鎌倉

検索結果:10件

  • 若すぎる愛の亡骸が、冬の海に放つ光

    ♡300

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・20話・26,379字 外路非一

    2021年1月21日更新

    高校時代に書いた作品です。非常に拙劣な作品ではありますが、メインの連載再開まで、よろしければこちらをお楽しみください。毎日19時頃、1000字程度更新します。

  • 鎌倉舞台 北条時氏と竹御所鞠子の恋

    ♡145,700

    〇300

    歴史/時代・連載中・122話・315,681字 涼寺みすゞ

    2021年1月20日更新

    鎌倉初代将軍・源頼朝の最後の直系にあたる、竹御所鞠子は、成るようにしかならない人生だと無気力に過ごしていた。 そんな時、偶然 祖母、北条政子と現れた若者に心を奪われる。 見るからに良き家柄。恵まれた容姿。その若者は鞠子と同じ『つまらなさ』の中を生きていた。 片や、将軍に並ぶ輝かしい姫君。 もう片方は、鎌倉において実権を握る、北条得宗家の若君。 傀儡になる立場と、傀儡師になる立場の恋が始まった。

  • 絡まりすぎた赤い糸、三人の関係はその糸を

    ♡1,900

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・14話・55,717字 一石 博

    2020年12月22日更新

    双子の義理の兄の中で育った、妹(しおり)は、深すぎる思いを持った赤い糸に縛られていく。

  • ユーラシア最強VS獰猛すぎる鎌倉武士団

    ♡308,500

    〇1,658

    歴史/時代・連載中・38話・106,952字 中七七三

    2020年11月27日更新

    ユーラシア大陸の覇王、クビライハーンは黄金の国ジパングを狙う。 征服した高麗を尖兵として日本に向かう未曾有の大艦隊。 精強無比、大陸を席巻した蒙古の兵団。そして抑圧され鬱屈しまくった高麗兵。 迎え撃つは、騒乱の中で武を磨き続け、殺しの技を極めつくした鎌倉武士団。 重装騎馬弓兵の突撃が蒙古・高麗軍を蹂躙する。殺戮する。殺しまくる。 なぜ、クビライは日本を狙ったのか? 通説を完全無視したエンタメ「元寇」小説。 ■参考文献■ 戦争の日本中世史 呉座勇一 異国合戦 岩井三四二 日朝中世史恨みの起源 室谷克実/監修 アンゴルモア・-元寇合戦記- 1~10巻 たかぎ七彦 井沢元彦の激闘の日本史 北条執権と元寇の危機 モンゴル襲来と国土防衛戦 北岡正敏 蒙古襲来の真実 北岡正敏 モンゴル帝国の覇権と朝鮮半島 森平雅彦 本当に悲惨な朝鮮史 麻生川静男 時宗の決断 北条氏と鎌倉幕府 細川重男 鎌倉武士の実像 石井 進 モンゴル襲来と神国日本 三池純正 蒙古襲来 新井孝重 蒙古襲来と北条氏の戦略―日本国存亡の危機 「蒙古襲来絵詞」を読む 大倉隆二 襲来上下 帚木蓬生 鎌倉時代医学史の研究 服部敏良 悪党 小泉宜右 世界史のなかの蒙古襲来 宮脇淳子 モンゴル帝国の興亡 上下 軍事の日本史 本郷和人 北条時宗 川添昭二 中世社会の基層をさぐる 勝俣鎭夫 歴史群像 2014年8月号「蒙古襲来」中西豪 歴史群像 2016年6月号「武者の世①弓矢と騎馬」樋口隆晴 渡辺信吾 歴史群像 2016年8月号「武者の世②大鎧」樋口隆晴 渡辺信吾 戦争文化論 上下 マーチン・ファン・クレフェルト 新時代「戦争論」 マーチン・ファン・クレフェルト 兵器と戦術の日本史 金子 常規 戦争の世界史上 ウィリアム・H・マクニール 戦国の軍隊 西股総生 錯覚の心理トリック 清田予紀 暴力の人類史 上下 スティーブン・ビンカー 世界史の新常識 文藝春秋/編

  • 国民的漫画家横山隆一の物語です

    ♡500

    〇0

    歴史/時代・完結済・4話・4,386字 立花忠通

    2020年11月22日更新

    「フクちゃん」で知られる国民的漫画家横山隆一と、「鞍馬天狗」で知られる国民的作家大佛次郎の友情を中心にした短編小説です。 主に鎌倉にゆかりのある人物が中心ですが、様々な人物が登場します。 この作品は、「小説家になろう」にも掲載しています。

  • チェリーボーイ高校、旅行同好会の日々

    ♡6,500

    〇10

    恋愛/ラブコメ・連載中・20話・23,154字 船長

    2020年6月11日更新

    旅行同好会の麻生快(あそうかい)、出口三郎(でぐちさぶろう)、ポワン亜希子(ぽわんあきこ)の三人が繰り広げるハチャメチャコメディ

  • 鎌倉幕府初期の侍所別当と所司の話

    ♡25,850

    〇5

    歴史/時代・完結済・10話・22,649字 クロサキモトコ

    2019年11月23日更新

    鎌倉幕府初期の侍所別当と所司の相棒話。 つまるところ、和田義盛と梶原景時というある意味凹凸コンビのお話。 大変ゆる~い内容です。 小難しく考えずバディものだと思っていただけましたら幸いです。

  • 熊谷直実さんの話。歴史+怪異小説

    ♡2,550

    〇0

    歴史/時代・完結済・3話・13,476字 クロサキモトコ

    2019年11月8日更新

    熊谷直実が、御前対決の途中で髷を切って逐電した時の話です。 ※この作品はフィクションです。実在の人物・各種団体とは関係ありません。

  • ありえない歴史参考書 日本史世界史Z寄稿

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・完結済・1話・15,561字 クロサキモトコ

    2019年8月29日更新

    文治五年六月十三日、晴天。 侍所別当の和田義盛とその補佐である梶原景時は、奥州より届けられた、九郎判官義経の首実検を行う。 審議は問わず、簡単な儀式として終わるはずだった首実検が、惨劇に変貌する。 梶原景季と佐々木高綱の凹凸コンビが、生ける生首を追う――。 ※グロテスクな描写があります。

    タグ:

    R15 歴史 鎌倉 怪異

  • 河内源氏アンソロジー寄稿作品

    ♡3,000

    〇0

    歴史/時代・完結済・1話・8,306字 クロサキモトコ

    2019年8月29日更新

    小坊主の道暁(どうぎょう)は、山中をさまよっていた。ひょんなことから、夜のとばりを供に現れた異形のものたちと、蹴鞠勝負をすることになる。

    タグ:

    歴史 鎌倉 怪異