BOYSFANコン

検索結果:267件

  • 営業部の阿志雄くんは総務部の穂堂さんに構われたい

    【リーマンBL】年下わんこ×年上敬語眼鏡

    1,389,200

    2,968


    2022年9月24日更新

    【2022/01/21 本編完結、全100話+番外編】 「オレと友だちになってくれませんか」 「いいですよ。君が本社の役に立つのなら」 【BOYSFANコン参加作】 東京支社から地方都市にある本社に転勤してきた営業部の阿志雄 真司(あしお しんじ)は、憧れの先輩が入れ替わりで転勤してしまった事実にショックを受ける。歓迎会でも悲しみを引き摺り、飲み過ぎて潰れてしまう。そんな彼をアパートまで送ってくれたのが総務部の穂堂 徹(ほどう とおる)だった。 翌日礼を言いに行った際に憧れの先輩・伊賀里(いがり)に似た部分を見つけ、穂堂と親しくなりたいと思うように。「仲良くなりたい」と申し出る阿志雄に、彼の事情を察した穂堂は「本社の役に立つのなら」と条件付きで了承する。阿志雄が伊賀里の代わりに穂堂を求めたように、穂堂も失った大切な人の代わりを別の人に求めているからだ。 部署も年齢も違う二人は仕事の合間に少しずつ交流を深めていく。しかし、穂堂が浮世離れしていてなかなかうまくいかない。同性の友人として焦ることなく少しずつ仲良くなっていければいいと考えていた阿志雄だが、穂堂が自分以外の誰かと親しくしている姿を見て思わず間に割って入ってしまう。 何故か年配社員や社長に可愛がられている穂堂。彼が本社にこだわる理由。それは彼の生い立ちに秘密があった。 都会にある二つの支社と地方都市にある本社。それぞれのトップの思惑とは。 部署と年齢、立場が違う二人の出会いと絆の物語。 *** 会社が舞台のリーマンBL。絡みは軽め、食事回多め。ちゃんとお仕事してるリーマンが読みたい方向けの作品。番外編を時々更新予定。

    読了目安時間:7時間57分

    この作品を読む

  • 愛しい愛しいきみに私の愛した日々のはなしをしよう

    ヘイル・ヘミングの愛にあふれた半生

    32,100

    0


    2022年9月12日更新

    BLコミック原作コンテスト「お題フリー」の応募作品です。 【あらすじ】 1. 愛しい愛しいきみに私の初恋のはなしをしよう 孫娘マリーのお誕生日会に招かれたヘイル・ヘミング。急な仕事の呼び出しで家を空けているマリーの父・エドワードが帰ってくるまでの間、マリーのおねだりで自分の初恋のはなしを聞かせることになった。マリーが興味津々のヘイルの初恋相手は、6歳のときに家族で訪れた美術展で出会った、顔も名前も知らない「うみ」の絵の創造主だった。 6歳の頃に鮮烈な初恋を経験したヘイルも18歳になり、大学進学を機に住み慣れた故郷の田舎町を出て、一人で都会へとやってきた。そしてその街で出会った一人の青年の家で、あの初恋の人の「うみ」と再会するのだった。 2. 愛しい愛しいきみに私たちの仲違いのはなしをしよう どうやら夫であるエドワードと喧嘩をしてしまっているらしい娘テナーに請われたヘイルは、今度は大切な人を傷つけてしまった経験について話すことになった。 初恋の相手であったケイトと穏やかで幸せな生活を続けているヘイルだったが、24歳になった彼には大きな悩みがあった。それは、ケイトが自分の母親に会うことを頑なに拒むこと。そのことでつい喧嘩をしてしまっている中、ヘイルはかつて自分の父の命を奪った病と同じ病に侵されてしまい余命を宣告されてしまう。そのとき、ケイトは自分がひた隠しにしてきた秘密を明かすことを決意するのだった。 3. 愛しい愛しいきみに私たちの宝もののはなしをしよう テナーとの喧嘩の原因はマリーの学校のことなのだ、と帰ってきたエドワードに聞かされたヘイル。大切な一人娘が心配で堪らないと思い悩むエドワードは、ヘイルに対して子育ての助言を求める。するとヘイルは笑いながら、自分たちからテナーを攫っていった男のくせにと揶揄いながらも、彼の人生でたった一度の子育ての経験を話し始めた。 二人にとって初めての経験である子育ては当然困難の連続。そもそも子どもを育てること自体反対のケイトとのぶつかり合いは壮絶なもの。そんなときヘイルの味方となってくれたのはなんと、紹介されたばかりのケイトの家族だった。 長閑な田舎町に生まれたごく普通の青年であったヘイル・ヘミングの人生を大きく変えた一人の青年ケイト。これは、彼との波乱万丈な人生の全てを愛していると語るヘイルの物語。

    読了目安時間:2時間13分

    この作品を読む

  • 【BOYSFANコン参加作品】セカンドデビュー ~大女優だった母を殺されたので復讐します

    元・人気子役の倖太とアイドル琴音のお話。

    16,700

    0


    2022年9月9日更新

    BOYSFANコン参加作品。3.お題フリー。 元人気子役の倖太は女優の母親・立花美香を殺した犯人を探すため、芸能界に戻る決意をする。オーディションを受けるが、付き人からということで人気俳優の水原琴音の付き人となる。人見知りだが我儘な水原琴音をトップ俳優にするため、奔走する倖太。 一方、犯人探しはなかなか進まない。情報提供を呼びかけるため目撃者を探す番組に出演するが、『事務所の指示を聞かなかった』と解雇されてしまう。会うことを禁じられた倖太と琴音だが、お互いへの思いを知り会い続ける。倖太は知り合いの刑事・鏡原とともに犯人探しを続けるが、新たになった事実が琴音との関係を悪化させる。母親同士の秘密を知ろうとした際、水原アヤは意外な行動に出る。 その結果、美香とアヤの友人・レナから琴音の出生の秘密が明かされる。映画の主演が決まり、証拠隠滅を図る琴音を、鏡原の相棒・玉木が止める。琴音の証言を元に、証拠探しを続ける。消えたガラスの靴を探して、奥多摩を捜索する。松本に事情を聴き、水原アヤの実家に捜査が入る。アヤの遺留品が見つかり、水原アヤの母親・ゆきこが事件の日に何があったかを証言する。事件の詳細があきらかになり、立花美香の死の真相が明かされる。同時に自分の出生の秘密を知り、ショックを受けた倖太は母親の故郷へ戻る。琴音の主演映画の監督に説得され、二人は再開する。 別れを告げようとする倖太に、琴音は美香の手紙を見せる。どんなことがあっても二人で行きていくことを誓う。

    読了目安時間:2時間29分

    この作品を読む

  • はっちゃん。

    芸術家が崩壊し、再生していくまでの記録。

    84,400

    314


    2022年7月24日更新

    はっちゃん。 俺にとっては憧れで、理想で、全てを持っていた男だった。 高校時代は同じ絵で競う様にして日々を過ごした相手。憎らしくて嫉妬する。 だが、はっちゃんの絵はそんな俺の感情も溶かしていく。 ああ、はっちゃんの絵をもう一度見られるなんて思っていなかった……。 ゲイバーで拓哉は高校時代の友人 三木 春光(はるみつ)と再会する。 懐かしさから再び交流を重ねる事になった拓哉だが 芸術家となった春光は高校時代とはうってかわって変貌していた。 はっちゃんの言動や行動に危うさを感じる様になってからは やたらと存在が気にかかり、段々と憧れの気持ちから恋心に心情が変化していき 二人は交流を重ねるごとにだんだんと共依存的な関係になっていく。 ぶつかり合いながらも交流し、拓哉は同性愛の難しさを痛感していく。 これは壊れた男 はっちゃんの記録だ。 BLです。軽度発達障害の生きづらさみたいなものもここで書いています。 表紙と作中の挿絵はYouTube等で活躍しているムシウニさん(@musiuni)に描いて頂きました

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間40分

    この作品を読む

  • それが弾けるまでは

    ほろ苦い、BLを扱った小説です

    300

    0


    2022年7月14日更新

    初投稿です。 BOYSFANコン用、お題フリー。 プロローグ+6話 とある年のゴールデンウィーク初日、新宿駅西口で俺・森山浩斗(21)は今日は『何をやっても上手くいかない日』なんだと覚悟を決めるほど、不運なことが何度とも起こった。 新宿のカフェでバイトをしている俺は、連休初日の激務をひたすらこなす同い年の女子・坂井の白目を剥いた姿と、先輩・加瀬さんのかなり焦った姿に心配する余裕もなくミスを連発。 普段は冷たい店長ですら苦笑いをする程、俺は酷い顔をしていたらしい。 そんな時、新人として入ってきた同い年の彼・宮田アンヘルと痛い初対面を交わす。 ペルーと日本のハーフである彼の、羨ましい程の高い鼻と愛らしいタレ目のギャップに吸い込まれた。 内側に充満する泡に自覚し、それが一目惚れだと確信した時、彼が俺の背中を擦り、 ーー「よろしくね」と丸い笑顔で言ってきた。 それから彼とは、映画を見に行ったりご飯を食べたりする仲になった。 そしてバイト先皆での忘年会で、知りたくないことに触れそうになって、 俺はトイレに逃げ込んで声を殺すしかできなかったんだ…… 「俺の知らない彼の顔は、まだまだ沢山あるんだと改めて思い知った」 俺と彼が出会ってから栃木での出来事までの、9ヶ月の物語。 BLはおろか小説は初めて書くので、易しい目線でお楽しみ下さい!

    読了目安時間:1時間8分

    この作品を読む

  • 幽霊退治専門の職場に何故かオバケ嫌いの上司が来た

    若手除霊師×オバケが怖い上司

    255,000

    1,130


    2022年6月9日更新

    「今日からコネで諸君らの上司になった|幽雅正継《ゆうがまさつぐ》だ。言っておくが私は幽霊や妖怪の類を信じてはいない。だが、怖いものは怖いから私の前では可愛くオバケと言うように!!」 ──これが、俺の初めての相棒との出会いだった。 人に害をなす『悪鬼』を退治する『幽特』に現れたのは、幽雅グループ会長の孫、幽雅正継。 幽特のボスである灯屋善助は、勝手にボスよりも上の地位をつくり無理矢理上司になったユウガが嫌いだ。しかもユウガは悪鬼が見えないと言う。 命懸けの危険な現場に役立たずで邪魔な存在はいらないとアカリはハッキリ伝えるが、ユウガは全く気にする様子は無い。 幽雅には能力が二つあった。一つは呪いで繋がった相手の外傷を肩代わりする『贄の神子の呪い』、もう一つは悪鬼は見えないが、どんな悪鬼でも気配を感じる事ができる『探知能力』だった。 普段から部下を危険に晒さないよう、無理をして現場で怪我を常に負っているアカリのために呪いをかけるユウガ。 会長からユウガと相棒を組むように指令を受けたアカリは、自らの『消滅』の能力とユウガの二つの能力によって無傷で悪鬼退治を達成する。 しかし、アカリは突如襲ってきた人間からの攻撃によってトラウマが刺激され何もできなくなってしまう。オバケに怯えていたはずのユウガは人間には滅法強く、あっさりと制圧してみせた。 初めて人から守られた事で、アカリはユウガに好意を抱き、猛アタックを開始する。 突然の変化に驚くユウガだが、長年アカリを見守っていた愛着があるため邪険にもできずに絆されていく。 急速に仲が深まるアカリとユウガだが、好きだからこそ危険な現場へ出て欲しくないという思いが湧いてくる。 オバケ嫌いなユウガのために、アカリは自らの能力を使ってユウガの能力を消す事を提案する。 ユウガはそれを聞いて激怒したのだが、アカリの能力が万能過ぎる事が気になり、いつもアカリが能力について相談しているという“友人”を調べるのだが……。 イラスト:はゆるふ様

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間37分

    この作品を読む

  • 亡国の奴隷王子と囚われの奴隷騎士~二人の少年は友情で成り上がる~

    元王子が親友と共に復讐を目指す物語。

    15,800

    20


    2022年6月1日更新

    ガリア大陸の三分の一を支配する大国ヴェルサイユ王国の第七王子ローラン・ド・ヴェルサイユは母親の身分が低かったために冷遇され宮廷ではその存在をほぼ黙殺されていた。 しかし、それでもローランは幸せだった。 なぜなら、常にその傍らには同い年の親友オリヴィエ・ド・ランヌがいたからだ。 ローランに仕える騎士オリヴィエとの日々はローランにとっては何よりの宝物であり、二人は慎ましくも幸せな日々を過ごしていた。 だが、聖歴一六七五年七月十四日。二人がまだ七歳の時に、突如起きた革命によって二人は引き裂かれる事になる。 王政は打倒され、新たな共和政の時代が幕を開けた。 王族は次々と処刑されるも、ローランは辛うじて難を逃れて身分を隠し、奴隷として生き延びていた。 一方、オリヴィエは革命の中で王室の子犬として捕らえられ、見世物として闘技場で剣闘士や猛獣を相手に戦い続ける事を強要される。 しかし、ローランもオリヴィエも生きる事を諦めなかった。 ローランは穏やかな日々を奪った革命指導者ロベスピエールへと復讐を果たすため。そして離れ離れになった親友と再会するために。 オリヴィエはヴェルサイユ王室の名誉を守るためにも、そしてどこかで生きているはずの親友にまた仕える日が来ることを信じて。 そんな過酷な日々を過ごして三年。 ついに二人は運命の再会を迎える事になった。 動乱の時代を、最悪の環境下で生きてきた二人の少年の、友情と復讐と成り上がりの物語。 カクヨムでも投稿しております。 ※ 『BOYSFAN』 BLコミック原作小説コンテスト「バディもの」応募作品。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間56分

    この作品を読む

  • 女として兄に尽くすよう育てられた弟は、当たり前のように兄に恋をする

    BLです。

    75,800

    10


    2022年6月1日更新

    性的描写があるシーンはノベルアップ+では公開していません。 また、タイトルに※がついているシーンは本文から性的描写をカットしています。 ノーカット版はアルファポリスで公開しています。 https://www.alphapolis.co.jp/novel/253858331/775560058 ------------------------------------------------------------------------------- 片田舎の地主である宗田の家では、古い因習が今も引き継がれていた。 それは次男が生まれたら女性として育てること。 長男への家督相続が円滑に進むよう、長男への忠義を第一とするように教育すること。 長男である一宏は、それを日常として育てられた。 年を重ねて自身の兄弟観が異常に属することに気付いた時には、もう常識として染みついていた。 次男である玲は、それしか知らなかった。 学校にも通わされてもらえなかった身分では、異常と自覚することもかなわなかった。 ある日、兄弟の父である宗田家当主が死に、長男である一宏が家督を継いだ。 そして当主の弟であり兄弟の叔父にあたる珠美が後見人として家に居候することになる。 歪な教育を施してきた父は死んだ。 欠けた日常に入り込んできた人間はその弟。 かくして、兄弟たちの異常だった日常もまた変革を強要されるのだった。 BOYSFANコン:お題フリー ※ 一部性的描写はボカしています。 ボカしてるけどアウトかもしれません。 修正無し版はアルファポリスで更新しています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間10分

    この作品を読む

  • 生贄にされた子供は神様の元で幸せに……

    孤独な神と生贄にされた少年BLです

    178,000

    50


    2022年5月23日更新

    過疎化の進む、地方の限界集落「豊落村」では五年に一度、土地神である水神様に人間の子供を捧げる祭りが行われていた。 百年ほど前からは、過疎化や近代化の流れから人間を生贄にすることが難しくなり、交渉を重ねて家畜を生贄としてきたが、とうとう水神から人間を寄越せという要望があった。 そこで人身御供に選び出されたのが、捨て子の「田辺光」だった。 BOYSFANコンテスト『お題フリー』参加作品 物心のついた頃には両親はおらず、体もひ弱で、おまけにおかしな目をしている自分が、いかに異端な存在であるかを洸は知っていた。 そんな自分が大人たちから疎まれる存在でありながらも衣食住を整えられて育てられ、それなりに可愛がられてきた理由も分かっていた。 人身御供の意味も生贄という言葉も、自分の命が祭りのその日までであるということも承知し、受け入れていた。 それなのに祭りの日、祭壇に上がった洸の前に現れた水神は中々生贄を喰おうとしない。それどころか、こんなことを言った。 「久しぶりに人と会話が出来るのだ。直ぐに喰ってしまっては勿体ない。色々話をさせてくれ。私を楽しませてくれる分、生が延びるぞ」 そう言って、光を自分の住処へと連れ帰ってしまう。 水神の気まぐれに困惑する洸に、水神は更に訳の分からないことを言い始める。 「今からお前は蟒蛇光逸だ」 「私の名は光逸につけてもらおう」 ――――これは、心を許せる相手のいなかった捨て子と、寂しがり屋の神が異界で互いの孤独を埋め合っていく物語。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間45分

    この作品を読む

  • 【BL】愛じゃねえの? -大嫌いなはずだった先輩に惹かれる理由―

    BOYSFANコン優秀賞頂きました♡

    50,400

    0


    2022年5月11日更新

    ◆「BOYSFANコン」の「リーマンもの」で優秀賞を頂きました。 ありがとうございます(*´ω`)♡ 三上蒼生(みかみ あおい)24才。 営業職・陽斗の後輩。元暴走族の総長。長身・イケメン・モテる。兄の志樹に頭が上がらない。周りには伝えてないが、社長の息子。 渡瀬陽斗(わたせ はると)27才。 営業職・蒼生のマンツーマンの教育係。志樹と同期で親友。顔の綺麗なイケメンで仕事も出来る為、社会人になってから引くぐらいモテるようになって、その事で少し悩んでいる。 三上 蒼生は、入社以来2年間、陽斗の事を嫌だと思いながら過ごしてきた。蒼生に対してだけ、「笑わない、仕事以外の話はしない、仕事以外では絡まない」という事を、陽斗が徹底しているから。 嫌われているのかと思えば、仕事はとても丁寧に教えてくれるし、嫌われているとも少し違っていて、その訳の分からない態度と、それに対して自分が持つモヤモヤした感情が嫌だった。 蒼生以外の事は褒めて、蒼生以外には気さくに笑いかけて、蒼生以外とは仲良くしている陽斗。それに少し、嫉妬心も持ってしまう。仕事は出来るし、嫌いだと思っていても、見惚れる位、綺麗。けれど、綺麗と思った瞬間に、そう思ってしまった事が不愉快な位、陽斗の対応は塩対応。なんでオレにだけ、とずっと思いながらも、陽斗に仕事だけでも認めてほしくて、教えられるままに、仕事をどんどん覚えてこなしていった。 もうすぐ、2年。マンツーマン指導のペアも解消になるかもしれないと、そんな話が出てくる頃。 ある時。陽斗が京都に出張が決まり、それに蒼生も同行することになった。 京都に向かう新幹線の中で陽斗は、2年間の態度の意味を蒼生に話す。蒼生の兄の志樹絡みの事情。色々話した結果、兄は許せないが、陽斗の事は、許せた。 先輩後輩の関係のやり直し、仲直りとばかりに、京都で楽しく過ごしているうちに、酒を飲みながら、秘密を暴露しあう事になる。その秘密をばらすところから、関係が、どんどん、動き出していきます。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間10分

    この作品を読む

  • 上司に連れられていったオカマバー。唯一の可愛い子がよりにもよって性欲が強い

    BLです。

    200,100

    300


    2022年5月4日更新

    契約社員として働いている川崎 翠(かわさき あきら)。 派遣先の上司からミドリと呼ばれている彼は、ある日オカマバーへと連れていかれる。 そこで出会ったのは可憐な容姿を持つ少年ツキ。 無垢な少女然としたツキに惹かれるミドリであったが、 女性との性経験の無いままにツキに入れ込んでいいものか苦悩する。 一方、ツキは性欲の赴くままにアキラへとアプローチをかけるのだった。 BOYSFANコン:リーマン

    読了目安時間:6時間40分

    この作品を読む

  • 前世のない俺の、一度きりの人生

    溺愛美形だった攻めが執着美形になるまで

    106,900

    0


    2022年5月4日更新

    【あらすじ】 「キミの前世は何なんだい?」 前世の記憶を持っているのが当たり前という世界で、25歳の青年・アウトは何故か前世の記憶を持っていない。彼は平穏に生きるため、前世を自作し、聞かれたらそれを話す事で、周囲から浮かないように生きていた。 ある日、アウトがいつものように酒場で酒を飲み、創作した物語をドラマティックに語っていると、突然現れた、作り話の登場人物である幼馴染に、他人は知らないはずの前世の「イン」と言う名前で呼びかけられていた。 その男の話はアウトの考えた作り話と完全に一致しており、話を聞けばもう一人お幼馴染と共に、ずっとインを探していたという。 しかも、そのもう一人の幼馴染であるウィズは、どうやらインに対し、並々ならぬ感情を抱いていたようだった。共に時を過ごしていくうち、アウトもそんなウィズに対し、どうにかインを探し出してやりたいと思うようになっていく。 「ウィズの幸福はインが運んでくる。俺はそのインを必ず探し出してみせる」 アウトはその決意を胸に、日々を過ごす中で、自身に前世の記憶のない理由や、他者にはない特異な気質がある事に直面していく。 前世の記憶のないアウトには“今”しかない。今を生きる自分がウィズの為に出来る事を必死に模索しつつ、アウトに選択の時がやって来る。 「前世のない俺が、ウィズの幸福の為に出来る事があるのなら、俺は喜んでこの身を差し出そう」 “アウト”とは“俺”とは一体何者で、何の為に生まれ、そして生きて来たのか。 【前世のない俺の一度きりの人生を……俺はどう生きるのか】 自分を探すファンタジーBL物語。 【傾向】 BL/転生/異世界ファンタジー/執着美形×平凡 ※『BOYSFAN』 BLコミック原作小説コンテスト「お題フリー」応募作品。

    読了目安時間:49時間2分

    この作品を読む

  • 転生・腐女子のお姫様がいましたが

    腐女子の女の子が転生して お姫様だったり

    1,300

    10


    2022年5月2日更新

    転生しましたが 腐女子の私は ああ、現世に大事な御本を残しまして ですが お姫様でしたので・・だが、しかし・・ 他サイトにありです

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • ミッション!

    BOYSFANコン 入賞しました

    29,400

    0


    2022年4月18日更新

    【BOYSFAN BLコミック原作小説コンテスト参加 お題フリー】 「ミキちゃん! 俺と結婚してください!」 チェーンの居酒屋で始まった突然の告白。それはドキッとときめくようなプロポーズではなくて、大学時代からの腐れ縁である竹縄陽香ことハルからの頼みだった。 死ぬ前に、孫の晴れ姿を目にしたいと願う田舎の婆ちゃんを安心させる為、俺こと佐藤幹雄は一肌脱ぐことに。 「佐藤ミキです。初めまして。ハル君と結婚を前提にお付き合いさせてもらってます♪」 陽香と幹雄が取った作戦は、なんと幹雄が女装して陽香の恋人としてお婆ちゃんに挨拶することだった! 三十路も過ぎた男達の無謀な作戦は果たして成功するのか!? そして十年間、密かに抱き続けた「彼」の思いは…? BでLなドタバタコメディ! 【登場人物紹介】 佐藤幹雄…31歳。男。システムエンジニア。童顔で女顔の容姿から実年齢よりも若く見られることが多い。反対に中身は男らしく、はっきりとものが言える性格をしている。料理と片づけは不得意。好きなものは音楽鑑賞、ジャンルはハードロック。愛称はミキちゃん。 竹縄陽香…31歳。男。一級建築士。誰もが振り向くような端正な顔立ちに加えスラリとした長身で女性にモテるが、セクシャリティはゲイ。男らしい見た目とは反対に、誰にでも優しく腰が低い。料理と片づけが得意で、月にニ度ほど生存確認も含めて幹雄の家にやって来る。お婆ちゃんっ子。愛称はハル。 ※拙作「結婚と嘘と片思い」(現在は非公開)のリメイク作品になります。 BL(ML)作品で若干の性的表現あり。苦手な方はご注意ください。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間38分

    この作品を読む

  • 俺がゲイだってことは絶対に秘密にしておいて

    芸能人BL♡グループ内三角関係

    2,800

    0


    2022年3月27日更新

    実力派ダンスボーカルグループのメンバー水沢拓海は、何でもソツなくこなすオールマイティなタイプ。一見完璧に見える拓海だったが、本人は自分が同性愛者だということにコンプレックスを抱いていて、それを隠し続けている。 同性愛者であることもだが、同じグループのメンバーでリーダーの片山広輝に五年も片思い中であることは、拓海にとって絶対に隠しておきたいこと。 しかし、なぜか同じグループのメンバーの一人、市川圭には拓海の二つの秘密が知られていた。さらには、圭は拓海のことが好きだという。 拓海も圭のことが嫌いなわけではないし、グループの後輩としてメンバーとしては可愛がっている。だが、恋愛対象として見たことは一度もなかったし、何より圭はノンケだ。 「ノンケのくせに俺が好きだなんて言われても信じられない。勘違いだ」 拓海も初めは強く突っぱねていたが、まっすぐな愛情を情熱的に伝え続けてくれる圭に次第に絆されていく。 そのうち圭が拓海の一人暮らしの家に押しかけてきて同居することになったが、引っ越してきた日の夜に性的な関係をもってしまう。 圭に惹かれていく一方で、親友として———時に親友以上に拓海を扱ってくる広輝のことが諦めきれない拓海。 広輝には親友としか思われていないことは分かっているけれど、親友以上に思われているのではないかと感じてしまう時もあって、その度に心が揺れてしまう。 親友で長年の片思いの相手広輝のことが諦めきれないけど、好きだと伝え続けてくれる圭のことも切ることが出来ずにずるずると関係を続けてしまう。 広輝か、圭か。拓海が最後に選ぶのは———。 そして、不毛でいびつな三角関係の行方は———。 2021.09.27〜

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間3分

    この作品を読む

  • 彼のとなりを希う

    足の不自由な鈍感上司×入社1年目の新人

    3,300

    0


    2022年3月25日更新

    瀬戸耀哉は大学を卒業後、 第一志望のIT企業に就職した。 忙しくも充実した日々。 仕事も生活も順調な瀬戸だったが、 そんな彼にはある言えない秘密があった。 それは、男が好きであるということ。 中学の先輩を好きになったあの日から、 ずっと隠すように生きてきた。 それなのに。 「俺、男が好きなんです。」 飲み会の帰り道。 暗がりで互いの顔はよく見えない。 「どうして俺にそれを…?」 気付けば会社で出会った1人の上司、 逢坂理一に秘密を打ち明けていた。 初めは自分を揶揄うための冗談かと疑っていた逢坂も、 瀬戸の真摯で真っ直ぐな姿勢に次第に惹かれていく。 自分に劣等感を抱える足の不自由な逢坂と、 小さな頃から何事も人並み以上に出来た瀬戸。 交わるはずのない2人が出会ったとき、 止まっていた時が静かに歩みを進める。 「俺、歩くの遅いから先に行ってて」 「いえ、一緒に行きます。」 歩幅もペースも違う。 それでも彼らはとなりを希う。 あの時から、多分、俺は貴方に惚れていた。 ――瀬戸耀哉《せと ようすけ》―― 22サイ。181センチ。 数ヶ月前に大学を出たばかりの社会人1年目。 口数は多くないが密かに女性人気が高い。 ――逢坂理一《あいさか りいち》―― 30サイ。172センチ。 温厚で周りからの信頼も厚い瀬戸の上司。 お酒はそんなに強くない。 —――『BOYSFAN』 ――— BLコミック原作小説コンテスト お題『リーマン』にてエントリー中 初投稿になります。 感想等いただけると嬉しいです。 更新&お返事は基本、夜か休日に。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 君の名を呼ぶ BOYs!

    君ならどう生きる? 自称・社会派BL

    147,803

    623


    2022年3月18日更新

    みどり茶緑ちゃさんに唯一の女子キャラ「アヤちゃん」を描いて頂きました!無断転載禁止です! アヤぽんは峰不◯子に勝ったぜ、このいい女っぷり!JKなのに 笑。 ##直木俊様に素敵なレビュー頂きました!!感謝感激!!### 自分の性自認や性嗜好に悩み、職場での無理解、嫉妬、理不尽、等々悩み傷つき葛藤し、分かれたり新たな出会いが有ったり。社会の中で生きづらさに苦しみながらも足掻き続けるボーイズの物語。あなたならどう生きますか?BLに興味の無い方に読んで欲しい話です。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間31分

    この作品を読む

  • ウエデングゲーム このウエデングは問題あり・・祖父のご命令のお相手は・・あれ?

    ほのぼのなB・・・

    300

    0


    2022年3月9日更新

    とあるアラブ系なお金持ち・・伝統に従って祖父の命で 婚姻に望むが・・が・・あれ?

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 魔王が強くてニューゲームを始めるらしいので、次代の勇者を育成することになった。

    元勇者が次代の勇者を育てる物語

    4,100

    0


    2022年3月5日更新

    勇者は魔王を打ち倒した。 そうして世界は平和を手に入れたのである。 ――それから十年たったある日。 平凡ながらも平和な日々を送っていた勇者ヴァルの元へ、魔王誕生の先触れが伝えられた。 女神にもたらされた神託によると、女神は魔族の崇める魔神と話し合いの場を持ったらしい。勇者ヴァルが想定よりも強すぎたため仕切り直しと銘打って、次代の魔王は先代の力を全て引き継ぎ十年後に誕生すると決まった。そして次代の勇者は、先代の勇者を師事し鍛錬を積みそれに備えること。 そんな想定外の神託により、次代の勇者――アレク八歳を引き取ることになったヴァル。 彼の『勇者育成という名の子育て』が今、始まったのだった。 優秀なアレクは、新しい生活に戸惑いながらも多くを学び吸収し確実に力をつけていく。彼のためにすべきことを考えるヴァルの毎日は、とても充実していた。 そんなヴァルの前に立ち塞がるアレクの反抗期。 しかし、そのことを嘆いている暇は、ヴァルにはなかった。色々な課題や問題をアレクに寄り添い乗り越えていく。反抗期がなんだ、二人ならきっとやっていける。絶対にアレクを立派な勇者にしてみせる。 そう思っていたヴァルであったが―― アレクが十八歳になった時、こう言われてしまう。 「俺はお前のことを家族として好きなわけじゃないからな」 魔王誕生まであと少し、師として家族として元勇者として、アレクを無事に送り出さなくてはいけないのに。 どうしてこんなにべったりに育ってしまったんだ。 あぁ、女神よ。 ぼやいてすまないが、やっぱり俺は子育てには向かなかったんじゃないだろうか。 ◆『BOYSFAN』BLコミック原作小説コンテスト:お題フリー

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間15分

    この作品を読む

  • 社内恋愛は異世界から始まる

    BLです。よろしくお願いします

    11,000

    0


    2022年3月3日更新

    とある会社に入社して一年目の鈴木皐(すずきのぼる)は上司である武山(たけやま)から日々セクハラ一歩手前の扱いを受けていた。残業で二人きりで残ることはもちろん、まだ一年目でノウハウを教えてもらっているのだがやたらと武山からのボディタッチが多かったり、距離が近かったり、飲み会では必ず隣に座らされたり。武山は他の新人にも厳しいのだが、自分には厳しい以上に別の意味での甘さがあった。そんな毎日を過ごし心身ともに疲弊した皐は、ある日武山から体調を心配され、無理矢理車で送ると武山の車に乗せられてしまう。そこでも武山からのスキンシップを越える態度につい激昂し、車から飛び出してしまう。武山が自分の名を呼んだ瞬間、目の前が真っ暗になった。皐が目覚めた時、周りは見たこともない美しい花が咲き乱れる森の中だった。そこで皐は、見たこともない格好をした人々に出会う。彼らに連れられ、訪れた城の中で皐は上司の武山に瓜二つな男と出会う。その男はこの領土の公爵で、本当に武山と瓜二つだった。公爵の前に連れ出された皐は、偉そうに振る舞う公爵に武山を重ねてつい詰め寄ってしまう。本来なら打首になってもおかしくないところ、公爵はそんな皐に興味を抱くのだった。 テーマ「リーマンもの」

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間23分

    この作品を読む

  • 魔法使いに呼ばれたら【BL】

    ワケアリ美青年×平凡男子 恋と成長の物語

    5,400

    0


    2022年2月25日更新

    ◇『BOYSFAN』BLコミック原作小説コンテスト 二次選考通過しました。ありがとうございます! ──────────────────────────── 将来の夢は「平凡な大人になること」。 幼い頃から分相応に生きろと言われ続けた秋野は、自分がいかに凡庸でつまらない人間なのかを理解していた。学校では一日の中で教師にしか名前を呼ばれない。友達と呼べる人はたった一人。成績も運動も、見た目だって平々凡々。そんな自分の人生を悲観的に捉えてはおらず、これがまさしく分相応の正しい生き方なのだと信じていた。こうして『平凡』を着て生きていけば、それなりの幸せは手に入るはず。ドラマチックな人生は要らない。静かな水面のように、ただゆらゆら流れて生きていければいい。 そう思う傍ら──なにかが足りない、どこか満たされないと叫んでいる自分の存在にも気づいていた。 そんなある日、偶然立ち寄った公園で謎の美女・ナナと出会う。 あまりに美しいその姿に見惚れていると、突然キスをされてしまった。大混乱に陥った秋野を見て、ナナは悪戯に笑う。そしてこう告げた。 「俺、女なんて言ってないじゃん」 「え?」 ナナは美女ではなく──とんでもなく性格の歪んだ、とある劇団に役者として所属する美青年だった。 舞台に立つときだけヒロインになるナナ。その強引さに振り回され時間を共にするようになった秋野は、だんだんナナに惹かれていく。 けれどナナは他の誰かに恋をしているようだった。 相手は誰なのか、どんな恋をしているのか──なにもわからないまま、秋野はナナの演技を間近で観続ける。 次第に恋愛とは別の高揚も抱き始めた。舞台演劇の魅力に取り憑かれ、自分の人生はこのままでいいのかという疑問が湧いてくる。 高校三年の夏、人生の岐路。はじめての恋と未知なる世界への夢で、秋野の頭は埋め尽くされていく。 やがてナナの過去を知り、傷を知り、秋野はひとつの決断をする── ──────────────────────────── 『BOYSFAN』BLコミック原作小説コンテスト応募作品 「お題:フリー」

    読了目安時間:3時間5分

    この作品を読む

  • 小説を読まない君へ

    拝啓 小説を読まない君へ

    117,400

    2,190


    2022年2月18日更新

    拝啓 小説を読まない君へ 君は小説を読まないだろうから、君のことを小説に書いておこうと思うよ。 もしかしたら間違えている所や、君の気に食わないところもあるかもしれない。 でも大丈夫。君はきっと、小説を読まないだろうから。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • 魔王を倒して元の世界に帰還した勇者パーティーの魔法使い♂が持て余した魔力を消費するために仲間の僧侶♂を頼ったら酷い目に遭っちゃった話

    完結✨【BL】執着僧侶×不憫魔法使い

    145,200

    110


    2022年2月17日更新

    頼れるのはおまえだけ。 【2022/02/17 完結、全108話】 異世界に召喚された勇者一行は数ヶ月に及ぶ戦いの末に魔王を倒した。これで元の世界に帰れる!と喜んだのも束の間、彼らには『授かった能力が消えない』『能力がバレたら死ぬ』というふたつの呪いが掛かっていることが判明する。 肉体強化系の『勇者』と『格闘家』、魔力持ちの『魔法使い』と『僧侶』。4人は呪われたまま元の世界に帰り、それぞれ離れた地で日常生活を送っていた。 しかし、数日後に問題が発生する。魔法を使わないと魔力が溢れ出し、周囲に異変を巻き起こしてしまうのだ。監視カメラやスマホ、ドライブレコーダーだらけの現代日本ではバレないように魔法を使うことは不可能。困り果てた『魔法使い』諒真(りょうま)は同じ魔力持ちの『僧侶』創吾(そうご)を頼り、一緒に魔力発散をすることに。 空間魔法で存分に暴れられる場所を作ってもらい、魔法を使いまくって魔力を消費するはずが、標的がなければ魔法がうまく発動しない事態に。補助や回復魔法の使い手である非戦闘職の『僧侶』創吾は魔法で生み出した盾を標的に見立てて攻撃させるが、諒真の心理的な問題と魔法の省エネ効率化により強力な魔法が使えず。時間をかけ、弱い魔法をちまちま使って何とか目的を果たす状態に。 このままでは創吾に迷惑が掛かると分かっていながら、諒真のトラウマもあってうまくいかない。遠慮する諒真に苛つき、彼の心を占める存在に嫉妬する創吾は、魔力発散のためと称して行動を起こす。それは諒真を押し倒して襲い、怒らせること。一時的に心理的な枷を外すことで強力な魔法の使用を可能にするのが目的だが、これは創吾自身の抑圧された気持ちの表れでもあった。 魔王の呪いの真相。異世界側の思惑。 彼らが平穏な日々を取り戻すまでの物語。 *** アホっぽい長文タイトルですが中身は真面目なファンタジーBLです。アルファポリスでも公開中。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間7分

    この作品を読む

  • 指先から伝わる恋

    【BL】誤解から始まった二人の不器用な恋

    1,300

    0


    2022年2月14日更新

    【BOYSFANコン】 テーマ:リーマン(犬っぽい部下✕真面目な上司) 会社の飲み会の翌日、国木要(くにき かなめ)が自宅のベッドで目を覚ますと、横で眠っていたのは今年入社の新卒であり後輩である大谷直行(おおたになおゆき)だった。 なぜ隣で大谷が寝ているのかわからず混乱したまま大谷を起こすと、何やら様子がおかしい。 そわそわして落ち着かない大谷から告げられたのは、交際宣言だった。どうやら昨日のうちにお付き合いが始まったらしい。 酔い潰れて記憶が定かではない国木は、なぜそのような事態に陥ったのか全く見当がつかない。 今まで彼女もいたことがある国木にとって、同性とお付き合いすることになったのは前代未聞だ。 大谷が同性愛者であることを知ってしまったこともあり、無責任に断って傷付けるのではなく、まずは大谷のことを知ろうと距離を縮める努力を始める。 不器用ながら会話を重ねていくうちに、自分にはない大谷のもつ素直さや笑顔に惹かれていく国木。 国木が大谷との関係にしっかり向き合うとした矢先、突然大谷の態度や言動がよそよそしくなる。 はっきりしない態度を取っていた自覚がある国木は、呆れられたかと距離を取りかけるが、このままでは結局逃げているだけだと気付いて、再び大谷と向き合おうと決心する。 国木は自身の想いを伝えると、大谷は初めて全てが始まった夜について語り始めた。 ーー誤解から始まった二人の関係が少しずつ変わっていく。 好きの気持ちだけではうまく行かない現実。お互いを思いやる故に、増えていく悩みを抱えながら、懸命に相手へ向き合う不器用な二人の物語。

    読了目安時間:56分

    この作品を読む

  • 君の隣で実況したい! ~ドSイケボ配信者と陰キャアイドル攻防戦~

    BL*陰キャアイドルの推しはイケボ配信者

    25,607

    18


    2022年2月8日更新

    ■ドSイケボゲーム実況配信者×美形配信(根が陰キャ)アイドル 1/28 BOYSFANコン「リーマン」応募、一次選考通過できました。本当にありがとうございます。 引き続き、完結まで頑張ります!!!!うおおおぉぉぉおお!! * * * * * アランは、スウェーデン人の母と日本人の父を持ち、青く透き通るような瞳が印象的な美しい青年だ。 動画サイト「ヨーチューン」で、流行やメイクに関する動画配信をする「リアム」として活動する姿は、明るく爽やかで“俺様キャラ”な強引さもあり、女性人気が圧倒的だった。チャンネル登録者数も100万を越える。 しかし動画から離れると、前髪で目を隠し、ネットの世界に身を投じる“陰キャ”だ。ネット上の自分と現実の自分に悩み続けている、誰よりも純粋な十九歳の青年だった。 アランには、子供の時から憧れの配信者がいた。低く心地よい声を響かせて、毒舌と自虐の混ざったゲーム実況でコアなファンを掴んでいる「トヨシ」だ。自由なプレイスタイルは六年間変わらずアランを笑わせ、勇気づけていた。心酔するあまりにマネージャーの木戸からも心配され、注意を受けるほどになっている。 一方で「トヨシ」こと土志田 明佳(としだ あきよし)は二十九歳のアラサー社畜。家電量販店の仕事を本業としており、あくまでもゲーム配信は趣味で、自分の楽しみでしかない。それはただのルーティンワークだった。 ある日仕事の残業をし帰宅しようとした明佳に、一人の青年がぶつかってくる。酔いながらも怯えた足取りに巻き込まれ倒れた明佳は、青年に言い放つ。「飲んで酔っ払っていいご身分だね」――その声に、青年は動きを止めた。 「トヨシさん……?」青年の一言で、明佳が青ざめる。 潤み、熱を持った眼差しがじっと明佳を捉えている。それは、青空のように澄んだ美しい瞳だった。 * * * 一向にアランに興味を抱かず現実を生きる明佳とは逆に、想いが募るアラン。しかしそれは喜ばしいだけのものではなかった。 やがて曝かれるアランの過去と、過去に与えた明佳の影響。二人の関係が変わっていく。

    読了目安時間:1時間39分

    この作品を読む

  • 庭には二羽の竜の子が来る

    夢見る青年 × 色の見えないおじさん

    2,900

    10


    2022年2月6日更新

    夏来 求(なつき もとむ) 26歳 蘇芳 多喜夜(すおう たきや) 40歳 そして、ブーちゃんとたーたん

    読了目安時間:57分

    この作品を読む

  • 【BL】スパダリ系タレントの先輩が、興奮すると黒猫になっちゃうんすけど。

    スパダリ系芸能人×後輩芸能人

    6,500

    0


    2022年2月4日更新

    「俺と──してくれないか」 そんな依頼から始まった、スパダリ系芸能人・春日野朔×後輩芸能人・神崎幸哉の関係。 それは春日野が抱える、ある呪いを解くためだった…… 3人組のアーティストグループ「Eclat」メンバー・神崎幸哉は、TV局の楽屋で今日も事務所の後輩をたぶらかしていた。それは幸哉にとって、仕事前のルーティーンのようなものだったのだが、そこへ突然、超売れっ子アーティスト兼俳優の春日野朔が入ってきてしまう。 これが世間に知られれば、芸能人としてはかなりマズい。「仕事が終わったら話がある」と春日野に言われ、説教覚悟で春日野が住むタワマンへ幸哉は赴く。 ところが春日野は、自分としてくれたら事務所には黙っていても良いと言う。 幸哉にとって事務所のタレントとどうこうするなど日常だったため、あっさりとOKするものの、春日野は心拍数が上がると黒猫になってしまう魔女の呪いにかかっており、簡単にすることはできないと告げられる。 始めは春日野の話を信じなかった幸哉だが、試しにキスを迫ってみると、本当に春日野は黒猫に変身してしまう。そして、1年後までに誰かと最後までできないと、黒猫のままで生きていくことになると語る。 協力を約束する幸哉だったが、春日野がバラエティ番組で走らされることになったり、2ヶ月後に自身の全国ツアーが決まってしまったりと、その先にはどこまでもドキドキハラハラな芸能生活が待っていた── 芸能界×セレブ生活×ちょっとだけファンタジーな韓国ドラマ風BL! 果たして彼らは、呪いを解くことはできるのか!? ◆『BOYSFAN』BLコミック原作小説コンテスト参加作品です。 テーマ:3 お題フリー

    読了目安時間:1時間7分

    この作品を読む

  • 【BL】死んだ俺と、吸血鬼の嫌い!

    300年続く、この恋の終焉に、───

    118,300

    665


    2022年1月28日更新

    天涯孤独のソーマ・オルディスは自分にしか見えない【オカシナモノ】に怯える毎日を送っていた。 ある日、シェラント女帝国警察・特殊警務課(通称サーカス)で働く、華やかな青年、ネル・ハミルトンに声をかけられ、【オカシナモノ】が、吸血鬼に噛まれた人間の慣れ果て【悪霊(ベスィ)】であると教えられる。 意地悪なことばかり言ってくるネルのことを嫌いながらも、ネルの体液が、その能力で、自分の原因不明の頭痛を癒せることを知り、行動を共にするうちに、ネルの優しさに気づいたソーマの気持ちは変化してきて…? 吸血鬼とは?ネルの能力の謎、それらが次第に明らかになっていく中、国を巻き込んだ、永きに渡るネルとソーマの因縁の関係が浮かび上がる。二人の運命の恋の結末はいかに?! 【チャラ(見た目)警務官攻×ツンデレ受】 ケンカップル★バディ

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間38分

    この作品を読む

  • Hand to Heart

    (自分の)萌え詰め合わせ(*/ω\*)

    4,600

    130


    2022年1月28日更新

    チーム同士のいざこざに巻き込まれた和明は、その時助けてくれた男性をさがして奔走する。周囲の会話から拾ったキーワードだけを頼りに。そして高確率でその男性【コージ】がいるであろう全寮制の男子校に行けることになるのだが、何故か親友の携(たずさ)も一緒に入学した。 運良く【コージ】と再会できた和明だったが、そこには予期せぬ再会もあった。寮長が姉の元カレで、小学生の頃に自分を可愛がってくれた人だったのだ。ルームメイトの智洋ともすぐに意気投合し、楽しい日々が始まる。 まずは体育会の準備が始まり、浩司が団長をすると知った和明はまよわず団員に立候補した。クラスでもう一人団員に選ばれたのは、別の全寮制男子校から来た周一郎で、彼は自分のいた学校のやり方で和明とスキンシップをはかろうとしてくる。和明はそんな周一郎に恐怖を覚えるのだが、同級生の讃岐と智洋に助けられながら、次第に周一郎とも打ち解けていく。 所属したTRPG同好会のメンバーも個性的で、少し尻込みしつつもそれなりに楽しい時間を過ごす和明。クラスメイトには、浩司と同じチームに属している辰史もいて、浩司ファンの二人は推し語りで盛り上がる。 癖のある面々に囲まれながらも、ルームメイトの智洋といるときに感じるものが、ほかの友人とは異なることに徐々に気付いていく和明。 そして智洋も自分に特別な感情を覚えているのだと知り、二人は恋人同士になった。 一大イベントである体育会が終わり、体に負担になるからと自分で慣らすだけに留めていた和明だったが、ついに智洋と体を繋いだ。二人の仲は深まったと思っていたのだが、急に智洋の言動がおかしくなる。智洋のクラスメイトが妙に引っ付きまわっていることに嫉妬する和明だったが、ある日呼び出された場所で智洋とそのクラスメイトのキスシーンを目撃する。その場で糾弾する和明に、しどろもどろの智洋。絶対に別れたくないと言い張る智洋と、別れないならどうにか話し合いで解決しようとする和明だったが、追い詰めてようやく智洋から真相を聞き出すことに成功する。智洋は和明を守るためにやっていたことだが、それは相手の思うつぼで和明を悲しませることになっていたと知り、智洋は反省する。わずかなシコリは残ったが、和明は智洋を信頼することに決め、もう隠し事はしないと約束させたのだった。 【web初出2012年】テーマ[お題フリー]

    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間14分

    この作品を読む

  • 流浪の果てに

    温かい人たちの話です。

    2,000

    未参加


    2022年1月25日更新

    【BOYSFANコン③お題フリー】参加作品です。 〈主な登場人物〉 雨宮京介:高校生。古いアパートでほぼ1人暮らし。高校には勉強だけのために行っている。成績は優秀だが学校に友達はいない。警察官である加瀬壮太郎の紹介で佐伯悠の店でアルバイトを始める。少し潔癖症。不眠症。小学生の時に大事な友人を失い、その喪失感から今も抜け出せないでいる。 佐伯悠:優しく面倒見がいい。父親の小さな商店を手伝っている。小学生の頃から亡くなった母親の代わりに家事全般をこなす。特に料理は得意。 加瀬壮太朗:警察官。柔道の有段者。何事にも動じない。機嫌が悪くても表情に出すことはないが、親しい人には皮肉っぽい口調になる。佐伯とは保育園時代からの友人。 佐伯和彦(親父):悠の父親。小さな商店を経営。妻を亡くした後、男手1つで悠を育てる。ヘルニア持ち。 田所律子:老舗和菓子店の女将。夫と出会って女将に落ち着くまでは底辺といえる生活を送っていた。保証人がいなくて部屋を借りるのにも苦労した経験があり、現在はアパートを1棟経営。身寄りがない人たちに優先的に貸している。大家もこなす。自分に厳しく人にも厳しい。 雨宮凛子:京介の母親。生命力溢れる強い女性。10代で京介を妊娠し相手の男と結婚する約束をするが、出産直前になって相手に捨てられる。京介を出産後はホステスなどして金を貯め、事業を起こす。現在は複数の事業を掛け持ち、京介が待つアパートを訪れることはほぼ無い。

    読了目安時間:25分

    この作品を読む