高校

検索結果:106件

  • あの日の後悔と懺悔とそれと

    暇つぶしに読んで頂けたら幸いです

    79,570

    1,139


    2022年5月22日更新

    普通の高校生「二木 真人(にき まこと)」が母親の病気により、日常生活が180°変わってしまう。そんな中、家に座敷童子と思われる女の子が現れる。名は「ザシコ」。彼女を中心に様々な人の心の闇を強制的に解決することになる。「介護への苦悩」、「自分の無力さ」、それらを経て「マコ」は成長していく。そして、「ザシコ」の秘密とは……?実体験と妄想を掛け合わせたごちゃ混ぜストーリーです!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間35分

    この作品を読む

  • かもす仏議の四天王  ~崇春坊退魔録~

    怪僧・崇春、怪仏退治!六根清浄大目立ち!

    100

    未参加


    2022年5月22日更新

    『怪仏(かいぶつ)』――それは魔のもの、怪(あやか)しのもの。仏の姿と力を持った、積もり積もった人の業(ごう)。 怪事件続く斑野(まだらの)高校。その事件を引き起こしていたのは『怪仏』だった。 少女、かすみもまた、地蔵の姿をした怪仏の犠牲となりかけたが―― それを救ったのは謎の僧だった。 「南無阿弥陀仏、一目立ち……六根清浄大目立ち!」 目立ちたがり屋の怪力僧・崇春(すしゅん)。 そして彼の親友、密法により四天王の一『広目天(こうもくてん)』の力を操る百見(ひゃっけん)。 怪事件を追う彼らの前に再び怪仏・地蔵菩薩が……その正体とは? 学校を舞台に、仏と人とをめぐる冒険が始まる。

    読了目安時間:4時間19分

    この作品を読む

  • さんめーとるカノジョ

    かいた。

    0

    0


    2022年5月19日更新

    高校入学式当時、中学を卒業し今日から高校生になる翔太は念願の高校生活にとてもワクワクしていた。そしてその学校の同じクラスには一人だけ並みはずれた身長の高さをした女がいた、その女は上野という名前でクラスや学校の人達から一目置かれる存在になった。 翔太は上野とはそこまで関りは無かったがとあるきっかけで親しくなった、翔太は身近に次元の違う身長をした上野とその友達がいる中で少し変わった非日常な日々が始まるのだ。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 二人のお姉様

    皆、秘密がある。ただ、知らないだけだ。

    0

    0


    2022年5月15日更新

    満開の桜が咲く、四月。秋山綾音は鈴鹿陽菜乃とすれ違い、目が合う。まだ名前も知らなかった彼女との出逢いとも言えないその出逢いが綾音に秘密をもたらした。 綾音は知らなかった。誰かに対する好意というものがどれほど綾音自身を染めるのか。そして、周りに何が隠されているのか。 皆、秘密がある。これは、その秘密の一端を知る物語。あなたにはどんな秘密がありますか? 【引用文献】 編 北原保雄(2010)『明鏡国語辞典』第二版,大修館書店,P1,485 この作品は、小説家になろう・pixiv・アルファポリス・カクヨム・エブリスタ・ノベルアップ+・Fantia・ソナーズ・魔法のiらんど・野いちご・ベリーズカフェにも投稿しています。 ◯Twitterタグ イラスト→#葵の世界 作品の感想など→#葵の足跡 ◯投稿日時 投稿曜日→水・金・日 投稿時間→18:30 ※評価・感想等して頂けると、作者が泣いて喜びます

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • そして僕らは殺意を抱く

    二度は言わない。殺そう、僕と一緒に――。

    0

    未参加


    2022年4月17日更新

    「一度だけ言う、二度とは言わない。殺そう。僕と」 ――いじめられ続けた孤独な少年と、荒れた家庭で顧みられない不良少年。 異質に見えて同じ鬱屈(うっくつ)を抱えた二人は、誰かを殺そうと画策する。 それは復讐ではなかった。恨みを持つ者はそれぞれにいたが、彼らに対する復讐ではなかった。 復讐とは、虐げられている弱者が行なうもの。つまり復讐するということは、己が弱者だと認めること――彼らはそれができなかった。 代わりに選んだのは、見知らぬ誰かの命を嘲笑う――殺す。己は、それができる強者だと確認すること。 刃物を隠した二人の少年は、獲物を求めて歩き出した。 けれどその心は、いつしかすれ違っていて。 そして。少年はもう一人の少年に、その刃を向ける――。 ※本作に犯罪を助長させる意図、肯定する意図はありません。 ※実際のところ、テーマは「友情」であり「青春」。彼らなりの。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間35分

    この作品を読む

  • 同じ映画を二度見る理由

    小説家になろうラジオ大賞受賞作と続編です

    11,000

    366


    2022年3月28日更新

    映画鑑賞部に所属する女子高生。 憧れの先輩と映画を観に行く約束をするも、なぜか前日に同じ映画を観に行くのだが……。 「第3回下野紘・巽悠衣子の小説家になろうラジオ大賞」大賞受賞作品です。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 机の花と君の声

    学校が舞台の青春

    0

    0


    2022年3月26日更新

    忘れ物を取りに学校へ戻ると、一人の少女が机に顔を伏せていた。 「ん.....?」 「あ、起きた」 僕が忘れ物を探していると少女は勢いよく顔を上げ、僕の方を見た。 少女の名前は、朝顔来美。僕の幼馴染だ。 昔から花が好きで、よくプレゼントしてもらっている。 今日の朝もマリーゴールドを貰った。 次は何をくれるのだろう、そう思い密かに楽しみにしている_______

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 愛、シテ、る

    放課後の教室、愛を語る

    5,200

    0


    2022年3月20日更新

    ある日の放課後、教室の中には二人の生徒が残っていた。 平凡な見た目で、いつも明るい運動が得意な少年。 高身長のイケメンでありながら、多才な読書家の少年。 サッカー部がオフの日だけ、二人で教室に残る。 ずっと本を読み続ける一方に、他方は語り掛ける。 「好きな人がいるんだ……」 夕暮れの中、青春の愛を語る。 ※月一投稿

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • A few sentiments

    1995年、結婚直前、彼女の過ち

    99,800

    320


    2022年3月17日更新

    「男の子を二人殺した」。文香は最期にそう呟き、病死した。高校からつきあい、大学を出て文香と結ばれた雅雄は、長年連れ添った妻が残した言葉の意味を考える。出会ったころ、二人には元也という親友がいた。元也の事故死を「殺した」と言ったのだろうか。もう一人は誰のことだろう。文香を見送った斎場で、雅雄は古い記憶を手繰り寄せる(「A few sentiments~1985」)。 あれから10年。文香は雅雄に求婚される。仕事にくたびれ切ってはいるけれど、やり残しがあるようにも感じてる。このまま雅雄と結ばれていいのだろうか。戸惑う文香は、年下の同僚である真司に相談する。刻々と結婚の段取りが進む中、ついに文香は一線を超えてしまう。(「A few sentiments~1995」) ※・別の場所で公開していた作品を改稿、改題しました。 ・普段は「掌編小説」名義でTwitterで140字小説を投稿しています(https://twitter.com/l3osQbTDUSKbInn)。 ・イラストは絵師のイトノコ(ミカスケ)さんからお借りしました(https://twitter.com/misokooekaki)。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間44分

    この作品を読む

  • 探偵、綺田冴子の推理奇談

    紫陽花の季節に事件は起こる。幻想編、開幕

    313,910

    3,080


    2022年3月4日更新

    螢火学園高校、木造の旧校舎。 その3階に位置する探偵部の部室には、なぜかいつも摩訶不思議な怪事件が舞い込んでくる。 あくびをしながら赤髪を掻き乱す、部長で私よりもひとつ上の先輩・綺田冴子さんは興味が湧いた事件を見つけるたびに、私や他の部員を使って調査をさせる! 粗暴だし、人使いは荒いし、自分ではほとんど働かない冴子さんに不満を抱く私だが、彼女は間違いなく天才だ。 怪事件の裏にも必ず真相あり。 華麗な謎解きで全てを明らかにする綺田冴子が織り成す、五つの探偵物語。連載中!! 『投稿頻度』 二週間に一度 『表紙イラスト』 寿司なぎさん 『執筆状況』 【第一部】 登校前の黒猫事件 全7章(予約投稿済み) 【第二部】 緋の幻想曲 全19章(予約投稿済み) 【第三部】 紫???? 全50章(プロット練り直し中) 【第四部】 青???? 全60章(構想中)

    読了目安時間:3時間12分

    この作品を読む

  • 楽しいサッカークラブのつくり方

    女子高生×サッカー×青春

    120,950

    210


    2022年2月17日更新

    「だ、だったらサッカークラブ、つくりませんか?」 高校一年生になったばかりの四月。入る予定だった地元のサッカークラブが解散し、途方にくれていた時に発した藍那(あいな)の言葉だった。 「いいわよ」 「賛成だよー」 その言葉に応じたのは藍那と同じように困っていた千佳(ちか)とみさき。二人もサッカーをするならば、と藍那の考えに同意した。 それが物語の始まり。 これは「サッカーをしたい」と思った女子高生三人が集まり動きだした青春三年間の物語。

    読了目安時間:5時間25分

    この作品を読む

  • わたしの恋を邪魔するあの人

    親友から打ち明けられたのは……

    9,500

    0


    2022年2月14日更新

    里穂は親友の楓からとある隠しごとを聞き出すために近くの公園で話をすることに。 里穂は前日に恋人である亮から「楓が里穂の悪口を言っている」という内容の話を聞き、その事実を探ろうとした。 しかし楓の口から出てくる真実は里穂の想像していてたこととは違っていて……。 2/14完結予定です(*´ω`*)

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 学校一の美少女が陰キャにアプローチしても恐怖しか与えられない

    陰キャが美少女からアプローチされたら……

    1,500

    0


    2022年1月23日更新

    ぼっちな陰キャだが、比較的平和な高校生活を送っていた西山虎太郎。 その平和は、隣の席の学校一の美少女、東サクラによって脅かされていた? そう、実際に陰キャが美少女から話しかけられても、それは恐怖でしかないのだ!! この恋は実るのか?

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 日本語禁止の英語の授業

    誰でも真似できるとは限りません

    6,450

    10


    2022年1月21日更新

    舞台はとある高等学校。 英会話の授業に際し、外国人講師はとあるルールを持ち出す。 “Don't speak Japanese in this lesson.” 普段当たり前のように話している言葉、日本語が封じられた状況で、筆者はとんでもない奇策に打って出る。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 今まで保健室登校をしていましたが、今日から屋上登校を始めます。〜そこで出会った銀髪美少女が可愛すぎて〜

    屋上登校をしている生徒が居るらしい

    22,000

    30


    2022年1月15日更新

    高校生となった佐野湊だったが、目付きの悪さやツンツンとした髪質から周囲の生徒に恐れられてしまい、入学してからというものクラスのみんなに馴染めなかった。 ぼっちの生活は想像以上に辛く、入学から一ヶ月程で耐えられなくなり、保健室登校を始めることとなった。 保健室登校にも段々と慣れてきたある日。いつもお世話になっている保健室の先生から、今日から保健室ではなく屋上に登校することを勧められた。 言われた通りに屋上へと足を踏み入れてみると、そこには大きなテントが張ってあり、その横には延々と空を眺める銀髪美少女が座っていた。 同じ制服を着ているのに、風になびく銀髪やそこから覗く綺麗な横顔に目を奪われる。どうやって話し掛けようかと思いながらも、銀髪美少女に空を見ていた理由を問いかけてみると、無表情ながらも整った顔をこちらへと向けて口を開いた。 「空は同じ形を作らないから、ずっと見てても飽きない」 その瞬間から、俺の灰色だと思っていた高校生活に色がついた。

    読了目安時間:10時間48分

    この作品を読む

  • ヤンキー帝国

    お待たせしました!ヤンキー帝国が登場です

    100

    0


    2022年1月5日更新

    高校生たちを威嚇しながら現れたヤンキー帝国! タイトルの「ヤンキー」は想像つくが、なぜ「帝国」なのか? そんなヤンキー帝国は、いったいどこへ向かうのか? 1分もあればその謎が解けてしまう超短編小説です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • うるさい彼女と静かな僕

    初連載作品です!是非お読みください!!

    600

    0


    2021年12月25日更新

    阿笠上高校に通う久里浜和希(くりはまかずき)は放課後独りで知らない場所に行って散歩をするのが趣味。その趣味の最中に偶然自殺しようとしている少女に遭遇した、その少女は同じクラスの雨宮結花(あまみやゆか)だった。結花の自殺を止めようとする和希、その瞬間から始まった二人の御話。 --------------------------------------------------------------------- [クレジット] 作者 海音(@Kaito_Ame_) 表紙絵 仁紗様(@nisa_st_)

    読了目安時間:1時間55分

    この作品を読む

  • 黄金の能力者

    魔法のiらんどで予選は、突破したんっすよ

    200

    0


    2021年12月20日更新

    主人公 御男(みお)は能力者である。特定の条件を満たした人、物体を、とある液体を座標にして転送が出来た。だが、そのとある液体とは自身のオシッコだった。 ひょんな事から、綾(あや)を転送してしまい、物語が動き始める。 転送してしまった綾自身も能力者で転送能力を保有していた。 その綾を狙う組織、なぜか御男は股間を撃ち抜かれ、てんやわんやになって行く。 ※あらすじ、むずっ

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間56分

    この作品を読む

  • 視界の中にいる君

    僕に始めての友達(?)ができました。

    12,800

    10


    2021年12月9日更新

    どうして‥‥‥恋愛には全く興味のなかった筈の僕が‥‥‥君を好きになってしまったんだろう。

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • ロード・トゥ・エリュシオン ~ マラヲタの幼なじみに拉致・監禁されてマーラーの音楽をひたすら聴かされつづける話

    ホラー小説でマーラー入門

    1,000

    0


    2021年12月7日更新

    この世で一番おそろしい拷問をごぞんじだろうか? それはクラシック音楽になどまったく興味のない人間が、グスタフ・マーラーの交響曲を番号順にすべて、休むことも許されずに聴かされつづけるという行為だ。 俺・国松公平(くにまつ こうへい)はいままさに、幼なじみの速水千夏(はやみ ちなつ)からそれを受けている。 この地獄から、いったいいつ抜け出せるというのか? それはつまり、マーラーが言うところのエリュシオン、すなわち天国へといたったときなのだ―― ほかのサイトにも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 呪木-JUMOKU-

    助けてください……

    39,200

    417


    2021年11月7日更新

    ――呪い。 それは、普通の高校生だった私たちの日常を一変させてしまう。 どこから来たのかわからない。 誰が始めたのかもわからないこの呪いは、着実に私たちを蝕んでゆく。 1人が死に、2人が死に、そして親友までもがその呪いに侵されて……。 これを目にしたあなたにお願いがあります。 どうか、助けてください。 お願いします。 お願いします。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 中学3年の受験生・田辺篤彦(たなべ・あつひこ)は、両親とキャンプにやってきた山中で、不覚にも遭難してしまう。そこで出会ったのは人語を話す石ころ『小石さん』。彼女の導きで助かった篤彦は、その後猛勉強のすえ名門高校への入学を果たす。のんびりできる部活を探した篤彦は、本を読むだけの集まりである『読書部』へ入部することにした…… これは『小石さん』と、彼女を取り巻く読書部の面々が織り成す、ハートフル・ラブストーリー。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:6時間4分

    この作品を読む

  • 三分間の攻防

    バスケものです。

    300

    0


    2021年10月30日更新

    一月前に精霊と出会った男子大学生の栞里は、藍華という名前で探偵を始める。 そんな栞がひょんなことから三冠高校という高校の臨時のカウンセラーを務めることになる。 ついでに副担任の役も担っていた為、栞里は球技大会にて生徒に混ざってバスケットボールに参加する事になる。……なぜか女子バスケットに。 しかもそのバスケットのメンバーの中でもなにやら問題があるようで……? 初めてのバスケットものです。厳密に言うと精霊×青年~の二章でのワンシーンなんですが、独立して見ても楽しめると思ったので公開します。 一章を見ていなくてもフィーリングで楽しめると思います。 (二章の進捗がまだ終わらなさそうなので先に公開してみます)

    読了目安時間:39分

    この作品を読む

  • 変な学園に入ったがそこはラブコメ風味の平凡な日常だった

    ラブコメです

    0

    0


    2021年10月24日更新

    主人公海斗は大都市の高校に入学したが、そこは3階は女子校。2階は共学。そして1階は男子校という、とんでもない学校に入学した... という設定で始まった日常系ラブコメディです (書籍化を目指しています...)

    読了目安時間:55分

    この作品を読む

  • 中学生小説 妖精の楽譜

    中学生のときに書いた小説です。

    7,600

    100


    2021年10月17日更新

    全寮制の高校から帰省した僕は、かつて出会った合唱する妖精を探した……。 全4話のファンタジーです。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 恋か愛か友情か

    誰だって、恋することに制限なんてない

    0

    0


    2021年10月4日更新

    小学生の頃から親同士が仲良しだったためにしょっちゅうお互いの家に行き来していた二人。 茶髪で制服は盛大に着崩し、挙句にはピアスまで開けている一也(かずや)は、恵まれた容姿も相まって常に大勢の女子に囲まれ、授業をさぼっては開いた教室やトイレでセックスをしていた。そんな一也を渋々ながらも甘やかしている宗介(そうすけ)は、野球部のピッチャーとして甲子園に立つことを夢見、日々体力づくりに勤しんでいる。強面で高身長、黒髪短髪でストイックという宗介が密かにモテていることを知っている一也は、宗介を一番の友達と思いつつも、劣等感を抱いていた。 しかし、高校一年生の夏にレギュラーとして試合に出れることになった宗介は先輩の妬みを買い、無理な投球を続けて腕を壊してしまう。あんなに頑張っていた野球部をあっさりとやめ、当時付き合っていた彼女に振られても平然としている宗介に、一也はなんと声をかければいいのかわからなかった。 毎朝毎朝、同じ時間に昔と変わらずランニングに行き、一緒にアニメを見てニヤついている宗介は、前と全く変わらず、不自然なくらいだった。 ある日、宗介のPCを漁っていた一也は、ゲイビの履歴があるのを発見してしまう。 興味本位で動画を開いた彼の目に、自分そっくりな男が犯されている映像が飛び込んできた。 親友がゲイなのかもしれないと疑い始めた一也は、宗介がシャワーを浴びている最中に侵入したり、抱きついたりと接触を試みるも、宗介は相変わらず何も気にしていない様子で・・・・

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 火星定食

    不思議な日替わりメニューの話

    200

    0


    2021年9月19日更新

    Twitterで小石川様(@teaforyou_t4u)様からいただいたタイトル「火星定食」を元にして書きました。 よろしくお願いします。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • イリュミナシオン ft.2008年の夏

    流星群は死にゆく星たち

    1,400

    10


    2021年9月16日更新

    伊東圭はいつものように、廃電車に住むリンセーとオセロをしながら、退屈な高校生活を送っていた。 そんな折、リンセーから一人の少女を紹介される。 綿貫みなみ、伊東圭と同い年の十七歳。 2008年の夏、毎年くる季節の一つの始まりに、僕たちは心躍らせていたんだと思う。 何の変哲のない伊東圭の高校2年の夏は、いくつかの秘密を抱えた綿貫みなみと一緒に、短く過ぎていくのだった。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 青春の幻影

    140文字小説をもとにした短編です

    4,300

    0


    2021年8月18日更新

    「掌編小説」の名義でTwitterに140文字小説を投稿しています(https://twitter.com/l3osQbTDUSKbInn)。 以前、400字に伸ばした作品を、別サイトから移します。 イラストはミカスケ(イトノコ)さんの作品です(https://twitter.com/misokooekaki)。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • チープヒッピーズ 第1部 『76th Star』

    閉塞感をぶち破れ! 輝け私!

    1,500

    0


    2021年8月5日更新

    讃岐西高校3年生三上伸二は、ある日の授業中、教室を出て行った同じクラスの女子生徒中島緑の後を追って、教室を出る。中島緑はいつもやる気のない雰囲気を持った生徒だった。最近自分もすっきりとしないものに心の疼きを覚えていた三上伸二は、中島緑と話すことによって、心の疼きが何か明らかにしようとした。屋上に一人たたずんで歌を歌っていた中島緑を見つけて、緑の抜群の歌唱力に三上伸二は衝撃を受ける。三上伸二は中島緑を輝かせて歌をみんなに聞かせたいという猛烈な衝動を感じる。彼女を輝かせたい。何か大きなことをやりたい。三上伸二はそれが心の疼きだったことを悟る。三上伸二は、中島緑とクラスの生徒を説き伏せ、全校合唱コンクールで、ルール違反とされているバンドをやろうと提案する。しかしその計画は、ルール違反満載で一発で失格になるものだった。それを覚悟でクラス全員が一致団結し『栄光の失格プロジェクト』に挑戦する。

    読了目安時間:1時間14分

    この作品を読む