魔物

検索結果:130件

  • 異世界SNS

    魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    1,860,176

    16,155


    2022年5月28日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。

    読了目安時間:47時間51分

    この作品を読む

  • 転生勇者は異世界を満喫中、もちろん世界は救います

    全てを知った勇者は、その時何を思うのか?

    0

    0


    2022年5月28日更新

    俺は死んだ それもついさっきの話だ 死因は出血多量による失血死 だが、それは名誉の死ともいえるかもしれない 医者も最善を尽くしてくれていたそうだが、それも無駄に終わった 他人をかばうことなんて今まで一度もなかった 自分のことで精いっぱいな人生だった そんな俺は今異世界にいる しかも世界を救う勇者として異世界に転生した 異世界で勇者になった俺は様々な場所を飛び回り、多くの人を救ってきた そのせいか世界は平和に戻りつつあった そこに忍び寄る不気味な影 突如暴れだす魔物 そして、世界の崩壊 一人じゃ抱えきれないほど多くの出来事が勇者である俺に降りかかってくる それでもやるしかない 俺はこの世界の勇者なんだから! もともとフリーターだった俺が異世界で勇者となって異世界を救うことになった 異世界で過ごしているうちに、俺は色んなトラブルに巻き込まれる そのトラブルを解決していくうちに、意図せず異世界の真の姿に触れてしまうのだった

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間31分

    この作品を読む

  • 魔獣の友

    転生やチートのない王道ファンタジーです。

    9,200

    100


    2022年5月28日更新

    貴族の娘として生まれ、騎士としても活躍していたリディ。18歳になったある日、この国のことをもっと知るために冒険者として国中を巡る旅に出る。 村を転々としながら魔獣の退治を手伝ったりして日銭を稼ぐ中、とある村を旅立とうとしたとき、強大な魔獣が村に近づいているという凶報が入る。 そこで出会ったのは、魔獣を従えるニケという少年。 ニケは6年前、昔話にうたわれた竜に村を滅ぼされ、竜に復讐するための旅をしていた。 二人は共に旅をすることに決め、竜を殺すために村が消されていると噂される北の地へと向かっていく。 「小説家になろう」「カクヨム」にも投稿しています。 最終話まで毎日投稿予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間29分

    この作品を読む

  • 外れスキルの屑と言われ追放された最底辺の俺が大逆襲のリスタート! 最強賢者への道を歩み出す!「頼む、戻ってくれ」と言われても、もう遅い!

    大逆襲の人生リスタートが始まる!

    588,000

    0


    2022年5月28日更新

    負けないぞ俺!無理やりでも笑って前を向かなきゃ!絶対に大逆襲してやる! ソヴァール王国名門魔法使い一家の末っ子に生まれた少年リオネル・ディドロは、 こざっぱりした茶色の短髪、綺麗なとび色の瞳を持つが、顔立ちは平凡な18歳。 しかし、魔法学校を最低の成績で卒業。同級生から超劣等生のレッテルを張られた上、とんでもないくそスキルを授かり、家の名誉を重んじる父と兄から激しく罵倒された上、修行という名目で追放されてしまう。 非情な父から名前も変えて、1か月以内に王都を出ろと命令されたリオネルは、仕方なく冒険者となり、もてるチープな魔法と思い切り馬鹿にされたスキルを使い、精一杯生きて行く。 しかし、遂に報われる時が…… 必死に頑張る超底辺のリオネルに信じられない奇跡が起こり、手も差し伸べられたのだ。 さあ、巻き返しだ。 罵倒され、蔑まれたリオネルが覚醒し、大逆襲の人生リスタートが今始まる!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:29時間11分

    この作品を読む

  • 剣闘皇女伝 ~零落した悪役皇女は現状打破と復讐を目指して、剣闘士として成り上がります

    主人公は前作で本物の悪役でした。

    400

    0


    2022年5月27日更新

    その日、一人の英雄が討ち取られた。そしてその英雄を討ち取った復讐の王女は、英雄に滅ぼされた祖国を復興させた。 クリームヒルト皇女は大国ロマリオン帝国の皇女として権勢を誇り、英雄シグルドとも婚約し、人生の絶頂にあった。 しかし取るに足らない存在であったはずの亡国の王女カサンドラによって婚約者を殺され、自らも新生エレシエル王国の虜囚となってしまった。 かつてカサンドラを剣闘士の身分に貶め虐待してきたクリームヒルトは、今度は自らがカサンドラの意趣返しによって最底辺の剣闘士として戦わされる羽目になる。 世を恨み、カサンドラを憎悪するクリームヒルトは、必ずこの地獄から脱出してカサンドラに恨みを晴らさんと誓うが、その道程は遠く険しく―― 他者を見下し省みない傲岸不遜な皇女が、剣闘士として戦う中で少しずつ人間としても成長していく痛快アクション活劇! ※この物語は前作『剣闘王女伝 ~全てを失った王女はどん底から這い上がり英雄に復讐を誓う』の続編となっています。 この作品単体でもお読み頂けますが、前作からお読み頂けるとよりストーリやキャラの相関関係が理解しやすくなります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間12分

    この作品を読む

  • 開拓者のラルフ

    誰よりも弱者なラルフは前を向いて生きる

    15,812

    0


    2022年5月27日更新

    スラム街に住む住人たちは同じ身分の平民でさえからも「はぐれ者」として厄介者扱いされる。 そんなはぐれ者の中でもバカにされる青年がいた。 その青年の名は「ラルフ」 腐った物や虫でさえも平気で口にする姿はまるで泥をすするようだと「ドブネズミのラルフ」と罵られていた。 はぐれ者たちは明日以降の事は考えない。 なぜなら考えても仕方がないからだ。 今日なんとか生き延びる事を考え、余裕があれば明日の生き延びる事を考える。 そうやって命を繋ぐ事を考えて生きる。 だが、ラルフは違った。 ラルフは夢を抱いていた。 その夢は「開拓者」となり、活躍すること。 どれだけ飢えようとも、どれだけバカにされようともラルフは前を向いた。 全ては開拓者になるために。 開拓者となって活躍するために。 ラルフはそれだけを胸に秘め、日々を生きる。 そんなラルフは1人の女性と出会う事になる。 その女性は王女シンシアであった。 身分の差から考えれば決して交わる事のない2人。 ラルフとシンシアは数奇な運命によって出会いを果たす。 そして運命の歯車は動き出す。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間28分

    この作品を読む

  • RPGゲームの雑魚モンスターですが、プレイヤーのサポートキャラに徹します

    初連載挑戦してます。よろしくお願いします

    0

    0


    2022年5月23日更新

    突如世界はRPGの世界となった。 人間と魔物が離れて暮らすことで平和だったはずの日常は、プレイヤーがゲームをクリアするまでは戻ってこない。それまでは人間と魔物は互いを憎み、プレイヤーは魔物を倒し続けるのだ。 ただひとりその事実を知る俺だが、何ともすることができない。ただのゴブリンにどうしろと。異常な空間になった世界が怖くて愛する弟とゲームが終わるまで隠れて待っていたが……なかなか終わらない。 隠れるのも飽きてきて真相を確かめにいけば、なんとプレイヤーはゲームがド下手らしい……! やべぇ、何とかしなきゃ一生隠居生活やん。 これは元の世界を取り戻すためにプレイヤーを、「ゲームの世界」を利用しながら全力でサポートする旅に出たゴブリン兄弟の話である。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 勇者は転職して魔王になりました

    これは勇者が魔王を倒した後のおはなし

    585,511

    21,269


    2022年5月22日更新

    勇者が仲間達と共に魔王を倒してから数年、平和の世に勇者の仕事は無く、金欠に喘いでいた。 宿泊先の代金すらもままなくなり、遂に勇者は転職を決意する。 しかし、唯一の転職先は、あろうことか魔王だけであった。 新たに魔王としての人生を歩み出す事になったが、日銭を稼ぐクエストにて、魔物と意思疎通出来るようになっている事に気が付く。 かつての魔王による影響だったのか、魔物の狂暴化は解け、魔物の目撃例すらも少なくなっていた。 だが、人間達は未だに魔物討伐を止めず、魔物は減少の一途を辿っている。 元勇者の魔王となった主人公は、魔物達を保護するべく、動き出す事になるのだった。 ======================================== 時々バトル物のスローライフです……ホントだよ? 一人称視点、キャラ名無しの作品となっております。 【お知らせ】 ・HJ小説大賞2021後期 一次通過 ・第一章を不定期に手直し中 ・続編『勇者に挑むは無職の少年』を5/29より連載開始! ▼妖精や魔物のイラストを掲載中 『naujiのイラスト置き場』 https://novelup.plus/story/150616653 ▼設定は下記で掲載しております 『【設定】勇者は転職して魔王になりました』 https://novelup.plus/story/553603850 ★『小説家になろう』にて連載中の作品となります★

    読了目安時間:32時間11分

    この作品を読む

  • 有機野菜と食人鬼

    ROSE様の自主企画参加作。初投稿です。

    200

    0


    2022年5月22日更新

    人食いのくせにオーガニック野菜作ってる魔物とそれを退治したいハンターがおっぱじめたIQ低めのせめぎ合い。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • スキルが芽生えたので復讐したいと思います。

    芽生えたスキルは、強力な武器となる。

    21,900

    0


    2022年5月17日更新

    世界各国に突如現れた”魔物”。 魔物を倒すことで、”スキル”が得られる。 スキルを得たものは、アニメーションの産物だった、魔法を使うことができる。 高校に通う普通の学生だった者が、魔物を見つけ、スキルを得る為に、魔物を狩ることを決意する。 得たスキルを使って、自分をこんな目に合わせた者への復讐を誓う。 高校生だった者は、スキルの深淵を覗き見ることになる。芽生えたスキルは、強力な武器となる。 注)作者が楽しむ為に書いています。 復讐物です。いじめや過激な表現が含まれます。恋愛要素は皆無です。 誤字脱字が多いです。誤字脱字は、見つけ次第、直していきますが、更新はまとめてになると思います。 誤字脱字、表現がおかしいなどのご指摘はすごく嬉しいです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間1分

    この作品を読む

  • 最強魔法師の壁内生活

    閉ざされた世界で最強の男が動き出す!!

    7,000

    0


    2022年5月16日更新

    その日を境に、人類は滅亡の危機に瀕した。 数多の国がそれぞれの文化を持ち生活を送っていたが、魔興歴四七〇年に突如として世界中に魔物が大量に溢れ、人々は魔法や武器を用いて奮戦するも、対応しきれずに生活圏を追われることとなった。 そんな中、ある国が王都を囲っていた壁を利用し、避難して来た自国の民や他国の民と国籍や人種を問わず等しく受け入れ、共に力を合わせて壁内に立て籠ることで安定した生活圏を確保することに成功した。 魔法師と非魔法師も共存して少しずつ生活圏を広げ、円形に四重の壁を築き、壁内で安定した暮らしを送れるに至った魔興歴一二五五年現在、ウェスペルシュタイン国で生活する一人の少年が、国内に十二校設置されている魔法技能師――魔法師の正式名称――の養成を目的に設立された国立魔法教育高等学校の内の一校であるランチェスター学園に入学する。 少年の入学を境に、雲蒸竜変の如く英傑達が燦然と輝き躍動する時代が幕を開ける。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間55分

    この作品を読む

  • 辺境伯に嫁いだけど、自宅裸族なのを隠したい

    自宅裸族を書きたい

    412,546

    4,950


    2022年5月14日更新

    【完結】結婚適齢期が過ぎた公爵家のメーラに突然結婚の話が浮上した。相手は兄の友人で、魔物の血が混じっているからと敬遠されていた男性だ。メーラの意思を無視して彼女の家族は結婚の手続きを済ませ、早々に辺境伯に嫁ぐことになってしまう。 彼女には誰にも知られたくない秘密があった。自宅で裸で過ごすという習慣だ。自宅裸族の趣味を知られたくないが為に、結婚相手に無理難題な条件を付けて避け続けていたのに、兄の友人レイオン・ゼストス・ディアフォティーゾ辺境伯は条件を全部飲むと言う。 結婚が決まりすぐに辺境伯領の屋敷に移ったメーラは彼が全て了承済みである事を知る。室内では裸で過ごし、外では室外犬のフォティアに懐かれ、一人と一匹でのんびりとした時間を過ごしていた。 しかし自宅裸族をレイオンに知られてしまい、二人の関係に変化が訪れた。メーラはレイオンの秘密を知り、徐々に二人の関係が深まっていく中でメーラはレイオンに心を寄せていき、最後にはフォティアの秘密も知る事になる。 表情に乏しい辺境伯と自宅裸族の令嬢が距離を縮めていくだけのラブコメ。 本音→自宅裸族を書きたい 前作~魔王でしたと同じ世界線、というか隣国エクセロスレヴォを舞台にしたものです。こちら単体で読めます。よくある氷の~と詠われる男性の心溶かす系もどきな話。 ※アルファポリス、小説家になろうにも投稿しています。※R15で想定し設定してますがあくまで保険です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間18分

    この作品を読む

  • 現世で神々が居なくなったその日から

    ゾンビとか魔物とか居る世界の話です

    800

    0


    2022年5月10日更新

    現代よりちょっとだけ先の未来 生きとし生ける物の在り方が変わってしまった終末 死霊や魔物が闊歩する世界の“謎”に一組の少年と少女が生きる為に挑む・・・ 後 偽科学なんで本気にしないで下さい! 2022/05/03 しれっと絵柄を差し替え中 2022/05/10 設定を公開

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間3分

    この作品を読む

  • アスマとベル

    魔王不在で物語が再開しました。

    28,200

    155


    2022年5月9日更新

    〝魔術〟の存在する世界。 〝魔術大国〟と呼ばれるほどに魔術の発展した〝エアリエル王国〟に一人の王子が誕生した。 それは魔術を使うために必要な〝魔力〟を誰よりも持ち、〝魔王〟と呼ばれ、〝竜〟と共に恐れられる存在だった。 その魔王の誕生から年月が経ち、アスマと名づけられた魔王は、〝竜の血〟によって不死身になった小人、ベルフィーユと出逢った。 小人として考えられないほどの年月を生き、死を望むようになったベルが死ねるように、アスマは元の身体に戻る手伝いをすることを約束する。 そのためにメイドとしてベルが王城で働き始めて、しばらく、アスマの生誕祭を兼ねた竜王祭が開催され、そこで事件が起きた。 何者かがアスマの命を狙っていたのだ。 探偵気取りのアスマも加わり、犯人を捜索していく中で、アスマ達は犯人が〝異世界から来た人間〟であることを知ることになった。 アスマを狙った犯人の凶刃にベルが倒れるなどのトラブルはあったが、最終的にアスマ達は何事もなく、竜王祭を終えることに成功する。 だが、問題はその竜王祭が終わった後も続いた。 異世界から来た人間に雇われ、アスマを狙った暗殺ギルドの一人が隣国、〝ウルカヌス王国の王女〟であると自白したのだ。 その身柄を引き渡すべきだとエアリエル王国政府は判断し、その王女、ソフィアをウルカヌス王国に連れていくことになったのだが、そのためにエアリエル王国を出発した馬車には、アスマとベルが事故で乗り込んでいた。 もちろん、すぐに送り返す判断がされたのだが、そこでソフィアがとんでもないことを言い出した。 それが、〝二人の同行がないとウルカヌス王国に帰らない〟というものだった。 ※「小説家になろう」「カクヨム」に投稿している同名作品と同じ内容です。

    読了目安時間:29時間8分

    この作品を読む

  • 紅眼の姫巫女

    創成の神話を辿るファンタジー

    3,500

    0


    2022年5月6日更新

    訳ありの逃亡生活を続ける傭兵。 かつての相棒を探す薬師。 故郷から逃げ出した少年。 竜も魔法も神話の中の存在と信じられている国で偶然道中を共にすることになった三人は、この国の創成の秘密を追うこととなる……。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 【6/24コミカライズ単行本発売】魔王の庭の白い花

    6/24に一迅社様より単行本発売予定✿

    0

    0


    2022年4月30日更新

    ★株式会社一迅社様 コミカライズ版「魔王の庭の白い花」 (2021年10月~2022年4月 pixivコミック内WEB誌『comicLAKE』にて連載。原作:瑠璃森しき花 作画:十屋つぐみ先生) ⇒https://comic.pixiv.net/works/7862 ※6/24、一迅社様より単行本発売予定 ★マンガ原作コンテスト「pixivコミカライズ・パーティ」にてpixiv賞をいただきました。 男子しか生まれない魔族の家系である“魔王”は、多くの先人たちがそうしてきたように、妻にするため“人間の女”をさらってきた。 しかしこの魔王、魔族にしてはちょっとばかり気弱で、変わり者。 あろうことか女のために人間の料理を勉強しはじめて…… (2014年執筆)

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

  • 旧:荒んだ世界を僕らは生きる

    人が未来へ進むために

    2,100

    0


    2022年4月29日更新

    更新停止。新しい方は同名であります。 暗闇に閉ざされた世界の中で、イースは夢を抱いていた。自身が暮らす安住の地から飛び出て、外の世界を見てみたいと。 そして、それは叶った。言葉で表せられぬほど、残酷なかたちで。 魔物と呼ばれる異形の存在に居住地を襲撃され、イースは彼らと戦う中で防壁から深い谷底へと落ちてしまう。目覚めると、世にも奇妙な光景が広がっていた。 どこかも分からないイースの頭に不思議な声が響き、彼を廃墟まで導いた。 そこで、イースは出遭ってしまった。醜く恐ろしい怪物と、超常的な謎の力と。 本作品はハーメルン様でも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間24分

    この作品を読む

  • デビル・フレンズ

    俺の友達は、悪魔!

    2,700

    0


    2022年4月24日更新

    魔物や亜人、天使や悪魔などが存在し、人間も魔法が使える現代世界で、人間の虹夜と友達の大悪魔ビルファの日常バトルファンタジー。 小説家になろう様 カクヨム様 MAGNET MACROLINK様 アルファポリス様 ノベルバ様 でも投稿しています。

    読了目安時間:39分

    この作品を読む

  • ビルボグレイと窓の外の魅惑の巣材

    ガラス越しに外を見つめだしたら要注意!

    0

    0


    2022年4月23日更新

    若鳥へと成長したビルボグレイは、外の世界、大空への憧れが止まらない。ある日、冒険へ出ることを決意するのだった。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • おっぱいを揉んでたら異世界に飛ばされて恐竜や魔物をワンパンチで倒せるようになった件

    男の浪漫

    1,500

    0


    2022年4月7日更新

    腹上死をした達也は異世界に飛ばされた 小指一本で倒せる能力をもち、女の子にも囲まれる素人童貞

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • スラッシュ

    さぁガンガン行こうぜ

    500

    未参加


    2022年3月31日更新

    ラノベ作家の少女[竜島咲]は,コンビニの帰りに人を喰らう[魔物]に襲われてしまう、 食べられそうになったが、竜人の力を使い[魔物]を退治し人類を守る運命を受けた青年[大空竜人]に助けられる、 助けられた[竜島咲]は,[大空竜人]にお礼を言おうとしたが言われる前に[大空竜人]は,その場を去ってしまう、 その次の日[竜島咲]は,毎日学校でいじめを受けていた、だが[大空竜人]が転校してきてまた助けてもらう、 [竜島咲]は,[大空竜人]の話で[竜剣士]と[魔物]の存在を知る アパートに帰るとそこにいたのは,

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:40分

    この作品を読む

  • 割れかけの翠瞳

    バケモノ、になりたいと思ったことない?

    100

    0


    2022年3月30日更新

    私はバケモノになったのか。――六月上旬、芦ケ谷高校二年生の霞に異変が起きた。 異変に戸惑う中、友人であり密かに恋心を寄せる芦川涼を成り行きで頼りにする様になり、ますます霞の中で恋が盛り上がっていく。 だが、ある事件をきっかけに「ガーデン」で働き始めると、次第に彼の言動に疑問を感じ始める。一体、何を企んでいるのか。 疑惑が確信に変わる時、見えていなかった真実が霞の前に現れ始める。 ――ノイズが走る。 「なん☓、な☓で、☓が――」 「理由☓ん☓無い☓、☓だ退屈だ☓た☓」 ☓の周囲に渦向く様にして黒い羽が舞い、視界が埋まっていく。 最期に見えたのは、空中で怪しく光り、涙を零す☓☓☓☓☓☓☓☓☓の瞳だった。 この作品は、小説家になろう・pixiv・アルファポリス・カクヨム・エブリスタ・ノベルアップ+・Fantia・ソナーズ・魔法のiらんど・野いちご・ベリーズカフェにも投稿しています。 ◯Twitterタグ イラスト→#葵の世界 作品の感想など→#葵の足跡 ◯投稿日時 投稿曜日→水・金・日 投稿時間→18:30 ※評価・感想等して頂けると、作者が泣いて喜びます

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • ここだけの話、大聖女になりたすぎて勇者の子どもを産んでしまいました

    シークレットベビー系、聖女と勇者の結婚譚

    49,900

    0


    2022年3月29日更新

    侯爵令嬢にして聖女であるレイティア・ミルフェンには、一つの許されざる罪がある。それは、大聖女になりたいがあまり、ある男性に媚薬を盛って強引に関係を持ち、彼の子どもを身ごもってしまったということだ。 レイティアは南部地域で一番優秀な聖女として知られ、自他ともに認める次代の大聖女候補であった。その強すぎるほどに強いプライドを持って、自分の優秀さを見せつけてやろうと王都に乗り込んできた彼女を待ち受けていたのは、この世には自分よりも優秀な聖女がたくさんいるという受け入れがたい現実。それでも腐らずに必死に努力を重ね、何とか他の聖女たちを追い抜こうと頑張った。だが、南部地域ではトップの魔力量を保有していてもここではその程度の実力者はざらにいて、レイティアはいつまで経ってもその他大勢の聖女の中の一人という立場から抜け出せなかった。 そんな折だ。現任の大聖女であるエクセラが話しかけてきたのは。彼女曰く、聖女は魔力の強い男性の子どもを産めば魔力量を上げることが出来るのだという。悪魔の囁きのようなそれを、平常であったなら笑って受け流せたかもしれない。しかし、精神的に追い詰められていたレイティアは、藁をも掴む思いで彼女の言葉に縋った。 レイティアが狙いを定めたのは、王弟殿下にして水の勇者であるアルファ・リルタージュ。国内で三本の指に入る高い魔力を持つ彼は、王都暮らしに適応できずにいたレイティアを気遣ってくれた人だった。彼の優しさにつけこむようにして、レイティアは媚薬を使って彼と関係を持ち、やがてその一度の交わりで身ごもったことが分かる。だが、そこで胸の中に去来したのは喜びよりもとんでもないことをしてしまったという罪悪感だった。 妊娠を誰にも告げることなく、レイティアは王都での職を辞し、密かに実家へと戻って息子を出産した。そして、贖罪の気持ちを込めて聖女の仕事の中でも危険なものを率先して請け負うようになる。 このまま母子で静かに暮らしていこう。そう思っていたレイティアのもとに、思いも寄らない知らせが舞い込む。未婚で父の知れない子を育てている状態の自分のもとに、子連れでも構わないと縁談が来たというのだ。 しかも、その相手の名を見て驚愕する。名乗りを上げたのは、他でもないあのアルファ。一体、何が起こっているの――?

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間0分

    この作品を読む

  • 碧き魔女

    応援よろしくお願します

    1,200

    0


    2022年3月28日更新

    少女クロエは12歳で前世の記憶が蘇った。自分は黒髪と魔力無しと言うだけでついには家から追放。しかし少女クロエはとんでもない力を周りから隠していた。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 魔石で女戦士や女騎士を召喚しまくって、最強の王国を目指します!

    更新は芋虫速度です

    1,700

    0


    2022年3月27日更新

    ――――星空石(せいくうせき)別名魔石。それは星の女神が作った魔法の石。慈愛と幸運が込められたその石はまさに神からの贈り物とも言えるだろう。 その星空石は本来、選ばれし勇者に渡る物だった。 だが、星の女神が誤って手を滑らせ、地上へ落としてしまった。天空から落ちる星空石はまるで流星のように夜空を進み、そして、アトラス大陸の各地へと流れ落ちた――――― 「運命によって選ばれし者よ、星の輝き、空の光を手にせよ。汝の真の名を明かし、ここに唱えよ。さすれば、汝が求めに答えるだろう」 ========================================= 物語の主人公カイトは幼い頃、父が魔物によって殺されてしまう。母と二人で、生活することになる。 世界は残酷だった。神はこの少年に慈悲を与えなかった。唯一肉親だった母も流行病によって失ってしまうのである。 カイトは一人になった。自分の運命を。自分の無力さを。自分の弱さを思い知らされた。 カイトは父方の伯父に引き取られ、なんとか生活し残酷な世界を懸命に生き抜いていった。 大きくなったカイトは一人暮らしを始め、農業で生計を立てていたこと、運命的な出来事が起きる。 死んだ母を訪ねて来た謎の男が幼い頃によく母が言っていた「星空石」が実際に存在する、と言うのだ。 そして、死んだ母は有名な冒険家だったと明かす。 男はカイトに母に代わりに星空石を探して欲しい、と依頼してくる。カイトはその依頼を受け、星空石を探す旅に出るのであった。 カイトは小さなころからある野望を抱いていた。それは一国の王となることーーー王道ファンタジーがここに始まる!!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間14分

    この作品を読む

  • サラリーマン符術士~試験課の慌ただしい日々~

    良い護符ってのは、量産できる護符だ。

    104,640

    0


    2022年3月25日更新

    異世界から侵攻してくる『魔物』の脅威に脅かされる日本。 既存の兵器が通用せず、魔法を行使することも出来ない地球人たちは、超自然の力を紙に記して行使する『護符』を生み出し対抗していた。 効果の高い護符や汎用性の高い護符はすぐさま量産されて世に出回るため、より売れる護符を開発しようと護符をデザインする『工房』が国内に乱立。 それぞれの工房はある時は互いに協力し、ある時は相手を出し抜きながら、工房存続とシェア獲得のためにしのぎを削っていた。 そんな日々が続く2019年4月。東京都練馬区の小さな工房『護符工房アルテスタ』に、一人の新入社員が入社してくる―― ●コンテスト・小説大賞選考結果記録 HJ小説大賞2020後期一次選考通過 ※カクヨム様、アルファポリス様、小説家になろう様、エブリスタ様にも並行して投稿しています。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054889891122 https://www.alphapolis.co.jp/novel/103558036/962269467 https://ncode.syosetu.com/n3299gc/ https://estar.jp/novels/25628437

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間59分

    この作品を読む

  • 魔王の元側近、弱小国で教職に就く

    これは魔物が、まだ人間の敵だった頃のお話

    28,200

    0


    2022年3月16日更新

    鬼哭王ローデヴェイグが魔王として魔物の頂点に立ち、人間の冒険者と血で血を洗う争いを繰り広げる世界トゥット。 前魔王の時代から側近として魔王に仕えていた、『竜頭の翁』の異名を持つ老竜ラドバウトは、ある日突然ローデヴェイグから側近職の解雇、魔王軍からの追放を告げられた。 聞けば、年老いて力も衰えた彼を排除し、新たな側近と共に組織の立て直しを図るためとのこと。 命だけは救われたものの、部下も肩書きも全て奪われたラドバウトは、自分を慕ってついてきた一兵卒のフレイクを伴って魔王城を離れ、あてのない旅に出た。 失意に沈みながら旅立つ中、ラドバウトはホッジ公国の勇者カリストと出会う。勇者としては随分とお粗末な実力の彼を見て、ラドバウトはいてもたってもいられずに彼に稽古をつける。 実はラドバウトは本人の実力こそそれなりであるものの、他人を教え育て、実力を開花させることにかけては超一流の腕の持ち主なのだ。 あっさり才能を開花させたカリストと共に、ラドバウトとフレイクはホッジ公国へ向かう。そして彼は打倒鬼哭王を掲げ、同国に冒険者のための学校を建てるのだった。 隠居同然の老竜が人間に与して冒険者の卵を教え育て、一流の冒険者に仕立て上げて自身を切り捨てた魔王への復讐を誓う! ●コンテスト・小説大賞選考結果記録 エブリスタ様 新星ファンタジーコンテスト「追放/下剋上」 佳作 ※アルファポリス様、カクヨム様、エブリスタ様にも掲載しています。 https://www.alphapolis.co.jp/novel/103558036/9470630 https://kakuyomu.jp/works/16816700428098389001 https://estar.jp/novels/25888751

    読了目安時間:2時間54分

    この作品を読む

  • ユートピアの採択

    転生後、魔法はないので、地道に守衛します

    1,000

    0


    2022年3月13日更新

    転生後、言葉の通じない異世界で孤独に苛む献一(けんいち) 生前の社会とは異なる田舎の生活の中で、少しずつ自分の居場所を見つけ、やがてその村を守りたいと思うようになっていく―― ※魔法、チートスキルはありません ※守衛となり地道に村人の信用を得ていくお話です ※小説家になろうにも掲載しています https://ncode.syosetu.com/n3471hl/

    読了目安時間:1時間6分

    この作品を読む

  • 「ふう……。今日も平和だな~」 私はそう呟きつつ、森を眺める。 ここは世界最果ての秘境。 獰猛な魔物が出るけど、私は強いから大丈夫。 私からすれば、ただのおいしいお肉だ。 「よーし、今日は狩りに行こっかな」 そんなことを考えていると……。 「きゃあああっ!」 不意に悲鳴が聞こえた。 この森には滅多に人は来ないんだけど……珍しいこともあるんだなぁ。 とりあえず、助けに行こうかな。 私は声がした方に駆け出す。 「ゴアアアッ!!」 そこには巨大なクマがいた。 「いやあああっ! 誰かっ! 助けてえええっ!!」 へたり込んだ少女が泣き叫んでいる。 その手に握られている剣は、中ほどから折れていた。 クマと戦ったときに折れたみたいだね。 「あなた、下がってなさい。私が倒すから」 私は少女の前に立って、剣を構える。 「あ、あなたはっ!?」 「私? 私は通りすがりの隠居人だよ。サクッと片付けるから、気にしないで」 「む、無理ですよぉ……。ブラッディベアーを倒すなんて……」 少女が絶望的な表情を浮かべる。 確かにブラッディベアーはそれなりに強い魔物とされている。 そこらの兵士や冒険者なら勝てる見込みはないかもだけど……。 「大丈夫。任せておいて」 私は自信満々に答える。 「あああ……。もうおしまいですぅ……。剣聖様にお会いする前にこんな魔物と出くわすなんてぇ……」 少女が泣き言をこぼす。 そんなことを言っている間にも、クマがこちらに狙いを定めている。 「グオオオッ!」 そして、私に向かって突進してきたのだった。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • シンパティック・シンフォニア~新米魔術士の少年が様々な人と出逢い共感し、少しずつ強くなる物語~

    これは少年が、世界と共鳴する物語。

    2,000

    0


    2022年3月4日更新

    人間の中に在る魔核という内臓。 色もサイズも十人十色なそれは、一定のサイズを超えると『魔力』と呼ばれる魔術を使うための特殊な力を生成する。 世の人間の半数以上は魔力を生成するサイズの魔核を持たず、また持っていたとしても魔術を鍛える者は多くない。 それ故、魔術という力を持つ者は『危険な者』として忌避される風潮にあった。 その中でも大きな魔核を所有して、有り余る魔力に髪と瞳を染め上げられた俗に『マガツメ』と呼ばれる者達は、化け物として強い差別を受ける傾向にあった。 ‪──‬少年錐川玲芽も、そのマガツメの一人。 幼少の頃に受けた手酷い差別から、玲芽は魔力を持たぬ者を『人間』とカテゴライズして憎しみを抱くという歪んだ思想を抱いていた。 魔術を用いた犯罪の取り締まりや未知の敵『魔獣』の討伐を目的とした魔術士の組織、MAOに所属しながら、玲芽はその心を閉ざして憎しみを募らせていた。 だがそんな彼の心は、一人の少女との出逢いによって解かされていく‪──‬。 一人の少年が世界へと歩み寄って行く、魔法系現代バトルファンタジー。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間4分

    この作品を読む