SF 長編 完結済

ゼムナ戦記 三星連盟史

作者からの一言コメント

ゼムナ戦記シリーズの序章

読了目安時間:17分

総エピソード数:4話

そこは無限に広がる戦場だった... 惑星ゴートを発祥の地とする人類はそこを旅立ち、宇宙をも活動の場としていた。 未知の空間は様々な可能性を秘め、多くの新たな光景を人類に見せてくれたが、そこでも人は業を捨てられない。権力や欲望は人を争いに駆り立て、戦場へと変えていく。 宇宙は、人型戦闘兵器アームドスキンを駆って飛び立つ少年たちの咆哮や慟哭を無情にも吸い取っていくのだった。 ※本作は『ゼムナ戦記シリーズ』の序章に当たります。なので全編に渡って説明調になっていますが、以降のシリーズ作品は普通のSF小説です。  今後更新する『ゼムナ戦記 神話の時代』『ゼムナ戦記 伝説の後継者』をよろしくお願いいたします。

総エピソード数:4話

作品情報

作品名 ゼムナ戦記 三星連盟史
作者名 八波草三郎
ジャンル SF
タグ SF 宇宙 ロボット 人型戦闘兵器 少年 歴史 序章 戦記 男主人公
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年6月14日 22時06分
最終投稿日 2019年6月14日 22時12分
完結日 2019年6月14日 22時12分
文字数 8,370文字
読了目安時間 17分
総エピソード数 4話
ブックマーク登録 18件
コメント 1件
スタンプ 16件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,650pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • レジェンド・オブ・ダーク遼州司法局異聞 

    アラサー女子上司達に鍛えられる物語

    960,435

    2,650


    2022年11月28日更新

    感想コメントで『キャラ多すぎで覚えらんねえ』と言うことで減らして『特殊装甲隊 ダグフェロン『廃帝と永遠の世紀末』 甲武の闇』となりました ほとんど事件の内容は同じですが、キャラは覚えやすいよう『濃く』しました ギャグも増えました 地球人類が初めて地球外人類と出会った辺境惑星『遼州』の連合国家群『遼州同盟』。 その有力国のひとつ東和共和国に住むごく普通の大学生だった神前誠(しんぜんまこと)。彼は就職先に困り、母親の剣道場の師範代である嵯峨惟基を頼り軍に人型兵器『アサルト・モジュール』のパイロットの幹部候補生という待遇でなんとか入ることができた。 しかし、基礎訓練を終え、士官候補生として配属されたその嵯峨惟基が部隊長を務める部隊『遼州同盟司法局実働部隊』は巨大工場の中に仮住まいをする肩身の狭い状況の部隊だった。 さらに追い打ちをかけるのは個性的な同僚達。 直属の上司はガラは悪いが家柄が良いサイボーグ西園寺かなめと無口でぶっきらぼうな人造人間のカウラ・ベルガーの二人の女性士官。 他にもオタク趣味で意気投合するがどこか食えない女性人造人間の艦長代理アイシャ・クラウゼ、小さな元気っ子野生農業少女ナンバルゲニア・シャムラード、マイペースで人の話を聞かないサイボーグ吉田俊平、声と態度がでかい幼女にしか見えない指揮官クバルカ・ランなど個性の塊のような面々に振り回される誠。 しかも人に振り回されるばかりと思いきや自分に自分でも自覚のない不思議な力、「法術」が眠っていた。 考えがまとまらないまま初めての宇宙空間での演習に出るが、そして時を同じくして同盟の存在を揺るがしかねない同盟加盟国『胡州帝国』の国権軍権拡大を主張する独自行動派によるクーデターが画策されいるという報が届く。 誠は法術師専用アサルト・モジュール『05式乙型』を駆り戦場で何を見ることになるのか?そして彼の昇進はありうるのか? 表紙絵 ぶぶききさん

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:42時間43分

    この作品を読む

  • 特殊装甲隊 ダグフェロン 『廃帝と永遠の世紀末』 第八部 「監査が来たぞ!」

    お馬鹿な監察官のとんでもな1日

    8,200

    0


    2022年11月28日更新

    『特殊な部隊』、司法局実働部隊に本局からの監察官が抜き打ちで現れた。 それは暴力サイボーグ西園寺かなめの腐れ縁の親友田安麗子中佐だった。 そのとんでもな行動に振り回される誠達。 誠達はこの監査を潜り抜けて次につなげることができるか?

    読了目安時間:1時間40分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る