魔法使い

検索結果:49件

  • ダメな大人たちのザッツコメディ

    ♡50,720

    〇55

    恋愛/ラブコメ・連載中・35話 田中ヒロミチ

    2019年10月18日更新

    大和三姉妹は街の秩序を守る魔女である。 人心掌握・肉体強化・意識誘導・運命操作・未来予知……魔女の持つ力はその者の力量によって多岐に渡るとされている。 魔女は人が自然に発する魔力をもって、それらの不可思議な力を得るのだが、ひとつだけ大きな問題を抱えていた。 『魔女に魔力を奪われてきた童貞は、三十歳の誕生日に魔法使いになる』というもの(衝撃) 搾取され続けた童貞の人生は一転攻勢。 逆に魔女の力を吸い取り無力化し、強力無比な魔法で感度3000倍すら可能となってしまう。 洒落にならないのである。 そう、童貞の管理は彼女たち魔女にとっての死活問題なのであった。 故に魔女協会は、二つのルールを定めた。 ① 魔女は自らが魔力供給を受けている童貞について、魔法使いとならぬよう頃合いを見て、責任をもって『処理』すること ② 魔女は他の魔女が魔力供給を受けている童貞について魔法使いとならぬよう協力して『処理』すること だがしかし、魔女たちの間では大昔から「ある噂」がまことしやかに囁かれていた。 『魔法使いをアレすることで魔女の力は飛躍的に向上し、悩んでいた皺はなくなり、傷んだ髪もツヤツヤに、挙句の果てにはアンチエイジングまで成し得てしまう』 そう、 皆大好き『莫大な力を有した魔法少女(ロリババア)になれる』 というのだ! いうのだ! うのだ! のだ! だ! … さて、 大和三姉妹は、幼馴染にして三姉妹の住むアパートの大家である大矢直継を、まさに魔力の源としていたのであるが、なんやかんやあってボチボチいい年齢に差し掛かっているのであった。

  • 魔法使いの弟子としてリリス様にお仕えした

    ♡18,250

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・30話 雛乃まいん

    2019年10月18日更新

    僕は、ティオ。親を亡くして、世界1の魔法使い、リリス様に弟子入りしたけど。 ひょんなことから、大変な事になっちゃって? エイリークという、僕にとって大切な心許せるパートナーも出来て。 毎日が本当に幸せ。 ティオの王子さま、コメディ。

  • それは、とある魔法使いの少女の物語・・・

    ♡2,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・13話 秋夜 海月

    2019年10月18日更新

    久しぶりに実家に帰省したブロッサムは、宿題の無い春休みだというのに、実家の薬屋の店番をしながら、師匠に丸投げされた薬学の書類纏めに朝からずっと追われていた。 そんな折、ドアベルが鳴く。そして、店内に踏みいてきたのは、武装を施した国王軍だった。 見習い魔法使いブロッサムが描く。 恋に、魔法に、怪事件! 「このままじゃ、春休みが終わっちゃうだろっ!!」

  • 児童書風 冒険ハイファンタジー

    ♡4,600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・14話 水深 彗

    2019年10月17日更新

    王国を裏切った、赤の大魔導師――魔王が死んだ、五十年後。 魔王を倒した勇者と王族の血を継ぐ王子・シルクは、友人に恵まれた平和な日々を過ごしていた。 ところがある日、シルクに魔法を操る能力――「魔力」が封印されていることが発覚する。 しかし、魔力は親から子に受け継がれるものであり、騎士と王族の血を継ぐシルクが、魔力を持つはずがない。 「それなら『僕』は、――いったい誰?」 本当の自分を探すため、シルクは一人王城を抜け出す。 そして出会ったのは、自分と同じ色をした少年だった。 ■王道冒険ハイファンタジー。児童書のような感覚で読んでいただけたら嬉しいです。 ■小説家になろうさんで連載していた作品を、改稿して掲載しています(旧題『シルク王子の冒険』)。平日お昼の12時に毎度更新中。

  • 少年とゴーレムが旅の中で成長していく物語

    ♡142,400

    〇11,365

    異世界ファンタジー・連載中・41話 風楼

    2019年10月14日更新

    継母と義姉達にいじめられ耐えきれず、ついに家を飛び出した少年は、ひょんな事から母の形見である不思議な宝石を泥の中に落としてしまい……泥からゴーレムを生み出してしまう。 泥から生まれたそのゴーレムには、ゴーレムらしい強い力も、大きな体躯も無かったのだが……しかし、どうやらゴーレムが本来持っていないはずの『心』を持っているようで……? そうして『心を持ったゴーレム』という友人を得た少年は、ゴーレムと共に不思議に、ワクワクに満ちた世界を旅し、その旅の中で成長していくことになる。 どこかおとぎ話を彷彿とさせる……剣と魔法のファンタジー世界を巡る少年達の冒険譚をご堪能あれ。

  • 一週間に一度以上は更新する筈です

    ♡2,100

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・1話 命翼のスライム

    2019年10月14日更新

    今年の春に憧れの高校に入学できたが、勉強についていけず塾に通うことになった縦笛音色。そんな彼女は塾の帰り道、謎の化け物に襲われてしまう。 逃げに逃げたが、公園で追いつかれ絶体絶命……そんなとき小さな兎のような生物が目の前に現れ、自分に唯一の助かる道を提供する。だが、それは自分を犠牲にし力を使う、魔法使いとなり化け物と戦う道だった……

  • 小さな魔女さんは今日も元気です(*^▽^

    ♡3,600

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・11話 雛乃まいん

    2019年10月13日更新

    ここは、魔法使いと人間と動物達が仲良く暮らす世界。ここのとんがり山に、小さな魔女・モナちゃんがお師匠様のリルリル様と一緒に暮らしていました。 「リルリル様。またご飯食べなかったんですか?」 「いやあ〜つい研究に夢中になっていてね。モナちゃんも、お茶にしない?」 10歳の魔女のモナちゃんと、リルリル様。そして、幼馴染のユノ君、お友達のちるみるちゃんとの幸せな日々。

  • 汚れた目で、見てください。

    ♡800

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・5話 庚乃アラヤ

    2019年10月13日更新

    「健全」かつ「清らか」な心身を持つ者のみが使いこなせる究極の魔導兵器、ウィッカアーマー。 かつてこの力を駆使し、数多の伝説を作り上げた百戦錬磨の童貞・ゼランは、あるトラウマによって不能を患い、力のほとんどを失っていた。 これは、ヘタレで童貞な義父が、娘の為に再起を果たす感動の物語。 そういう事になっているので、ちゃんと感動してください。 宜しいですね、皆さん。 【ノベルアッププラスのみで掲載しております】

  • 異世界転生作品は……書き方が分からないw

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・2話 冥月

    2019年10月12日更新

    遥か昔、魔境と化した大陸があった。 その大陸には秘宝が眠ると伝説があり、多くの者が大陸に向かったが、誰一人として戻ってくることはなかった。 今や、その伝説だけが残り、その大陸に近づく者はいなくなった。 剣士のルーディア・アルベルト、魔術師のシリス・メイフィルは、偶然見つけた廃村で一冊の日記を入手する。 日記の著者は遥か昔の魔法使いであり、魔境と化した原因と著者の切実な思いが書かれており、それを読んだ二人は魔境と化した大陸に平穏を取り戻すため、数百年間だれも近づく者がいなかった大陸へと踏み入った。

  • 魔法で幸せになんてなりはしない

    ♡4,650

    〇5

    SF・連載中・43話 ユーカリの木

    2019年10月10日更新

    魔法が世界に浸透した21世紀、埼玉県川口市にある児童養護施設で魔法使いによって男性職員四名が殺された。 捜査線上に浮かんだ容疑者は11歳の少女。 己の正義を貫くため、殺人鬼となった魔法使いの少女は次々と人を殺していく。 これを止めるべく、魔法統括連合ASUのアイシア班が動き出す。 アイシア班に所属する八代弓鶴は、変人魔法使い達と共に少女を追う。 世論すら少女の殺人行為を肯定するなか、弓鶴は葛藤しながら理想の正義を貫かんとするが……。 ※本作品は「小説家になろう」「カクヨム」「ノベルアップ」にも掲載しています。 ※1話冒頭に四年前の弓鶴のシーンを加えました。2019/07/31 ※第一部完結。 2019/08/08 ※第一章:ASU警備部警護課 2を二話に分割しました。全体的に文章改稿中 2019/08/11 ※第二部連載開始。 2019/08/14

  • 強気な伯爵令嬢と年下王子のラブコメディ!

    ♡28,300

    〇280

    恋愛/ラブコメ・連載中・10話 水上いちか

    2019年10月9日更新

    「おまえの国で一番気の強い女を花嫁として差し出せ」 水脈の解放と引き換えに、水竜の王から出された条件は女嫌いの王子の花嫁。 男勝りで右に出るものはいないマシェリが覚悟を決めて乗り込むと、そこに待っていたのはまだ14歳のカワイイ王子様だった。 ------------------------------------------------ ※ 少々きわどい描写を含むのでR15指定です! ※ 「小説家になろう」で同タイトル連載中。ただしコチラは大幅な加筆&修正版になります。( オリジナルストーリーも入れ込む予定 ) ※ 更新は不定期です。

  • 小さな魔法の物語

    ♡9,020

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・17話 野村勇輔

    2019年10月4日更新

    どこにでもありそうな昔ながらの古本屋。 その店内を奥へ進むと、やがてバラの咲き乱れる小さな中庭に出る。 バラの間を縫うように舗装された小さな道の先には古い日本家屋が建っており、その軒先の看板には達筆でこう書かれていた。 『魔法百貨堂』

  • 魔法使いの少年と魔法使いを狩る少女の物話

    ♡41,020

    〇5,005

    異世界ファンタジー・連載中・120話 たけのこ

    2019年10月4日更新

    ───────魔法使いは人ではない、魔物である。 この世界で唯一『魔力』を扱うことができる少数民族ガナン人。 彼らは自身の『価値あるもの』を対価に『魔法』を行使する。しかし魔に近い彼らは、只の人よりも容易くその身を魔物へと堕としやすいという負の面を持っていた。 人はそんな彼らを『魔法使い』と呼び、そしてその性質から迫害した。 三千年前の大戦に敗北し、帝国に完全に支配された魔法使い達。 そんな帝国の辺境にて、ガナン人の少年、クレル・シェパードはひっそりと生きていた。 身寄りのないクレルは、領主の娘であるアリシア・スカーレットと出逢う。 領主の屋敷の下働きとして過ごすクレルと、そんな彼の魔法を綺麗なものとして受け入れるアリシア……共に語らい、遊び、学びながら友情を育む二人であったが、ある日二人を引き裂く『魔物災害』が起こり―― アリシアはクレルを助けるために片腕を犠牲にし、クレルもアリシアを助けるために『アリシアとの思い出』を対価に捧げた。 ――スカーレット家は没落。そして、事件の騒動が冷めやらぬうちにクレルは魔法使いの地下組織『奈落の底《アバドン》』に、アリシアは魔法使いを狩る皇帝直轄組織『特別対魔機関・バルバトス』に引きとられる。 記憶を失い、しかし想いだけが残ったクレル。 左腕を失い、再会の誓いを胸に抱くアリシア。 敵対し合う組織に身を置く事になった二人は、再び出逢い、笑い合う事が許されるのか……それはまだ誰にもわからない。 ========== この小説はダブル主人公であり序章では二人の幼少期を、それから一章ごとに視点を切り替えて話を進めます。 ==========

  • 作者がイキリにイラついたときに更新します

    ♡4,100

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・2話 仁藤欣太郎

    2019年9月30日更新

    見習い魔女のリリスは、あるとき大魔女ヴィクトリアから重大な任務を仰せつかった。 その任務とは、人間界の、日本という国に暮らすイキリたちの精神を浄化すること。 かくしてリリスは使い魔のミニドラゴン、エリオットとともに現代日本へと降り立った。

  • 妹がほしい魔王と比較的まともな冒険者

    ♡2,200

    〇55

    異世界ファンタジー・完結済・20話 あろまーじ

    2019年9月21日更新

    人生何があるかわからないなと、そう思わざる得ない光景が目の前にあった。 さっきまで勇者パーティーの魔法使いとして魔王と戦っていたのだが、あたしの魔法が魔王に全く効かず、勇者に「役立たず」と言われた。そこまではいいのだが、あたしが傷を負ってもヒーラーは回復魔法をあたしには使わず、壁役の戦士も勇者に動きを合わせて、あたしは無防備の状態。 こうなってくると戦いどころではなく、勇者に抗議しようと声を荒げそうになったのだが、次の瞬間にはあたし以外の勇者パーティーがその場から消えた。 え……ちょっと待って……どういうこと……? この場に残るは魔王とあたしだけ。 なにこの絶望的な状況。 だが、こんな状況も軽く吹き飛ぶようなことが魔王から出るとは誰が予想できたか。 「あの……わたしの妹になってください!」 「……え?」 ねえ。どういうこと? 最初は戸惑いもあったけど、一緒にいるうちに悪い人じゃないというのはわかってきた。 というか、どっちが姉でどっちが妹なんだか…… とりあえず言わせてほしい。 「エルビアお姉さん、そこまでして妹ほしいの!?」

  • ある国家魔術師の少女のお話です。

    ♡2,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・12話 Dellshion(デルシオン)

    2019年9月18日更新

    「あらすじ」 いま、一人の魔術師の少女が深夜、王家の庭へ侵入しようとしていた。 国家反逆罪の疑いで打ち首になってしまった父の遺品が、城の地下宝物庫にあるという情報を手に入れたためだ。 しかしそれは国家魔術師の彼女、『モニカ=E=レーヴェンタール』にとっても危険な賭けだった。もちろん、見つかれば父と同じ断首刑。彼女は警戒しながら一歩、また一歩と目的地へ向かう。 だが、このときはまだ誰も知らなかった、 すぐそこまで『闇』が忍び寄っているという事を。 正しく回っていた歯車が少しずつ狂い始める。 けれど、その引き金を引いたのは、彼女自身だった。

  • ふわっとユルい日常系ファンタジー

    ♡7,800

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・10話 一花カナウ

    2019年9月3日更新

    西の大賢者様が亡くなった。 残された愛弟子三人(アウル・ルーン・リリィ)の《今》と《これから》と《大賢者を継承するためのシステム》のお話。 ---------------- 1話あたり1400〜4000文字程度。 どの話も基本的には独立しているのでどこから読んでもOK(できれば第1話は読了推奨) 気が向いたときに新作追加します。 応援にてお題も募集しますので、挑戦していただければ幸いです。 略称は【西の大賢者】、西の大賢者シリーズって呼んでいます。 Twitterでのタグは #西の大賢者 が推奨。 感想やリクエストをつぶやいていただけたら嬉しいです!

  • 何百年も動き続ける人形の最初の物語。

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・1話 炎華 焔

    2019年8月31日更新

    昔々、あるところに魔法使いが居ました。 魔法使いは、人形を作ることが大好きでした。 何年もかけ、人にそっくりな人形を作りました。 そして魔法使いと人形は、本物の親子のようになっていきました。※他の小説投稿サイトにも投稿しています。

  • おっさんは魔法を駆使して日常を満喫する。

    ♡65,230

    〇90

    異世界ファンタジー・連載中・164話 高柳神羅

    2019年8月28日更新

    ずっと想いを寄せていた会社の上司に思い切って告白した六道春。しかし想い人から返ってきたのは、八年もの間付き合っている恋人がいるという告白だった。 失恋した春は自棄酒を呷りながら自宅への道を歩く。その途中で不自然に凍っている水溜まりを見つけ、腹いせにその氷を踏み砕く。すると急に意識が混濁して、次に覚醒した時には彼は見知らぬ場所に立っていた。 春を出迎えたのはアルカディアと名乗る酒飲みの女神。彼はアルカディアに魔法の力を授けられ、追い出されるように異世界ツウェンドゥスへと降り立った。魔法が当たり前のように存在するツウェンドゥスでは、魔法を使えることなど自慢でも何でもない──はずなのだが、春が授かった魔法の力は、他の魔法使いの力を遥かに凌駕するとんでもないものだった。 これは、女神に最強の魔法の力を授けられたおっさんが異世界生活を満喫しながら時々世界の危機を救ったりする、日常と冒険の物語である。

  • 忘れいた!? 私の夢、魔法使い

    ♡200

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・11話 K・Sメッセ

    2019年8月22日更新

    伊藤恵実は、高校3年生になり、まだ進路が決まっていない。これからどうやって生きていくのか、何をすればいいのか、まったく、さっぱりわからない。 そんな時、父親が経営するリサイクルショップ店を手伝っていると。伊藤恵実の人生を決めてしまう、ある買い取り品に出会う。