魔術

検索結果:139件

  • これは、魔術と叡智をめぐる冒険譚。

    ♡700

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・7話・19,318字 ぱーぷりメノウ

    2021年1月20日更新

    この世界には魔術が存在する。それは遥か昔、人間の手によって発見された世界の秘密にして奇跡。 魔術とは、人間という存在を格段に飛躍させ、これまでの生物としての枠から逸脱した「完全な生命体」にすべく人類を導くもの。 そして、魔術の最高到達点。人類が完全な生命となることを幾千年もの間阻み続ける、神域の魔術にして最後の門番。 人類はそれを、「叡智」と呼んだ。 世界を震撼させた第三次魔術大戦から1年がたち、世界に平穏が戻り始めた頃、未だに深く戦争の爪痕残るラディスラヴィア連邦国に若き軍人ユート・サングレイスは極秘任務の遂行の為に降り立った。派遣目的はとある女性、シルヴィア・ベアトリクスをユートの母国であるモルトリピア帝国に護送することだった。一見するとただの護送任務であるため、こんな任務を極秘任務と呼ぶことを大袈裟に感じるユートだが、彼女と出会うことにより二人はこれまでの世界の常識を根底から覆すほどのかつてない、騒乱の渦に巻き込まれていく…相反する二人の「叡智」をめぐる魔術戦闘冒険譚、開幕。 初投稿です。優しい目で見てやってください。更新は不定期になりそうですが、末永くよろしくお願いいたします。 ※アルファポリス様とカクヨム様でも連載中です。 twitter @pa_puri_Menow86

  • 資金難の主人公がお金を稼ぐ話です。

    ♡6,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・128話・502,975字 山のタル

    2021年1月20日更新

    広大な大陸の中央には、大陸を東西に分断するように高く聳える『ディヴィデ大山脈』という大きな山脈がある。その山脈の東側の麓に、深い緑の森が広がっている場所があった。 人が寄り付かない程に暗く深い森の中に、人知れず建つ一軒の屋敷があった。 名も無きその屋敷では、屋敷の主で“錬金術”と呼ぶ術を研究している『セレスティア』と、セレスティアの屋敷に居候して“魔術”の研究をする『ミューダ』、その二人を日々支える五人の使用人達が静かに暮していた。 日夜各々の研究に没頭する毎日を送っていたセレスティアとミューダだったが、ある日屋敷の資金が底を尽きそうになっている事が発覚する。 「「このままじゃ、研究を続けられなくなる!!」」 研究一筋のセレスティアとミューダは、自分たちの研究を続ける為の資金稼ぎを決意する。そして経済の中心地と言われる『貿易都市』に、資金稼ぎの方法を探しに行くことになる。 しかし、その行動が切っ掛けになったかのように、世界は大きく変動し始めることになるのであった。 ※R-15は保険用です。 ※小説家になろうで投稿していた作品です。こちらでも投稿することにいたしました。

  • 放置された婿殿

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・23話・70,336字 ポリ外丸

    2021年1月20日更新

    伯爵家の3男であるジルベルト。兄2人は父の仕事を手伝う優秀な兄弟として知られているが、末っ子のジルベルトは何もせずダラダラ過ごしているとして知られていた。そんな息子に堪忍袋の緒が切れた父は、婿として他家へと追い出すことにした。送り出されたのは赤字領地として有名な家。仕方なく婿入りした結婚相手には、偽装結婚だと言われて完全放置。邸で好きにしろと言われたジルベルトは、その言葉通り好きにすることにした。閑却(放置)された婿殿と、必死に領地を守ろうとする奥さんの話。 R15 残酷な描写あり 男主人公 魔術 剣 放置 ハッピーエンド 貴族 政略結婚 仮面夫婦 魔物 赤字領地 ファンタジー 夫婦 執事 冒険者 最強

  • 初心者なので、優しい目でm(_ _)m

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・25話・37,032字 ミカンのみ

    2021年1月20日更新

    主人公イグゼル=ヴァルトベルクは、最強種族である鬼神族の生き残りである。 10年前、魔王グーゼンベルクによってイグゼルは操られ、鬼神族の街は壊滅させられた。その憎しみから魔王を殺すために東に行くほど凶悪な種族が住む大陸の極東にある魔王城に行くため旅をした。 その道中に現れたのは、特殊な術、精霊の力を宿した少女エレナ=エンシャルと出会い、一緒に旅にでかけることになる。しかし、その道中に様々な出来事が…… ※主は小説初心者です。暖かい目で見てくださいm(_ _)m 誤字、脱字などがあればコメントなどで教えてもらえたら嬉しいです。 面白い、続きが見たいと思えば、お気に入り、感想をお願いします。主のやる気が上がります

  • 2021年1月20日更新

    自称「三流開拓者」ドゥーン・ザッハークは、魔獣大陸「アムド」において、あらゆる裏方仕事に精通し、ギルドに貢献していたが、ある日突然セクハラ疑惑をかけられてしまう。 それによって、魔獣討伐の最精鋭が集まるギルド「暮れずの黄昏」を追放されたドゥーンは、妹と共にギルド「明けずの暁」を立ち上げ、再起を図る。 一方、ドゥーンを追放すべく、「暮れずの黄昏」のギルドマスター・トワイライトをそそのかした有翼の麗人・マティーファは、ギルドの実権を手にするため走り回るが、その先々で付き纏うのは、無能と見下していたはずのドゥーンの影だった。 そうしてもたつき、苛立ちを重ねるマティーファと、ドゥーンのいない「暮れずの黄昏」が、もはや第一線で活躍できる地力を保てなくなっていることを悟るトワイライト。 「暮れずの黄昏」は没落し、映えある最前線から退く羽目になった一方、「明けずの暁」は、ドゥーンの活躍(脅迫・賄賂・力づく)によって地位を上げていく。 こうしてドゥーンとトワイライトが率いる両ギルドは、下剋上を夢見る海千山千のギルドたちに仲間入りし、図らずも幾度となく衝突を繰り返す間柄となっていく。 しかし、ドゥーンとトワイライトのふたりは、気づいていなかった。 100年もの長きにわたり、魔獣が跋扈し続けた大陸が、今、過去最大の過渡期を迎えつつあることを──。

  • 魔王が勇者を返り討ちにした世界で。

    ♡3,900

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・92話・384,808字 Planet_Rana

    2021年1月20日更新

    金糸のような髪に琥珀の瞳。 私の人生に影響した出来事は数多いけれど、彼との出会いは最悪だったと胸を張って言える。 そう。あれはまだ私がいたいけな少女だった頃――去った戦争で母国を失った私は、七年弱という長いサバイバル生活を経て家族ともども悪徳宗教にまんまと騙された挙句、なんの因果か人売りに攫われて競売にかけられる一歩手前まで追い詰められていたのだった――! (1章回想) 奴隷!? 好きでなりたい訳ないでしょうが! 何が何でもこの会場をぶっつぶ……いえ、抜け出して自由になってやる! 強欲なる勇者の書。 紫目の少女と強欲な針鼠が辿った後悔と希望の記録。 これは、勇者がいなくなった世界のお話だ。 素直じゃない少年少女が真っ直ぐ前を向く為の旅路だ。 失くした記憶と、過去の贖罪と、未来の因縁と。全てをない交ぜにしてページは進む。 そして、私を知っている彼の事を――私は、知らない。 1章:私と彼の最悪な馴れ初め 2章:浮島での就職活動 ※1 誤字報告など歓迎しています。にへっ(意味深な笑みを浮かべる)。 ※2 「カクヨム」「小説家になろう」でも投稿中の作品です。 ※3 1日1話のペースで、なるたけ早く他サイトに追いつくよう更新中!(2020.12.20.)。

  • 日に日に増す血の欲求と悪魔のゲーム。

    ♡15,600

    〇20

    現代/その他ファンタジー・連載中・146話・232,287字 影津

    2021年1月20日更新

    「そういえば、バレ君。君のその服についているものは何ですか? 血のように見えるのは気のせいでしょうか? 一体何の血なんでしょうね?」 両親を白髪の悪魔ジークに殺されたバレ・シューベルトは自らもジークの手にかかり傷を負っても簡単に治ってしまう不死身の身体になってしまう。バレは友人のグッデとともに自身の身に起きたことの真相を突き止め、両親を殺した敵のジークを探す旅に出る。 メフィスト賞応募作品「闇色の血」を改稿したものです。 この作品は「小説家になろう」 (https://ncode.syosetu.com/n3175go/)様にも掲載しております。

  • 記憶も家族も失ったら……貴方はどうする?

    ♡11,000

    〇110

    異世界ファンタジー・連載中・128話・380,499字 夏目 梓

    2021年1月19日更新

    少女は、記憶を失っていた。 クラリッサと呼ばれた少女は、とある事件が原因で記憶を失っていた。 事件の真相を明らかにし、記憶を取り戻すことを決意するクラリッサ。 しかし彼女を待っていたのは、周囲の貴族達からの奇異の目と、「あれがウルラの後継者……?」という謎の言葉だった。 事件の真相とは? 何故記憶を失ったのか? ウルラの後継者とは? 全ての謎が明らかになる時、少女は何を想うのか―― これは、記憶も家族も失った少女と、少女を取り巻く愛を巡る物語。

  • 魔術✕機械な肉食系(物理)ファンタジー

    ♡581,620

    〇3,109

    異世界ファンタジー・連載中・95話・340,667字 新藤悟

    2021年1月19日更新

    【大福餅さん(Twitter:@daih033)から主人公アーシェのイラストを頂きました。ありがとうございます<(_ _)>】 ――やはり魂は、腐っているほど美味い。 ヘルヴェティア王国で第十三警備隊長を務めるアーシェ・シェヴェロウスキー中尉。 見た目は子どもな彼女だが、軍の中尉という役職とは別の、もう一つの顔があった。 それは―― 見た目は子どもな少女(二十七歳)が自らに刻まれた「業」を武器に人間、そして神秘的存在「ミスティック」へ立ち向かっていく近代ヨーロッパに似た世界を舞台にした異世界ファンタジー。 果たして運命は彼女に味方するのか、それとも―― ※タイトル微変更(20/04/19)

  • 貴方にとって悪とはなんですか??

    ♡5,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・105話・205,365字 加東疵江

    2021年1月19日更新

    世界では、シド.ブレイク率いる聖という集団が世界で幅を利かせていた。主人公の桐生慎二は、聖と戦うことで世界の真理を見ることになる。

  • 10年の時を経て、帰郷した主人公の物語

    ♡72,750

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・23話・64,655字 月丘ちひろ

    2021年1月18日更新

    人間の脳にチップを埋め込むことで、魔力を知覚・使用できる技術が開発された時代。 野原暁は魔力の源である物質(新物質)のアレルギーを発症し、魔力が除外された街(保護区)に隔離され汚れ仕事をしていた。 そんなある日、暁は魔力開発の第一人者である宮内記から、新物質アレルギーの症状を劇的に改善する試験薬を条件つきで渡される。 その条件とは魔術開発特区に常駐し、宮内記の娘を護衛することだった。 ※画像はミカスケ先生のフリーイラストを使用しました!

  • 家庭教師と王子様の冒険ファンタジー!

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・1話・1,231字 三日月

    2021年1月17日更新

    王都アストラルの王子の家庭教師になったアルマーズは謎の奇襲にあい王子、アンリーシュ・トレスと共に逃げ延びた。襲った者についての情報を入手しながら、無事王都に戻れる日はやってくるのか?

  • 吸血鬼ヒロインが活躍する海外小説風作品

    ♡25,600

    〇400

    現代/その他ファンタジー・連載中・23話・55,146字 ジップ7894

    2021年1月16日更新

    かつて吸血鬼に噛まれ同族となってしまったミッシェル・ナイト。 彼女は吸血鬼の特殊能力を活かし150年以上を裏社会で生き延びていた。 報酬は吸血衝動の抑制と活動を維持する為の特殊な血清。 血清の供給を条件に彼女はコードネーム“レッドアイ”として謎の組織から下される様々な任務をこなしていくのだった…… エピソード1 『錬金術士と黄昏の自動人形』 ミッシェルはハイテク企業CGOの娘の護衛を依頼された。護衛チームと反発しながらも警備をするミッシェルだったが、謎の敵から襲撃を受けてしまう。敵は武装した自動人形オートマタの軍団とそれを操る錬金術師だった。 エピソード2 『ゴルイニチ13』 198☓年冷戦時代。ミッシェルはCIAからソビエト連邦の秘密都市からある人物を連れ出すよう依頼される。対象人物の元にたどり着いたミッシェルだったが、もうひとり別の人間も連れて行くように懇願されてしまう。同じ頃、秘密都市をソビエト軍が取り囲んでいた。〈現在執筆中〉

  • 一編の詩に神は宿っている

    ♡21,700

    〇620

    詩/短歌・連載中・5話・1,687字 文月伶架

    2021年1月15日更新

    詩人は簡単に言葉を信じない なぜなら芸術こそが真の言葉だと 信じて疑わないからである

  • 主人公、異世界のせいでまっすぐ帰れない

    ♡17,450

    〇55

    現代/その他ファンタジー・連載中・66話・274,173字 柊水仙

    2021年1月11日更新

    ある時から変な空間に入ってしまうようになった私。そこで私の好きな人が変な熊と鳥を剣で斬るのを目撃したけれど、なぜだか彼は銀髪だったし、遅れて現れた同級生の美少女も髪が真っ赤だった。私はその後、神社で声をかけてきた自称付喪神的な何かの短刀さんから、変な空間は別の世界から侵入してきたものを閉じ込めるためのものだと聞かされる。そして短刀さんの持ち主になって、さらには別の世界と関わる組織の一員にもなり、別の世界の人やその世界の血を引く人と知り合った。人が魔力を持つ世界から強引にやってくる魔獣という生き物もどきや迷惑な人たちとの戦いに協力するけれど、それでも銀髪の彼のことはいまいちわからない。彼は何者なんだろう。――――美女の先輩(と美男子の先輩)と同学年の美少女三人とかわいい後輩とよく一緒にいる少年。そんな彼のことが好きな、とある同級生の物語。 ※小説家になろうにも投稿しています。

  • 異世界学園物です

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・68話・205,338字 ポリ外丸

    2021年1月11日更新

    高等魔術学園に入学した主人公の新田伸。彼は大人しく高校生活を送りたいのに、友人たちが問題を持ち込んでくる。嫌々ながら巻き込まれつつ、彼は徹底的に目立たないようにやり過ごそうとする。例え相手が高校最強と呼ばれる人間だろうと、やり過ごす自信が彼にはあった。何故なら、彼こそが世界最強の魔術使いなのだから……。最強の魔術使いの高校生が、平穏な学園生活のために実力を隠しながら、迫り来る問題を解決していく物語。 ※主人公はできる限り本気を出さず、ずっと実力を誤魔化し続けます ※小説家になろう、カクヨム、アルファポリスにも投稿しています。

  • 魔法とは、夢である。

    ♡12,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・25話・108,041字 月原蒼

    2021年1月11日更新

    『魔法とは、夢である。己の思い描いた夢を具現化するもの、それは魔術である』――国立魔術学高校入学パンフレットより 魔術師が当たり前に存在する世界、有栖川ハクトもその一人だった。 家を出たいと思っていた彼は、学費を払う必要が無く、且つ全寮制という魅力に惹かれ、国立魔術学高校を受験。運よく合格し、その入学式へと向かっていた。 その道すがら、自らを天才魔術師と謳う少女、鏡乃アリスに出会う。 彼の運命は、アリスとの出会いをきっかけに変わり始めた。

  • のじゃロリ×女好きサキュバス×人狼少女

    ♡4,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・29話・61,403字 一ツ木

    2021年1月10日更新

    創作者の街アポロ・ポートの近くの森に居を構える、占い処【モーニング☆スター】。 表の生業を占いに、うらないと言いながら裏の仕事に【神秘】系の依頼・相談・解決をしている。 そこに住む、 のじゃロリ元賢者のラニャ・オウル・マギラステ 女好きサキュバス・サロ 僕っ子人狼少女・ルー。 このとがった属性持ちの三名による緩ーい共同生活。そして家族愛。 ※前章アルバート・クレインの外伝です。この外伝は独立した物語ですが、次の2章アルバート・クレインとも関係してきますので是非ゆるゆる読んでいただきたいです。

  • 猫と少女のほのぼのファンタジー

    ♡3,800

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・23話・102,018字 衣江犬羽

    2021年1月10日更新

    【西野小夏の章】 坂多府のとある丘陵地帯の中に小さく存在する町、姫浜町が物語の舞台。 放課後は真っ直ぐ家へ帰って、独り硬派なゲームに勤しむのが趣味の女子高生。西野小夏は、彼女なりのいつも通りの変わらない日常を過ごしていた。 しかしある日の学校の帰り道、公園の茂みから自分を呼ぶ声に誘われて恐る恐る足を運び確認すると、そこには喋る猫が一匹。 その喋る猫曰く、『迷魂』という生物の死後、成仏する事なく現世に迷い続けている魂を、猫巫女と呼ばれる役割となった者が、送り迎えをするらしい。そしてそれらをこなす為の依代として、小夏を選んだと言われる。 怖くなって誘いを断ろうとした矢先、強制的に猫巫女の契約を結ばれてしまい、そのまま強引に猫巫女の役割を果たすハメに。 しかしその出来事がきっかけとなり、小夏は猫巫女を続けることを決意し、喋る猫を受け入れることにした。 こうして猫巫女となった小夏の日常は、一匹の喋る猫によって、大きな変化と出会いと力を紡いで行くのでした。 様々な出来事の中、強くなっていく小夏と猫の絆はやがて、猫巫女の在り方さえ変えていくのかもしれない。 たとえそれが、二人の運命を変えることになっても。 おまけに小夏のゲーム選びも次第に変化していく⋯⋯? 少女と猫によるほのぼの猫巫女活動、その第一章のはじまり。

  • これは、様々な愛の群像劇———

    ♡1,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・22話・63,275字 すゞや

    2021年1月10日更新

    下品で悪辣な言動が目立つゴブリンのスキャランは、死にたがりのジルと共に自分にかけられた魔法を解く方法を探しているのだが実は——。コンビニ店員の元に神に命を狙われていると言う幼女が駆け込んでくる。脱サラした男はノートルダム礼拝堂の岩壁に刺さっている聖剣を抜くためパリへ向かっていた。高潔なルシファーは自制心のない邪悪な契約者に悩まされている。とある国の王様は、自分が物語の登場人物であることを知る。 最初はバラバラに描かれた登場人物たち…彼らには意外な関係があった。