革命

検索結果:12件

  • 2020年10月26日更新

    あの日、僕が逃げ出さなければ。異変にもっと早く気が付いていれば。きっと、こんな未来にはならなかったのかも知れない。臆病者の僕に立ち向かう勇気さえあれば。皆を守れるだけの力があれば。孤児院の家族を失う事だってなかっただろう。 運命に翻弄され、導かれたその先で時代の変革に巻き込まれる事もなかった。これは、信頼に足る仲間と出会い、僕がこの理不尽で不条理な世界に抗った歴史の一片。 そして──僕が〝英雄〟になるまでの物語。 ◆〖目次〗 ・第01章──星十字騎士教団:入団編 第01話~ ※この物語はフィクションです──登場する事象・人物・団体等は架空であり、実在するモノとは一切関係ありません。

  • 差別は何を生み出すのか?

    ♡1,000

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・9話・9,344字 七星北斗

    2020年10月8日更新

    この世界では国会は女性議員で占められ、多数決で女性を優遇する法律が次々に作られた。男は女性優遇法律で絶滅寸前である。女性の危機を助けなかったら死刑。男は訴えられたら100%有罪。冤罪で死にゆく男。男は女性に勝てるのか? なろう↓ https://ncode.syosetu.com/n2782fs/ アルファポリス↓ https://www.alphapolis.co.jp/novel/740598677/938356772 カクヨム↓ https://kakuyomu.jp/works/1177354054894958033

  • 死んだ軍人のやり直し革命譚

    ♡38,300

    〇746

    文芸/純文学・連載中・53話・306,309字 秋澤えで

    2020年10月4日更新

    あの夕方、俺は死んだはずだった。革命軍としてメタンプジコーズ王国に逆らい、総長を奪われた。処刑台へと走り、間に合わず、仲間であり友人である彼が処刑する様を、俺はただ見ていることしかできなかった。がむしゃらに、落とされた首に駆け寄って、それからすぐに俺も首を落とされた。見事な犬死だった。 なのに、なぜか俺は生きていた。浴びていた血も、折れた左腕も元通り。周りを見れば処刑場でも何でもない、いつかに滅びたはずの自身の故郷だった。そして自身が18年前に戻っていることに気付く。「これなら、助けられる……、」何が起きたかはわからないが、もう一度チャンスが与えられたことは理解できた。「もう二度と、死なせてたまるか。」 殺されたはずの革命軍人のやり直しファンタジー戦記

  • さぁ…この新世界に平和という名の革命を。

    ♡114,350

    〇137

    SF・連載中・39話・166,497字 天河流星

    2020年9月29日更新

    …人々が目を覚ますと『lobby』と呼ばれる巨大な空間に居た。困惑する中、自分の記憶が無い事に気付く。それは『lobby』に居る人間全員がそうだっであった。すると突然、アナウンスから低い声が空間全体を響き渡った。 『ようこそ…科学と魔術が交差する【新世界】へ……』 その一言から二年後……己の力に溺れ、まるで獣が如く暴れ彷徨う者達。或いは禁忌の魔術を得てその力に魅了し、人々を支配する者達。 弱者に安息は無く、殺されても生き返る……それ故に逃げ道など無い。だが希望を待ち続けていけない……それは自分達で築き上げるのだ。 さぁこの新世界に平和という名の革命を始めよう。我々の名は……【TRUE EYES】

  • 異世界の少年が一国を救う!?

    ♡5,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・22話・72,155字 魚心うろこ

    2020年9月11日更新

    赤毛の男(ローテスハール)を次の王とする。 ティラアス国王女リアス誕生時に預言者が唱えた言葉。 その18年後、預言を盾に赤毛の宰相が病弱な王に変わって独裁政治を行っていた。 宰相が定めた悪法、赤毛の男を無条件で殺す"ローテスハール狩り"が制定され、国民は次の王は宰相だと諦めていたその時、一人の異世界人が迷い込む。 悪法を知った時、少年は定めから逃れるために革命を起こすーー。 異世界人が仲間と共に宰相に挑む、ローテスハール革命開幕!

  • 小説界に革命を起こせ!

    ♡300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・9話・28,506字 桐生深夜

    2020年7月23日更新

    異世界ファンタジーの異常なブームによって小説界は大きな転機が訪れる。 それは異世界ファンタジーを書かなければ差別される、攻撃されるというものだった。 出版社も当然のように作品の内容ではなく、まず異世界ファンタジーであるかどうかを確認するようになった。 そんな世の中をよしと思わない作家集団は小説自由同盟を設立。 一方、そんな世の中を守りたい異世界有志連合。 二つの組織の抗争はやがて、世界の命運に関わる戦いへと向かっていくのであった。 ♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢ カクヨムにて先行公開しております。↓ (https://kakuyomu.jp/works/1177354054897121270)

  • 英雄達が眠る地で起こる新たな戦乱

    ♡14,464

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・33話・112,466字 想兼 ヒロ

    2020年7月19日更新

    幻に遊ぶ人々、束の間の幻に夢を見る。その眼前には久しくなかった輝き。厚き雲が避け、一条の陽が差し込んでいた。 麗しかった大地は魔が支配し、亡者が闊歩している。長き夜を嘆く人は光に祈った。 ――ああ、我らを救い給え。 その祈りに応えしは、天界の七神。すなわち、光、星、月、風、雷、炎、水の神。神々は人に聖なる力を授けた。聖戦士の誕生である。 希望の灯は魔を退ける。そして、再び大地は輝きに満ちるようになったのである。 ~『幻遊戦争記』より~ 人と魔が争った幻遊戦争より二百余年、平穏に慣れたアルシリア大陸に再び不穏な空気が満ち始める。 そんな中、ヴェレリア王国の若き士官候補生シルクは己の理想と目の前の現実の違いに決断を迫られていた。

  • これは、暖かくも切ない物語である

    ♡400

    〇0

    SF・完結済・7話・11,685字 間川 レイ

    2020年7月9日更新

    ―これは,暖かくも切ない物語である― 40年務めてきた軍を退役することになった老大尉は、退役の当日、ある特命を受ける。 一体の新型軍用アンドロイドを預けるのでそれを教育せよと。やがて始まる新生活。最初はぎくしゃくとしていたが、とある事件をきっかけに打ち解ける。徐々に人を理解するアンドロイド。我が子のようにアンドロイドを大事にする老大尉。革命の炎が間近に迫る中、そんな二人が送る、ほんのり暖かくも切ない物語

  • (*´▽`*)

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・1話・2,000字 トッポさん

    2020年6月15日更新

    高校2年生の夏休みに佳と風也で自分探しの旅にでるが旅先で 今にも潰れそうな村を見つける。 困っている人をほっとけない佳は旅先の村を復興させようと 風也と一緒に革命軍「エデン」を名乗り村を復興させていく物語。

    タグ:

    革命

  • 革命は、全国民的な危機なしに起り得ない

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・1話・2,724字 わかばひいらぎ

    2020年2月7日更新

    二十世紀初頭、ロシア帝国は転換期を迎えようとしていた。しかし、帝政を覆そうとするソヴィエトの兵士ヴィヴォロフスキーは帝国の憲兵によって殺されてしまう。 目覚めるとそこは異世界の小さな王国。だが、そこは言論統制、大粛清、さらには治外法権や関税自主権の喪失など、自由とは程遠い場所だった。今、異世界でヴィヴォロフスキーの新たな革命が始まる。 【注】この作品に出てくる事件は架空のものであり史実とは無関係です。一部人物名や組織名は存在したものを使用しましたが、これも史実通りでは無く小説に合った形に改変してあることをご了承ください。

  • 強さとは何かを描いたダークファンタジー

    ♡1,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・12話・44,320字 ミソ3

    2019年12月14日更新

    あらすじ この世に魔王はいれど、勇者など"存在しない"。 少年『シダ』は、その現実をわずか六歳と言う幼さで、身を以て知った。 村は焼け、弱者は死に、強者と言う名の悪魔どもが地上を、世界を我が物顔で跋扈する。 少年は逃げることしかできなかった。何も守れなかった。たった一人の弟さえも。踏み躙られ、壊され、失った。 そんな時、頭の中に声が聞こえた。 「強くなれ。大切なものを守れるように」 少年は誓った。 「そうだ。強くなるんだ。もう何も失わないために、誰も傷つかないように」 十二年の時を経て、シダは魔王軍の幹部という地位から、魔王への復讐へとついに動き出す。 百年前、世界的に広まった絶対主義(絶対王政)により、世界の民のほとんどが貧しく辛い生活を余儀なくされた。 そんな中、十二年前に『ワース』と言う国で世界初の革命が起こり、それにつられるように一部の国を除き、ほぼ全ての国で革命が起きた。今では革命家達が国を率いて、己が理想の世を作るため戦っている。 この世界には言い伝えがあった。 ーー強大な『エクロム』を持つ者現る時、天使から授かった『霊具』を持って、その望みを叶えんーー 《 これは世界を変えたいと願う者たちの信念の物語 》

  • とある文学作品を巡る、作者と読者の物語

    ♡13,800

    〇300

    歴史/時代・完結済・57話・108,928字 淡月悠生

    2019年11月5日更新

    「ここに記したことこそが、私が目にした真実である。」 その物語は、19世紀フランスで執筆されたものが原典だろう。 時には分岐し異なるストーリー展開をしながら、心惹かれた者達によってあらゆる言語に翻訳されてきた。 その物語はなぜ記され、何を記したかったのか。 誰に愛され、何を遺したのか。 名もなき文学作品と、その読者たち。 ……そして、激動の時代に生きた人々を繋ぐ物語。 《注意書き》 ※ほか投稿サイトにも重複投稿しております。 ※現実世界のあらゆる物事とは一切関係がありません。『咲いた花、そして空の鳥へ捧ぐ物語』という文学作品も架空の作品です。 ※この作品には舞台背景の都合上暴力的および差別的な表現も含まれますが、犯罪や差別を助長・肯定するような意図は一切ございません。 ※特殊性癖や一般的でない性的嗜好の表現もちらほらあります。キャラクターそれぞれの生き方、それぞれの愛の形を尊重しています。