魔剣

検索結果:8件

  • 知らずに人外の力を手にしていた少年のお話

    ♡3,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・20話 こげ丸

    2019年8月18日更新

    田舎貴族の三男トリスは、幼い時から跡継ぎには無縁と冒険者を目指し、剣術の稽古や魔法の訓練に励んでいた。 その一心不乱に努力する姿を見た両親は、偶然手の届く金額で売られていた魔剣を手に入れ、トリスが8歳の誕生日にプレゼントする。 後にわかったその魔剣の名は『ライザック』。 その能力が鑑定不能という事で安く購入する事が出来た魔剣だったが、その切れ味だけは凄まじかった。 魔剣を贈られたトリスは両親に大いに感謝し喜んだ。 片時も離さず、それこそ寝る時も抱いて寝るほど気に入り、鍛錬にも一層励むようになった。 それから7年。 成人とされる15歳を迎えたトリスは、冒険者資格認定試験にて剣の腕を評価され、見習い期間免除で合格する。 そんな折、大規模なゴブリンの集落が見つかり、トリスは討伐クエストに志願した。 しかし、初めての討伐遠征に意気込んでいたトリスの前に現れたのは、Bランクの魔物『ゴブリンジェネラル』。 討伐隊は健闘するものの、やはりゴブリンジェネラルには敵わず壊滅の危機に。 トリスも魔剣を駆使して奮闘するが、ジェネラルのあまりの膂力に、片時も手放したことのなかった魔剣を吹き飛ばされてしまう。 もうここまでかと諦めかけたその時……。 トリスは自らに溢れんばかりの力が漲っていくのを感じるのだった。 ~ この物語は、呪いの魔剣の効果で超高負荷トレーニングをしてきたことにより、いつのまにか人外の能力を手に入れた少年が、英雄になるかもしれないし、ならないかもしれない、そんなお話。

  • たくさんの人に読んでもらえたら光栄です

    ♡1,600

    〇5

    現代ファンタジー・連載中・19話 くろひなさくら

    2019年8月18日更新

    高校二年生の和泉玄(イズミクロ)には秘密がある。ふつうの高校生として生活する日常のその裏で、魔剣をふるい魔を祓う非日常を生きている。すべては大切なひとの命を奪った男への復讐を果たすため――。 これは、復讐の物語。 あるいは、悪なるものと戦いつづける人間の、物語。 ※本作の登場人物、郡上八満は伊那さま原案、井上文はXICSさま原案、雪代侑子は百瀬(ちょす)さま原案となります。 表紙のイラストは麻葉紗綾さまから頂きました。 基本シリアスですがほのぼのであったり恋愛だったり。そしてプロローグから最終話のエピローグまで謎と真実を仕掛けてあるので、最後まで楽しんでいただけたらうれしいです。

  • 落ちこぼれと魔剣の物語

    ♡35,450

    〇647

    異世界ファンタジー・連載中・38話 シクラメン

    2019年8月18日更新

    王立魔術師学校、序列最下位のアイゼルブート。 賢者と同じ『知覚魔法』の持ち主だが、三期連続で最下位を彷徨っていた。 ある時、賢者によって『狭間の森』に飛ばされた時、ある一つの剣と出会う。 それが、彼が最強へとなりあがるための切っ掛け。 学園きっての落ちこぼれが最強へと成り上がるまでの物語 (小説家になろうの方でも連載しています!)

  • 魔法によって奪われたもの取り返す為に。

    ♡0

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・1話 睦月遥志/銀晴

    2019年8月15日更新

    彼の剣は人々を魅了し、そして心を赤く、燃えたように染め上げる。『燃心の赤剣』そう異名を付けられ恐れられた少年、風月 咲哉は突如として現れた魔法が蔓延った世界に置いて、唯一の剣使いだった。誰もがぴったりだと口を揃えて言うその異名。彼の本性は一体......?

  • 自分の「好き」を作品にしてます

    ♡17,810

    〇500

    現代ファンタジー・連載中・53話 九十九 疾風

    2019年8月10日更新

    終末戦争 ──この戦争はアメリカを有した欧米連合と、ロシア、中国、日本等のアジア諸国で構成されたアジア連合との戦争であった。 その戦争は主に欧州を中心に激化し、多くの街を滅ぼし、命を滅ぼし、世界をも滅ぼさんとした。その戦争は、50年もの間拮抗していた。 だが、その拮抗は遠い国から来た一人の少女の剣によって破られた。戦場に咲いた花のように儚くも凛々しいその少女は、相手国の剣士だけでなく魔法使いをも剣で斬り伏せて行った。 その光景を目の当たりにした欧米連合は、驚愕と焦りから冷静さを失い、軍の統制が取れなくなってしまう。そのまま立て直すこともできずに敗退した。 アジア連合側の犠牲者が1万人だったのに対し、欧米連合の犠牲者は400万人にまでのぼった。 それは、たった一人の少女によってもたらされた「地獄」だったという。 アジア連合ではその少女を英雄と呼び、欧米連合では少女を畏怖を孕ませてこう呼んだという。 「赤き青薔薇」 と────

  • 処女作です。

    ♡2,400

    〇100

    その他・連載中・59話 斑鳩

    2019年8月5日更新

    この世界には魔法、能力が当たり前に存在している。 神、天使、悪魔、ドラゴンなどの力、武器などを人間の体に埋め込まれた異能力者。 様々な人間の物語が今始まる。 一話約1000文字位です。 小説家になろう、カクヨムでも同じ内容で書いています。

  • 面白いと思ったらブクマなどよろしく!

    ♡0

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・1話 鮫紙大使

    2019年7月17日更新

    2500年、現代の世界は宇宙に住む魔物や魔獣により、人類は領土を奪われていった。 敵は魔法を使い、人類は魔法を使うことが出来ない。 そして、人類は何億人もの犠牲者を出してやっとの思いで島国に逃げてきた。 魔物や魔獣達は、領土広げていき人類はあの魔法というものをなんとか使えないか何人もの子供を実験に使いやっとの思いで作りあげた。 それが、「魔導剣士」 魔導剣士は、魔物や魔獣達と同じ魔法を使い人類は領土を広げていった。 しかし、魔物や魔獣は死んだ人を魔人として蘇らせて使い捨ての駒のように魔人と人類を戦わせた。 そこに現れた、才能ある魔導剣士がいた。 その魔導剣士達は、魔人達を一瞬で倒し成仏した。 そして、宇宙の魔物や魔獣達もその才能ある魔導剣士達により、領土を取られていった。 そして、その魔導剣士の存在により魔物や魔獣達の進行を阻んだ。 魔物や魔獣達は、その魔導剣士達をこう呼んだ。 「十皇帝」と・・・ 十皇帝とは、最強の才能ある十人の魔導剣士のことで、魔物や魔獣達は十皇帝を恐れていた。

  • 面白いと思ったらブクマなどよろしく!

    ♡300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・1話 十六夜

    2019年6月12日更新

    ある戦いで主人公のライドは自分とパーティメンバーの四人と騎士団三十人と魔導剣士団の百三人しか残らなかった戦場でふと思った。 「俺は、なんのために戦っているんだ」 ライドは、世界の狂気の魔王を十二の魔導剣士団と騎士団とライド率いる絶空の魔導剣士団で魔王に挑んだ。 しかし、戦線は他類の魔獣や魔族に次々と仲間を殺された。 「人族は、滅ばす!」 魔王の一撃で人族の戦線は崩壊し騎士団の団長は倒れ命を落とした。 その団長は、ライドに剣を教えた人だった。 そして、ライドは怒りを込めた剣を魔王に叩き込んだ。 「この!、小僧がーー!!!」 魔王の渾身の一撃をライドは、避けられなかった。 そこに魔法師団の団長がライドをかばい魔王の渾身の攻撃を一人で受け止めた。 そして、またしてもライドに魔法を教えた人が亡くなった。 「うわあーーー!!!」 その瞬間にライドの何かが壊れた。 そして、ライドの左眼が青白く光った。 「その眼は、まさか!」 魔王は、怯んでいた。 しかし、ライドの進化は終わらなかった。 今度は、右眼が赤白く光った。 「お前は!、絶対に許さない!!」 「その力は!」 そして、怒り狂ったライドの魔法と剣技に魔王は粉々に消し炭になった。 「魔王様がやられた・・・」 そして、新たな英雄のライド・キライラーにより魔王はいなくなった。 しかし、魔王の幹部達は戦線からいち早く離脱していた。 「覚えていろ!」 そして、魔王と人族の戦争は終わった。