現代/青春ドラマ 短編 完結済

流れ星一つ分の奇跡

作者からの一言コメント

約二十年ぶりに再会する親子の話。

読了目安時間:6分

総エピソード数:1話

突然届いた一通の手紙。その送り主は幼少期に家を出て行った母からだった。 母の目的とは……。 他のサイトで公開しているものを改稿したものです。

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 流れ星一つ分の奇跡
作者名 さく
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ シリアス 男主人公 現代日本 日常 別れ 親子 家族 最後の願い 切ない 流れ星 流星群
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年5月18日 12時17分
最終投稿日 2022年5月18日 12時35分
完結日 2022年5月18日 12時04分
文字数 2,912文字
読了目安時間 6分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 1件
コメント 4件
スタンプ 14件
ビビッと 4件
応援ポイント 16,000pt
ノベラポイント 65pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • きさらぎ駅から

    幻想プラクティスコンテスト参加作品

    500

    0


    2022年11月28日更新

    帰りの電車で寝てしまい、気がつけば電車の中は人がいなくなっていた。車窓からは知らない景色。女子高生二人がきさらぎ駅へと迷い込む。 鞍馬アリス様主催の「幻想プラクティスコンテスト」参加作品です。お題「きさらぎ駅でアオハル(青春)してください」 800文字でアオハルは難しい……。ちゃんとアオハルになってますかね(ーー;) これからアオハルが始まるっていう感じかな……( ̄▽ ̄;)

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • ダブルピーク! ~JKがタクティカルシューターで日本一を目指す~

    タクティカルシューターの部活のお話

    11,500

    0


    2022年11月28日更新

    eスポーツに力を入れる全国的にも珍しい女子校、下今女学院(しもいまじょがくいん)。 そこに新入生として入学してきた有永声呼はアリーナ系FPSのプレイヤーだった。 目的はもちろん、eスポーツ部であるが、今どき流行らないアリーナ系FPSはeスポーツ部にもチームが無かった。 泣く泣くタクティカル系シューターというジャンルのゲーム、Counter-Espionage(カウンター・エスピオナージ)のチームに入ることに。 もともとFPSの素養があった声呼はメキメキと頭角を現していく。 そこで出会った仲間たちとともに、全国大会優勝を目指す声呼。 しかしそれはもちろん、簡単な道のりではなかった……。

    読了目安時間:2時間26分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ストーリービルダーズ7

    書籍化記念の新シーズンです!

    6,900

    31


    2022年11月25日更新

    神は考えた。 「ミステリーは上手くいかないということがよく分かった。ここはあえて人気のジャンルで攻めてみたらどうだろうか。となると過去のアンケートから異世界ファンタジーと恋愛だな……ん? 異世界ファンタジーと恋愛……異世界恋愛……そうだ、よく聞く悪役令嬢ものにしよう!」 というわけで、巷でよく聞く悪役令嬢もので行くことにした神様ですが、今回はちょっと趣向を変えて、彼自身がナレーターとなり読者の皆さんに語りかける形で選択肢を提示していくことに決めたようです。 ※今回はいきなり本編から始まります! ☆このシリーズ最初の作品『ストーリービルダーズ』がゲームブックとして発売されます!

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • えっ⁉️ ノベプラでイタズラ企画ですって⁉️😳 そんなの、全力で乗っかるに決まってるじゃないですかー‼️✨ ホント、この小説投稿サイト(❓)は最高だぜッ❗️ いや、でも困ったな…… 他の作者様みたいなスタイリッシュなイタズラを感じられる創作は書けないし(涙)、 かといって渋谷で一緒にヒャッホウできそうな陽の者の友達もいないし(号泣)…… ええい❗️ だったら自分で泥臭いイタズラドッキリを考えて友人にふっかけたブログを書けばいいじゃない❗️😳🔥 私といえば、サバゲー❗️ 普段一緒にサバゲーに行ってる友人に、ドッキリをしかけてみましたよ‼️😳✨ 【⚠️注意⚠️】虫系の画像が出てきます‼️ 【⚠️注意⚠️】虫系の画像が出てきます‼️ 【⚠️注意⚠️】虫系の画像が出てきます‼️ 【⚠️注意⚠️】虫系の画像が出てきます‼️ 【⚠️注意⚠️】虫系の画像が出てきます‼️

    読了目安時間:8分

    この作品を読む