高校生

検索結果:516件

  • 【改稿版】高校生3人が異世界で大騒ぎ!

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・11話・19,759字 担倉 刻

    2021年1月20日更新

    「何処の世界に観葉植物に襲われて勇士になる人が居ますか!」 「ここにいるだろよ、三人も」 「じゃあぼくたちって襲われ勇士なの?」 失踪したクラスメイトを探していた男子高校生たちが、突如異世界へ! 飛ばされた先は戦いを知らない、平和な国――でも、侵略者が現れたそうで? 3人は魔法で花にされた皇姫を救うため、そしてクラスメイトを探すため、 【伝説の勇士】として異世界をわちゃわちゃ大旅行することに!! それぞれの青春、挫折、悩み、そのほかいろいろを描きながら、 ギャグもシリアスも伏線もなんもかんも全部ゴタマゼでお送りする、異世界コメディファンタジー! ■■ 表紙絵はソラエノ様(https://profile.coconala.com/users/1769258)に描いていただきました ■■ 「窓の中のWILL」(https://novelup.plus/story/918799354)改稿版です。

  • 高校生が『何かを諦める』青春ストーリー!

    ♡300

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・11話・19,893字 今福シノ

    2021年1月20日更新

    【電撃大賞3次選考進出作品(一部改稿しています)】 【基本的に月・水・金の朝7時ごろに更新します】 「生きるということは、諦めることよ」 天文部部長、東雲とばりはそう言って、部室で『諦め屋』を営んでいた。 『諦め屋』――そこを訪ねれば、なんでも諦めさせてくれると噂される場所。 だが、同じく天文部員であり後輩の宵山晴人は、天文部が『誰かを諦めさせる場所』として使われることを好ましく思っておらず、今後の部の在り方を決めるため、東雲とばりと『賭け』をする。 そんな時、晴人の幼なじみである星宮夕月が、ひとりの女子生徒を連れてくる。 彼女はここへ来た理由は『諦め屋』を訪れるためであり、『何かを諦めるため』だった。 東雲とばりは彼女の依頼を聞き、『諦め屋』の活動が始まる。 一人、また一人とやって来る依頼者。彼らが『何かを諦める』のを見ていくうちに、晴人は「諦めるということは何を意味するのか」、「諦めた先に何があるのか」を知っていく。 揺れ動く晴人の心。 東雲とばりはなぜ『諦め屋』をしているのか。 そして晴人たちは最後に何を『諦め』、何を『諦めない』のか――

  • 毎日更新でやっていきます

    ♡200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・10話・30,212字 桐生甘太郎

    2021年1月20日更新

    児之原一也、18歳。天涯孤独の高校生。人付き合いは嫌いだ。でも、もしかしたら人ではないのではないかという美少女と、出会った。 「小説家になろう」などの投稿サイトにも、アップロードしております。

  • 風変わりな幽霊と過ごす7日間のミステリー

    ♡342,850

    〇1,425

    現代/その他ファンタジー・連載中・46話・141,357字 北大路 夜明

    2021年1月20日更新

    表紙の素敵なFAはmaoさん(Twitter @mao_noil)に描いて頂きました(*´ω`*) ありがとうございます! ~心霊×ミステリー×コメディ、時々シリアス~ これは少年と幽霊の7日間の物語。 遅刻常習犯で赤点王の高校生 崎山 真(さきやま まこと)の前に突然現れた一風変わった謎のサムライ。 彼は崎山家に伝わる偉大な先祖に殺されてしまった怨霊で、長年の恨みを晴らすために子孫である真の命を狙っているという。 勝手で気ままな怨霊男にストーカーされるオカルト生活が始まるのだが、二人はある事件に巻き込まれていく――。 果たして二人が辿り着く事件の結末とは? あの世とこの世、現代と過去が交差する! ※カクヨム・マグネット等でも掲載してます。 ※改稿版は現在ノベルアップ+のみの掲載で、内容も異なります。 ※更新が遅れがちですので温かい目で見てやってください!

  • 二つの世界を駆ける怒涛の学園ファンタジー

    ♡6,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・377話・669,411字 天崎 剣

    2021年1月20日更新

    【毎日0時・12時更新中】 「世界には、“表”と“裏”がある」 クラスメイトの美桜に導かれ、俺は裏の世界“レグルノーラ”へと足を踏み入れた。 二つの世界を行き来する“干渉者”としての才能を見いだされた俺・来澄凌(きすみ りょう)は、イメージを具現化させ魔法を操る力を持ちながらも、貧困な想像力故に上手く力を発揮できないでいた。そんな俺に、周囲は何故か過度な期待を寄せる。 理不尽な欲求に耐え、数多の試練を乗り越え、徐々に力を使えるようにはなったものの、知りたくもない秘密を知り、世界を混沌に陥れようとする悪竜に目をつけられる始末。 様々な災厄が降りかかるが、それでも、前を向くしかない。生き延びるための道は他にないのだから……! これは、ぼっちで根暗だった俺が、仲間に支えられて救世主となり、世界を救うまでの物語。 SF要素若干有り/恋愛要素それなりに有り/デレ少なめツン多め/主人公常時ピンチ/崖っぷち異世界トリップファンタジー。 ※主要登場人物イラストは、物語の進行に合わせて順次差し替えます。 ※過去イラストは、「【イラスト集】レグルノーラの悪魔〜不遇の救世主と裏の世界の住人たち〜(https://novelup.plus/story/977790706)」にまとめました。

  • 百パーセント持論で書いた作品です。

    ♡1,000

    〇0

    文芸/純文学・連載中・4話・22,746字 棗颯介

    2021年1月19日更新

    面倒くさがりな男子高校生・巽辰也は、学年でも有名な変人として知られている女子高生・成宮鳴海と同じ文芸部にうっかり入部してしまう。文化祭で発行する冊子の作成を顧問から命じられた二人は放課後の狭い文芸部室で正解のない話題について日々討論するのだった。

  • 初恋だらけの優しく切ない恋物語

    ♡26,200

    〇550

    恋愛/ラブコメ・連載中・23話・75,666字 しょぼん(´・ω・`)

    2021年1月19日更新

    変則不定期更新ですが、エタらずいきますのでご容赦ください。 (更新開始は章が書き上がるまでなし。章が書き上がったら章完結まで毎日更新) ──────────── 青井諒(あおい・りょう)、十六歳。 神城高校に通う、どちらかと言えば平凡そうな高校一年。 中学一年の時に初恋の人に振られて以来、もう辛くなる恋なんてしたくないと、女子と距離を置くようになった彼だったが。 赤城蒼(あかぎ・あおい)という超絶イケメンな幼馴染兼親友と一緒にいるせいで、彼に告白しようとする女子の橋渡しばかりさせられていた。 高校一年最後の日。 新たに目の前に立ったのは、同じクラスメイトの霧島萌絵(きりしま・もえ)。 彼女は学年でも人気の可憐で清楚な美少女だ。 「あの、わ、私! ア、アオイ君の事が好きなんです!」 恋の橋渡し役として、聞き慣れ過ぎた言葉に。 「そっか。わかった。蒼(あおい)に伝えておくよ」 言い慣れた台詞を返し、立ち去ろうとした諒だったが。 萌絵に呼び止められた彼に向けられたのは。 「私は! 青井……諒君が、好き、なんです……」 蒼(あおい)にではなく、青井への告白。 そこから、涼と萌絵、そして彼らを取り巻く者達の初恋を巡る、運命の歯車が動き出す出す──。 ──────────── 現代ファンタジーばかりの作者、しょぼん(´・ω・`)は、本当にラブコメが書けるのか? そんな疑問に挑んだ初のラブコメ寄り作品。 萌絵の告白。 初恋破れた相手との再会。 そして、ずっと一緒にいた血の繋がらない妹。 もう恋とは無縁でいようと思った諒と、初恋を実らせようとする彼女達を巡る、優しく、切ない恋愛物語を是非お楽しみください!\\\\٩( 'ω' )و //// なお、世界観は拙作『非日常なんて日常茶飯事』シリーズと同じです。 (ノベプラでも2021年から掲載予定。カクヨムにて掲載中)

  • 女子高生4人のほのぼの学園百合小説!

    ♡700

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・3話・19,353字 水原渉

    2021年1月19日更新

    ごくごく普通の女子高生の帰り道。帰宅部の仲良し3人+1人が織り成す、青春学園物語。 ほんのりと百合の香るお話です。 ごく稀に男子が出てくることもありますが、男女の恋愛に発展することは一切ありませんのでご安心ください。 イラストはtojo様。「リアルなDカップ」を始め、たくさんの要望にパーフェクトにお応えいただきました。 ※本作品はアルファポリス他のサイトでも掲載しております。

  • 空から落ちると、そこは壊れた世界だった

    ♡29,930

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・66話・116,495字 行倉宙華

    2021年1月19日更新

    「わかった。あんたら全員殺して、あたしだけ生きるってのは、どう?」 ウェーブがかった高い位置にある、ポニーテールが揺れる。 透き通るような青の瞳。 君の一言で僕達はいつだって支配されてきた。 それがわかってるというように――ゾーイ・エマーソンは笑うのだ。 第三次世界大戦で地上は甚大な被害を受けて住めなくなり、人類は空に助けを求めたのだ。 今人類の生活の拠点は、空島である。 俺、澤木 昴(さわき すばる)は、特に秀でた才能や、ましてや将来の夢とか目標もない、だだの凡人だ。 そこで凡人の俺は一発逆転を狙って、必死の勉強の末、エリート養成施設ナサニエルに入学した。 仲が最悪の双子の弟や、世話焼きの幼なじみも一緒だが、それなりに楽しい学園生活を送っていた第二学年の夏休み前。 「このままじゃ、地上に墜落だ!! 全員死ぬぞおおおおおおお!!」 大人達が全員出払っていた時に、空島はコントロールが効かなくなった。 絶体絶命で死を覚悟した、その時だ…… 「どうも理解していないみたいだから言うけど? 少なくとも、ここにいるあたし達に他の生徒の、何百っていう人間の命がかかってるの」 「それともう一つ。あたしは、こんなとこで終わるなんて死んでも御免よ」 ゾーイ、君の言葉で俺達は、全員自分を奮い立たせて操縦桿を握った。 「スリー、トゥー、ワンのカウントでオートパイロットを解除します」 「解除なら、とっくにしてるけど?」 「は?」 まあ、君のせいで死にかけたけどね? どうにか着陸した俺達は、生きるために未知の世界――地上に足を踏み入れた。 けど、そこで待っていたのは…… 「犬と猫? あ、けど……え? これは人間じゃないよな……?」 これは終わりの見えない異世界での生活と、一人の不思議な少女に無茶苦茶に振り回されながらの二重の意味での過酷を経験しながら…… 少年少女達が疲労困憊しつつ、青春と成長をしていく物語である――

  • ラノベとライト文芸の間。

    ♡100

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・11話・35,436字 ヒロユキ

    2021年1月19日更新

    自身の平和を心底愛している高校生、柿原柊太。彼は他人の悩みの種を見ることができる。 種は芽になり、苗になり、花になる。それにより悩みの大きさが分かるのだ。 校則により退部になった柊太は、新しい部を探していた。所属部が見つからなければ、退学。それが学校のルール。 新しく設立した部へ見学に向かうと、超絶美少女の転校生、吉野陽香が『色別』というおかしなことをしており――。 柊太の能力を知った陽香は、彼を部へ勧誘する。が、柊太はそれを拒否。 次の日には、柊太のある噂が学校中に蔓延していて――。 *毎日20:00更新!*

  • 若すぎる愛の亡骸が、冬の海に放つ光

    ♡300

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・18話・23,648字 外路非一

    2021年1月19日更新

    高校時代に書いた作品です。非常に拙劣な作品ではありますが、メインの連載再開まで、よろしければこちらをお楽しみください。毎日19時頃、1000字程度更新します。

  • 変わり種ラブコメ!

    ♡500

    〇60

    恋愛/ラブコメ・連載中・33話・58,067字 もんすたー

    2021年1月19日更新

    俺の名前は骨男。世界一特別な男だ。 なぜかって? 彼女がいるからだ。 おっとっとそれだけじゃ特別だと思われないな、そして童貞でもない。ツッコミたいのも山々ではあるが、、、 俺は骨人間なのさ! それなら仕方ない!そう思ってくれたらありがたい。 と言っても俺は2年生までは陰キャで誰とも話さなかった。とゆうか話しかけられなかった。 でも今の彼女が話かけてきて俺の人生が180度を通り越し540度変わった。 その話は後程分かるだろう そこからの俺は人生バラ色!何をしても楽しくて友達もできた。半年前ではありえないほど充実した生活だ。 一年前の事はあまり話したくない……………話しても面白くないからだ。 でも今から話すのは、やはり普通ではない。 これは高校2年生の俺に起きた。バカで、抜けて、骨骨しい、ちょっと変わった 青春”ラブコメ”だ!これは長くなりそうだ。

  • 「一日に二回、一年に一回しかないものは」

    ♡3,100

    〇5

    現代/その他ファンタジー・連載中・21話・59,908字 守田野圭二

    2021年1月19日更新

    「おはよ、サイ。今日もよろしく頼むよ」 ボクが話しかけている相手は人間じゃなく、何の変哲もない自転車だ。 別に友達がいない訳ではなく、霊感がある訳でもなく、ましてや幻覚が見えている訳でもない。 普段使っている道具の調子が悪くなったとき「頼むから動いてくれよ」なんて懇願するように語りかけたことはないだろうか? 単にそれと同じような感覚で、ボクには日常的に物に話しかける癖があった。 そんなボクの元に。奇妙なメールが届く。 『この度は第三回エミナスカップに再登録ありがとうございます――』 もしも身近な道具が意志を持っていたら……? モノの特性を生かした戦いが今、幕を開ける。 (※完結まで毎日お昼の12:00に更新してまいります)

  • 高校生にありがちなやーつです。

    ♡1,900

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・2話・11,329字 燭檎68

    2021年1月19日更新

    恋って言うものが、こんなにイビツで不確かで、難しいものだって初めから知っていたら、自分も恋愛してみたいなんて思ったりしなかったのに…。 君に一言「好きだ」と伝えることが、なんでこんなにも簡単ではないんだろう。

  • 本当の事を言いたいのに言えない…

    ♡1,600

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・20話・19,830字 あまんさ

    2021年1月18日更新

    「お前、俺の事嫌いなんだな」 なんでこうなるの。 前もこれで終わったしまった。 きっと今回もそうだろう。 私は男の人に触れられるのが嫌なのだ。嫌というより、体が受け付けていない。 この話はそんな私がある男に出会って変わっていく物語。

  • 2人の王と2人の高校生が主人公

    ♡134,545

    〇540

    現代/その他ファンタジー・連載中・215話・650,019字 トッキー

    2021年1月18日更新

    「さあ、世界を浄化しに行こうか!」 地球と異なる世界から訪れた、魔法探偵にして戦い方を教える先生?が、ある2人の高校生と出会った時、世界の運命は大きく変わる。 時は20XX年、突如出現した吸血鬼ゾンビによる「ブラッドホワイトデー事件」により、人口が大きく減少し世界が大きく変わった地球を舞台に話が進みます。 地球の京都にある学園都市「春花」。そこに構える「九条学園」の高等部に通う2人の高校1年生「結月 響」と「如月彩音」は普通の学園生活を送っていた。だが彼らは大きな秘密を幾つも秘めていた。 それは、9年前の彼らの故郷で起きた悲しい事件の被害者であり、霊感が2人とも強く、その事件の犯人の姿を目で捉えたことであった。 そんな中、彼らの住む春花でも不審な事件が起き始めた。更に帰宅中、偶然見つけた謎の光る亀裂を見つけた響は、好奇心からその中に入ってしまったのであった。そして続いて入った彩音にピンチが迫る。 身の危険が迫る2人を颯爽と助けたのは、自ら魔法探偵と名乗り紺色の刀を手にした黒緑髪の男と、青髪で角を生やした鬼のような和装姿の男であった。 響と彩音は彼らに関わる中で、異形の存在と戦う素質を認められ、探偵見習として修行に励む響と彩音は、めきめきと頭角を現していくのであった。 だがそれは、恐るべき事件の始まりに過ぎなかった。春花を舞台に起こる幾つもの怪奇事件は、世界中に広まり新たな危機をもたらしていた。事件が事件を呼び世界は混迷を極めていく中、響たちは具現霊(レヴェネイト)と共鳴し、異界と繋がる亀裂というダンジョンに潜り戦いに挑むのであった。 様々な怪事件の裏に隠れ結びあう、数千年単位で計画された陰謀とその黒幕を見つけ、倒して世界を救えるかは彼らの活躍にかかっている。

  • 脱がした方、舐めて。放課後だけの関係。

    ♡23,600

    〇100

    恋愛/ラブコメ・連載中・54話・170,256字 羽田宇佐

    2021年1月18日更新

    宮城は週に一度、クラスメイトの仙台に五千円を払う。 五千円は仙台の三時間を買うためのもので、宮城は彼女に命令をする権利を得る。 スクールカースト下位の宮城と上位の仙台。学校で交わることのない二人は、そういう契約で放課後を一緒に過ごしていた。 宮城がする命令はその日の気分で決まり、仙台は逆らうことができない。 ある日の放課後。 宮城は仙台を自分の部屋に呼び出し、いつもはしない命令をする。 ※小説家になろう、カクヨム同時掲載

  • 異世界から来ました。でも記憶がないんです

    ♡42,100

    〇35

    現代/その他ファンタジー・連載中・61話・114,520字 阿字野 ヒラキ

    2021年1月18日更新

    ごく普通の高校生青葉蓮は異世界から転生してるらしいが前世の記憶がなく、街の住人、クラスメイトにも転生者が現れ、日常の中にある非日常に接しながら、記憶を取り戻しつつ成長していく物語。 この作品は表現力、語彙力をあげるため異能バトルありラブコメあり涙ありなんでもかんでも欲張って、いろんな描写を練習するために書き続けます。

  • これは、次元を超えた恋人の話。

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話・2,690字 有羽えぬ

    2021年1月18日更新

    四月七日。春休みも最終日となる日の朝。 高校2年生の主人公、三坂三鶴(みさか みつる)は今日もまた何も変わらない日常に絶望していた。 彼の生活に、特に大きな問題があるわけではない。 しかし、彼の《一番望むもの》は、決して手に入れることが出来ない非現実的なものである故、彼は現実に絶望していた。 「んもー、待ちくたびれましたよ〜?」 その少女に、出会うまでは​─────。

  • 平凡な日常に飽き飽きしている方々にお勧め

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・1話・6,235字 茶を茶濁す

    2021年1月18日更新

    ※超ネタバレ注意※ 高校2年生櫻に届いた白紙、意味もわからなず、胸ポケットに入れそのまま高校に行くと、時間が1年前に! 原因不明のタイムリープに惑わされつつも普通に生活を決めた櫻だが、そううまくいかなかった。 人物の存在、櫻の評判、建造物の増加、見知らぬ学校部屋、未知の教科、問題児の増加など、櫻の知らないパラレルワールドに転移されたことが判明。 そして、パラレルワールドに連れ来させられた原因に、連れてきた人物が明らかとなる。 困難を乗り越え目指せハッピーエンド!