魔獣

検索結果:4件

  • 魔法+天使+魔獣の異世界ファンタジー

    ♡38,720

    〇1,300

    異世界ファンタジー・連載中・90話 春乃紅葉

    2019年8月18日更新

    天使の祝福を受け、自然と魔法が溢れる国、イリュジオン王国。その最西端の島で暮らす主人公カシミルド=ファタリテは、王国最強と謳われる黒の召喚士の一人として生まれるが、魔法が使えず日々孤独な修行を続けてきた。 そんなある日、一匹の魔獣、メイ子のお願いによって、田舎者の彼がついに王都へと旅立つこととなる(強行突破?)。 魔法の魔の字も知らない彼が、召喚魔法に目覚め、四大魔法を無意識に扱い、出会った幼馴染や、眼鏡っ娘や王女様、王子様などなどと絡みつつ、マイペースにメイ子のお願いを叶えるために奮闘する。 そして一仕事終え、里へ帰ろうとしたカシミルドは、ひょんな事から人と魔獣の因縁の争いに巻き込まれていく……。 何もできない自分を変えたくて、誰かの為に何かできたら……自身の運命に翻弄されながらも、前へ進んでいくカシミルドの成長物語! シスコンで小動物好きで甘党な主人公+俺様系の鳥?+白い毛玉の魔獣+ブラコンお姉様+人間嫌いの人魚+優しくて強がりな幼馴染+今のところ高笑いのイメージしかない銀髪の女性+その銀髪の女性の従順な部下+優しい魔獣のお姉さん+捨て猫の様な赤毛の子+褐色白髪幼女+精霊フェチの眼鏡っ子+俺様貴族の少年+お料理好きの王女様+ストーカー気味な?王子様+雑貨屋の大人の御姉様+実体の無い少女+氷付けのご先祖様 が登場します。 キャラがお話に登場したら、あらすじに足していきたいと思います。忘れられているキャラがいましたら、教えて下さい。 よろしくお願いします。 小説家になろう、アルファポリスでも投稿しています。 カクヨムにも、少しずつ投稿してます。

  • 異世界内で生き返り、転移する話

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・1話 高持 翔斗

    2019年8月18日更新

    魔獣と呼ばれる生物が存在する世界で暮らす少年・下北尊。彼は不幸にも村の近くの山で地面の崩落に巻き込まれて死んでしまった。だが『人間も魔獣も嫌いな』魔獣ニグウェルに「俺の力を貸してやるから《魔獣使いの王》になれ」と生き返らせられ、見知らぬ土地に転送される。 これは魔獣と縁もゆかりもなかった尊が、最強魔獣の力で無双する物語である……はずだったのだが。 「ちょっと待て。何勝手に他の土地に連れてきてるんだ!?」 「さっき言った通りだ。生き返らせたんだから良いだろう」 「良くないって! お前の頼みなんか聞かない」 「なら、月にでも送ってやる」 「……何でも聞きます」 これは見知らぬ土地に飛ばされた尊が、最強魔獣に脅迫されて無双させられるも、次第に成長していく物語である。 ※小説家になろうにも掲載しています。

  • チートもレベルも無い!死ぬか、生きるか。

    ♡15,483

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・65話 佐都

    2019年8月15日更新

    兵士見習いのフィズに、突然神託が下る。 「邪神が現れたから、倒しに行け」 突然そんな事を言われても困る! え? 勇者は他にもいる? 良かった―― じゃなくて! 三人の勇者の内、一人が兵士見習いってどうなの!? 最初は弱い魔物と戦ってレベルを上げる? スキル取得? チート? 何かな、それ? 強い魔法は出し惜しみしないし、変な情けなんて掛けてたらこっちが殺されちゃうよ! 神とは? ヒトとは? この世界とは? 私達は、一体何の為に生まれて来たっていうの!? ※小説家になろうさんでも公開しています。

  • 面白いと思ったらブクマなどよろしく!

    ♡0

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・1話 鮫紙大使

    2019年7月17日更新

    2500年、現代の世界は宇宙に住む魔物や魔獣により、人類は領土を奪われていった。 敵は魔法を使い、人類は魔法を使うことが出来ない。 そして、人類は何億人もの犠牲者を出してやっとの思いで島国に逃げてきた。 魔物や魔獣達は、領土広げていき人類はあの魔法というものをなんとか使えないか何人もの子供を実験に使いやっとの思いで作りあげた。 それが、「魔導剣士」 魔導剣士は、魔物や魔獣達と同じ魔法を使い人類は領土を広げていった。 しかし、魔物や魔獣は死んだ人を魔人として蘇らせて使い捨ての駒のように魔人と人類を戦わせた。 そこに現れた、才能ある魔導剣士がいた。 その魔導剣士達は、魔人達を一瞬で倒し成仏した。 そして、宇宙の魔物や魔獣達もその才能ある魔導剣士達により、領土を取られていった。 そして、その魔導剣士の存在により魔物や魔獣達の進行を阻んだ。 魔物や魔獣達は、その魔導剣士達をこう呼んだ。 「十皇帝」と・・・ 十皇帝とは、最強の才能ある十人の魔導剣士のことで、魔物や魔獣達は十皇帝を恐れていた。