魔術

検索結果:16件

  • 七つの大罪×魔術×実力者な主人公の物語

    ★4,350

    異世界ファンタジー
    連載中 55話 / 2019年7月17日更新

    この世界に存在する七大迷宮の探索を主に目的としている最強冒険者パーティ『永遠の色調《カラーズ・ネスト》』はこの世界の創造神である女神に挑むも敗れ、更にはこれまでのダンジョン踏破の功績をなかったことにされる。その直前に所属メンバーの少女を失った事もあり失意に暮れたままパーティから無属性魔術師エーヤ・クリアノートが去っておよそ三年。エーヤは【エリディアル王国】を拠点として活動していた。 その出来事以来ダンジョン探索を避けていたが、ある日相棒である契約精霊リルからダンジョン探索を提案される。渋々ダンジョンを探索しているとたった一人で魔物を相手にしている美少女と出会う。その少女にはある目的があって―――。 個の色を持たない「無」属性魔術師。されど「万能の力」と定義し無限の可能性を創造するその魔術は彼だけにしか扱えない。実力者でありながら凡人だと自称する青年は唯一無二の無属性の力と仲間の想いを胸に再び戦場へと身を投げ出す。 ぜひ気軽にスタンプやコメントなど放り込んで下さい! 第一章完結しました。

  • できたのは、全員男の魔術戦隊!?

    ★900

    SF
    連載中 10話 / 2019年7月16日更新

    ────その日俺は、輝く目を見た。 21世紀に起こった、魔術と科学の戦争「S・S大戦」から100年。旧・日本は科学が支配し、魔術と対立を深めていた。 ある日、少年「カガリ」は科学軍に捉えられそうなところを、隻眼の魔術師「ライチ」に助けられる。カガリは魔術にも科学にも属さない「無個性」であったため、ライチの魔術に感激し弟子入りを志願する。ライチはしぶしぶ承諾し、ある条件を提示した。 「なら、あと仲間が3人欲しい。俺は科学軍を止めなければいけない」 こうしてカガリとライチの「打倒、科学軍への道」は始まった。あと3人仲間を集めて、科学を倒すぞ!

  • 英雄達が眠る地で起こる新たな戦乱

    ★3,150

    異世界ファンタジー
    連載中 10話 / 2019年7月15日更新

    幻に遊ぶ人々、束の間の幻に夢を見る。その眼前には久しくなかった輝き。厚き雲が避け、一条の陽が差し込んでいた。 麗しかった大地は魔が支配し、亡者が闊歩している。長き夜を嘆く人は光に祈った。 ――ああ、我らを救い給え。 その祈りに応えしは、天界の七神。すなわち、光、星、月、風、雷、炎、水の神。神々は人に聖なる力を授けた。聖戦士の誕生である。 希望の灯は魔を退ける。そして、再び大地は輝きに満ちるようになったのである。 ~『幻遊戦争記』より~ 人と魔が争った幻遊戦争より二百余年、平穏に慣れたアルシリア大陸に再び不穏な空気が満ち始める。 そんな中、ヴェレリア王国の若き士官候補生シルクは己の理想と目の前の現実の違いに決断を迫られていた。

  • 異世界ファンタジー
    連載中 23話 / 2019年7月15日更新

    神からの召喚により転移してきた転移者のおっさんな俺。 何も知らない俺は何も持たないまま奇跡的に神と会うことができた。 神によれば、転移者にはもれなくスキルが与えられると言う。 死にそうな目に遭い、すぐにでもスキルを受け取りたいのに一年後になると言われる。 神からの提案で、スキルの代わりとして俺を守らせる為に、少女を押し付けてきた。 どうせなら嫁にしておけと与えられるが……。 一年後、俺はスキルを取るべきなのか、嫁(仮)を取るべきなのか。 魔術を使えないおっさんが、嫁(仮)を押し付けられて振り回される物語。 小説家になろうにも公開中です。 ※コメントまたはブックマーク、フォローをしていただけると、とても励みになります。

  • 選ばれし英雄たちが波乱を起こす物語

    ★910

    異世界ファンタジー
    完結済 77話 / 2019年7月13日更新

    主人公は神によって、異世界へと召喚された。 その世界には英雄と呼ばれている特殊な力があり、それに選ばれることになる。 英雄には奇跡‐フィデス‐と呼ばれる力が使え、それに加え、心を武器に変換できる異能力を授かる。 同じように選ばれた6人の英雄たちと共に冒険をしていく中、昔存在したという五大英雄たちが残した因縁に巻き込まれていくことになる。

  • 初めての投稿となります

    ★100

    異世界ファンタジー
    連載中 3話 / 2019年7月13日更新

    東西南北に国がそれぞれ別れており、東はガルド帝国。西はラテス王国、北はクレイシド北国。そして南は シーラレスト南国となっている。 いずれも、4人の勇者が魔王に勝った後創成されたものだ。 そこで、また次の魔王、邪神等の災厄を迎え撃つべく「育成」と評した魔法学院をそれぞれの国に設立され た。 ――――――――――――――――――――――――― ガルド帝国第一魔法学院 ※東国であるガルド国が国で設立されたもの。 男女混同の共学で、未来の魔法士を育成してる。魔術競技祭では、最下位(4位)を取り続けているため「最弱校」と揶揄されている ラテス王国第二魔法学院 ※西国であるラテス国が国で設立されたもの。 強豪校と云われ、魔術競技祭では連勝を続けている。 シーラレスト東国第三魔法学院 ※ラテス王国に次ぐ強豪校で、毎回2校(ラテスとシーラレスト)で順位を争っている。しかもシーラレスト東国第三魔法学院には「王族」との関わりがあり、そこから派遣された先鋭によって学ばれている。 クレイシド北国第四女子魔法学院 ※この中で唯一の女子高である。しかし、厳しすぎる校則さ故に、周りの高校(1〜3)との関わりが少なく様々な噂をされているが実際の所はよく知られていない。 ――――――――――――――――――――――――― そんな、落ちぶれた学院――ガルド帝国第一魔法学院に首席で入学した二人。 一人は容姿端麗な、姿を持つレスティア=パルド=ロンデウス。 そしてもう一人は、洗礼された肉体を持っている クロネス=バルティーレだ。 これにて、幕が上がる

  • 心に灯る恋の炎、陽炎に映る想いは誰が為に

    ★1,150

    現代ファンタジー
    連載中 9話 / 2019年7月12日更新

    若干不良の中学一年生の少年『火暮融』は、幼い頃に行方不明になった兄に似た同級生であり親友である『湶木アキラ』に恋をしていた。 噂好きのアキラが言った「最近人喰いの怪物が人を襲っている」という言葉を話半分に聞き流し、学校からの帰り道に灰の体を持つ怪人『マリアゾーン』に襲われる。 そこに現れた謎の少女に「魔法少女になって戦え」と言われ無視して逃げようとするも兄のことを知っている風な少女の言葉がひっかかり引けなくなった融はキレキレの変身ポーズと共に咄嗟に「変身っ!!」と叫んでしまい、魔法少女になってしまう。 特撮オタクの少女や、執拗に融に交際を迫る美少年と共に凶悪な人喰い怪人と戦う、いなくなった兄を探す為に。 ※少年同士の同性愛的描写があります。

  • 彼は木刀を持つ現代の侍?否、陰陽術師だ

    ★450

    現代ファンタジー
    連載中 14話 / 2019年7月9日更新

    阿島誠也は陰陽術師である。 彼は陰陽術師でありながら、木刀がなければまともに術を扱うことが出来ない。 逆を言えば、それさえ使えれば悪霊であれ魍魎であれ倒せる。それが裏の日常。 しかし、そんな彼もまだ学生の歳であるため学園に通っている。 友人もいる。それが表の日常。 表と裏の日常を行ったり来たりすることが彼の生活だった。 そんなある日、一人の少女が学園に現れる。 彼女もまた陰陽術師。そして、彼女から最初に向けられたのは明確な殺意。 相対するその少女との出会い。それは彼の運命を変える出会いだった。

  • 目を覚ますと、そこは迷宮だった。

    ★500

    異世界ファンタジー
    連載中 10話 / 2019年7月3日更新

    甘利唯人:先輩。なぜか怖がられがち。後輩の隣以外は息苦しい。 渡会縁 :特殊な体質の後輩。先輩の隣が一番安心できる。 そんな二人が異世界に迷い込んで、いきなり迷宮で目を覚ましたり、一応帰還を目指しながら各地を転々と旅したりする話。 2019 6/8 ジャンル別日間72位 ※この作品はカクヨム様にも掲載しています。

  • 六度目の転校先で再び事件に巻き込まれる。

    ★3,350

    異世界ファンタジー
    連載中 13話 / 2019年7月3日更新

    「またやっちゃったね」 少女はトロールの死骸でできた山の上で呟いた。 少女とは腐れ縁である。五度目の転校先でも偶然再会し、またこうして問題を起こしている。 そうしてまた二人はそろって退学となってしまった。 だが二人にはどうしでも魔法学校を卒業したい理由がある。 次の学校では再会しませんように。 次の学校でこそ、ちゃんと卒業できますように。 祈るような気持ちで、二人は学校を後にする。 これはやっかいごとに巻き込まれやすい腐れ縁の二人組が、穏やかな学生生活を渇望する物語である。

  • 他サイトでも投稿させてもらっています

    ★100

    異世界ファンタジー
    連載中 2話 / 2019年6月29日更新

    桜間 弥勒(おうま みろく)は満開になった自宅の桜の下で、毎年恒例の1人花見をしているとグラスに桜の蕾が入っていることに気が付いた。 縁起が良いのか? と思いながら残った酒と共に飲み干すと、眩暈を起してしまった。 とっさに体を支えようとして、桜に手をつこうとするが、なんと弥勒はそのまま桜に吸い込まれてしまった。 気が付くとそこは森の中、行く当てもなく彷徨っているときに見たこともない獣に襲われる。 そこに現れたのが、ファンタジーでよく見るような耳の長い人間。 彼女は自らを『エルフ』と名乗った。 『カルディア』という異世界に転移してしまった弥勒が、元の世界に戻る手がかりを探すため、世界を巡る旅に出る。 そんな物語です。 更新頻度は週に1度程を予定していますが、仕事の都合などで隔週での更新になる事もあります。

  • 少女アリスと使い魔オッドの物語

    ★4,930

    異世界ファンタジー
    完結済 13話 / 2019年6月26日更新

    忘却の森に、アリスという名の一人の少女と、オッドという一匹の猫が住んでいた。森は魔術師であり魔力の強大な彼女を他の者から守るために作られたものだった。 ある日ビルという一人の少年が森の狼に襲われているところを助けたアリスは、少年から「母ちゃんの病気を治してほしい」と頼まれる。忘却の森には魔女が住んでいて、命と引き換えにどんな願い事でも叶えてくれるという話が村に伝わっているためだった……

  • 異世界ファンタジー
    連載中 22話 / 2019年6月23日更新

    模倣によって人間を喰らう『ドッペルゲンガー』の犯行により、精神を壊される被害者が出ていた。 事件の解決を命じられた青年ディフレは、犯人の正体を暴くべく捜索を開始する。 犯行現場を調査し、被害者のもとを訪ね、犯人の人格をひもといてゆく。 しかし加害者の後ろ姿は朧気なまま。 不明瞭な動機。不透明な動向。不鮮明な動態。 なぜ模倣をするのか──その原因、起因が一向に視えてこない。 それでもなお夜へ進み、より深く加害者に触れ、 その先にあった“彼女”の真相とは──。 / これは憂鬱だった物語。

  • 不思議はたくさん、奇妙はかくさん。

    ★0

    現代ファンタジー
    連載中 7話 / 2019年6月23日更新

    『怪』なるものの専門――――百怪対策室。この場所にはいつだって奇妙で奇天烈でしょうもない事件が舞い込んでくる。 そんな場所で助手をやっている空木コダマ。彼の前に現れた少女――笠酒寄ミサキ。 彼女に憑いた呪いとは? 怪奇・怪談・怪現象。怪人・怪物・怪事件。『怪』なるものならお任せを。 現代と魔術が混じり込む、青春エンタメ!

  • ある魔術師の物語

    ★5,870

    異世界ファンタジー
    完結済 36話 / 2019年6月13日更新

    チャールズ・ルイス・ギィはスィーネッグ魔術学院の特別研究員だった。彼は貴族と奴隷との間に生まれた忌み子であり、しかし強大な基礎魔力を持っていた彼の為に亡き父の友人マァ侯爵が創設したのがその魔術学院だった。 ある日ルイスの研究室にジャックという学生が訪れる。彼は召喚魔術の研究の為に、ルイスの協力を必要としていたのだ。ルイスは学会資料作成の手伝いを条件に、その協力要請を受けるのだった。

  • のんびり書いてゆきます。

    ★250

    異世界ファンタジー
    連載中 1話 / 2019年6月1日更新

    とある魔術師の弟子でまだ見習いの立場のリーリエ。ある日突然、帝国皇帝から魔術師団の建て直しを命じられ、迎えにきた騎士とともに城へと向かう。 これは、見習い魔術師による新たな帝国魔術師団設立と、彼女を取り巻く城の人々との交流記録である。