恋愛/ラブコメ 長編 完結済

隣の遠野さんを紹介します!~僕の婚約者は18歳年上のキャリアウーマン~

作者からの一言コメント

応募作品です。よろしくお願いします。

読了目安時間:2時間12分

隣の遠野さんを紹介します!~僕の婚約者は18歳年上のキャリアウーマン~の表紙

 僕、松山洋介。  祖母と二人暮らし。  中三のバレンタイン。  隣に引っ越して来た会社員の遠野さんから、ギリチョコだって妙に詳しく説明されてチョコレートもらったんだ。  遠野恭子さん。近くの小さな広告代理店に勤務するバリバリのキャリアウーマン。企画部第一グループ主任。  僕より十八歳年上なんだって・・・  失礼なことなんて聞いてないよ。ご本人が自分で個人情報スラスラ話すんだもん。  高校一年のときは、カレ氏につくったら余ったからと説明付で手渡された。  高校二年。三年目のバレンタインって、なんだか暴風雨の予感・・・    年の差、十八歳。  少年とキャリアウーマンの関係はどのように発展していくのか?  恋する人の成功のため!  恋する人の幸せのため!  一生懸命生きるなら、誰だってイケメンと美女!  誰だってステキな恋が出来る!!  未だに社会にはびこる女性へのセクハラ、パワハラ!  会社の若手管理職は、遠野さんを「おばさん」と蔑み、遠野さんの部下と一緒になって追放を画策!  ウーマンパワーを敵視する週刊誌の編集長は、遠野さんの正義感が招いたトラブルを悪用!  遠野さんと松山君のふたりを不適切な関係と攻撃!  ふたりに絶体絶命の危機!  年の差十八歳のステキなカップルが、お互いをカバー!力を合わせ、 どんな困難だって一刀両断していくラブコメ!  高校生の僕と18歳年上のキャリアウーマンの遠野さんが婚約して結婚に向って二人三脚していくストーリー。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 隣の遠野さんを紹介します!~僕の婚約者は18歳年上のキャリアウーマン~
作者名 倉橋敦司
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 乙女チック原作コン 年上愛 ラブコメ
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年5月8日 20時58分
最終投稿日 2021年5月31日 11時56分
完結日 2021年5月31日 11時56分
文字数 65,797文字
読了目安時間 2時間12分
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ドラばあと、みらくるスリー

    ほのぼの可愛い魔法バトルコメディ

    10,900

    90


    2021年6月23日更新

    これは、小型戦闘人形(ロボ)に転生してしまったゴッドドラゴンと、魔女っ子三つ子姉妹が、異世界の驚異から地球を守る、バトルでコメディな物語。 異世界の守護神、ゴッドドラゴンがその生涯を終え、人間への転生を試みた。 だが、それを利用しようとした悪意により転生に失敗。 なぜか地球に、小型戦闘人形(ロボ)として転生してしまった。 その地球では異世界からの侵略が始まっていた。 迎え撃つのは魔法少女みらくるスリー。 小型戦闘人形(ロボ)となったゴッドドラゴンは魔法少女と共に故郷である異世界からの驚異に立ち向かう! 魔法でロボでドラゴンなファンタジーバトルコメディ、是非、お楽しみ下さい。

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    129,200

    330


    2021年6月23日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:8時間25分

    この作品を読む