転生したらロボットの中だった(ただし、出ることはできません)

54

「ぎょいしい。ぎょいしいぞ! おまえ……ら、ぎょいしい!」 「倒せ! それを速く攻撃するんだ!!」  儂は急いでそう急かした。あれはヤバい。まずい何かだ。とういか不味い何かが、起こったような……そんな勘が働いた。あれは今すぐにでも倒した方が良い。幸い今、あれは頸だけだ。もう移動も出来ないだろう。切り刻めば終わる。そう思った。 「あ……おい……不味いぞ」  賞金稼ぎの一人がなにやぱそんな事を言いおる。その顔は驚きを隠せてない。今、あの頸から視線を外すのはイヤじゃが、実際背後から危険な感覚がビンビンきてる。後ろを見ると、頸から上がなくなった胴体だけの砂獣が立ち上がってた。立ち上がってると言っても、前傾姿勢でフラフラとしてる。まるで頭を求めてるかのよう。でもそれよりもあれが立ち上がってるっていうことが問題じゃ。  獣のように四足で動いてたあれが二足歩行に進化を果たした。これはいったいどういう意味じゃ? まさか……頭を食べたことでその記憶とか体の動かし方を学んだ? そんな事が?  「あがあああああああああああああああああああああああ!!」  頸の方がそんな大声を上げる。その音の圧に武器を持って迫ってた奴らの足が止まる。というか、なんか体が動かない。何か声に込められた? 不味い。この隙に攻撃をされると流石に防げん。そんな事を想ってると、体の方がおおきく砂を蹴ってジャンプした。舞い上がる砂で何も見えなく成る。そして続けざまに背後に落ちたような音と振動で更に砂が舞う。視界が完全に奪われた。 「全員落ち着け! しっかりと全周囲警戒!!」  どんな些細なことも見逃さないように、全神経を集中する。すると次の瞬間、砂の中から大口を開いた砂獣が迫って来た。儂はその口に刃を突っ込む。だが奴の歯でそれは受け止められた。 (こやつ、頸が――)  戻ってる。でも食った脳を生かし切れてはない。何故なら、二足歩行してるのに、こいつは腕じゃなく、口を使ってる。多分それが本能なんだろう。でも安心は出来ない。こいつは今確かに二足歩行をしてる。なら、この腕だって、気付いたら使ってくるようになる。そうなると……かなり厄介じゃ。ここで確実に倒さないと不味い。儂とやつの力は拮抗してる。いや、このままでは曲剣が砕かれる。僅かにヒビが見えてきてた。  そうなる前に動く!! 「ふっ!!」  儂は剣を手放した。集中して力を拳に集める。そして懐に戻りこんでまずは一発! やつの体がねじれるくらいの一発をその腹に叩き込む。だがまだまだだ!! 儂は息をするのも止めて、拳や蹴りを叩き込み続ける。そして一瞬、やつの体から力が抜けたその瞬間に胸の都市核を掴んだ。 「我らが街の力、返して貰うぞ!!」

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ITと宗教が融合した感じの異能バトル。

    ♡8,800

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・15話 夜半野椿

    2020年7月12日更新

    「神」への信仰や主義思想により異能を行使できる、現実と似ているようで似ていない世界。 極東の島国・湧陽皇国(ゆうようこうこく)は世界屈指の経済大国ながらも、自縛の法による近隣国家の圧力など、様々な問題に苛まれていた。 かつては「神の使い」として崇められていた「御貴使(みたかのつかい)」という皇国特有の異能行使者達もまた、今となっては冷遇され、ますます皇国の苦境は打開しづらくなってしまった。 そんな中、御貴使の名門で生まれ育った少年・数橋艶(かぞえばしひかり)は、再び皇国に維新をもたらすべく、政府公認の御貴使の教育部隊「瑞光」を率いて、皇国の平和と財産を脅かす様々な勢力と対峙するのであった。 堅苦しい社会派ネタから美少年同士のホモホモしい展開まで、何でもアリのIT+宗教な異能バトルアクションです。メインヒロインも野郎だから要注意だ! あ、ちなみにタイトルは『ひいずるところのひかり』と読みます。 週1~2くらいを目処に更新していきます。 この作品は小説家になろう(https://ncode.syosetu.com/n2880gh/)にも掲載しています。

  • 幼女とロリコンの魔法使いによる最後の純愛

    ♡103,611

    〇260

    異世界ファンタジー・連載中・14話 囲味屋かこみ

    2020年7月12日更新

    魔法は失われ、前文明の遺産から『機械』を産み出し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』。 彼は亡き姉の遺言により、嫁探しをしている青年だった。 終焉の運命と向き合い、失った愛に触れ、エルルが触れる世界の真実とは——? 幼女化した主人公と、ロリコンの魔法使いが織りなす最後の純愛!開幕‼ —————— ・いただいたイラストは全て、最後にまとめて掲載しております。そちらだけの閲覧も大歓迎です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 剣と魔法と銃と科学と強いお姉さま

    ♡71,500

    〇10

    異世界ファンタジー・連載中・28話 王加王非

    2020年7月11日更新

    長い歴史を魔法と共に歩み、魔導士たちが権力を握るマハ=ヴィクトリア王国。そこでは魔物から抽出される燃料資源【幻油】の発見により、それまで軽視されていた科学の価値が見直され始めていた。蒸気機関が発達し、王国はさらなる発展を遂げる反面、疫病の流行や犯罪の増加、科学者と魔導士の対立など新たな問題も生まれた。 そんな時代で、新しい技術である『電気』の研究を行っていた科学者のリヨンはある時、陰謀によって女王暗殺の容疑をかけられる。リヨンは同じくその場に居合わせた幼き第三王子ヨハルを人質にその場から逃亡。真実を探るため、共に王国内を放浪する旅に出る。 頼れるものは自身の頭脳と、発明品であるガントレット型発電装置【ジェムズワット】。リヨンは濡れ衣を晴らし、真実を掴むため、霧と陰謀に包まれた王国を駆けめぐる。

  • 弱者が最強の仲間たちと共に贈る悪の物語

    ♡200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・39話 ヤヤ

    2020年7月13日更新

    ──この世には、正義と悪が存在する。 正義と悪。組織化こそしてはいないものの、確かにこの世界にはその二つが存在した。今では正義代表やら悪代表やらもいる始末で、おまけにその代表を決めるために三年に一度、トーナメント形式のバトルコンテストまで開催しているという話だ。 因みに開催場所はその時々により異なっていると聞く。 そんな世界に主人公、ジル・デラニアスは産まれ落ちた。死を経て新たな世界に産まれた彼は、とてつもない弱者である。人間と獣族、その間に生まれ落ちた彼が誇れるのは人より優れたその身体能力のみ。それ以外はてんでダメな主人公である。 彼が13歳になったある日、とあるチラシが家に届いた。それは悪への招待状。力を求め、弱き少年は悪になることを決意する。 旅立った彼はスライムに敗れた道中、不思議な少女、ミーリャと出会う。呪術師と名乗る彼女は凄まじい力を有しており、彼はつい死んだ目に。その後ある町でオルラッドと名乗る悪を嫌う世界最強の剣士と出会い、流れのままに共に旅をすることになった。 最強で最凶かつ最恐な彼らに囲まれた雑魚。これからどうしようか、悩んでいた矢先、彼は『予知夢』という能力を目覚めさせる。自身の身の回りで起きること、他者の身に起きたことなどを読みとることのできるその力を上手く使い、彼は度重なる死を回避。上手く生存していくことに。 だが、スライムにすら敗れる雑魚を守る、強い仲間の死を目にし、彼は焦る。なんとしてでも、このフラグを折らねばならないと──! なぜ無残とも言える死を与えられたか。 なぜ予知夢という、不可思議な能力が目覚めたのか。 なぜ、悪への招待状が、平凡な家に届いたのか。 弱き少年の進む先にはなにがあるのか……。 最弱の主人公が最強の仲間達とともに悪を目指してがんばる、ほのぼのでシリアスなバトルファンタジー(もどき)。 ※流血、死亡など残酷でえげつないと思われる表現を多々取り入れる予定です。苦手な方は閲覧をお控えください。 ※小説家になろうからの転載です。 なろう版は後編辺り。