除霊

検索結果:7件

  • エクソシスト クロツキ

    悪魔を完全消滅させる異能集団、仙台に集結

    318,040

    0


    2021年7月27日更新

    ユーマはある日、バチカン元公認のエクソシストと名乗る神父 セルシアと知り合い依頼を受ける。 ユーマの異能力を評価され、日本にいるエクソシスト集団『クロツキ』への加入を勧められる。 単身、宮城県仙台市に来たユーマは初任務で早々、実力の差を思い知るが………ユーマも更に能力を開花させていく。 霊能作家三人が原案でお送りします。タブーなエクソシスト達のスタイリッシュホラーアクション

    読了目安時間:12時間38分

    この作品を読む

  • 祓魔機関

    人知れず闇に抗う祓魔師たち!

    200

    0


    2021年7月25日更新

    国立学校 祓魔師教育学校を次席で卒業した稲葉翔。優れた祓魔師である伊野は、出世コースとも言われる祓魔機関に所属する。 しかし、一面に広がる日本の裏の見えない世界へと足を踏み入れていく

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 八大地獄の除霊鬼

    桃太郎の次なる敵は、お供の犬・猿・雉

    25,600

    0


    2021年4月14日更新

    「桃太郎は、なぜ鬼に勝てたと思いますか?」 平凡な日常は、今まで見たことのない異形の怪異たちにあっさりと奪われてしまう。 動物のような見た目の怪異に襲われているところに現れたのは、近所のカフェ店員でイケメンと話題の彼。 彼は華奢で、女の子のような中性的な見た目には似つかわしくない釘バットを操り、私を助けてくれる。 桃太郎を恨む、お供の三匹。元神獣であり、現邪神である犬・猿・雉の脅威から私を守ってくれるのは、桃太郎に倒された鬼の子孫。 私を取り巻く環境は一気に変化し、それに戸惑いながらも八大地獄の名を持つ鬼たちと力を合わせ、敵へと立ち向かう。 別れと出会い、そして大切な人を救うために——。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間22分

    この作品を読む

  • ヘヴィメタル・エクソシスト

    これまでの作風と全く違う。

    5,100

    10


    2021年3月17日更新

    ヘヴメィタルで霊を祓えるらしい。 私はそんなことを知らないまま幽霊とヘヴィメタルが融合したようなとんでもない場所に足を踏み入れてしまった。 「あなたは呪われていますよ」

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 深見探偵事務所の幽々自適な除霊生活

    ハートフル(ボッコ)探偵&幽霊コメディ!

    400

    0


    2020年6月27日更新

    自称『名探偵』、深見昇一(ふかみ しょういち)。 深見探偵事務所の所長である彼は、仕事なし・金なし・人望なし――ないない尽くしの探偵である。 探偵としては二流もいいところ、うだつが上がらない深見。 だが彼の事務所には、他の探偵とは一線を画す特殊な仕事が舞い込んでくる。 「また除霊の仕事かよ! 金にならねえんだよ!」 それは、除霊。 幽霊と会話ができるという特異体質を持つ深見のところへ、未練を抱えた悩める幽霊に関する依頼が日々やってくるのだ。 「さあ、しょちょー! 今日もビシバシ除霊しないとね!」 幽霊の少女――幽子(ゆうこ)が深見の助手として事務所にやってきて、除霊に関する仕事は増えていく一方だ。 迷い猫の捜索から、迷い幽霊の成仏まで。 深見探偵事務所は今日も、幽々自適に営業中!

    読了目安時間:1時間54分

    この作品を読む

  • Вечный меч и огонь льда ──永遠の刀と氷の炎──

    初めてのアクション頑張ります。

    300

    0


    2020年1月10日更新

    「小説家になろう」にも同じものを掲載しています。 ロシア語部分は翻訳機を使いました。 夢見がちな少女アンナは日本にサムライがいると信じていた。学校を卒業したアンナは日本旅行に来る。突然金縛りにあい困っているアンナの元に一人の日本人が現れた。彼の名前は朽木京介。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 終春賦  1945

    桜の木の下の……悲しい恋物語

    0

    0


    2019年7月23日更新

    除霊を依頼された霊能力者の少女が訪れた廃墟。 そこにはかつての戦争で還らぬ恋人を待ち続けた怨霊がいて…

    読了目安時間:11分

    この作品を読む