飢饉

検索結果:3件

  • 御仏と俗世

    一人の青年の目から見た仏教と国家事業

    16,650

    122


    2021年3月12日更新

    天災、疫病により飢えと死が日常のご時世。野ざらしの屍が野に里に転がる光景にもすっかり見慣れてしまった。生きている事が苦痛でも生きている、なんで生きているかも分からない……そんな時、一人の坊主が俺達の里にやって着た。そいつは俺に食事を与え、屍を焼き墓に埋めるように言った。俺はその時はただ飯のために言うことを聞いただけだったが……。 史実と伝承を基にしていますがフィクションなのでご勘弁を。 紅白歴史コン参加作品

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 理葬境

    主人公の居ない物語

    3,700

    0


    2020年8月13日更新

    戦の時代、小国同士が争い陣地を広げていたような頃の物語……。 大国を築いた国王は飢饉により多くの民を犠牲にした。納税を厳しくし、民たちは苦しんだ。その一方で、王城、城下町で暮らす人々にはきちんとした食料が分け与えられた。 飢饉は収まらず、国王が大臣達に案を出すように命じる……。一人の大臣の案が採用され、数ヵ月、数年後には何とか持ち直すことが出来た。 ある日、国王は息子に自分の寿命が短いことを告げる。 国王が亡くなってから、町や村では「悪夢」の話が噂されるようになった。 大臣の一人、剛昌は急死する前の国王の異変に気が付き調査を進めていくが……。 これは、登場人物たち全員が主人公となる「死者の為に紡ぐ物語」である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間26分

    この作品を読む

  • 過去帳

    ノベプラ初投稿です!宜しくお願いします。

    8,400

    0


    2019年11月30日更新

    陸奥国の古寺に住む和尚・深海は、うち続く凶作の果てに住職を亡くした懇意の寺から無縁仏の過去帳を預かった。 その帰りの道中に、藩の役人の検閲を受けた過去帳は何故か召し上げられる。怪しく思う深海であったが、それは藩の陰謀を巡る布石に過ぎず……。 ※ストーリーに関わる最小限の残酷描写と暴力描写を用いています。 表紙はぱくたそからお借りしています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:55分

    この作品を読む