検索結果:17件

  • みんなは四神獣のもどきになったぽい。俺は

    ♡800

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・13話・22,084字 黒機鶴太

    2021年1月25日更新

    俺達は四神獣のもどきになったぽいけど、男三人と女の子二人だから一人余るよな……。俺かよ! だったらだったで、本来の姿に戻るために五人で奏でまくってやる! 昼夜を問わずうごめいてやる! 意図せずに異形と化した俺達が、二日を過ぎると人としての記憶も意識もなくなる状況下で、もだえるほどに戦うストーリー。困難だからこそ愛と友情が試されるってわけだ。 俺は東京で真面目に頑張っていた大学生。なのに、思いを寄せる女の子が龍の資質を持っていた。彼女を式神として青龍にしようと、異国の魔道士が動きだす。 巻きこまれた友達や女の子は能力もない四神くずれ(犬猫レベルだ)と化し、俺は人の目どころか自分の目にも見えないか弱い座敷わらし。 でも俺の基礎的アビリティは人並み以上だし、なにより火伏せの護符を手にしていた。俺に災いをなす全てのものを弾きかえす小さな木札…。 舞台は東京。景色も人の流れも変わらぬ現実世界。だけど存在しても実証できぬものがはびこる世界。それが忌むべき世界…。まぎれこんだ俺達は本来の世界から記録も記憶も消滅している。 異形のものに狙われて、タイムリミット2日のキツい展開が始まった。 台湾からの女魔道士の助けを借り、猫の手も借り、重なりあった忌むべき世界であがきまくる! ※1月25日 最初を改稿しました。

  • 雨が上がって、街から生気が消えた

    ♡700

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・16話・18,148字 Noir

    2021年1月19日更新

    雨が止んだ後の様子は、地面がキラキラと輝き、透明感がある綺麗な世界だ。 ……街から人がいなくなったこと以外は。 ※作者である私は鳥の知識がないため、間違えることもあるかと思います。間違えていた場合は申し訳ありません。

  • 種族違えども恋はするんです。

    ♡500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・20話・30,875字 Himune

    2021年1月13日更新

    龍が存在する大陸ドラゴン·アース。 この世界ではそれぞれに属するドラゴンが存在し守護龍であった。 悪事を働く人間はドラゴン達に気づかれれば引き裂かれてしまう。龍からすれば人など虫も同然、怒らしてはならない。 海辺近くの鮮やかな町フローティア、その町のレストランに元気な接客で明るく接してくれる人気の町娘ロマーヌ、偶然助けた誇り高き龍 レッド·ドラゴンはなんと彼女に “一目惚れ”する。 人間と龍の禁断の恋、そのことによる様々な試練が待ち受ける······。 人間と龍の愛の物語。 ※アルファポリス、エブリスタでも載せています。

  • 自然崇拝とくそったれな愛のお話

    ♡1,400

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・33話・233,852字 みやびつかさ

    2020年12月19日更新

    今より遥か昔。人々は大自然を崇め、森と隣り合い、火で身を守り暮らしていた。 砂漠に住む娘、コニアは人さらいに襲われ身内に見捨てられてしまう。 奴隷となった彼女の連れられたさきは、大きな楢の木を崇拝する国だった。 そこは「信仰」とその象徴たる「神樹」、そして「王」のみっつが均衡を守り、その国を支えていた。 ところが、大楢の国の王は若い娘だった。政治を祭司長に任せきりの若き王は部屋でため息をつく。 ――落ちて死ぬ娘、空駆ける娘、友達との出逢い。 神樹に宿った「種」が娘たちの運命を絡ませ合い、国を揺るがす歴史的大事件へと発展していく。 ドルイド教とアニミズムを下敷きに描かれる、 くそったれな運命の流砂に流される娘たちの命運を描いた、シリアス&コミカルダークファンタジー。 ※当作品は2018年2月に小説家になろうさんで掲載した拙作を改稿したものです。

  • そのとりかごの中で、僕らは愛を知った。

    ♡23,300

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・87話・164,757字 至堂文斗

    2020年12月14日更新

    ――人は死んだら、鳥になる。 山奥にひっそりと存在する鴇村(ときむら)で、古くから語り継がれてきた伝承。 その言い伝えが忘れられていく代わりに、村にはもう一つの、甘やかな言い伝えが生まれていった。 ――つがいのトキを目にした恋人たちは、必ず結ばれる。 村で暮らす少年、赤井渡(あかいわたる)と青野光(あおのひかる)。 二人にはそれぞれの想い人、真白(ましろ)つばさと緑川(みどりかわ)くうという少女がいて、青春を甘酸っぱく過ごしていた。 けれど、そんな青春が見せかけのものであることを、やがて彼らは知ることになる。 一つの命が鳥になって旅立っていく中で。 失った幸せとは、取り戻せるものだろうか。 失った心とは、埋められるものだろうか。 鴇村という鳥籠の中で、小鳥たちはひたすらにもがいていく。 この選択は間違いじゃないんだと、魂の奥底で叫びながら。 エンケージ計画。 これは魂を試す一週間の物語――。

  • 秋も深まりましたね。

    ♡3,500

    〇0

    文芸/純文学・完結済・5話・866字 Hightouch#3

    2020年11月12日更新

    イチョウの木から舞い落ちる葉っぱの物語。

  • ヒトとカラスと少年とワカメが頑張る話です

    ♡54,700

    〇100

    現代/その他ファンタジー・完結済・65話・216,643字 とり

    2020年9月14日更新

    殺したり殺されたりのハートフルストーリー。 人慣れしていないヒトが、人と出会い、カラスと出会い、人を殺し、人に生かされ、人に心をちょっとずつ開こうとしながらも開けず、また人を殺し、酒に飲まれつつ真面目に働き、自分の生れに悶々としながらもカラスと共に歩んでいくお話です。 誰もが様々なしがらみから自由になりたい。 2020.9.14 完結しました。

  • とある街に住む少女の叶わない恋物語。

    ♡400

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話・3,268字 桐生楓麗

    2020年8月18日更新

    たとえ、この想いが届かなくてもわたしはずっと傍で笑っていたい。あの鳥が大きな二枚の羽を広げて大空を羽ばたいていくように、わたしもすぐ傍で寄り添っていつまでも……。

  • 青春戦う野鳥達?

    ♡900

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・29話・59,615字 小山 古顧

    2020年7月20日更新

    生まれつき難病で体の弱かった女子高生、翼は、闘病生活も虚しく、 わずか17歳にてその生涯を終える。 死の直後、魂だけとなった翼の前に謎の天使が現れ、鳥のツバメに転生させられてしまう。 ただし、ある課題を達成すれば、健康体となって人間に戻り、 続きの人生が行えるという条件を得る。 さまざまな野鳥、翼と同じく元人間だった鳥、強力な力を持った鳥との闘いを経ながら、 翼は仲間と成長し、人間に戻ることができるのか。 4人のヒロインの大空への旅が始まる。 作者初作品にて日間ジャンル最高54位獲得

  • 日常の謎コン用作品です

    ♡1,300

    〇0

    ミステリー・完結済・1話・2,502字 大川るい

    2020年6月20日更新

    これは謎なのか、なんなのか それが分からないのが謎なのかもしれません

  • 今でも君を夢に見る

    ♡600

    〇0

    童話/絵本/その他・完結済・1話・773字 砂上楼閣

    2020年5月17日更新

    夢で会える嬉しさと、夢で見る悲しさを

    タグ:

    砂上楼閣 短編

  • 思い出を語るのに遅すぎる事はない

    ♡200

    〇0

    童話/絵本/その他・完結済・1話・593字 砂上楼閣

    2020年5月16日更新

    もう数年も前のことです。 家で10年近く世話をしていた子が老衰で逝きました。 その日、朝から妙な胸騒ぎを感じていたのを覚えています。 昼頃、私は仕事先であと一歩で命を落としかねない状況から奇跡的に生還しました。 すぐに家族に連絡し、週末に実家に帰った私を待っていたのは冷たくなった、私が世話をしていたあの子。 母が言うには、私が連絡する数時間前、ちょうど私が死にかけたその時間帯に息を引き取ったのだそうです。 その時感じた思いは未だに忘れられません。 数年経って、ようやく言葉にできました。

    タグ:

    砂上楼閣 短編

  • 大きい鳥がいたら乗ってみたいと思いました

    ♡1,000

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・58話・119,221字 泣村健汰

    2020年5月4日更新

    鴻鵠士。 体長3メートルを超える、『鴻鵠』(こうこく)と呼ばれる巨大な鳥の首元に跨り、空を自在に飛び回り、レースで勝つ、と言うこの職業は、皆の憧れの的であり、大衆の大切な娯楽であった。 新人の鴻鵠士ルティカは、相棒の鴻鵠バラクアと共に幾度もレースに挑むが、いつも負けてばかりでいた。 彼女の父親は、その昔彼女の故郷、ルーテジドの星とさえ呼ばれた素晴らしい鴻鵠士、エレリド=ガイゼル。だが彼は、あるレース中の事故をきっかけに、行方不明となる。 父の想いを継ぐべく鴻鵠士になったルティカだったが、父の与えてくれた名を勝利と共に飾る事の出来ぬ日々に悶々としていた。 そんなある日、ルティカは父を貶された事に激怒し、ある条件を賭けた勝負を受けてしまう。 巨大な鳥に跨り空を駆ける鴻鵠士達の世界を描いたストーリー。 鳥の様に自由に、空を飛びたいと思った事はありますか? ※本作品は、他サイト『カクヨム』様、『アルファポリス』様、『小説家になろう』様にも掲載しております。

  • 鳥が好きです。

    ♡5,200

    〇0

    文芸/純文学・完結済・4話・5,750字 星雪鳥ノ

    2020年1月11日更新

    絶望の先に希望が見えたなら、君は始めから絶望なんてしていなかったんだ。 絶望したつもりだっただけだ。 悲劇に酔っただけだ。 軽々しく絶望を口にするな。 勝手に絶望なんてするな。 望みはそう簡単に絶たれない。

  • ある女子学生と鳥のお話

    ♡10,800

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・10話・19,471字 ぽんたしろお

    2019年12月4日更新

    仮想空間、インターネットを舞台にした現代ファンタジー及び青春小説。完結済み 一度でもペット飼ったことがある方に読んでもらえたら嬉しいです。 アバターを楽しむスマホゲーム「星の遊び場」。友人の美優の頼みで、入会した香奈。受験生だった二人は次第に「星の遊び場」から遠ざかった。高校生活も落ち着いてきた頃、「星の遊び場」で再び遊び始めた美優。香奈がログインしていないのは知っていたが、ふと香奈の「遊び場」を訪れた美優は、「u」という謎のアバターが頻発に訪れている痕跡に気が付いた。香奈と「u」に何か関係があるのか? 美優は香奈に連絡をいれた…。

  • 難攻不落のオダーラ城に潜入しナゾを解け!

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・完結済・47話・20,393字 吉岡梅

    2019年10月6日更新

    ぴよ影は忍である。 今日も今日とて主のきよ姫の命に従い、各地の城へ潜入し、お宝グルメを奪取する任務に赴いていた。 今回のターゲットは関東のオダーラ城! 五色備えの忍びたちと、新たなナゾがぴよ影を待ち受ける! Web媒体に全く向かないゲームブックライクなパズル・コンテンツです。 北條家由来のトピックを元にした数々のパズルやクイズをお楽しみください。

  • 地の文だけの誰得超短編です。

    ♡300

    〇未参加

    現代/その他ファンタジー・完結済・1話・1,289字 トントン

    2019年8月10日更新

    2019年8月11日は山の日ということで地の文だけの誰得小説を作ってみました。 山の光景を一日中ただただ書いただけです。 それでもよろしければどうぞ。