魔女狩り

検索結果:4件

  • 魔法の世界で、男は魔女の為に魔力を失う

    ♡38,750

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・50話 nishinoya shogo

    2019年10月21日更新

    異端審問官による執拗な魔女狩りが行われていた時代。 ある日、異端審問官であるスレイは貴族に雇われた。魔女リーゼの世話係としてである。その魔女は屋敷に囚われた身でありながら、気丈で、わがままで、無愛想で、おまけに意地が悪い。しかも魔女でありながら<償いの輪>と呼ばれる首輪も付けていない。 リーゼは言った。 「私は取引によって自由を勝ち取っている」と。 リーゼの言う取引とは? 取引現場でスレイが見たものとは? 魔女を狩る異端審問官であったはずのスレイが、如何にして魔女狩り殺しと呼ばれる存在となったのか。 これは魔女の「自由への戦い」に手を貸す一人の男の物語。

  • これは、魔女の存在を問う物語。

    ♡44,060

    〇1,305

    異世界ファンタジー・連載中・102話 与瀬啓一

    2019年10月21日更新

    ――『草原の魔女』コレットは薬師だった。 人の命を救うためにその力を振るっていたコレットだったが、ある日、国が出した”魔女狩り宣言”によってその身を追われることに……。 逃げる最中、コレットの運命の歯車は少しずつ壊れ、狂い始める。そんな彼女を、一体誰が救えるのか? 一人の少女から始まる愛憎渦巻く魔導ファンタジー、ここに開幕。

  • 剣は抜けない。魔法は使わない。

    ♡76,300

    〇5

    異世界ファンタジー・完結済・36話 一式鍵

    2019年10月12日更新

    魔女狩りって、こんな辺境の地まで及んできたのか。 カルヴィン伯爵領から発生した疫病やら飢饉やらに「魔女」が絡んでるっていう噂が立ち、それを名目にした「魔女狩り」が横行し、治安は明らかに悪くなった。俺もかつては騎士なんかやっていたんだが、色々あって今は気ままに温泉巡りをしているしがない腰痛のおっさんだ。腰痛だから馬にも乗れないんだぜ……。 そんな俺が温泉を楽しみにやってきたド辺境の街の酒場で、「魔女狩り」が起きる。いや、実際は魔女は狩られなかったんだが。 おかげさまで俺とその魔女とよばれた女は、真夜中に街を出ることに。ちなみにこの魔女、「魔女は引退した」らしい。理由を訊けば「魔法は肩が凝る」からだそうで……。激しい腰痛持ちとしてはとても同情したいところだ。 そんなことが縁で何となく歩いていた俺は、魔女ことタナさんに「カルヴィン伯爵に会いに行く」とか言われてしまって驚愕した。だって、魔女狩り発祥の地だぜ? 本当に俺たち、カルヴィン伯爵のところにいくのか? 行けるのか? 俺たちは旅も早々に、ハーフエルフ幼女や、ドラゴンの末裔の娘と旅路を共にすることになる。そしてだんだんと見えてくる真の悪の姿。険しい旅に、俺はついていけるのか。腰がすごく心配だ。 剣を抜けない剣士(俺)と、魔法を使わない魔女の旅路は果たして……。

  • 魔女狩りの時代に生きた、ある狂人の物語。

    ♡8,200

    〇0

    純文学/文芸・完結済・1話 淡月悠生

    2019年9月14日更新

    Twitterフォロワーさん1400人記念作品です。 「魔女」について語る、誰かの物語。