魔道具

検索結果:11件

  • 魔力過多と道具屋 〜「私、詠唱が使えません!」「こちらの魔術道具がおすすめデス」「二人で儲けをざっくざく!!」〜

    魔力の持ち腐れとヘンテコ道具は使いよう

    230,400

    4,271


    2022年1月21日更新

    イラスト:山下真響さん エスターは生まれつき大きな魔力を持っているが、魔法が使えない。 一般職にも冒険者にもなりきれずくすぶっていた彼女は、ある日「魔術道具」の露店商アレンと出会い、衝撃の事実を知る。 「それはァ……たぶん『詠唱魔法が使えない』というだけでショウ?」 彼女は魔法そのものが使えないのではなく、「魔術道具」を使いさえすれば、魔法を使えるというのだ。 それでも詠唱魔法が諦められないエスター。王都にいる名医に診てもらいさえすれば、診察費さえあれば、詠唱魔法が使えない体質も治るはず! 魔術道具を作りたいアレンと利害が一致したエスターはふたりでコンビを組み、冒険者としてお金を稼ぐ、稼ぐ、稼ぐ! 果たして彼女は無事に治療を受けることができるのだろうか……? お人好し魔力過多少女と変人魔術道具屋の最強コンビが送る、ほのぼのおしごとファンタジー! 毎週金曜日午前10時更新中! ※小説家になろう、カクヨムにも掲載しています。

    読了目安時間:4時間59分

    この作品を読む

  • 舞台は、魔法が社会基盤となり発展した異世界の王国。 最近は、mPadと呼ばれる、携帯型多目的魔導装置の普及により、以前と比べ、魔術師の地位が急激に下がっていた。 物語は、公爵令嬢のアカシアが、予言の書?を信じて、思い込みから、学院の入学パーティーで、婚約破棄を宣言するところから始まる。 アカシアから婚約破棄を宣言されたのは、辺境伯の嫡男で、王太子の側近の一人であるウォール。 彼は、魔術に、ランク5の素質を持っていた。素質ランク5といえば、伝説級だが、その素質が魔術であるため、現在では彼の評価は低かった。 特に自己評価は、アカシアからボロクソに言われているため最低である。 そんな彼は、隠しているが、異世界からの転生者でもあった。 転生者の彼から見れば、予言の書?は、日本のライトノベルでしかなかった。 それだけに「予言の書によると、浮気をするから」と言われても納得がいくはずがない。 元々、王命の婚約ということもあり、彼は婚約破棄を認めるつまりは全くなかった。 一方、アカシアから、ウォールの浮気相手だと名指しされた男爵の娘カリン。 彼女も魔術ランク5の転生者であったが、本人の意思とは関係なく、二人の騒動に巻き込まれていく。 そして、彼女は、彼女で別の勘違いをしていた。 物語は、この三人を中心に、カリスマがランク5の王太子と、それぞれランク5持ちのその側近たち、現状に不満のある魔術研究会のメンバー、などを絡めて、予言の書?とmPadをキーに進んでいく。 不穏な動きを見せる、隣国からの留学生ダグラス。 ウォールの謎の妹エンジュも加わり、事態は大きな事件へと発展していく。 そして、婚約破棄したいアカシアと、それを認めないウォールの、恋の駆け引きの行方は・・・? カクヨムにも投稿中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間45分

    この作品を読む

  • 魔石と魔獣、魔水晶

    汎用アイテムとしての「魔石」設定集!

    600

    0


    2021年6月12日更新

    ※「異世界ファンタジー設定コンテスト」参加作品です。 ※ファンタジーの汎用アイテムとしての「魔石」およびその利用方法の設定集です。 ※この設定に沿った作品として「魔石と神器の物語 ~アイテムショップの女主人(オーナー)は、史上最強の助っ人です!~」の連載を開始しましたので、お暇のある方は是非一度見てみてください!

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 狼殿下の毛づくろい  ~ 魔導技師奇譚 ~

    心の中のおっさんがあらぶり、血迷いました

    3,200

    10


    2021年5月17日更新

    異世界設定コンに参加した職業 魔導技師の出てくる物語 設定コンのおまけ短編は職業物でしたが、こちらは職業臭が薄く心の中のおっさんがあらぶっているので、血迷ったものもお好きな人向き。 銀狼である獣人殿下と、変人の魔導装具士の女が、魔の森の砦で親交を深めていくお話。

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 世界を護りしもの~魔王城のごましお

    可愛いは正義!可愛いは世界を救う!

    13,200

    5


    2021年5月17日更新

    魔王城に住み着いた一匹のネコのお話。 あなたの周りのネコちゃんも、もしかしたら世界を護っているのかもしれませんよ?

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • ボクは茶トラな猫でご主人さまは女子高生(パイロット)

    勇者になりたい魔王の優しい物語

    4,800

    0


    2020年10月4日更新

    魔王の魔女マカとボクののほほんロボットライフ。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 怪力令嬢だって幸せになりたい。

    怪力令嬢だって幸せ目指していいですよね⁉︎

    1,200

    0


    2020年6月25日更新

    見目麗しく朗らかなイレーナ・ロベールは侯爵家のご令嬢。 将来は自分の家の嫁に迎えたいという人で溢れることは簡単に予測できました。 一見して欠点などどこにも見当たらないような彼女にもひとつだけ致命的な欠点があったのです。 それはスキル。別名神の贈り物。彼女が神から贈られたスキルは「怪力」だったのです。 一生独身の教会生活か幸せな結婚……もちろん目指すのは幸せな結婚ですわ! 怪力令嬢だって幸せ目指していいですよね!? これは怪力令嬢が平凡な生活と幸せな結婚を目指す物語です。 ○*○*○*○*○*○*○*○*○*○*○*○*○*○ つたない部分もあると思いますが温かい目で見ていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。 ※1話約3000〜4500字程度です。

    読了目安時間:3時間8分

    この作品を読む

  • サイレント・シーフ

    楽して金を稼ぐ為、遮音する魔道具を創った

    800

    0


    2020年2月14日更新

    怠け者な私は楽してお金を稼ぐため、音を遮断する魔道具を発明した。 アルファポリス、カクヨム、小説家になろうにも掲載しています。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 僕、異世界転生していないよっ

    あの女神もどき、うざいから嫌い

    75,000

    50


    2020年1月24日更新

    「おめでとう。君は大型トラックに轢かれて、異世界転生したよ。やったねっ」 「いや待ってよ、僕そもそも死んでいないよ?」 いつも通りベッドに潜って、いつも通り寝ただけなのに、僕はなぞの紫空間で椅子に座っていた。 待ってよ、チートなんていらないよ。 やめてよ、僕のスマートフォン魔改造しないでよっ! これは僕ことイブキが、自称女神のナナナシアに振り回されるお話。 あのひとうざいよね誰か助けて……。 『小説家になろう』様と『カクヨム』様と同時掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間2分

    この作品を読む

  • トランとミュカの魔道具工房 〜おしかけ妻はヴァンパイア〜

    第七回書き出し祭り 総合3位作品

    2,600

    0


    2019年10月25日更新

    「不束者ですが、よろしくお願いします」 吹雪の晩、人里離れた魔道具工房に引きこもっているトランのもとへ、ヴァンパイアの少女ミュカが現れた。大貴族の令嬢である彼女は、知らないうちにトランの「妻」になることになったらしい。 前世の知識を使って魔道具の歴史に大きな変革をもたらしてしまったトラン。なにやら複雑な事情を抱えていそうなミュカ。周囲に様々な思惑が渦巻く中、小さな魔道具工房で暮らしながら、二人は徐々に惹かれ合っていく。 【第七回書き出し祭り 総合3位作品】

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • 無自覚町娘の平穏ライフはもう無理だ。

    町娘ってなんなんだ……。

    1,000

    0


    2019年6月22日更新

    ルーチェ・マロウズは町娘である。ほんの少し頭がキレるだけの、小物で小市民な小娘である。 平穏と日常をほどほどに愛する彼女は、町娘相応の良心から一人の少女を助ける。ただ一点町娘らしくなかったのは、助けた相手が王族の姫君であったことだ。 その件以来姫様と関わるようになったはいいものの、この姫何かと命を狙われる。彼女を守るために手を尽くした結果、姫様には懐かれるわ騎士団には顔が売れるわ、付いたあだ名が特定指定民間人。 それどころか王城に招かれたり貴族位を押し付けられたりと、ルーチェの能力に目をつけた王族が全力で囲い込みに来る有様だ。気がつけば、隠していたはずの『大賢者の孫娘』ということもバレちゃって……!? ちょっと毒舌、時々イケメン、巡らす策は天衣無縫。自称町娘の神算鬼謀が、今日も国家の危機を救う。 ※小説家になろう様にも投稿しています。

    読了目安時間:2時間10分

    この作品を読む