

    1,825


    2021年9月21日更新

    今野修真は高校2年生のガチゲーマー。 彼には目標がある。それは先輩達から引き継いだ『ゲーム部』を存続させること。 その為には実績がいる。誰もが認める立派で偉大な実績が。 そんな彼の元に集まったのはギャル、ラガーマン、お嬢様、Vチューバー。 統一感ゼロの異種族パーティで全国制覇を目指す。 全国一ゲームが上手い高校生は誰か? それを決める年に一度の大会が今年も始まる!!

    読了目安時間:14時間49分

    この作品を読む

  • ブルーノート~宝塚南高校ジャズ研究会~

    ジャズに懸ける少女たちの青春物語

    73,600

    100


    2021年9月21日更新

    高校生活のしがらみ、先輩との関係、恋愛に友情……、音楽を誰かと奏でる楽しさや苦悩…… ジャズにかける高校生たちの青春ストーリー! 『第一楽章 宝塚南高校ジャズ研究会』 小学校からの親友、大西七海と「高校生になったら軽音部に入ろう!」そう約束をした清瀬みなこだったが、入学式当日、みなこたちの進学した宝塚南高校には軽音部が存在しないことを知る。 ジャズのことなど全く分からないみなこたち。しかし、新歓ライブでの先輩たちの演奏に心を打たれ、ジャズ研に入部することを決意。日々、練習に明け暮れる。すべては秋に開かれるジャパンスクールジャズフェスティバルで最優秀賞を勝ち取るために……! 『第五楽章 自分らしさのない音楽会』 新学期を迎え二年生となったみなこ。初めて出来た後輩は、小幡つぐみというギターがまるっきり初心者の子だった。新たに入って来た個性豊かな新入生との関係に四苦八苦しながらも、先輩として上手く立ち振る舞おうと励むみなこ。……しかし、みなこの知らないところで不穏な空気が流れ始め、やがて部全体が巻き込まれていく。 宝塚南のJSJF最優秀賞を目指す新たな一年が始まる。 (字数制限のため、第一楽章と最新楽章以外のあらすじは、各楽章の『プロローグ』の前書きに記載しております) ※カクヨム、ノベルアップ、エブリスタ、ノベリズム、小説家になろうに同時掲載 更新頻度は、2~3日おきの予定です!

    読了目安時間:15時間40分

    この作品を読む