検索結果:10件

  • オカルトなコメディです

    ♡213,450

    〇10,105

    現代/その他ファンタジー・連載中・79話・346,355字 ガタガタ震えて立ち向かう

    2020年10月18日更新

    ある日幽霊や妖怪といったこの世のものでないものが見え始めてしまった高校生の少年が、変な人やら変なものに絡まれ始めるお話。 コメディーチックな妖怪たちが出てくる日常回と、ちょっとシリアスな事件回の半々です。 80話前後で終わる予定です ※小説家になろう様にも投稿しています。

  • 悪霊、妖怪、鬼に悪魔 戦います!

    ♡19,250

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・70話・168,490字 川村直樹

    2020年10月18日更新

    京都の大学に通う小坂隼人は、父のリストラにより生活費を自分で稼ぐ必要に迫られる。 そんな窮状の中、アパートの大家の知り合いを紹介され、そこでアルバイトを始める事にした。 怪しい雰囲気の会社は、日常に潜む怪異を解決するために設立された国際機関の裏組織だった。 初めての仕事で餓鬼退治を経験し、この世界には妖怪や悪魔や霊などが現実に存在する事を隼人は知る。 それらが引き起こす、目には見えない恐怖を人知れず解決していくのが彼らの役割。非現実的な状況で、隼人は戸惑いを覚えるが、上司である正人の人柄に引かれながら仕事を続けて行く。 正人と一緒に祠の再封印の仕事をした際には、京都府警に在籍する陰陽師の賀茂と出会い、一緒に働く仲間のエクソシストの桜とは、大学の友人が主催した食事会で出会った。 彼女との最初の出会いは、最悪な印象をお互いに与える結果になった。 凶悪な妖怪の牛鬼と死闘を繰り広げ、知人に頼まれた狐憑きを解決し、一つ目の凶暴な鬼である目一鬼との戦いでは、陰陽師の賀茂も加わり問題を解決する。 仕事にも慣れて来た所で、悪魔が関与する憑依事件が発生する。 そこで仲間をサポートする隼人だったが、危険に晒された桜を救おうとし大けがを負った。 自らの命を捨てる行動に死を覚悟した時、隼人の中で眠っていた龍の魂が目覚めた。 隼人は、龍から与えられた力に助けられながら、妖怪や悪魔などと戦い、これから起こる怪異を解決して行く。

  • 悪魔を滅するTheEND使いユーマ!

    ♡157,000

    〇0

    ホラー・連載中・47話・273,837字 神木セイユ

    2020年10月15日更新

    ユーマはある日、バチカン元公認のエクソシストと名乗る神父 セルシアと知り合い依頼を受ける。 ユーマの異能力を評価され、日本にいるエクソシスト集団『クロツキ』への加入を勧められる。 単身、宮城県仙台市に来たユーマは初任務で早々、実力の差を思い知るが………ユーマも更に能力を開花させていく。 霊能作家二人組がタッグを組んでお送りします。タブーなエクソシスト達のスタイリッシュホラーアクション

  • 私にはあるべきはずの眼球が無い。

    ♡14,900

    〇6

    現代/その他ファンタジー・連載中・17話・35,463字 火口雪

    2020年10月14日更新

    全ての始まりは東京都八ツ森市で起きた過去の事件の一つ。 1994年に幼い兄妹が遭遇した事件。 兄の体は四散し、妹の両目はくりぬかれていた。 両目をくり抜かれた被害者の名前は「陽守芽衣(ひもり めい)」。当時6歳の女の子である。 その都市を囲む霊樹の森林は死者と生者を繋ぐ結界でありまた牢獄なのである。遠い遠い伝承の中に存在する逸話。 生者の世界と死者の世界。決して交わる事の無い世界。その二つの世界を繋ごうとした者達が居た事が記録されている。 これはその影響が世界に齎らした歪と向かい合う1人の盲目の少女の物語である。

  • ダークなお話です。ご注意を。

    ♡200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・26話・146,233字 葉月

    2020年10月12日更新

    主人公新島悠太は高校2年生。でも普通の高校生ではなく霊が見える人。だから日々霊と色々変わって不思議体験をしつつどうにか生活している。そんなある日、彼はドッペルゲンガーを見てしまう。そうして次に気づいたのは深い霧の森の中。そこで出会ったのは人間を憎む耳長の種族。そこで彼は……異世界の霊に関わり、抗う術のないままに理不尽な憎しみをその身に受けることに……。 主人公悠太君、理不尽なくらいに心身ともにボロボロにされます。狂います。そんな中でもどうにかこうにか…といったお話。 とにかく、悠太頑張れって感じです!! 残酷描写も多く、心理描写多めなので物語の進行速度も遅く、長文多めで戦闘はほぼなしです。 よっしゃどんとこーい、という方は是非覗いてみてください。 ちなみにほのぼのもありますが、10話から残酷表現多くなりますb なろうにも掲載。

  • 迷い猫と怪奇のことならお任せ下さい

    ♡94,770

    〇1,450

    ミステリー・連載中・57話・96,858字 水深 彗

    2020年9月28日更新

    「霊能力者」。それは霊的な能力を持つ者の総称。 霊視は勿論、魂と会話のできる者や、特殊な能力を持つ者もいるという――。 ここは水の都・水柿町。 その商店街の一角に、二人の霊能力者が務める、一風変わった探偵事務所があった。 ◇◇◇ レトロな和風ファンタジーで、少しホラーで、猫ちゃんが出てくる、推理とバディものです。 各章のあらすじ ■猫の巻■ 真面目な男・夏虫と、真面目じゃない男・露草は、霊能力者であり、探偵であり、仕事仲間である。 秋のある日。彼らの探偵事務所に、飼い猫を探してほしいという少女が訪れるが……。 ■鈴の巻■ 初夏、水柿町に来た夏虫と露草は、事務所として借りられる部屋を探していた。 そんなとき、二人が霊能力者であることを知った喫茶店の店主が、彼らにとある依頼を懇願する。 ■湯の巻■ 家の風呂が壊れてしまい、夏虫と露草は知り合いの銭湯に赴く。 しかしその二階で、男の変死体に遭遇し……。 ■花の巻■ 女子校で、生徒の連続自殺が起きた。 しかしそれは自殺ではなく、怪奇が原因との噂が流れ……正体を突き止めるため、夏虫と露草は学校へ潜入捜査を開始する。 ■祭の巻■ 今年も、水柿商店街で夏祭りが行われることになった。 ところが水柿神社の息子である少年・朱鷺から、「夏祭りの最終日、毎年女の子が行方不明になっている」という相談を受ける。 二人は祭の動向を見守ることになるが……。

  • 読み応えのある作品を目指してます。

    ♡3,600

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・73話・410,471字 九坊

    2020年8月29日更新

    ※現在、当作品の全体的な見直し・修正を行っております。ある程度修正を終えたらまた投稿を再開していきます。 最新話の投稿はまだ先になりますが、一から改良することによってまた新鮮な気持ちで読んで頂けるかと思います。 どうぞ、今しばらくお待ちください。宜しくお願い致します。 ※現在、当作品の全体的な見直し・修正を行っております。ある程度修正を終えたらまた投稿を再開していきます。 最新話の投稿はまだ先になりますが、一から改良することによってまた新鮮な気持ちで読んで頂けるかと思います。 どうぞ、今しばらくお待ちください。宜しくお願い致します。 ※現在、当作品の全体的な見直し・修正を行っております。ある程度修正を終えたらまた投稿を再開していきます。 最新話の投稿はまだ先になりますが、一から改良することによってまた新鮮な気持ちで読んで頂けるかと思います。 どうぞ、今しばらくお待ちください。宜しくお願い致します。 ※現在、当作品の全体的な見直し・修正を行っております。ある程度修正を終えたらまた投稿を再開していきます。 最新話の投稿はまだ先になりますが、一から改良することによってまた新鮮な気持ちで読んで頂けるかと思います。 どうぞ、今しばらくお待ちください。宜しくお願い致します。 霊が見えてしまう記憶喪失のフリーター・真宮 司。真宮は霊という不可解で恐ろしいものに苛まれ、何をしても上手くいかずパッとしない人生を歩んでいた。 努力しようとしても邪魔をされ、親しい友人や頼れる身内はおらず、もう死んでしまいたいと思っても霊を見てきたが故にそれすらも躊躇われてしまい、孤独と絶望の中、一人細々と生きていた。 ある時いつものように霊に襲われ、いよいよ年貢の納め時かと思われたその時、真宮の目の前に現れたのは自分と同じく霊を感じることのできる男・獅戸だった。真宮は獅戸との出会いをきっかけに、今まで想像もしなかったような数々の出会いや体験をすることになる。 ずっと悩まされてきた自分の霊能力を武器に、真宮は今日も霊と、そして自分と対峙していく。 ※この作品は他のサイトにも掲載しています。

  • あの世にほど近いところ

    ♡1,200

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・1話・2,417字 ドクマクラ幽

    2020年5月14日更新

    学校のプールが廃止されると知り、僕らは最後の水に浸かった

  • 作者の実体験をほぼそのまま書きました。

    ♡5,300

    〇0

    ホラー・完結済・1話・1,526字 みやこのじょう

    2019年10月11日更新

    宵山マヨイは自他共に認めるオカルトマニア。 彼女はそういった方面に詳しいが、霊感は皆無。 しかし、心霊現象に悩まされた同級生が藁にもすがる思いで頼ってきた。

  • 暗い事件の多い時勢、犠牲者の弔いの意味で

    ♡1,400

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・5話・7,947字 徳島とうるうるチイチイノファン

    2019年7月24日更新

    エブリスタでコンテスト用に作ったのですが暗いニュースが続く中、犠牲者を弔いたいと言う意味で作品を載せてみる事にしました。