野球部

検索結果:7件

  • 夜明けなんて来ない

    暗闇の中で絶望する「俺」の運命は――

    1,500

    0


    2021年7月7日更新

    「将来の夢はプロ野球選手」。 小さい頃から少年野球チームでエースだった「俺」は、 高校球児として甲子園を沸かせ、 果ては念願のプロ野球選手となる――はずだった。 夢を絶たれて絶望のどん底に突き落とされた「俺」の運命は。 エブリスタ投稿済作品。 小説家になろう 等、他の小説投稿サイトにも投稿させていただいております。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 右手にグローブ、左手に夢

    どうせ見るなら、夢が叶う夢がいい

    1,600

    0


    2021年5月29日更新

    高校三年生の「マコ」こと佐々木麻琴は、野球部きっての左腕投手。 右投げの同級生「ルキ」と双子と呼ばれながら活躍を期待されてきたが、 家庭の事情で野球の道を諦めようと決意する。 そんな中、野球部の寮では妙な夢を見る現象が広がっていた。 「どうせ見るなら、夢が叶う夢がいい」 野球のことを諦めきれないマコと、マコの進路を知って落胆するルキ。 その夜、マコはおかしな夢を見る――。 魔法のiらんど 短編コンテスト「魔法の5分間<2>」作品集に選出いただきました。 小説家になろう 等、他の小説投稿サイトにも投稿させていただいております。 --- 写真素材撮影:香桐れん

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 窓の向こうの君

    窓を挟んで向かいは近い

    400

    0


    2021年5月9日更新

    美花は、校庭で汗を流す健斗をずっと見ていた

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 彗星と遭う

    それでも、野球が好きな人たちへ。

    1,500

    0


    2021年1月8日更新

    舞台は、高校野球。 中学生時代に、「世界一」という称号を勝ち取った、怪物・空野彗と、天才・武山一星。 怪物は、「プロ野球選手」になるという夢を叶えるため。 天才は、「甲子園に行く」という己の夢を諦めるため。 二人は、〝甲子園〟からは程遠い、中堅校へ進学した。 しかし、怪物と天才はその高校で再開する。 それは運命か、はたまた偶然か。 ただ一つ確かなことは、野球の神様が見たかったのだろう。 二人の野球を、甲子園で。 ――――――――――――――――――――――――――― 青春あり恋愛ありの野球小説です。 カクヨム・アルファポリスにて先行公開している作品になります。 幅広い方に見ていただきたく、ノベプラの方にも掲載させていただくことになりました。 むず痒い青春、もう一度過ごしてみたかったあの瞬間を描けたらいいなと思っています。 基本的に毎日投稿です。分量も1500~3000くらいなので、通勤・通学中や寝る前のひと時にお読みください。

    読了目安時間:1時間17分

    この作品を読む

  • 青色の下で・・・

    静岡県を舞台にした高校野球小説です

    300

    0


    2020年11月5日更新

    静岡県内にある無名校、静岡聖陵学院高等学校へと進んだ一人の野球少年がいた。 彼はかつての親友との約束である“甲子園で会おう”を胸に、敢えて茨の道へと進んで行く事にした。無名校とも言える高校へと入学した彼はこの3年間どのような出会いがあり、どのような運命が待つのか…甲子園という高き場所を目指して俊哉の3年間が今始まる。 作者より この作品は野球ばかりでなく日常や学園生活やら色々と混ぜた高校野球小説です。 自分の妄想をいっぱい詰め込みました。 駄文で見にくてん多々あるかと思いますが、読んでいただければ幸いです。 よろしくお願いします。

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 見上げた空は、今日もアオハルなり

    コンプレックスを抱える四人の青春物語。

    76,800

    1,455


    2020年10月22日更新

    幼馴染だった三人の少年少女。広瀬慎吾(ひろせしんご)。渡辺美也(わたなべみや)。阿久津斗哉(あくつとおや)。そして、重度の聴覚障害を抱え他人と上手くうち解けられない少女、桐原悠里(きりはらゆうり)。 四人の恋心が激しく交錯するなか、文化祭の出し物として決まったのは、演劇ロミオとジュリエット。 ところが、文化祭の準備が滞りなく進んでいたある日。突然、ジュリエット役の桐原悠里が学校を休んでしまう。それは、言葉を発しない彼女が出した、初めてのSOSだった。閉ざされた悠里の心の扉をひらくため、今、三人が立ち上がる! これは──時にはぶつかり時には涙しながらも、卒業までを駆け抜けた四人の青春群像劇。 ──私の想いは届かない。私には、気持ちを伝えるための”声”がないから。 ※バレンタイン・デイ(ズ)の姉妹作品です。相互にネタバレ要素を含むので、了承願います。 ※表紙画像は、ミカスケ様にリクエストして描いて頂いたフリーイラスト。イメージは、主人公の一人悠里です。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間18分

    この作品を読む

  • バレンタイン・デイ(ズ)

    すれ違う恋心。三人の絆。

    44,800

    420


    2019年12月19日更新

    20歳になった主人公、楠恭子(くすのききょうこ)が荷物を片付けている時に出てきたのは、高校生の頃につけていた日記帳。ページを捲りながら、懐かしい日々に思いを馳せる彼女。しかし、そこに綴られていたのは、決して楽しい思いでばかりではなく──。 平穏で。穏やかで。けれど、なんの代わり映えもしない平凡な高校生活を送っていた恭子の日常は、三年生に進級した時のクラス替えで、片想いだった相手──福浦晃(ふくうらあきら)と同じクラスになった事で変わり始める。 やがて晃の友人である容姿端麗な美少女、立花玲(たちばなれい)を交えたトライアングルは、様々な軋みを生みだしながら季節をこえていく。そんな中、悩みに悩んで一念発起。卒業も間近となったバレンタインデーの日、遂に恭子は晃への告白を決意する。 しかしトライアングルの軋みは、この時既に限界を迎えようとしていた──決戦の日は、バレンタイン・デイ(ズ) ※『見上げた空は、今日もアオハルなり』の姉妹作品です。相互にネタバレ要素を含みますので、ご了承願います。 ※表紙絵は、ミカスケ様のフリーイラストを使用させて頂きました。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間9分

    この作品を読む