闇堕ち

検索結果:5件

  • 8/25 160話に挿絵1枚追加しました

    ♡167,600

    〇36,360

    異世界ファンタジー・連載中・264話・537,266字 あずM

    2020年10月18日更新

    ※各話に不定期ですが挿絵を新たに描き下ろしております。 更新はTwitterにて報告させていただいております。https://twitter.com/azuemu 『シオリは姫神に転身し、他の六人の姫神と戦うことにした』 ある日、女子高生のシオリは山中で目を覚ます。 そこで勇敢なアマン、怪力のウシツノ、博識のアカメという三匹のカエルと出会う。 魔女によればシオリは七人の姫神の一人、白姫としてこの地に降臨したらしい。 同じく獰猛なトカゲ族の元には、女子大生のレイが黒姫として降臨していた。 姫神の力は人智を超える。 降臨した姫神を利用しようと各地で戦争が勃発。 カエル族はトカゲ族の襲撃により、あえなく滅亡してしまうのであった。 北のクァックジャード騎士団の赤き鳥タイランの助力を得て、三匹のカエルとシオリはトカゲ族、そして黒姫レイと戦うことに! 裏で暗躍する金眼の魔女オーヤ、そして火竜の力を宿す紅姫アユミの暴走! 主役級キャラ目白押しの戦略群像劇。 やがてシオリは勇猛な騎馬民族を率い、レイは亡者の群れを生み出す。 銀姫は女帝国家を統べ、紅姫はハイエルフ、藍姫は異形の戦闘怪人どもを戦線に投入する。 愛を求めた桃姫は孤独に涙し、囚われの身の金姫は終わらない磔の刑に呆然とする。 日本から転移した七人の女それぞれの生き残る方法とは。 そして〈力〉〈智慧〉〈心〉の三柱による姫神システムの真意が解き明かされるとき、人類にひとつの道標が示される。 【第1回ノベプラ大賞1次通過作品】 この作品は「小説家になろう」にも掲載しております。

  • それは魔王へ至る道

    ♡1,800

    〇1

    異世界ファンタジー・完結済・14話・59,263字 ありす系緑黄色野菜

    2020年9月26日更新

    辺境の民の王である少年ギアが出会った、呪われ人の少女カタラ。 死の呪いが紡いだ二人の運命は、やがて王国に大きな災いをもたらす。 穏やかな日々を。大切な人たちともに。 民のために、王として。家族のために、人として。 望んだのは幸せ。求めたのは平和。 理想は崩れ、現実は姿を現す。 少年は、幼すぎた。 全14話。

  • なろうより転載 完結済

    ♡2,500

    〇5

    異世界ファンタジー・完結済・403話・654,731字 陽南

    2019年9月30日更新

    私達の生きる世界とは少し常識と考え方と歴史が異なる世界。 魔法や特殊な生き物が多く住む世界にある国で統治している王、宝生巽がいた。 巽は若き王として日々苦労していた。 そんな巽には秘密があった。誰にも知られたくない、知られる訳にはいかない秘密が。 巽は絶望していた、王でありながらこの世界に、この国に。 その絶望から逃げ出そうと、異世界へと繋がる開かずの扉にすがった。 しかし、扉は開かなかった。 更なる絶望に浸る中、その扉は突如開かれた。そこから現れたのは――――もう一人の自分。 これは、堕落していく主人公とそれを救おうとするもう一人の主人公の物語。 続編 僕は僕の影武者~亡失の復讐者編~もご覧下さい!

  • 歪んだ光か、信念の闇か

    ♡6,000

    〇205

    異世界ファンタジー・連載中・43話・106,403字 水都 蓮

    2019年9月26日更新

    ――たとえ女神が見放しても。俺は決して君たちを見放したりしない。 宰相と教会が手を組み、引き起こされたクーデターにより帝都は焼かれ、皇女と三人の公爵令嬢達は追われる身となってしまう。 そして、女神の加護を失い、スキルや魔法まで使えなくなり、ならず者達にその身を蹂躙されようとしていた。 しかし、それを救ったのは《底辺騎士》アベルであった。 神童と謳われながら禁忌を犯し、女神に見放されたことで《底辺騎士》と蔑まれ、見下され続けてきたアベルは、女神への信仰と教会の教義を捨て、魔神に魂を売ることで魔神の《権能》を得た。 そして、《暗黒騎士》となったアベルは、皇女達にある決断を迫った。 ――選べ。信仰の先の絶望か、闇に塗れた希望か。 魔に魂を売ってでも、生き伸び、国と家族を奪った者たちへ復讐することを望んだ皇女達は、アベルの手を取り、魔神の加護を受け入れ、闇へと堕ちる。彼女たちの身は黒く染まり、失われた力は闇を纏い、強化された。 そして、その力を振るい、辛くも帝都を脱した彼らは、女神に見捨てられた者達が集う隠れ里へと逃げ込んだ。 そこで、アベルと皇女達は徐々に心を通わせながら、宰相と教会の支配する帝国各地を解放し、仲間を募っていく。 来たるべき帝都奪還の日に備えて。 これは己が成すべき正義のために魔に魂を売り、黒化した《暗黒騎士》と四人の《戦乙女》達が歪んだ光を払い、希望を掴むまでの物語である。 ※1話~3話を改稿してみました。2019/08/06

  • きみと出逢う、異世界転移ファンタジー

    ♡22,240

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・37話・125,597字 創音

    2019年6月15日更新

    「ここではない“どこか”へ――」 そう望む普通の男子高校生・夜の元に突如現れたのは、自分そっくりな自称《悪魔》の少年! 夜は彼の手によって、剣と魔法が存在する異世界“ローズライン”へと転移して――!? 同じ使命を背負った仲間たちとの出逢い、重なる悲劇と未来への希望。 向き合う己の過去。絶望の果てにあるものとは―― 「――きみに逢えた、それだけでよかった」 彼らの運命を大きく揺るがす、過去と闘う物語。 +++ ※BLではありませんが、同性同士の距離感が近いです。 ※女性キャラの人数が極端に少ないです。 ※しんどい展開あります。 ※主人公は二人います。 ※挿絵あります。 『Summoner×Contractor』シリーズ一作目。 他の話を知らなくても読めるかと思います。 (※作者個人サイト他にて掲載済みの作品です) ●よくある厨二的異世界転移ファンタジーです。Not転生、Notハーレム。 ●仲間と冒険して友情や家族愛で勝利するふわっとしたお話です。 ※序盤と中盤で話の雰囲気が変わります。予めご了承ください。