検索結果:8件

  • 孫とおばあちゃんのある日常。非日常。

    ♡1,000

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・1,533字 オルガネラ

    2020年8月21日更新

    孫は風邪をひいている。おばあちゃんはおばあちゃんで大変である。その二人のある一日。

  • この町の人々は自分の顔を知らない

    ♡1,700

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・819字 水泡歌

    2020年8月10日更新

    この町の人々は自分の顔を知らない。鏡はなくガラスや水にも顔が映らない。 今まで何年もそれが普通として生きてきたが一人の少年が気付いてしまった。 「どうしてぼくたちは自分の顔を知らないんだろう」 中学生の時に書いた小説。「もしも~がなかったら」というのをよく考えていた頃でした。

  • そろそろガチファンタジー読みたいでしょ

    ♡200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・5話・7,136字 すかーりー

    2020年7月25日更新

    俺には好きな人がいる。友達もいる。ごく普通の高校2年生だ。 あの日、鏡の中へ入るまでは。 7の付く日だけ鏡の中の世界へ行ける…… そんな運命に導かれた主人公と そこで出会った不思議な少女ナナ ナナは鏡の中の世界で蔓延してる謎のウイルス ”セブン” から 元の暮らしを取り戻すために戦っていた 「この世界はいくつか現実とリンクしている……。」 主人公勇作にとっても決して他人事ではなかった 未知のウイルス”セブン”は何故現れたのか 中の世界へと通じるこの鏡は何なのか ナナは何のために戦っているのか 「運命さん時間が足りねぇよ……」 タイムリミットは不敵な笑みを浮かべ近づいてくる それなのに現実世界までもが勇作を揺さぶってくる そして真実を知った時 忘れていた記憶を取り戻す…… 1人の少女を救うため運命に立ち向かう 予測不能のサバイバルファンタジーです 完結までの構図も見えています ハラハラドキドキの展開を見逃さないよう チェックa.k.a.ご愛読お願いします

  • 鏡と月のお話です、読んでみて下さい。

    ♡100

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・40話・110,451字 西園弘樹

    2020年6月5日更新

    夕焼け空が沈む頃、 空に月が現れて、 月の光が鏡を照らし、 鏡から、妖怪達が現れる 彼らは人々を襲い食い散らす それを 彼女が 鏡から現れた刀を手に持ち 斬り殺す 「これは、呪い」 これは 妖怪退治を行う死神少女と呼ばれる、少女の物語。 小説家になろうよ、マグネット!様カクヨム様でも掲載しています。

  • 「不可思議はきみの身近に?」スピンオフ

    ♡3,200

    〇1

    現代/その他ファンタジー・完結済・3話・4,940字 明月 藍空

    2020年4月5日更新

    畑を耕していたら、偶然発見された古びた銅鏡。 そこに映るのは、未来の光景――!? 鏡を巡って起こる一つの物語。 ※咲蘭様の「プラナリア~読みたい、書きたいをRebirth~」企画参加作品です。素材06 畑を耕していたら、古代の銅鏡を掘り起こしてしまった!?を使用させていただきました。 ※「不可思議(ファンタジー)はきみの身近に? ~平凡な中学生たちが異世界転移するようです~」と共通の世界観です。本作の主人公は中学生たちでなく、別の人物となっております。単品でお読みいただいても差し支えないかと思います。本編をお読みくださった方には見覚えのある名前が出てきます。

  • ホラーだぞ〜

    ♡200

    〇0

    ホラー・完結済・1話・391字 巷のたっくみー

    2020年3月23日更新

    いつもの部屋、いつもの場所においてあった鏡の話

    タグ:

    ホラー 日常

  • 原題『猿と鏡と不思議な犯罪』

    ♡4,400

    〇300

    ホラー・完結済・7話・16,097字 荒瀧古

    2019年11月23日更新

    数年ぶりに再会した友人。 彼は僕に怪談を語るのだ。 だが怪談は徐々に脱線し、 やがて罪の告白に変わる。 彼の手が桃色の脳を掴み、 僕は底なしの闇に消える。

  • 鏡台の擬人化語り

    ♡600

    〇0

    童話/絵本/その他・完結済・1話・1,443字 tukimine

    2019年7月18日更新

    鏡台の擬人化した語りです。鏡台視点で読む家族の日常です。