転生したらロボットの中だった(ただし、出ることはできません)

55

 儂は都市核に触れた。がっちりと掴んで、この砂獣から引き出す気だ。いや、その気だった……と言うべきじゃろう。だが触れた瞬間、握った儂の腕が都市核へと入っていった。 「なっ!?」 「ぐぎゃあああああああああああ!!」  砂獣がわめいて儂の肩にかみついてくる。皮膚が裂け、肉が潰れて、そして骨が砕けた。でもその時だ。 『お主になら、託せる』  そんな声が頭に響く。今の声……儂は知ってる。いや今の声だけじゃない。今の声の後ろに、沢山の声が聞こえたような気がした。それはきっとジャルバジャルの皆の声だったのではないだろうか? そして……託されたそれは……都市核に飲まれた腕にあって見えはしない。だが……この感触は忘れようもないものだった。 「ありがたや……皆に感謝を!!」  我の事を更に食べようとしてくる砂獣。だが儂は手を都市核から抜き出し、その刃を現す。そしてそれでやつの肩を縦に切り裂いた。 「ぐぬうう……」 「がががああああああ!?」  儂と奴がそれぞれにダメージを負って離れる。それと同時に、周囲の皆が砂獣に襲いかかる。じゃが、奴は段々とその体の使い方を分かってきてる。相変わらず攻撃に使うのはその口だけだが、動きが……儂等の想像の範疇を超えてる。結局の所、奴に取ってはまだ腕も脚なんだ。だから足が四つある様な前提に動く。二本の足が足りないときは、腕という足を使う。そんな感じ。それが変な動きになって、翻弄してる。そんな中、また一人……グチャグチャという気持ち悪い音を立てて犠牲になった。 「あれは……直ってない?」  何故かは分からない。だが、この託された剣で切った奴の肩は完全には再生してない様に見える。蒼く光る刀身が特徴的なこの剣は、儂が昔であった砂獣を材料にして作った特別な剣。あの時も、都市が落ちそうなそんな状況で、砂獣の中心、親玉がこの剣の材料になった奴じゃった。でもこれが特別だからって訳でもなさそうじゃ。都市核の一部の力を貰ってる? 不思議と、この剣を持ってると力が湧いてくる気がする。 「こつい、遂に腕を!!」  どうやら、二つ目の脳みそを取り込んだことで、更に奴は賢くなったようじゃ。じゃが……この剣なら!!  (全盛期……いや、今ならそれ以上の力を引き出せるはずじゃ!!)  儂は傷の流血だけを止めて、再び砂獣へと向かう。伸びてくる腕を切り結び、皆の援護を受けて儂は砂獣の懐に入った。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • もふもふが好きな方へ♪

    ♡5,500

    〇50

    異世界ファンタジー・完結済・1話 ところてん祐一

    2020年7月7日更新

    黒髪黒眼の青年ユーゴは、相棒の小狐(こぎつね)コンと共に今日も今日とて街中を駆け巡る。 時には、街の人と交流したり、時には、ユーゴと同じく相棒がいる少女とお話したり、時には、ギルドで依頼を受けたり……。 その中には、ほとんどと言っていいほどもふもふたちがいるのだ。そんなユーゴとコンのもふもふがいる日常のお話。 ※こちらの短編は、自作「小狐さんといく~異世界モフモフ道中」の番外編となっていますが、 本編を知らない方でも楽しんでいただけるよう書いています。(本編は、現在別サイトのみ) ※この短編は、小説家になろう様でも投稿しております。

  • 幼女とロリコンの魔法使いによる最後の純愛

    ♡103,611

    〇260

    異世界ファンタジー・連載中・14話 囲味屋かこみ

    2020年7月12日更新

    魔法は失われ、前文明の遺産から『機械』を産み出し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』。 彼は亡き姉の遺言により、嫁探しをしている青年だった。 終焉の運命と向き合い、失った愛に触れ、エルルが触れる世界の真実とは——? 幼女化した主人公と、ロリコンの魔法使いが織りなす最後の純愛!開幕‼ —————— ・いただいたイラストは全て、最後にまとめて掲載しております。そちらだけの閲覧も大歓迎です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 剣と魔法と銃と科学と強いお姉さま

    ♡71,500

    〇10

    異世界ファンタジー・連載中・28話 王加王非

    2020年7月11日更新

    長い歴史を魔法と共に歩み、魔導士たちが権力を握るマハ=ヴィクトリア王国。そこでは魔物から抽出される燃料資源【幻油】の発見により、それまで軽視されていた科学の価値が見直され始めていた。蒸気機関が発達し、王国はさらなる発展を遂げる反面、疫病の流行や犯罪の増加、科学者と魔導士の対立など新たな問題も生まれた。 そんな時代で、新しい技術である『電気』の研究を行っていた科学者のリヨンはある時、陰謀によって女王暗殺の容疑をかけられる。リヨンは同じくその場に居合わせた幼き第三王子ヨハルを人質にその場から逃亡。真実を探るため、共に王国内を放浪する旅に出る。 頼れるものは自身の頭脳と、発明品であるガントレット型発電装置【ジェムズワット】。リヨンは濡れ衣を晴らし、真実を掴むため、霧と陰謀に包まれた王国を駆けめぐる。

  • 年上のお姉さんが大渋滞です!?

    ♡121,950

    〇485

    異世界ファンタジー・連載中・264話 高嶺 蒼

    2020年7月13日更新

    このお話は、こちらの世界で命を落としたアラサー女性が異世界に男の子に転生して、美女に囲まれのんびり面白おかしく異世界を生きていくお話です。 チート持ち、みんなからモテモテのハーレム設定。 もうチョイ詳しく!と言う方は、引き続き最後まであらすじをお読みくださいませ。 痴情のもつれ(?)であっさり29歳の命を散らした高遠瑞希(♀)は、これまたあっさりと異世界転生を果たす。生まれたばかりの赤ん坊・シュリ(♂)として。 チートらしきスキルをもらったはいいが、どうも様子がおかしい。 [年上キラー]という高威力&変てこなそのスキルは、彼女を助けてくれもするが厄介ごとも大いに運んでくれるスキルだった。 その名の通り、年上との縁を多大に結んでくれるスキルのおかげで、たくさんのお姉様方に過剰に愛される日々を送るシュリ。 変なスキルばかり手に入る日々にへこたれそうになりつつも、健全で平凡な生活を夢見る元女の非凡な少年が、持ち前の性格で毎日をのほほんと生きていく、そんなお話です。 どんなに変てこなお話か、それは読んでみてのお楽しみということで。 ※♀と♂の文字の表示がどうしても薄いので、題名を変更してみました。 とはいえ、旧題の「♀→♂への異世界転生」の感じも好きなので、副題として残してありますが(笑) 内容の変更はありません。 小説家になろう、カクヨム、アルファポリス、マグネット等、他のサイトにおいては旧題のままとなっております。