転生したらロボットの中だった(ただし、出ることはできません)

181

「我々は……」  仮面の奴らは案の定だけど、なかなか口を開かない。そもそも口があるのか……いや仮面のせいで見えないからね。しかも俺はあの仮面が直付けなのを知ってる。声が出せるのはわかってるけど、どうやって声を出してるのかは謎なんだ。 「おい、さっさと白状したほうが楽になれるぞ」 「ああ、痛い目にあいたくないならな」  賞金稼ぎの奴らがなんかめっちゃ悪者っぽい事を言ってる。その見た目でそんな事を言ってたらまじでヤバい奴らだからな。だがそれには仮面の奴らは反応しない。どうやら高貴な身分でないと会話は出来ないようだ。 「あなた達を悪いようにはしませんよ。なにせ依頼主は潰しますからね」 「貴方には……もうそんな力はございません」 「それはどうかしら? あなた達も体験したんじゃないかしら? 勇者様の強さを。だからこそ、ここでこうやって縛られてるってことでしょう?」 「勇者……」  この世界には別段勇者が特別な意味で使われてるわけじゃない。同じく魔王もだ。だから皆、俺の名前が勇者だと思ってる。ローワイヤさんの言葉を聞いて、仮面たちはこっちを見る。奴らが抜け出せないように体を拘束してるのも俺が魔法で作った縄だからな。表情は仮面でわからないが、睨んでるきがする。いや、恐れ……かも?  「確かに、あの者は驚異になる」 「でしょう。あまり砂の底から這い上がってきた者を舐めるものじゃないわよ?」 「確かにあの者は脅威でしょう。たが……一人ではどうしようもない。他は……戦力とはなりえませんよ?」 「「な! なんだとこの野郎!!」」  バカにされて賞金稼ぎの人たちが声を荒げる。でも実際、その言葉は真実だと俺は思ってる。そしてそれはローワイヤさんもそのようだ。 「わかってますよ。彼らはただのハリボテです。私の戦力は勇者様ただ一人。私の伴侶はあの方だけです」 「そうですか」  ちょっと待とうよ。なんでそこで納得してるんだ? 今おかしな事を言ったよね? 伴侶って言わなかった? 伴侶って言ったぞ。俺はローワイヤさんの伴侶になった覚えはない。 「またその美貌で落としましたか」  おい、爆弾発言を仮面の奴らもしてるぞ。またってなんだ。またって。いやローワイヤさん、その地位に生かして確かに遊んでいそうだけど。一応聖職者……ですよね?  「俺達はそういう関係じゃない。お前たちは、上の奴らの情報とあの変質してしまった人たちの戻し方を教えろ」 「あれはもう元には戻らん」 「それをわかってて、やったのか?」 「使いみちがない奴らが、道具としての意義を見つけたのだ。これで奴らは太陽に迎えられる。なんの問題があろうか」  ヤバいな……わかってたが、宗教こじらせてる。多分コイツ等にとっては死は恐怖とかじゃない。死んでもその楽園とかにいけるって本気で信じてる奴らだ。そしてやっぱりだけど、変質した人たとは元には戻せないらしい。仕方……ないか。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • その竜、ちょっとおっちょこちょい。

    ♡800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・25話・77,302字 高識空

    2021年1月22日更新

    「もしも、困っている竜がいたら、あなたは助けてあげますか?ーーーー」 〜あらすじ〜 主人公《平田 深那生》(ひらた みない) は、あとすこしで卒業を控える大学生。彼はひょんなことから、突如として、異世界へと召喚される。 そこで彼が目にしたもの。それは、黒燐を纏(まと)い、紅い瞳で彼を見つめる、巨大な竜の姿だった。 まるで、小説や映画にでも出てきそうなその竜は、彼の無事を確認。すると、魔法で美しい女性の姿に変身し、すこし、緊張しながらこう告げるーー。 「ーーぬしよ。わしの息子になってはくれぬか……」 「……へ?」 これは、彼と竜とが織りなす、魔法の世界の物語。 いきなり呼ばれた異世界で、いったい彼に、どんな出会いがあるのだろう……。 ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ※【R -15】表現について。 → リアルな感じで行く予定です。出さざるを得ない場面では出します。ですが、『なるべく少なめに』と考えています。 ・・・ 現在、長い序章を執筆中。 主人公と竜の出会いから、その仲を深めていくまでを描いています。

  • 狩人の青年と妖精娘、じれじれのロマンス

    ♡5,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・13話・115,036字 黒井ここあ

    2021年1月22日更新

    やぶれた恋を引きずる男、愛と憎しみだけで生きる魔術師、冤罪に苦しむ青年。 不器用な男たちを惹きつけ導くのは、白銀の髪もつあどけない妖精のような少女……。 魔法王国ヴィスタの女王ロザリンデが成人を迎えるころ、ボーマン伯爵家の次男アルフレッドは義姉から次々と縁談を与えられていた。それに辟易した彼は、ある日狩りに行った森で真っ白なうさぎを射抜いた。だがアルフレッドが仕留めた獲物は、純白の髪をした美しい妖精だった! そのうらでは女王の魔術師ジークフリートも妖精を求めてひそかに動き始めていた。 神話と現代、現在と過去があやなす、恋と魔法に満ちた物語。