非異世界転生

検索結果:4件

  • グランティル大紀行

    ただいま第五章  一人の少年の大冒険譚

    548,300

    1,015


    2021年10月25日更新

    絶海の孤島に存在する凶悪犯を収監した刑務所ジャルダン。 そんな場所になんの落ち度もない少年リアンが送り込まれる。 どうして自分がこんなところに? 途方に暮れるリアンだが、島の親切な人々に助けられ、島から出るまでの間をそこで過ごすことに。 しかし島の刑務所では、静かにある計画が進行していたのだ。 この物語は、リアンという気弱で非力な少年が、いろいろな経験を得て少しずつ成長していく過程を描写した成長物語です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:41時間0分

    この作品を読む

  • Weather -レイニーデイ- 第一部 御幸編

    初めまして、よろしくお願いします。

    12,800

    0


    2021年9月26日更新

    そこは魔法が存在する世界。 ヌーナ大陸の南方に位置するハナラカシア王国の有力貴族、ホーリーデイ家の公女レイネリアにはある悩みがあった。 それは姉妹のように育った王国の守護者、天人地姫ミストリアが神の御許に還る封禅の儀のため、霊峰タカチホへと旅立ってしまうことである。 同盟国であるディアテスシャー帝国との軍事演習で皇帝に近侍した彼女は、奸計により人質にされそうになるが、ミストリアの御幸の陪従を表明することで事なきを得る。 しかし、己の非力さを憂える彼女はそれを伝えることが出来ず、出立前夜、ようやく意を決して打ち明けるが、翌朝目を覚ますとそこにミストリアの姿はなかった。 彼女は王都オハリダを駆け抜け、苦難の末にミストリアに追い付くと、力ではなく想いをぶつけるのであった。 王国北部、ツキノア領にやって来た二人は領主の世子オユミと出会う。彼から山村に蔓延る奇妙な疫病の噂を聞き、調査のために立ち寄ることになった。 一夜にして腐敗した村民の遺体を発端に、隣村の村人や調査隊までもが犠牲となった事件を追う一行は、やがて寒村に訪れた恐ろしくも悲しい真実を知るのであった。 帝国に入国した二人を待っていたのは皇女サナリエルであった。過激なまでに偏愛する皇女に翻弄される彼女であったが、帝都カンヨウにおける皇帝との御会見の後、様子がおかしいミストリアを気に掛ける。 疑心暗鬼から陰謀に巻き込まれた彼女は、歴代の当主たちが陪従を断念した理由を知るのであった。 己の不甲斐なさからミストリアと袂を分かった彼女は、失意の内に皇女に籠絡されていく。しかし、忘れていた約束を思い出し、かつて神たる天人が人々に授けた六大が一つ、幻の第五属性「空」を開花させた彼女は、再びミストリアを追い掛けるのであった。 霊峰タカチホを頂く国、バラトリプル教国へと足を踏み入れた二人は、空の力を磨きながら狩人であるラーマとシータに出会う。 教都クシーナガラでは、偽りの天人地姫を擁立して権力を握ろうとする動きがあった。彼女は庇護者たるホーリーデイ家の名に懸けて、企みを粉砕しようとするのであった。 ついに二人は霊峰タカチホ、更に神の世界との狭間オノゴロにまで至る。ミストリアの過去、天人と魔法の真実、そしてレイネリアの出生の秘密が明らかとなるとき、二人はある選択を迫られることになるのであった。 カクヨム、小説家になろうも有

    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間51分

    この作品を読む

  • 姫と道化師

    お姫様を救うのは○道化 ×騎士

    1,700

    0


    2021年1月29日更新

    ロアーディアル国の姫リティシアと、彼女に仕える青年ラティラス。二人は想い合いながらも、身分の違いで苦しんでいた。そしてとうとうリティシアが隣国のルイドバードに嫁ぐ事となる。その道中、何者かに襲われ、行方不明になるリティシア。濡れ衣を着せられたラティラスは彼女を取り戻すことを決意するが、彼は騎士ではなくただの道化師だった……

    読了目安時間:5時間10分

    この作品を読む

  • 闇姫化伝

    古代日本風ファンタジーです

    4,700

    0


    2021年1月4日更新

    荒ぶる神を和神(にぎがみ)に浄化する巫女、鹿子(かのこ)。彼女は、最近荒ぶる神の様子がおかしい事を感じていた。そんななか、行方不明になっていた先輩巫女柚木(ゆずき)と再会する。鹿子は喜ぶが…… ※12月15日 「凛音と詩虞羅」「凛音と詩虞羅 二」不備があったので上げ直しました。申し訳ありません

    読了目安時間:2時間27分

    この作品を読む