検索結果:65件

  • カクヨムにも投稿しています。 

    ♡2,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・46話・93,820字 加藤疵江

    2020年10月21日更新

    世界では、シド.ブレイク率いる聖という集団が世界で幅を利かせていた。主人公の桐生慎二は、聖と戦うことで世界の真理を見ることになる。

  • 巨乳のお姉さん×4は好きですか?

    ♡3,100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・9話・16,419字 ひびき遊

    2020年10月21日更新

    12才の僕【オージ】を取り巻く世界は、滅んでしまった。 姉である【ヒメ姉】とともに……。 廃墟と化した東京に残されたのは、子供である僕1人だ。 でもそこにいきなり、平行世界から4人のヒメ姉たちが来てくれた! 弟の僕を助けるために。 ……だけど4人とも、ちょっと愛情表現が過ぎるような? 「カクヨム」でも同時公開中です。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054934677253

  • 私、地獄の鬼と結婚します!?

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・8話・20,375字 荻野 耀

    2020年10月21日更新

    都内に住む小学校教師、佐藤美咲。 ある日、自宅近くで交通事故に遭ってしまい帰らぬ人となってしまった。 あの世とこの世の狭間にある暗闇の中、1人の男性に呼び起こされ、装飾が施された大きな建物の中へと案内される。 そこにいたのは……自分好みのイケメンでした。

  • 突然変異で鬼となった新人類VS主人公?

    ♡1,400

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・16話・30,036字 雨霧パレット

    2020年10月20日更新

    自分の命を救ってくれた兄は殺され、遺されたのは自宅と義姉(予定)。 義姉はおよそ八年分の記憶を失い、無垢な少女として自分に恋慕する----婚約者である兄だと思い込んで。 初恋相手である義理の姉と、歪なひとつ屋根の下。 ようやっと保っている日常に忍び寄る、兄の仇と異形の存在。 ----「貴方にわかる? 人喰い鬼と蔑まれる気持ちなんて」 数世紀前から密かに存在する、ヒトと鬼の遺伝子を掛け合わせて造られた【鬼人】たちとの戦いに、やがて主人公の真尋は身を投じる。

  • 長編異界ファンタジー

    ♡1,800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・78話・341,641字 葵むらさき

    2020年10月20日更新

    神鬼たちが閻羅王の統治の下に人間界の土地を統べる世界。地獄の王に唯一人追従しない鬼がいた。名はリューシュン。通称は聡明鬼。森羅殿の営みを揺るがす力を、彼は持っていた。その力を与えたのは、上天を統べる玉帝であった。長編異界ファンタジー第一弾。 リューシュン 若くして人間の土地を治める鬼・土地爺。通称聡明鬼。 死んだ人間の鬼魂を体の中に取り込み、上天へ上げてやるという能力を持つ。 リンケイ 若き陰陽師。 聡明鬼とは偶然に知り合い、口論しながらも「変な鬼」として興味を持つ。 閻羅王 生死簿を管理し、人間の住む陽世と鬼の棲む陰曺地府を統べる存在。 聡明鬼に敵意を持つ。 牛頭・馬頭 閻羅王に仕える従者。 力は強いが頭脳は単純。 玉帝 上天を統べる存在。 リューシュンに特殊な能力を与えた。 狐 死後精霊となったもの。 人間に祟ろうとし、聡明鬼と陰陽師を引き合わせるきっかけとなる。 コントク 年配の土地爺。人間に親しく、陽世について学ぶことを厭わぬ勤勉な鬼。 ジライ 降妖師。悪鬼を退治することを生業とする。 コントクと義兄弟の仲。 小間使いの少年 コントクの邸で働く少年。 聡明鬼と陰陽師に、主人の救済を依頼する。 鼬 精霊。 リューシュンたちにより、コントクを救うため使われる。 リョーマ リンケイに仕える龍馬。 普段は仔犬の姿をしている。 無常鬼 その姿を見た者は死ぬと恐れられている悪鬼。 テンニ 降妖師。 ムイという薬の中毒に罹っている。 スンキ リューシュンの邸で使用人たちをまとめる役割をしている。 手厳しいことも言うが、リューシュンに対する忠誠心と信頼は厚い。 キオウ 模糊鬼。 地獄で生まれ、閻羅王に怨みを抱いている。 フラ キオウに仕える龍馬。 普段は毛並美しい黒犬の姿をしている。

  • お江戸風あやかし退治トンデモ特撮時代劇

    ♡241,803

    〇10,515

    歴史/時代・連載中・95話・215,823字 上原友里

    2020年10月19日更新

    あやかし、ニンジャ、ロボット、恋愛。混ぜるなキケンが入り乱れてのトンデモバトル時代劇。 本編 妖刀『古骨光月』の使い手、桜良兵之進《さくらひょうのしん》は、双子の妹、綺乃や、なぜか居候している謎の春画(薄い本)絵師、恋町春日とともに、道場を切り盛りして暮らしている。というのは仮の姿。 本当は、兄の兵之進が妹の綺乃に、妹の綺乃が兄の兵之進にと、それぞれ変装し、入れ替わっているのである。 そこへ、おどろおどろしい筆致の瓦版が持ち込まれる。 友人の廻り同心、横井一磨(実はニンジャ)に頼まれ、兵之進は物の怪退治に出かけるが。 番外編 てるてる坊主の妖怪、掃晴娘《そうせいじょう》に身体を乗っ取られてしまった兵之進。 恋町とともに自分自身を探しに秋の空。 夕暮れと、てるてる坊主。ちょっとだけラブラブなお話。 あやかし、モノノケ、妖怪、幽霊。取り憑かれるなら何でもござれ。 兄と妹が、名も姿形も取っ替えて、あやかし蔓延る八百八町を妖刀片手に鬼退治。 面白かったらブックマーク登録とスタンプをお願いしますー! 表紙フリー素材はジュエルセイバー様よりお借りしました。

  • 何も知らない少女が、生きることを知る物語

    ♡36,200

    〇1,030

    現代/その他ファンタジー・連載中・19話・83,109字 瀬戸晴海

    2020年10月18日更新

    ある日の晩。一人の赤子が捨てられ、一匹の狐が人間に襲われた。 一人と一匹の赤子を拾い、育てることとなったのは、山の神である千年大樹や、聖なる山の住民である鬼や獣たちだった。 木之子と木守と名付けられた一人と一匹はすくすくと育ち、山を駆け巡るようになる。 好奇心いっぱいの木之子と木守は、山を駆け巡るうちに、山の外の世界を知りたがるようになる。 「山から出てはいけない」 そんな母の教えを破り、木之子は山を降り、橋を渡って人里に出てしまう。そして、山に戻らない木之子を追い、木守もまた、人里に出てしまうことになる。 禁忌を犯してしまった木之子と木守は山へ戻ることはできるのだろうか。 十二歳の少女と獣の生きる力を描く、和風ファンタジー。

  • 悪霊、妖怪、鬼に悪魔 戦います!

    ♡19,250

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・70話・168,490字 川村直樹

    2020年10月18日更新

    京都の大学に通う小坂隼人は、父のリストラにより生活費を自分で稼ぐ必要に迫られる。 そんな窮状の中、アパートの大家の知り合いを紹介され、そこでアルバイトを始める事にした。 怪しい雰囲気の会社は、日常に潜む怪異を解決するために設立された国際機関の裏組織だった。 初めての仕事で餓鬼退治を経験し、この世界には妖怪や悪魔や霊などが現実に存在する事を隼人は知る。 それらが引き起こす、目には見えない恐怖を人知れず解決していくのが彼らの役割。非現実的な状況で、隼人は戸惑いを覚えるが、上司である正人の人柄に引かれながら仕事を続けて行く。 正人と一緒に祠の再封印の仕事をした際には、京都府警に在籍する陰陽師の賀茂と出会い、一緒に働く仲間のエクソシストの桜とは、大学の友人が主催した食事会で出会った。 彼女との最初の出会いは、最悪な印象をお互いに与える結果になった。 凶悪な妖怪の牛鬼と死闘を繰り広げ、知人に頼まれた狐憑きを解決し、一つ目の凶暴な鬼である目一鬼との戦いでは、陰陽師の賀茂も加わり問題を解決する。 仕事にも慣れて来た所で、悪魔が関与する憑依事件が発生する。 そこで仲間をサポートする隼人だったが、危険に晒された桜を救おうとし大けがを負った。 自らの命を捨てる行動に死を覚悟した時、隼人の中で眠っていた龍の魂が目覚めた。 隼人は、龍から与えられた力に助けられながら、妖怪や悪魔などと戦い、これから起こる怪異を解決して行く。

  • 夜の世界を舞台に人と鬼の死闘が開幕!

    ♡100,800

    〇210

    現代/その他ファンタジー・連載中・52話・101,751字 雨音雪兎

    2020年10月18日更新

    夜の世界。それは異形の怪物たちが自由に動ける時間帯でもあった。 日本を守る十二支の剣士は異形の怪物を生み出す要注意人物、芥烈斬の首を取るべく動き出す。 夜の世界を舞台に人間と怪物の戦いが繰り広げられていく。

  • おにおに。

    ♡1,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・7話・11,475字 兎ノ谷

    2020年10月17日更新

    人間が住めなくなった地上世界。人類は他の惑星や地底世界への移住を考える。 地底世界では、「鬼」と呼ばれる伝承上の種族が、独自の文化を作り上げ生活していた。 鬼たちは人間の移住を拒み激しい争いとなったが、終わりの見えない争いに疲弊した両者は、種族ごとに「居住区」を分ける事で争いを止める事にした。 こうして保たれていた地底世界の秩序は、ある日を境に崩壊する。 これは、争いの中で大切な人を失った、少女達の復讐の物語。

    タグ:

    人外 伝奇

  • 吸血鬼を題材にしたお話です。

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・2話・4,284字 霧藤胡諷

    2020年10月17日更新

    こちらの小説は、作者である霧藤胡諷が学生の時分に書いた処女作をプロットから書き直し、大幅に加筆修正したリメイク作品になります。 2005年ごろでしょうか。当時流行っていたインターネット小説サイトに、違う作者名で投稿していた(作品タイトルは違います)ので酔狂な人は読んだことがあるかもしれません。 執筆速度ですが、時間がある際には書いていきたいと思っています。 しかしながら、本業の合間にコソコソと書いているものですので、のんびりとお待ちしていただければ僥倖です。 閑話休題。 物語のあらすじとしては、とある青年がある日を境に非日常へと足を踏み込んでしまい、事件に巻き込まれてしまうものになります。 主題となっているのは吸血鬼伝説ですが、ほんの少しだけ設定が違います。 熱いバトルものではありませんので、伝奇小説のようなものだと思っていただければ幸いです。 では、あらすじです。 人知れず人間社会に溶け込んでいる吸血鬼ですが、彼らは彼らなりに生物として生きており、人と問題を起こさないように過ごしていたのでした。 しかしながら、人間にも良い人間と悪い人間がいるように、吸血鬼にも悪い吸血鬼はいるものです。 主人公である桜野貴夜はバイトの帰り道に事件に遭遇してしまうのですが、その日を境に彼の日常は大きく変わることとなってしまうのでした。

  • 話さない鬼との出会いから始まるお話

    ♡16,600

    〇500

    現代/その他ファンタジー・連載中・15話・24,883字

    2020年10月13日更新

    戦で荒れた世、そんな時代に下人として生きる少女がいた。 真っ赤な月が現れ 鬼と出会ったその日から、少女の運命が動き出す。 ※カクヨムにも載せています。

  • 吉備には美しい鬼がいた。

    ♡1,900

    〇0

    歴史/時代・完結済・4話・10,106字 瀬戸晴海

    2020年10月11日更新

    「お前は吉備を平定しなさい」 大和の王子、五十狭芹が父王から命じられたのは、吉備への出兵であった。言われるままに弟と共に吉備に向かい、出会ったのは吉備の王、温羅だった。 しかし、温羅は謎めいた女で、自分を鬼と言い、不思議な術を使う。 はたして、彼は吉備を平定できるのだろうか。 岡山に伝わる「温羅伝説」、吉備邪馬台国説を元にした、古代吉備の物語。

  • 人間の鬼と妖怪の鬼との物語

    ♡100

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・2話・8,483字 八奪 大志

    2020年10月3日更新

    仕事中に指輪に殺された詐欺師「赤尾仁助」、死んだ先で待っていたのは、筋骨隆々な赤鬼「紅鬼」と名前とは真逆の容姿をした「閻魔大王」だった、閻魔大王曰く、地獄から無数の妖怪が逃げ出したのこと。詐欺師としての罪を洗い流すために、その妖怪を全て確保しろと、半ば強引に仕事を任された赤尾仁助は目付役の紅鬼と共に五〇〇年前の日本へと転移させられてしまった。赤尾仁助と紅鬼は「紅血術」という能力を使い、妖怪を確保していくのであった。

  • 私が信じられるのは____

    ♡300

    〇0

    ホラー・連載中・2話・1,176字 水姫

    2020年9月28日更新

    とある小さな村。 そこには昔から伝わる、ある言い伝えがあった。 〜鳥居の先足を踏み入れること禁ずる。 もしその先へ足を踏み入れたのならば、元の世界へ帰っては来られぬ。〜 どうしてそんな言い伝えが? ______分からない、誰にも分からない。 だって確かめられた人はどこにも居ないのだから。 真実はいつまでも闇の中。 ______自分の目で確かめるまでは______

  • コナン・ザ・グレートが好きです

    ♡1,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・1話・7,720字 Braincrasher

    2020年9月25日更新

    "和風ソード&ソーサリー"みたいな感じで書いてみました。 チベット仏教では砂絵で曼荼羅を描く「砂曼荼羅」という伝統があります。非常に精密で美しい世界観を備えたもので、以前来日したチベット僧が作ったものを見て感銘を受けたことがあります。そこで今回この「砂絵+祈り」のコンセプトを取り入れてみようと思いました。 具体的な地名は書きませんでしたが、鎌倉を舞台にしています。この地域がお好きな方ならどのあたりを舞台にしているのかわかるかもしれません。

  • 日本昔話ベースに書いた大人用の童話です

    ♡600

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・3話・4,985字 御堂修作

    2020年9月25日更新

    ある日突然、妻と子供を失った男が、自分の不遇を嘆き死を意識していた。そんなおり、節分の日に、死んだ子供の作った鬼の面を付け、「鬼はウチ」と豆まきをしていたら、本当に鬼たちがウチにやってきて、鬼と酒盛りを始めた。その楽しさの中、来年も来るからと言う鬼達のおかげで、ささやかながら生きる楽しさを見いだした男は、少しだけ前向きに行き始める…日本昔話の節分の鬼をベースに書いた大人用の童話です。

  • 『元祖魔剣少女』から約七十年後のお話し

    ♡1,800

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・17話・29,040字 千尋

    2020年9月17日更新

    普通の公立高校に通う鬼丸万葉(おにまるかずは)高校一年生十六才。 多少の口の悪さを覗けば元気一杯のそこら辺にいる女子高生。 しかし、彼女は誰にも言えない秘密があった。それは、夜な夜な妖魔相手に魔剣少女として戦っていること。鴉丸と言う仲間と共に。 その手に握る真紅の鞘に収められた二尺八寸程と思われる刀、鬼切安綱。 鬼切安綱をもって妖魔を斬る。 愉快痛快現代ファンタジー。 ※表紙絵及び挿絵はあままつ様のフリーアイコンを使用しております。

  • 今度の敵は鬼

    ♡300

    〇0

    SF・連載中・48話・235,176字 K1.M-Waki

    2020年9月17日更新

    ボロボロの古びた黒いコートに腐った魚のような眼をした帽子の男──虫取り屋。彼は街角で遭遇した少女──理沙に助けを求められた。 彼女を追っているのは『鬼』。古墳時代から日本に巣食う怪異だった。 執拗に理沙を追う鬼から、虫取り屋は彼女を助けることが出来るのか。理沙は何故追われているのか? そして、鬼に襲われる中、理沙は鬼無という町へ向かうことを決意する。 その最中に、彼女達は鬼村と名乗る男と出会い、旅を共にすることに。だが、彼は『皇宮護衛官』──皇室の警備を任された最高クラスの警察官だった。 様々な思惑の中、何も語らない虫取り屋は、どう考えているのか…… 虫取り屋怪奇譚 第二章『鬼怪神』ここに始まる……

  • 現代社会に隠れ住む、妖怪たちが頑張る物語

    ♡33,800

    〇200

    現代/その他ファンタジー・連載中・61話・226,643字 野良わんこ

    2020年9月8日更新

    【現代×妖怪×和風 妖怪たちによる妖怪退治! 妖怪だらけのバトル&コメディー】 妖怪が物語の中だけの存在となった現代で、人間たちは平和に暮らしていた。そして妖怪たちはそんな人間社会に紛れ、静かに暮らしていた。だが、一部の妖怪たちは隠れ住むことを拒否し人間たちを襲う。 それら人間に仇なす妖怪たちは「怪異」と呼ばれた。 このまま「怪異」が暴れてしまえば妖怪の存在が明るみに出てしまい、人間社会は混乱し、最悪人間と妖怪の戦争が起きかねない。そう考えた一部の妖怪たちは自らが同胞を討つという決断を下した。 「怪異」を討ち人々を守る妖怪集団を「御庭番」と呼んだ。 ――これは、現代に生きる妖怪たちの摩訶不思議な異聞録。