金髪ヒロイン

検索結果:2件

  • 陰キャでもコミュ力お化けな僕がリア充ヒロインを救うようです

    陰キャなコミュ力お化けがいてもいい!

    100

    0


    2020年7月4日更新

    【月~金更新予定】 僕、星宮(ほしみや)大海(ひろみ)は、クラスでボッチの陰キャ。 ある日、僕は同じクラスのリア充美少女、天海(あまみ)旭陽(あさひ)と鎖で繋がれてしまう。 互いの胸に刺さった鎖、他人から見えないそれは、神に仕組まれたものだった。 いつもニコニコ美少女の旭陽は、実はダウナーで自己否定が激しかった。 僕の従姉妹(香坂渚紗)に取り憑いた神は言う。 「鎖は旭陽の不安。彼女が不安になると、鎖は太くなり、大海くんも不安になるよ」 神に言われるまま旭陽の不安を取り除いたら、旭陽は僕にデレてくる。 「選べ。旭陽の不安を放置し、君まで不安に呑み込まれメンタルを壊すか。 旭陽の不安を解消し、彼女をデレさせるか」 僕は旭陽の不安と向き合うことを選ぶ。 旭陽はなにかにつけて不安に感じ、僕に悩みや不満をぶつけてくる。 スクールカウンセラーの渚紗の支援を受け、僕は旭陽のメンタルをフォローする。 陰キャなのにコミュ力お化けだったらしく、旭陽は僕にデレていく。

    読了目安時間:3時間38分

    この作品を読む

  • アリス・パッキンロリが密かに抱える甘く切ない百合恋慕と、そんな彼女の恋模様をひたすら邪魔してくるノンケ

    金髪女子の恋をひたすら邪魔するギャグ小説

    200

    0


    2020年4月19日更新

    アリス・パッキンロリはたった一人の親友、白雪白姫(しらゆきしらひめ)を同性であるにも関わらずガッツリ性的な目で見ていた。 そして彼女へ抱いたこの特別な感情を伝えるべく、日々必死に勇気を振り絞っていた。 しかし、告白直前になるとほぼ毎回表れるのがこの「クソ邪魔出歯亀パパラッチ女」こと金銅銀子(こんどうぎんこ)であった。 毎度毎度、ベストなタイミングで何故か邪魔してくる彼女にアリスは手を焼いていた。 はたして、アリスはこの「クソ邪魔カス虫ポケットの隅に入ったゴミクズ以下女」こと金銅銀子の目を掻い潜り、白雪に想いを伝えて淫靡な性生活に耽ることができるのか。 アリスの『勇気』と『一切の躊躇なく拳を振るう度胸』が今、試される。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:56分

    この作品を読む