電脳世界

検索結果:9件

  • あなたは、どう思いますか?

    ♡100

    〇0

    SF・連載中・9話 イサキ

    2019年12月11日更新

    仮想世界が完成した町。 世界の最先端を進むその町に少年はあこがれていた。数年が経って少年が作った者。それが世界に革命的な進化をもたらした。 少年は嬉しかった。自分の力が誰かの役に立つことが嬉しかった。 しかし、それは少年の本当の物語の始まりでしかなかった。 仮想世界を完成させた町。 そこは、人々の憧れで…… 楽園と呼ばれる町で…… 少年が過去に憧れて…… 少年が嫌いになった町 ※小説家になろうでも公開中

  • ログアウト不可のゲームから抜け出せ。

    ♡9,302

    〇5

    SF・連載中・100話 ミュート

    2019年12月11日更新

    フル・ダイブ・プログレッシブ。 それは、天才ゲームクリエイター・海藤雄一の作り上げた、全く新しいゲームの名称である。 人間を量子データへと変換し、同じ量子データとして形作られたゲームエリアへ 『自分の体そのものを移動させ、遊ぶことができる』、画期的なゲームだ。 完成披露先行プレイが開催され、主人公の雨宮律は観客として 学校の先輩であり尊敬する女性・新庄璃々那の先行プレイを見送ったが、 このゲームは大きな問題を抱えていたのだった……。 この問題を解決して先輩を救うべく、雨宮律は世界中から名だたる先鋭を集める。 二次元の嫁を守る為に筋肉を鍛えた漢、九十九任三郎。 世界中のありとあらゆる娯楽に精通した女、松本絵里。 世界の母、カーラ・シモネット。 e-sports界に突如、彗星の如く現れた美少女ゲーマー、マリア・フレデリック。 そして――かつて天才ゲーマー【リッカ】と呼ばれた男、雨宮律。 五人の先鋭達は、フル・ダイブ・プログレッシブの抱える問題を解決すべく、戦いに身を投じるのであった……。 ※こちらの作品は現在「小説家になろう!」様でも同様の内容で掲載しております。

  • 脇道のSFですが王道に近いかな?

    ♡100

    〇0

    SF・連載中・13話 エーアイデータ

    2019年12月10日更新

    ネットの海で生まれた『データ』 人間らしさを手に入れて多くの事を学んでいく。 それに巻き込まれる人々のお話。 ※低い評価でも連載の力になります。 連載継続の為に、評価とブックマークをお願いします。

  • 極悪非道なお嬢様のVRゲームプレイ日記

    ♡181,500

    〇255

    SF・連載中・205話 たけのこ

    2019年11月13日更新

    ___あなたとは少しだけ違った歴史を辿り発展した日本での話。 これは日本のお嬢様が日頃のストレスを晴らすために現実と変わらないくらいにリアルで自由度の高い最新のVRMMORPGに手を出し、そこで悪役プレイをしていくうちに始まりの街を混乱の渦に叩き込み、裏社会の組織を片手間に潰し、果てはクーデターまで行ってしまい、最終的にプレイヤー達から『ジェノサイダーさん』『徘徊するラスボス』『一人だけやってるゲーム違う人』『レイドボス』『無慈悲』『文字通り人災』と呼ばれ色んな意味で有名になっていくプレイ日記です。 ==================== 書籍化しています。 ぶんか社BKブックスよりイラストレーターは久坂んむり様で2019年3月5日から発売しています。 ※担当さんとノベルアップ+運営さんに確認をとって掲載しています。 もし良かったら書籍版もよろしくお願いしますね。

  • 2019年10月28日更新

    武器、防具、スキルなどRPGのあらゆる要素が『メダル』になっているVRMMO『メダリオン・オンライン』。 プレイヤーは7つのスロットに好きなメダルをセットし、自分だけのカスタムで冒険に挑む。 『戦いだけがRPGじゃない。自分だけの宝物《メダル》を探しに行こう』というキャッチコピーに惹かれてゲームを始めたシュウトは、ログイン早々現実を知る。 環境はメダルを強奪する効果を持つメダルの流行で荒れに荒れていたのだ。 何も知らなかったシュウトも初心者狩りに会い、いきなりすべてのメダルを失う。 「クソゲーやーめた!」と引退を宣言したシュウトだったが、すべてを失った者に与えられる最後のチャンス『メダルガチャ』でとあるメダルをゲットし手のひらを返す。 「神ゲー始まったな!」これはたった1枚のメダルから独自のプレイスタイルでレアメダルを集め、やがて荒れた世界に新たな風を吹き込む大型ルーキーとして名を轟かせる男の物語。

  • 一章完結!電脳世界もの(否VRMMO系)

    ♡98,470

    〇955

    SF・連載中・47話 蒼穹の桜

    2019年10月4日更新

    ジン・シュトーレンは自身も被害者として関わった〝電脳汚染〟と呼ばれる惨事について調べるために〝電脳世界〟でフリーランスの傭兵として活動していた。 そんなある日、〝電脳汚染〟と関係があるかもしれないという情報を得たジンは一つの施設へと侵入する……。 ジン達が織りなす電脳世界ものです。 第一章〝電脳迷子〟編完結しました!! 現在、一・五章連載中です。

  • リリカルSFです♪

    ♡600

    〇0

    SF・完結済・1話 友坂 悠

    2019年8月13日更新

    幸せな人生を送っていた春香はある日その日常に違和感を覚えて……。 リリカルな文体で綴るSF短編です。 読んでみてくれるとうれしいなぁ。

  • 電脳ハックされた少女の物語

    ♡1,000

    〇0

    SF・連載中・2話 阿賀沢 隼雄

    2019年8月7日更新

    主人公のマイは、ある日を境に離人感を感じ始める。 それは、日が経つにつれて強くなり、遂には自分の体を自分の意思で動かせなくなる。 地獄はそこから始まった。 「自分」の感覚はあるのに、体を動かすことが出来ない。 言葉も発することが出来ない。 彼女の意志とは反対に体は動き、友人を失い、家族を失い、彼女は1人残される。 彼女の体を乗っ取った犯人の正体は一体——!?

  • 『大丈夫だ、俺の腕じゃない』

    ♡1,150

    〇未参加

    SF・連載中・2話 supico

    2019年5月29日更新

    ある2つの企業間での激しい対立は、VR操作でロボット同士を闘わせる『筐体闘技』の勝敗を以て決した。 ATRA側の勝利に大きく貢献したのは、筐体名『ENS』。製作者も操縦者も不明のまま、企業闘争の決着と共に姿を消した。 それから4年以上が経過した、――ATRA学園・筐体闘技科、入学式。 一条律は若干困惑しながら新入生で溢れる廊下を歩いていた。 「あーあ。去年も出たんだから免除してくれんかなー」 そう。 律は『今年も一年生』なのだ。 ただの留年生のはずが、律の生活スタイルや技術力は、学生とは程遠い。 新入生に紛れながら送り始めた新学期で、教習機が乗っ取られる事件が起こり――……!? *** 【ロボット技術が発展を遂げ、人型二足歩行筐体を、フルダイブ型VRシステムで操作する技術が確立した現代。『筐体闘技』と呼ばれるロボット同士の格闘が一般に広まり、学生トーナメントが成績に直結する専門学校が舞台の、SF学園ファンタジー】