騎士団

検索結果:5件

  • 騎士となったハーフエルフの物語

    ♡87,600

    〇1,200

    異世界ファンタジー・連載中・27話・81,557字 祖夜

    2020年9月26日更新

    父の武勇に憧れたレオンハルトは国を守る騎士となる。 魔獣狩を専門とする王都第三騎士団に所属し、その実力を発揮するさなか、厄災と呼ばれる黒龍が姿を露わにした。 かつて誰も倒したことのない強敵を前に、レオンハルトは剣を握る。

  • 転移ものです。王子と女騎士と幼馴染。

    ♡6,500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・116話・500,677字 山下真響

    2020年3月28日更新

    3年前に急逝した幼馴染の衛介。墓参りに訪れた女子高生の姫乃が衛介を忍んで泣いていると、あら不思議。異世界に来てしまった。でも衛介のいない世界なんてもう用済み。早速開き直って生活のために冒険者を志す姫乃だが、まさかの門前払いに。仕方なく、美人受付嬢から紹介された王城の門衛の採用面接を受けることにしたけれど、一つ問題が。そこは女子禁制の職場だったのだ。生きるためには女も捨てる。咄嗟に衛介と名乗った姫乃は、通称エースと呼ばれることになった。長い髪を切って乗り込んだ王城には、初日から魔物の大群がやってくる。早速初陣に出ることになったが、戦闘能力ゼロの姫乃がとった行動とは――。 パパのような隊長と、お兄ちゃんみたいな副隊長。ルームメイトは王子様みたいで、世界樹の次期管理人となるお姫様の中身はTS転生した幼馴染の男の子?! 楽しいことも多いけれど、反王派と親王派の争いに少しずつ巻き込まれつつ、結界魔術のチートを開花させていく。ジレジレ恋愛も進めながら、マイペースに異世界の文明まで発展させていく予定。後に『救世主』や『最強の門衛』と呼ばれることになる新人門衛の物語。 ★各話タイトルに※マークがあるものは、姫乃以外の視点でお届けするお話です。

  • 第一章完結&閑話投稿予定です。

    ♡4,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・31話・107,233字 ぽてさら

    2019年12月2日更新

    王国で暮らす二十歳を迎えた金髪の青年ローランド・ラ・イクシオンは王子の中でも王位継承権第十位という底辺。幼少期の頃は"神童"と呼ばれたほど身体能力や聡明さを持ち、王国を想う真面目な性格ということもあって次期国王を支える存在として周囲に持て囃された。しかし幼きある日、ローランドは森の中に迷い込むと精霊神と名乗る少女に出逢い『真実の眼』を手に入れる。翌日、倒れていたところを騎士団に保護されたローランド。数日間高熱にうなされるが、その瞳を手に入れた事により環境が一変。あらゆる真偽を暴くことが出来るせいで今まで持て囃してきた人間の中には、自分を利用して甘い汁を啜ろうとする醜い感情が潜んでいる事をローランドはこの時初めて知った。そして彼の性格が決定的な変化を迎えたのは大切な母の死。 こうして王子という立場もあり自分勝手で傲慢な性格となったローランド。しかし先見の明を持つ彼は、きたるべき時へと向けて性格が変わろうとも身体能力や『真実の眼』の能力向上を目指し鍛錬を続けた。 これはオレ様で最強な傲慢王子が瞳の力を駆使し、美女に囲まれながらいずれ世界に名を轟かせる物語。

  • アルファポリスにも投稿してます。

    ♡500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・6話・5,176字 水先冬菜

    2019年11月6日更新

    「水剣直刀(みつるぎなおと)。君に我が第一騎士団の副団長になって貰いたい」 世界を滅ぼしかけた魔王が勇者によって討伐されてから三年。 城下町の冒険者ギルドで働く少年、直刀はある日、第一騎士団の団長直々にそんなスカウトを受けるが、あまりの怪しさにすぐに断ってしまう。 それでも毎日のように、あの手この手と執拗(しつよう)に尋ねてくる団長に嫌気が差してきた直刀はギルドを辞めようとして--------

  • 暗殺者と騎士団長の殺伐とするはずの物語

    ♡71,500

    〇815

    異世界ファンタジー・完結済・48話・128,412字 今晩葉ミチル

    2019年10月14日更新

    グローリア王国には様々なものが流れ着く。 その中に、マルドゥク率いる暗殺者のオネットがいた。 恐るべき能力の持ち主であるが、グローリア王国の騎士団長ミカエルはオネットを退治する機会を逸してしまう。 ミカエルは、成り行きでオネットと行動を共にするが、頭の痛い日々が続く。 暗殺者と騎士団長の、殺伐とするはずのほのぼの異世界ファンタジー。 ※2019/11/9 16:30頃 プロローグを入れ替えました。