転生したらロボットの中だった(ただし、出ることはできません)

49

 遠い日の記憶。自分は誰かに……こんな話を聞かされたことがあった。 『その人がね、私達を守ってくれたのよ。どんな砂獣にも果敢に立ち向かい、そして必ずその首をはねて私達を守ってくれた存在。彼がいるからここは安全なの……何も心配なんてする必要ないの。だから……ね。おねんねしましょ」  その昔、ここらには英雄が至って話しは時折聞く。今でも凄い奴は何人かその名前をとどろかせてるが、それでも英雄と呼ばれるのはかつてのその人だけだった。今から五十年位前なのだろうか? 確か砂獣の大規模な攻勢が合ったのだ。それはまさに世界さえ砂中の味方をした世界の終わりの時――と呼ばれる程に絶望的な日々だったと語り継がれてる。砂が足下だけじゃなく空まで多い、視界が悪い中、砂獣の大攻勢は始まった。その時に、沢山の街が砂の中へと沈んでいった――と。  これでこの世界も終わり……誰もがそれを覚悟した。けどその時、一人の剣士が砂獣を倒し尽くして、その終わりの七日間と言われてる時を乗り切った。この世界の誰もが知ってるその話。自分は今、その話を思い出した理由が分からない。  賞金稼ぎとして今回のジャルバジャルの都市核奪還に参加した。それはこの作戦に勇者さんと魔王さんが参加するからだった。そうじゃなかったら、みすみす死にに行くようなこんな依頼を受けるはずがない。それなりに自分たち賞金稼ぎは自分たちで街とかを守ってる自覚はあるが、流石にその命を簡単に投げ捨てるような真似は出来ない。それは普通の事だろう。だから本当なら砂に埋もれた街なんて誰も行くわけがなかった。なにせ落とされた街には大量の砂獣がいるのは確定してる。死にに行くような物だ。  でもそこに魔王さんと勇者さんが加わる事で風向きが変わった。言い方悪いが、おんぶに抱っこできるそれなりに安全な仕事になるのでは? 的な思惑で集まった。まあ自分は単純に彼等、魔王さんと勇者さんの事を間近て見れると思って来た口だ。だが……その二人よりも今、気になる存在が目の前にいる。華麗なる剣裁きで砂獣の体を切り刻むその姿。そして全体を把握してる視野の広さ、皆のことを思って指示を出すその雄志。  自分たちも勇者差のおかげで強化された。死ぬような思いをしたんだ。比較的に……それこそ血浄でもなしえないパワーを得てる。だが……だけどそれでも……天狗になることなんか誰一人で着なかった。なにせ自分たちよりも確実に強いであろうその人が必死に戦ってる。強さを手に入れる度に分かる。向かい合えばその相手のことが。だからこそ、自分たちは言葉もなく、彼の後ろについたのだろう。  その人は、勇者でも魔王でもない。英雄だ。本能がそう言ってる。勇者さんや魔王さんのほうが彼よりも強い事は確実だ。けど……自分達はかつての英雄と戦えることに胸が沸き立っていた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 己が生まれた意味、なすべき使命とは――

    ♡13,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・14話 鬼狐竜ライカ

    2020年8月5日更新

    ノベプラ大賞に向け規定も字数までガンガンハイペースに更新していきます。皆様はご自身のペースで閲覧いただければ幸いです。 森の奥で父と暮らしてきた少年・ジークは、十六歳になった年の春、父から自分は彼の実の息子ではなく、廃村で拾った捨て子であったことを知る。少なからぬ衝撃は受けたが、しかしそれ以上に現在父を狙う山賊が迫っており、お前だけでも逃げろと言われ、ジークは突如父と家をなくし、森から出ていく。 行き倒れていた彼を救ったのは見習い武装神官の少女であり、ジークはその礼をしたのち自分のルーツを探るため、廃村シンカ村へと向かう決意をする。その旅に同行するという見習い武装神官の少女、そして旅の剣士だという男を仲間に加え、ジークは自分探しの旅に出た。 その些細な旅立ちが、やがて王国全土を巻き込む大きな騒乱となることは、このときのジークにはわからないことだった。 魔王の生まれ変わりと呼ばれる少年・ジークと、彼の使い魔である口の悪い黒い巨狼・アシュガン、見習い武装神官の少女・ルリカ、軟派だが剣の腕は確かなおっさん剣士・ヘイズル、勇者に仕えるため修行して来た星霊魔術師の巫女・エルザ、ものづくりが好きな発明家の青年・アクト、資産家の娘でありながら義賊の真似事をする少女・アスナ、吸血鬼狩りの一族の血を引く女騎士・ベルモンド、彼らをつけ狙う王国騎士団の騎士・アルマとエルマ。 長い旅路の果て、ジークたちはその手になにを掴むのだろうか―― ◆ 転移転生ののない現地主人公のお話です。ある程度修業は積んでいるとはいえチートと呼べるほどの能力はありません。普通に苦戦する相手やピンチになる場面はあります。昔ながらの王道RPG、少年漫画風の、『読んでて熱く、終わってスカッとする話』を目指して執筆しています。 ◆ 現在ヤーナム市街の獣の病を治療する旅に出ており、来週あたりにはロスリックに向かうため下手したら更新滞りますが、ご了承ください。

  • 魔法使いは魔法少女に強制されました。

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・6話 フローズン

    2020年8月5日更新

    童貞、もとい魔法使いが魔法少女として設定された奴と弟子のどうでも良いやり取り。