R15

検索結果:1,000件以上

  • 彼女がいるなら、世界なんて滅んでも良い。

    ♡31,100

    〇100

    現代ファンタジー・連載中・9話 n00ne

    2019年12月9日更新

    人間というのは随分と身勝手だ。 自己中心的で自己満足的で自己保身的で自己保存的だ。 自分が一番可愛くて、そんな自分を穢されるのが許されなくて、他人を貶して貶める。 その貶し貶めが、自分を更に穢すなんてことを知らないまま。 馬鹿な生き物だ。 自分も、その子供なのだけれど。 更に言えば、失格なのだから手に負えない。 だけど、それでも。 自分は、彼女を守るために戦うことにした。 ※本作は、さくもさん主催の『プロローグ書き出し祭り』参加作品です。お誘い頂きありがとうございます。 なお本作は、続くかもしれないし続かないかもしれません。 ※プロローグ祭にて、応援ポイント4位を頂きました!お読み頂いた方全てに感謝を! そのうち連載始めますので気長にお待ちください。 ※連載を始めました。ゆっくりした更新スピードですがよろしくどうぞ!

  • 異世界ロボット無双もの作品、推して参る!

    ♡8,000

    〇10

    異世界ファンタジー・連載中・77話 有原ハリアー

    2019年12月9日更新

    ※設定集は最初に読まなくとも楽しめます 光と共に、青年は再び大地を踏みしめる。 記憶を取り戻し、そしてその先へ進む為に、彼は最高の相棒と共に戦い続ける―― これは最強の漆黒の騎士と、それを操る最強の男の物語。 (あらすじ) 記憶を失った青年は、一人の少女を、人型機動兵器“魔導騎士(ベルムバンツェ)”を駆って助ける。 そこに駆けつける一台の魔導騎士には、少女の師匠、リラ・ヴィスト・シュヴァルベが搭乗していた。彼女は青年に名前を授け、屋敷を使う事を許す。 かくして青年は、リラの屋敷を拠点として、記憶を取り戻す旅を始めるのであった。

  • 魔法がある世界で、なぜ銃撃戦してるんだ?

    ♡28,400

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・102話 綾雅(りょうが)

    2019年12月9日更新

    ※エブリスタ 2019年7月 「特集 最強無敵の主人公~どんな逆境もイージーモード!~」に選ばれ掲載されました。 異世界転移―――サバゲーの大会中にオレは衝撃的で情けない死に方をした。 『魔法の使えるファンタジー世界』への借りを返すため、自称カミサマが選別した結果らしい。そのまま転生かと思ったら、多少弄って転移となりました。 魔法が使え、皇帝や貴族、魔物、獣人もいる中世ヨーロッパ風の世界。簡易説明とカミサマ曰くのチート能力『魔法』『転生先基準の美形』を授かったオレの新たな人生が始まる! が、違う! 説明と違う!!! オレが知ってるファンタジーな世界じゃない!? 放り込まれた戦場を絶叫しながら駆け抜けること数十回。 あれ? この話は詐欺じゃないのか? 絶対にオレ、騙されたよな? これは、間違った意味で想像を超える『ファンタジーな魔法世界』を生き抜く青年の成長物語―――ではなく、苦労しながら足掻く青年の哀れな戦場記録である。 【注意事項】BLっぽい表現が時折ありますが、BLではありません(ネタバレになるので詳細は伏せます) 【重複投稿】エブリスタ、アルファポリス、小説家になろう、カクヨム、ツギクル 【更新頻度】ほぼ毎日すこしずつ

  • 魔法少女ものって面白いよね

    ♡200

    〇5

    現代ファンタジー・連載中・10話 神楽

    2019年12月9日更新

    俺は中学2年生の真漆辺《まななべ》 優希《ゆうき》。そんな中学生活を存分に使っている俺が遊びに行った駅の近くのデパートで、突如、鬼が現れた!鬼は街の人を襲い、更には俺をも襲われそうになったとき、彼女は顕れた。 「あなた、魔法少女にならない?」 「え?」 「あ、間違えた。んん゙。ねぇ、僕と契約して魔法少女に・・・・・・」 「それ以上はダメだ!」 これは、魔法少女になって苦労する少年と人々を襲う化け物との戦いの話し。

  • 性行為しなければ、人類は絶滅するらしい。

    ♡10,800

    〇550

    SF・連載中・32話 松本まつすけ

    2019年12月9日更新

    「私と性行為《セックス》してくれませんか?」 ――突然、見知らぬ少女に、そんな熱烈な子作りを要望される。 宇宙の何処かを漂うコロニー『ノア』で蘇った男・ゼクラは人類を滅亡の危機から救うべく、 どういうわけか子作りに励むしかなかった。 人類が滅んで数百年、地球が滅んで数十億年もの先の未来で、 宇宙の果てを舞台に始まる子作りSFファンタジー(ラブコメ風味)な物語。

  • 楽しんで読んでもらえたら何よりです。

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・40話 ファイ

    2019年12月9日更新

    これは誰も知らない物語... ある日、‛世界の虚無化’によって世界は消滅した。しかし何もない空間へと転移したおかげで‛虚無化’から逃れられた少年...水無月慎はそこでメアと名乗る青白い火の玉と出会った。 メアの話を聞いてさまざまな異世界で‛世界の虚無化’が起こっていると聞いた慎は二つ返事で世界を救うために旅に出ることにした。 数々の異世界を旅していく中で慎は多くの出会いと別れを繰り返す。 そして慎は真実を知ることとなる...真実を知った慎が選ぶのは...

  • マジ天使な容姿の少年が異世界征服!

    ♡6,100

    〇480

    異世界ファンタジー・連載中・5話 琉斗リュート(原案:すじしまどじょう)

    2019年12月8日更新

    高遠瑠吹愛(こうえん るふぃあ)はキラキラネームと可愛すぎる容姿のせいで小学校でいじめられ、8歳のときから不登校になってしまった。それから5年。13歳になった瑠吹愛は、引きこもっていた部屋のエアコンが真夏に壊れたため、熱中症で短い人生を終えた……はずだった。だけど『光の女神』を名乗る並行世界管理AIに選ばれてゲームっぽい異世界に転移し、いろいろしているうちに世界制覇を目指すことに。 ※僕の家族である「すじしまどじょう」がかつてカクヨムで公開していた作品のプロット提供を受け、改稿した上で続きを書くものです。 以下URLの「すじしまどじょう」カクヨムの近況ノートを参照ください。 https://kakuyomu.jp/users/vegalyra/news/1177354054892575732 ※運営に問い合わせた上、掲載許可をいだだいています。

  • 男子高校生と悪夢を食べる少女達のラブコメ

    ♡12,750

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・59話 白うさぎ

    2019年12月8日更新

    「アナタの悪夢《ユメ》を 食べさせてください」─────── ある日のバイトからの帰り道、 星見ヶ原高校に通う高校二年生の男子生徒 【夜戸守 悠】《やとがみ ゆう》は道端で倒れていたバクを模したパジャマを着た謎の少女 【憑夜】《つくよ》 と出会う。 空腹で倒れていたという憑夜は 「アナタの悪夢《ユメ》を食べさせてください」 といきなり悠にキスをしてきて─────!? これは生まれながらに悪夢に悩む男子高校生と ひょんな事から夢の世界からやって来た少女と 愉快な学校の仲間たちが織り成す ちょっとエッチなハチャメチャラブコメディ! 初めて書く小説ゆえ拙い箇所もあると思いますが どうか温かい目で見守って下さい。 感想など皆様のコメント、お待ちしております!

  • ♡シコティーワールドをご堪能あれ♡

    ♡108,158

    〇1,100

    異世界ファンタジー・連載中・110話 シコティー

    2019年12月8日更新

    秋月薫は後輩の森山未來が心配で仕方がなかった。 というのも、彼女が最近気分が落ち込み仕事が出来なかったからだ。 秋月は森山に優しく相談すると、ストーカーされているらしい。 秋月は心配で一緒に森山を送り届ける。 が、そこで待っていたのはストーカーの男。 目の前で森山がストーカーの男に襲われ、 秋月はそれを止めるために果敢に挑むも、力尽きてしまう。 最後に願ったのは自分の小説の主人公になりたい、と。 次に目覚めると、そこは見知らぬ天井だった。 「あら? 目覚めたの? ヴァルド? おっぱいの時間でちゅね!」 そう言いながら母乳を飲ませる美女がそこにいた。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 表紙絵はコタロウさんに描いてもらいました! 挿絵:カイン/エレナ/ラーナシア/アリス 担当:あっきコタロウ様 そしてふたりでワルツを【漫画版あり】 https://novelup.plus/story/211382776 尚、タイトルの前に『☆』がある作品は挿絵ありですにゃ(´◉◞౪◟◉) こちらの作品も宜しければご一読お願いします! 今オススメの動画はコチラ! Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=4sgQBlbxJvg&feature=youtu.be こちらから編集者の堤様の動画が見られます^^

  • アセンション――〝惑星地球の次元上昇〟

    ♡1,300

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・54話 塩麹絢乃

    2019年12月8日更新

    我々の住む頭上に、同次元平行世界線上の『別地球』が投影されていた。 その数、二。 数年前、突如として現れた二つの『別地球』は、北太平洋と南大西洋の直上で、『地球』の自転公転に付かず離れず、昼夜問わず、月も、太陽も、天に散らばる満点の星々も覆い隠して――唯、其処に在った。 「昼夜問わず」と言ったように昼も来れば夜も来る。つまり、太陽の光は届いている訳だから、太陽は変わらず存在するだろう。更には潮汐も正常である事から、月も存在するであろう事が分かるし、同時に『別地球』の引力等は『地球』に全く影響を及ぼしていない事も分かる。 ならば、頭上の仰々しいあれは何なのだ? レンズを通せば途端に消え失せてしまう存在であるとしても、肉眼の視界に於いて二つの『別地球』は確かに在る。 我々の頭上に、泰然と、ただ在る。 だが、それだけでしかなかった。 天変は世界の終わりを意味しない。しからば、目先には飯が必要であるし、その為に朝がくれば仕事にいかねばならない。 兎角、日常生活に全く何も影響しないのであるから、いくら高名な学者様や怪しげな宗教家どもが連日騒ぎ立てようとも、一部の数奇者を除く世間の関心は次第に薄れて行った。 誰にも愛されていない主人公『四藏匡人(よつくら まさと)』も、そんなご多分に漏れず天変を看過する一人である。 彼に関して、この場では多くを語らない。 が、彼が『正義を知らない子供』であるという事だけ、心に留めて置いて欲しい。 ―――――― 一話 生まれながらにして異能を持つ四藏匡人は、その“特技”を利用して、スリや置引で日々の悪銭を稼ぎ糊口をしのいでいた。 『ぬるま湯の如く心地良き頽廃の日々』 彼は自身の人生をそう厭いながらも、生来の意志薄弱さから変革を起こせずにいた。 そんなある日の事、「仕事」を終えて住み家であるボロアパートへ帰ると、中で誰かが待ち構えていて―― ―――――― テーマは《正義》、《インフレーションとデフレーション》、《ℭ 𝔬 𝔰 𝔪 𝔬 𝔰(宇宙)》、《無差別級!異種混淆異能バトル!》、《頭脳戦(できたら)》、《異世界》 習作。 五章、百万文字ぐらいで終わる予定です。

  • 彼は待ち続ける。夕映えの眩しいその場所で

    ♡3,600

    〇0

    その他・連載中・84話 Pro-ZELO

    2019年12月8日更新

    『あの日』何が起きたのか。 そして『あの日』から、僕たちは、どんな思いを紡いできたのだろう。 あの瞬間を、懸命に、自分の使命と未来を信じて、 僕らが生きた、96日の、真実の記憶の欠片。 そして、僕たちが夢見る、未来でまた、巡り会うため。

  • 彼が選択するのは異世界か……それとも

    ♡1,050

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・12話 水月空

    2019年12月8日更新

    ある日、学園にいた生徒教員全てが異世界へと転移してしまう。そして、彼らを呼んだのはバンダール王国だ。彼らは言う、魔王を倒してほしいと……。帰るためには仕方ないと割り切り始める少年少女達。そんな中、バンダール王国の姫、レイラ•バンダールは主人公——鳴宮玲夜にあることをお願いする。「魔王を倒した後、この異世界に残ってこの国のために戦ってほしいの」一度は断った玲夜だが、現代で居場所がない彼はこの世界で仲間を見つけた。そして、彼の考えが変化していき残るのも悪くないと考え始める。

  • あなたが放つ星の輝きは、何色ですか?

    ♡126,800

    〇未参加

    SF・連載中・171話 駄ヶ目

    2019年12月8日更新

    人は、誰もがたった一つの星である。 これは、Solo Oro StellaというVRMMORPGで使われているキャッチコピーだ。様々な星を旅して強くなっていく、ファンタジーとSFを合体させたようなゲームである。 御堂空は、妹の双那から一緒にゲームをやってくれないかと頼まれ、二人でプレイし始める。 ところが問題だらけのゲームだった。 MMORPGなのに、パーティーを組めない。 MMORPGなのに、ソロ推奨。 MMORPGなのに、プレイヤー同士の協力は忌避される。 他人を蹴落とし、自分だけが高みにのぼる。自分が頂点に立ち、たった一つの星となる。 殺伐とした内容にうんざりするが、少ないながらも仲間ができ、気になる女の子もできる。仲間たちと遊ぶのは楽しかった。 やがてゲームを進めた時、タイトルやキャッチコピーに込められた真意を知る。 鍵を握るのは一人の少女だった。 少女の正体は? ゲームの秘密は? たった一つの星を目指す、『全員』の物語を、あなたに。 ※別サイトで投稿していた作品の転載になります。(多少改稿しています)

  • 始めからすべて改稿しなおしです。

    ♡3,800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・84話 コロンact01

    2019年12月8日更新

    この話かい。 普通の高校生だった二人が世界を変えるのさ。初めは弱い。 けど、あきらめなければいつか一気に強くなり世界を超え神を超える。 様々な精霊、妖精そして人工知能などを従えて世界を改変していく。 戦いももちろんある。 まあ、この世界は創造兵器が多いというのは確か。 そして、町は異世界ならぬ未来世界のような雰囲気を醸し出しているともいえる。 敵は一瞬しか出てきません。そして、倒されるのも一瞬だったりめんどくさいのがいたりとごちゃごちゃします。そこは、温かい目で見てください。 それでこれは一度消したのですがそれを再度書き直しています。一世非公開はできなかったのでもう一度書き直すためけじめをつけるために消しました。

  • 乙女たちよ、その執念で空虚を満たせ。

    ♡45,100

    〇100

    現代ファンタジー・連載中・12話 0秒小町

    2019年12月8日更新

    ――これは、からっぽの物語。……からっぽな人間の物語。―― 遠い未来、人々は魔法でこの世を治めるようになった。 非科学的なその力は、科学では成しえないことを遂げ、たちまち国民は幸福になった。国すべてが満たされた。 ――――……だと良かったのに。 満たされた世界で、からっぽの少女がひとり。 記憶と個性を持たない彼女はその空虚を満たすため、機密部隊「ギアーズ」に入る。 魔法を奪うためにやってくるバケモノ。魔法に対抗する科学研究機関。 “どうかあの子を満たしてくれ” 切なく儚く美しい、命の巡り合わせと共に。 S(少し)F(ファンタジー)な近未来魔法物語。 ―――― 小説家になろう 様にも投稿しています。

  • チートなし。少年よ、絶望に染まれ。

    ♡93,700

    〇90

    異世界ファンタジー・連載中・27話 朝食ダンゴ

    2019年12月8日更新

    日常に飽き飽きし、異世界に憧れる高校生カイトは、不幸にもトラックに轢かれ異世界へ転移を果たす。 転移の際、女神に言い渡されたのはチートなしの宣告。 意気揚々と異世界に乗り込むカイトであったが、たどり着いたのは血と死臭に満ちた戦場のど真ん中であった。 大気にあまねくマナはカイトにとって猛毒。 容赦なく襲い来る魔族と、カイトを敵視する人間たち。 絶望の中で、カイトは亡き妹との約束を思い出す……。 異世界チート無双へのアンチテーゼ。 異世界に甘えるな。 自己を変革せよ。 チートなし。テンプレなし。 異世界転移の常識を覆す問題作が、ノベルアップ+に登場。 ――この世界で生きる意味を、手に入れることができるか。

  • ※あなたは覗き魔になることができます

    ♡200

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・14話 椎名めぐみ

    2019年12月8日更新

    母 ナデカ 息子 デン この親子の『シゴト』は、この世に不要で無価値になってしまった人間を、社会的に追い詰め自殺させることだった。ぼろぼろと自殺者を零しながら、人類は進歩していく。人類は調和していく。

  • 是非、読んでください。

    ♡86,550

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・133話 小林誉

    2019年12月8日更新

    かつて世界を救った勇者ブレイブ。凱旋する彼を快く迎え入れていた人々だったが、次第にその力を疎まれ、邪魔者扱いされるようになる。煩わしい人付き合いや陰湿なイジメに辟易した彼は、とある農村に移り住む。そこに現れたかつての仲間である女魔法使い。彼女は言った「新たな体と新たな名前を手に入れ、新しい人生を歩め」と。ブレイブの得た新たな体は、本人の意思を無視した美少女の体だった!? 姿形は変わっても力は以前同様化け物並み。美少女に姿を変えたブレイブの新たな人生が始まる。

  • 戦わなければ生き残れない、わけでもない

    ♡128,600

    〇35,860

    異世界ファンタジー・連載中・176話 あずM

    2019年12月8日更新

    シオリは姫神に転身し、他の六人の姫神と戦うことにした。 ある日、女子高生のシオリは山中で目を覚ます。 そこで勇敢なアマン、怪力のウシツノ、博識のアカメという三匹のカエルと出会う。 魔女によればシオリは七人の姫神の一人、白姫としてこの地に降臨したらしい。 同じく獰猛なトカゲ族の元には、女子大生のレイが黒姫として降臨していた。 姫神の力は人智を超える。 降臨した姫神を利用しようと各地で戦争が勃発。 カエル族はトカゲ族の襲撃により、あえなく滅亡してしまうのであった。 北のクァックジャード騎士団の赤き鳥タイランの助力を得て、三匹のカエルと白姫はトカゲ族、そして黒姫と戦うことに! 裏で暗躍する金眼の魔女オーヤ、火竜の力を宿す紅姫アユミの暴走! 様々な思惑が交差する戦略群像劇。 人さらい集団エルフと銀姫、桃姫の戦い。 盗賊都市での殲滅戦。 戦闘怪人に追われる三人の女子校生。 そして冒険者として旅に出る亜人一行としがない元OLの金姫。 力と智慧が語る、姫神システムの真実を巡る少女たちの冒険。 【第1回ノベプラ大賞1次通過作品】 「小説家になろう」同時連載。

  • 暁伝 前日譚。

    ♡15,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・22話 Lance

    2019年12月8日更新

    ヴァンピーア城。長年、光の者達の要となっている最前線の城である。 光の者とは人間を筆頭にエルフ、ドワーフ、有翼人、そして魔物と呼ばれかつては敵対していた者達のことを指す。 太守は英雄と名高いバルバトス・ノヴァーであり、かつては相対する闇の者、ヴァンパイアロードのものだった城を奪い返したその筆頭もこの人物であった。彼の英雄譚は様々な形で残ってはいるが、あいにく彼が主人公では無い。 主人公は兵卒のアカツキ。彼は現在十六歳。青年になったばかりだ。 そんなアカツキの知られざる物語が今、明かされる。