鉱石

検索結果:5件

  • 月食堂掌編録

    静謐な青の世界の140字小説集

    2,700

    0


    2022年6月26日更新

    形のよい指先が夜天色の表紙を開く。 "掌編録"と刻まれているのに、白紙の頁が続いている。 「君、運がいいね。其れは月世界から入荷した新商品さ」 視線を巡らせると淡青色の睛をした少年が佇んでいた。三日月を模した徽章が襟元で光る。 「夜にそうっと開いてごらん。一日にひとつ、物語がうまれるんだ」 ★★★ 140字小説の標本箱 毎日更新。一文タイトル ノベプラ版:2022/3/11~

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • 天使ノ館

    花売り少年と冴えない画家の物語

    7,700

    0


    2021年12月8日更新

    「お兄さん、花売りを買うのは初めて?」 身体が鉱石化する奇病が蔓延する世界 あらゆる欲望が渦巻く芸術都市ラル・パブテスマも奇病に蝕まれていた 病の進行をおさえる薬は最下層でいきる花売りたちには届かない 花売りの館で今宵もうつくしい鉱石の花が咲く 花売り少年ルシアンと冴えない画家の邂逅の物語

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • Crystal Planet

    病におかされた弟と年の離れた兄の物語

    15,000

    0


    2021年10月14日更新

    身体が鉱石化する奇病が蔓延する世界 ぱきりと音をたてて結晶の花が咲く ライカを蝕む"寄生星"が成長を始める 細い血管をはいずりまわり、少年のいのちを喰らい尽くすために またひとつ"星"がうまれる 病におかされた弟と年の離れた兄の物語

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 幻想ランプ店

    詩から生まれた物語

    14,600

    150


    2020年6月27日更新

    幻想ランプ店とは。 夜が深くなった頃ーー。 月灯りから逃げるように、路地裏の片隅でひっそり開かれている幻想ランプが売られている店。 値段は様々。珍しいものとの交換でも可。 店には夜色の青年がひとりいる。 お代は青年に気に入られるか、店に気に入られるかで無料となる。中にはまれなケースも。 たまにサービスでランプ以外の提供をすることもある。 日中は貸店舗となっていて、夜が深くなる頃現れて、また消えていく不思議な店。 ちなみに水曜日は定休日。 これは幻想ランプ店を営む青年の不思議な物語である。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 鉱石よ、大志を抱け!

    感想、評価、改善点など大歓迎!!

    1,200

    0


    2020年5月10日更新

    主人公、鬼頭和馬は不慮な事故により死んだ。 そして転生した! 『いや、鉱石ぃぃぃぃいぃぃ!?』 しかも勇者の装備作成に重要な素材であった! 『せっかくの2度目の人生いや、石生だ!』 『加工なんてクソ喰らえ!』 これは鉱石に転生した主人公が大切なものに出会うまでの物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む