音楽

検索結果:156件

  • 『桜E.Baよつば』の曲

    桜E.Baよつばが作詞した曲まとめ

    0

    0


    2021年4月14日更新

    ・桜E.Baよつば 所属ーー弦楽科1年 音色型ーー炎 誕音日ーー3/3 好きだった食べ物ーーカレー 嫌いだった食べ物ーー納豆 座右の銘ーー『言わぬが花』 口癖ーー「笑っちゃう」 趣味ーー格闘ゲーム 特技ーー空気を読むこと 苦手ーー罪悪感 幸せを感じる瞬間ーー心からの感謝を伝えられた時

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 心が折れそうになったときのプレイリスト

    音楽の処方箋

    33,900

    0


    2021年4月13日更新

    わたしが精神的につらくなったときは、音楽をよりどころとします。 そのプレイリストをつれづれに紹介してみます。 「カクヨム」「NOVEL DAYS」「アルファポリス」「ノベリズム」「ステキブンゲイ」にも投稿しています。

    読了目安時間:3時間58分

    この作品を読む

  • ダンシング・ウェポン

    彼らが踊る場所、そこはどこでもステージだ

    18,700

    1,680


    2021年4月13日更新

    80年代のアメリカの街、メンフィス。空前のダンスブームのこの街では、鍛え上げられたブレイクダンサーたちがスケボーで走り回り、建物間を飛び回る。喧嘩、場所取り、異性へのアピール、どんなことも踊って決めるのが彼らの風習。 その中で、トップクラスのB-boyとして腕を振るうスパイクは、謎の少女フレアの紹介により、大男赤蜂とバトルすることになる。しかし、彼女にはある秘密があった…。さらに、B-boyたちを蝕む陰謀が、徐々に明らかになる…! 自身の欲望や名誉のために交錯するダンサーたち。これは、この時代に生きた若きダンサーたちの、プライドと葛藤を描いた物語! 表紙絵、作中挿絵は自作しております! 使用アプリ:ibisPaint X

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間29分

    この作品を読む

  • 『翠蘭E.Gt鈴』の曲

    翠蘭E.Gt鈴が作詞した曲まとめ

    100

    0


    2021年4月13日更新

    ・翠蘭E.Gt鈴 所属ーー弦楽科2年 音色型ーー風 誕音日ーー2/14 利き手ーー左 好きだった飲み物ーーガラナ 嫌いだった飲み物ーー牛乳 座右の銘ーー『終わりよければすべてよし』 口癖ーー「くっ……(こんな曲、かっこよくなんか)」 趣味ーー読書 特技ーー空気を読まないこと 苦手ーー音楽を聴くこと 幸せを感じる瞬間ーーなし

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 漂う幻影【完結まで2〜3日に一回のペースで更新】

    私のこと、本当に、好きなの?

    1,400

    0


    2021年4月12日更新

    ——君は行ってしまったけど、もう昨日の事でくよくよしない。普通の世界というものがあるならなんとかそれを見つけ出すんだ。その過程で僕は生き延びる術を見つけるのだろう—— 高校を進学して直ぐに始めたバイト先で伊藤碧はちょうど同じ時期に入ってきた磯村恭一郎に恋をした。 互いに話しやすい関係にはなったもののその先の関係にまで発展する気配は待っていても来なさそうであった。 だがある日、学校からの帰り駅前の広場を歩いているとたまたまベンチに座っている磯村を見つけた。 声をかける伊藤、ただそれだけのはずだったが磯村は突然、伊藤を抱きしめた—— そこから二人は急展開で付き合う事になる。 夢が叶った、喜びに震える伊藤。 これから輝かしい日々がやって来ると胸をときめかせる伊藤であったが、 時おり磯村は不可解な言動をして伊藤を困惑させる。 どうしたの?と聞いても曖昧な答えしか返ってこない。 そんな日々が少しづつ積み重なっていくにつれて伊藤はある違和感が確信へと変わっていく。 そして意を決した伊藤は磯村の口からその真相をようやく聞き出す事ができた……。 同作者の別作「青い薔薇」のサイドストーリーです。第二章の最終話、そのまさに続きから物語は始まります。 主軸となる人物が様変わりして新しい側面が見られます。 その「青い薔薇」が未読でも読めるように書いていますが両作を読んで初めて理解できる箇所も散りばめられているので 是非この二つの作品を読んで濃厚な物語に100パーセント浸ってください。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間4分

    この作品を読む

  • ◢◤ TH eFLATLAND ◢◤

    現代ニッポン悪者的日常とゆるふわ戦争譚

    45,000

    220


    2021年4月12日更新

    現代ニッポンの大都市(物語上の架空)八華(ハッカ)都市がある八華島を舞台とした偽神と悪者達の物語。 この島には秘密がある。 多数の異世界が連なる多元界から『FLATLAND』と呼ばれ それら異世界間同士を繋ぐ唯一の中継地であることを。 この人口700万人の島と大都市はいつも通り、狂騒に明け暮れる中、 密かに異世界の種が往来し管理され、支配されているこの地を中心にそのバランスが崩れ始める。 この街の「悪者」と呼ばれる住人である街賊(ガイゾク)と様々な世界や種の思惑と策略が絡み合い八華を飲み込む時、 繋がった世界たちは無謀なテンションで踊り出しフクリクションを起こしていく。 誰もが主役でありそれでいて主人公なき群像劇であり創世記であり異世界間の仁義なきタタカイ。 ここは、地獄という名のテーマパーク。 まだまだ未熟者なので、未熟者ゆえの勢いと趣味的なノリで書いてます。 登場人物多めのごった煮。ゆるいテンションで進んでもいきます。 ご都合主義でゴメンナサイ。 稚拙なものですがよろしくです。 言うでもなく、この物語はフィクションです。 実際の世界とは一切何の関わりもございません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間16分

    この作品を読む

  • ブルーノート~宝塚南高校ジャズ研究会~

    ジャズに懸ける少女たちの青春物語

    64,000

    0


    2021年4月12日更新

    ※第四楽章準備中 高校生活のしがらみ、先輩との関係、恋愛に友情……、音楽を誰かと奏でる楽しさや苦悩…… ジャズにかける高校生たちの青春ストーリー! 『第一楽章 宝塚南高校ジャズ研究会』 小学校からの親友、大西七海と「高校生になったら軽音部に入ろう!」そう約束をした清瀬みなこだったが、入学式当日、みなこたちの進学した宝塚南高校には軽音部が存在しないことを知る。 ジャズのことなど全く分からないみなこたち。しかし、新歓ライブでの先輩たちの演奏に心を打たれ、ジャズ研に入部することを決意。日々、練習に明け暮れる。すべては秋に開かれるジャパンスクールジャズフェスティバルで最優秀賞を勝ち取るために……! 『第二楽章 特別な文化祭』 夏休みに入った宝塚南高校ジャズ研究会は、文化祭に向けて準備をはじめていた。そんな中、合宿先でみなこは先輩たちのとある会話を偶然、耳にしてしまい…… 宝塚南高校ジャズ研究会の特別な文化祭が始まる―― 『第三楽章 エゴと混乱と大会と』 秋になり、宝塚南高校ジャズ研究会は全国大会である「ジャパンスクールジャズフェスティバル」に向けて活動を進めていた。初の大会にみなこが緊張する中、コンボで出場するメンバーを決めるオーディションが行われるのだが…… 宝塚南の一年目に幕が下ろされる第三楽章がついに始まる!! 『第四楽章 クリスマスライブ ラブストーリー』 大会後に三年生が引退した十二月、宝塚南は新体制に移行――。新部長の里帆の発案でクリスマスイブにライブを行うことになった。 同時にみなこは、クリスマス=航平の誕生日ということもあり、とある悩みを抱えていた。誕生日に航平から貰った「定期入れ」、そのお返しをしなくてはいけない。けれど、好きなわけでもないのに、クリスマスに贈り物を上げるなんて勘違いされたらどうしよう……、と。 みなこが自分の気持と向き合う中編―― ※カクヨム、ノベルアップ、エブリスタ、ノベリズム、小説家になろうに同時掲載 更新頻度は、2~3日おきの予定です!

    読了目安時間:11時間54分

    この作品を読む

  • 真っ白のバンドスコア

    男子高校生の青春×バンド物語、ここに開幕

    47,000

    160


    2021年4月12日更新

    「俺は絶対バンドを組んでプロデビューする!」 恭也が入学した県立羽宮高校には軽音楽部がなかった。 しかし、多くのプロが通ってきたコンテストの出場条件は「部活動であること」。 まずは軽音楽部を作るために、与えられた条件を満たさなければならないが、集まった部員は個性的すぎて、まとまらない。 部員を集めるだけじゃなくて、曲を作って、練習しなきゃいけないのに何一つ進まない。 一人じゃできない音楽をやるために悩んで、苦しんで、それでも続けて。 全てを分かち合って、バンドをする少年の物語。 ※毎週月曜朝更新 ※カクヨムも同時に更新

    読了目安時間:5時間45分

    この作品を読む

  • 花泥棒と秘密の猿たち

    暴走する天体と血の連鎖を描いた悲喜劇。

    200

    0


    2021年4月11日更新

    「きっとお前は王様になる」と、母親の恋人は僕にことあるごと行った。その言葉は呪詛のように耳に絡みつき、その後の僕の行動を抑制した。 『不協和音の』青春小説。 東西を南北に走る大型河川に挟まれた土地、「川町」の河川敷で父親の変死体が発見される。しかし「僕」の日常は続く。たまらなく夜を駆けるとき「僕」は宇宙と対峙する。 暴走する天体、そして血の連鎖を描いた悲喜劇。 文学フリマ非公式ガイドブック掲載作を2020年より全面リライト開始します。 当時の紹介文や感想など↓ https://www.kuriyama1youth.com/entry/2019/03/01/123000

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間44分

    この作品を読む

  • クレッシェンド・アイランド

    音を紡いで平和を奏でよ!

    1,100

    0


    2021年4月10日更新

    俺は……最期の瞬間まで演奏者でいたいんだ! 数々のコンクールを総ナメにしてきた 弱冠17才の天才ピアニスト 鈴井 奏助 ある日、幼馴染みの神楽 優歌の父で、 自身のピアノ講師でもある神楽 弦の書庫から 1枚の古びた譜面を見つけ演奏するが 「その曲を弾くな!!!」 滅多に怒鳴らない弦に驚く奏助は、 その日を境に、不気味なメロディに包まれて行く そこには奏助の知らない ある世界の存在が関わっていた。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • ハルの太陽、ナツの月

    「乾燥したガラクタ」の番外編&スピンオフ

    100

    0


    2021年4月9日更新

    「乾燥したガラクタ」の番外編&スピンオフ。 時系列もバラバラで書き殴ります。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 乾燥したガラクタ

    男に太陽が昇る。音楽が彩る小さな愛のお話

    3,100

    0


    2021年4月9日更新

    希望のない人生を送るタカハシは気が付けば35歳になっていた。 心が枯れ果てたこの男は、嬉しいだとか愛しいだとか正の感情がほとんどない。 しかし、ある出会いをきっかけに彼の人生は変わってゆく。 孤独な中年が魂の救済を得るまでのお話。

    読了目安時間:1時間3分

    この作品を読む

  • 『音楽愉快犯は私。』

    これは奇妙でいて美しい物語。

    300

    0


    2021年4月5日更新

    『皆さん、音楽愉快犯は私。』 2024/9/1昼の渋谷に“ある音楽”が投下された。 彼は“音”で人を殺した。 『憎き不協和音と共に、彼らの美しき人生の散を目撃できて光栄だ』 そんな前代未聞の殺人鬼を追う天才捜査官 太宰乱音(だざいらね)。 音楽に関する記憶だけを失った音楽家であり唯一の生存者、中野白夜(はくや)。 明かされる太宰乱音の過去……? 犯人の正体は...? 未曾有のトリック...? 混乱と恐怖のこの世界は衝撃の結末を迎える。 この世界に『美しい』と群衆は言葉を投げ掛ける。 夢や家族、環境や才能。 世界を掻き乱しているのは誰だ。 誰だ。

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • つれづれグサッ

    日々の独り言です。本で学んだ知識系も。

    17,400

    0


    2021年4月2日更新

    『ノベルアップ+』以外にわたしが活動しているいろいろなサイトでも同じように『つれづれクサッ』があります。こことは違う話題を扱っていますので興味があればぜひ起こしください。 つれづれなるままに、 ひぐらし、 モニタにむかひて、 こころりにうつりゆくよしなしごとを、 そこはかとなくかきつくれば、 なにやってんだろおれってなる。

    読了目安時間:13時間34分

    この作品を読む

  • 不器用な創作

    生きてて虚しいが創作しているときは違った

    0

    未参加


    2021年3月31日更新

    日々を虚しく生きる近藤は創作を通して自分を見つめていた。恋人、友達、そして自分が創作によって複雑に絡んでいく。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 夜更けのアリア

    呪われた子と呼ばれた少女は光を歌う。

    5,300

    0


    2021年3月27日更新

    稀有な白髪を持って生まれたこと理由に親族から迫害を受けていた少女・アリアは、彼女を案じた実の母親によって孤児院に入れられ、そこで育てられた。幼少の頃から歌の才能に秀でていた彼女は、やがて歌の道を志すようになる。しかし、髪色を理由に迫害された記憶は、彼女の心に重たい影を落としていて……。 架空の都市で展開する、少女の成長譚。カクヨムにも掲載しております。

    読了目安時間:1時間33分

    この作品を読む

  • CCB~11人の異端児が奏でる協奏曲~

    音楽+戦闘という学園物語です!

    7,400

    0


    2021年3月20日更新

    日本屈指の音楽専門学校奏楽学園に通う吹奏楽学科1年、トランペット専攻の火鳥無技は学園で1,2を争う演奏力を有していたが、教師や生徒達から「表現力の無い機械みたいな演奏者」と評されていた。 そんな中、1年の終わりに学科長から「CCB学科を立ち上げる」と言われた。 CCBとは音楽知識・技術力・演奏力の三項目の試験を行い、獲得した点数によってそれぞれ「音楽知識点=攻撃力と防御力」「技術点=速さ」「演奏力=操作」という風に力のパラメーターが振り分けられ、楽器に宿っている霊をブラティーノと呼ばれる人形に憑依させ、具現化させて学園ごとに戦わせるという音楽競技だった。 興味を持った火鳥は「CCB」を行えば自分の無機質演奏が治るかもしれないと編入を決意。CCB学科へと編入した。 だが、そこに集まったのは自分と同じく各学科で「問題児」と呼ばれているメンバー達だった。 作・編曲学科から来た「理解不能な作編曲をする奇才」に、指揮学科から来た「自分の音楽作りを最優先する為に敵だらけの指揮者」。リペア学科から来た「技術漏洩を防ぐため大会に出ない凄腕リペアマン」、ジャズ学科から来た「周りと合わせない上に喧嘩っ早い一匹狼なジャズ奏者」や「アニソンに情熱を注ぐポップス学科の奏者」など、一癖も二癖もある個性的なメンバー達。 そんな我の強い彼らが、互いや他校など、様々な音楽理論や戦いを重ね、自分の音楽を探求していく「音楽」と「バトル」が融合した、「音楽バトル学園コメディ」な作品です!

    読了目安時間:6時間44分

    この作品を読む

  • 愛ってそんなもん

    切っても切れなかったり、いくら伸ばしても

    0

    0


    2021年3月17日更新

    とあるバーでたまたま出会った優也と夏希。共通の好きなアーティスト蛇希を通じて一気に仲良くなった2人は大量のアルコールと楽しく舞い上がった気持ちで一夜を共にした。次の日の朝、戸惑いはあったものの改めて挨拶を交わす。それから何度も会うようになりいつしか2人は恋に落ちた。それから幸せな毎日を送っていた2人だったがある時、夏希の母親が持ち掛けてきたお見合いの話をキッカケにして優也は2人の将来を考え始めた。そして自分の今の環境と元々無かった自分への自信によって彼は明るい将来を想像することが出来ずいつしか不安を感じ始める。愛しているからこそ幸せになって欲しい。優也はそのお見合い相手と上手くいくよう、今辛い思いをさせても将来幸せになるようにと彼女と別れる決断をした。しばらくの間2人は悲しみに暮れる。だがそれでも時計の針は進み優也はそれを忘れるほどに働いた。そんな彼に初めて出来た後輩、帆花は優也から色々と教わる内に彼へ恋をして行く。一方、優也との悲しみを紛らすため夏希も仕事に打ち込んでいた。だがそんな日々もほどほどにあの時のお見合い相手、彰人とたまたま再会。それから何度か食事をしたある日、家まで送ってもらった車内で夏希は彼に気持ちを伝えられた。それぞれ別の道を進み始めた優也と夏希。だが彼らの心の中にはまだ互いの姿があった。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間24分

    この作品を読む

  • 紺碧のトライアド -Triad in Azure-

    読んでいただけたら嬉しいです

    200

    0


    2021年3月11日更新

    プロのピアニストを諦めた”私”は、不思議なベーシスト”紫苑”に出会う。無気力だった日々が一変し、今まで気づいていなかった音楽を探求する。ドラマーの”渡辺”が加わり、3人でライブ・コンサートを成功を目指し奮闘する。 ――音楽に生きる大学生たちを描く青春"Jazz"小説。(劇中歌を紹介するYouTubeプレイリスト付き) https://www.youtube.com/watch?v=Wgz2JGD-wyM&list=PLf_zekypDG5rmEze1PbqCh3dDwop0KTCo

    読了目安時間:1時間4分

    この作品を読む

  • マイ・ベスト・フレンド

    自堕落な大学生がトラブルに巻き込まれる。

    11,200

    0


    2021年3月7日更新

    My Best Friend Jax DuCann 舞台はアメリカ南部。アートカレッジに通うシドニー・ホックは、親友のラサ、伯父のジョー、ボーイフレンドのニッキーという愉快な仲間たちに囲まれて、楽しく暮らしている。そんな中、地元のショッピングモールでレゲエ・コンサートを楽しんでいたときに、かつての親友だったアビー・ボイドという女性と、八年ぶりに再会したことで、彼女は、奇妙で危険なトラブルに巻き込まれていく。 「友達」をキーワードに、レゲエやロックを随所に散りばめた、不思議な感じのする、ちょっとおかしな現代ドラマ。 〈おもな登場人物〉 シドニー ………… アートカレッジに通う学生。自堕落な性格だが、根は意外とまじめ。レゲエが好き。 アビー ………… シドニーのかつての親友。コカインの所持で、学校を退学されられた経歴を持つ。 ラサ ………… シドニーの親友で、活発な女性。経済的な理由から、アートカレッジを中退している。レゲエが好き。 ニッキー ………… シドニーのボーイフレンド。シドニーのためなら、なんでもする好漢。バイクが好き。 ジョー ………… シドニーの伯父。シドニーの両親からシドニーを託され、かれこれ十年以上も、いっしょに暮らしている。 ジョージ ………… ラサの兄。母や妹からもバカにされているダメ人間。ローラに首ったけ。 ダニエラ ………… ラサとジョージの母。ダウンタウンで、〈アーサーズ・ポート〉という料理店を経営している。 ジェラルド ………… マイアミ生まれの悪党。暴力、放火、殺人、麻薬の売買で生計を立てている。 ローラ ………… ジェラルドと同居している謎の女性。どうやら、シド・バレットのファンらしい。 ピッチャー警部補 ………… 〈保安官事務所〉に配属されている警部補。八年前は巡査だった。 ハーン巡査 ………… ピッチャー警部補の部下。優秀だが、どこか抜けている。車の運転があらい。 ※2021年3月7日に完結。全40話。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間41分

    この作品を読む