ホラー 短編 完結済

俺を穿て愛のミサイル

作者からの一言コメント

ヤンデレによるホラーパニック!

読了目安時間:11分

総エピソード数:1話

俺を穿て愛のミサイルの表紙

目がさめると、上空450メートルから宙吊りになっていた主人公。 右手首からぶら下がっていたスマホが振動する。 それは恋人からの着信で……。 次々と送られてくる写真。徐々に明らかになってくる主人公の女関係。 そして露わになる、恋人の狂気……。 物語は、衝撃の展開を迎える!

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 俺を穿て愛のミサイル
作者名 violet
ジャンル ホラー
タグ ヤンデレ 浮気 不倫
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年9月11日 21時22分
最終投稿日 2019年9月11日 21時23分
完結日 2019年9月11日 21時23分
文字数 5,748文字
読了目安時間 11分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 2件
コメント 1件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 仮面少女

    初ホラーです

    0

    0


    2022年8月17日更新

    今、世間の話題として名を馳せている『仮面少女』。 その少女は殺人鬼。 僕ーー亘は昔に一度『仮面少女』に会っていた。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 尼寺中学オカルト部議事録

    ホラー

    0

    0


    2022年8月17日更新

    お化けといった存在が実際するとしたら、君は見てみたいと思うだろうか? 晴れて僕は、佐賀県尼寺(あまでら)高等中学1年生になる。 尼寺中学の校舎は、築80年の古い木造建築で、なにかとは言わないが、なにかが出そうな感じがする。 僕はオカルトが大好きで、この学校には由緒正しいオカルト部があるとか? その部活には、憧れの人、黒瀬先輩が部長をしているらしい。 そして今日は入学式だ。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    1,806,971

    4,611


    2022年8月14日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇、十二姫装)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2021.9.17 Gen様(https://www.pixiv.net/users/1479993)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2022.8.17 ドズミール様(https://www.pixiv.net/users/12972349)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:33時間35分

    この作品を読む

  • 白い魔女と小さな魔女

    魔女とお客さんの物語。

    37,550

    5


    2022年8月16日更新

    どこにでもありそうな普通の住宅地。 その片隅には異人館を彷彿とさせる小さな洋館が建っており、そこには白い魔女が住んでいた。 髪も肌も、心までどこまでも白く清純で、瞳もまた透き通るように青く美しいその魔女は、モノを修復する魔法を生業に暮らしていた。 これは、その白い魔女と小さな魔女、そしてお客さんの物語。 イラスト:mia(@mamia_14)様

    読了目安時間:44分

    この作品を読む