お金で買われてほどかれて~社長と事務員のじれ甘婚約~

読了目安時間:3分

1.命令するものされるもの

1-1.恥じ入る気持ちばかり

 会員制マッサージ店『プロタゴニスタ』。イタリア語で主役を意味する名がつけられた女性専用のマッサージ店こそ、雪生(ゆきな)が務める職場だ。  穏やかなジャズが流れる店内は、それこそ社長である広宮(ひろみや)美土里(みどり)の生まれ故郷、イタリアで発注されたソファや机で統一されており、ポップな印象と高級さを同時に感じさせる。  壁紙は白、絨毯は緑。洒落たディフューザーからは毎日、緊張を解きほぐすためのアロマを流すことになっていて、洗浄を行うのは事務員兼雑務係である雪生の役目だった。  店の電灯をつけ、数個のディフューザーを持って給湯室に向かうと、さっそく中性洗剤で丁寧に中を洗っていく。ベージュのスーツに水がかからないよう、簡易なエプロンを着けて。時刻は現在午前八時、十時からの開店に十分間に合う。  ふと顔を上げると、鏡に自分の顔が映っている。切り揃えたストレートロングの黒髪に、薄茶色の瞳。昨夜も人には言えないあの夢を見たけれど、睡眠はたっぷり取ったおかげか隈はない。  几帳面そうだ、と人に揶揄される生真面目な顔つきはどこか不機嫌そうで、思わず小さく微笑んでみる。似合わないような気がしてすぐにやめた。  あの夢を思い出すたび、頬が赤らむのがわかる。思わずため息をついたそのときだ。 「おはよー、雪生ちゃん。今日も早いねー」 「あ……原さん、おはようございます」  給湯室に現れたのは、マッサージ師の一人である原だった。彼女はコンビニの袋を持ったまま、眠たそうにあくびをした。 「原さんも早いんですね。予約があるんでしたっけ」 「うん、そう。いつもの常連さん。……洗うの手伝おうか?」 「いえ、私の仕事ですから。ついでですし、お茶、入れますね」  ありがと、と気さくに原は笑い、近くにあった折りたたみの椅子に腰かけた。まだ睡魔に囚われているのだろう、彼女の目は少し腫れぼったかった。  雪生はマッサージ師ではない。アロマオイルを用いるマッサージ師を名乗るのに国家資格はいらないが、雇われているマッサージ師の女性陣は、それぞれリンパドレナージュといった資格を持っているものが大半だ。中にはバリで本格的な施術を学んだものもいる。  原もその一人で、雪生の憧れの女性だった。マグカップに緑茶を入れ、彼女へ手渡す。 「はい、どうぞ。熱いですから気をつけて下さいね」 「お、茶柱。社長が来る日に縁起いいね。臨時ボーナス出るかな?」 「さ、さあ、どうでしょう」  思わずうわずった声を上げそうになり、慌てて苦笑を浮かべた。そう、今日は社長――広宮が来店する日だ。そんな日の前日に、あの夢を見たことが悔やまれる。 「また調合したアロマ持ってきてくれるかな、社長。雪生ちゃんも使ってる?」 「ええ、ディフューザーも買いましたし。使ってますよ」 「凄いよね、社長って。ラベンダー苦手なの克服できちゃった。あ、そういやティトゥリーとジャスミン少なくなってきてるけど、在庫ある?」 「確かまだあったと思います。他の備品と一緒にチェックしておきますね」 「よろしくー」  コンビニの袋からパンを取り出し、食べはじめる原にうなずいて、雪生は作業に戻った。内心の疼きを堪えるように、淫らな夢を振り切るようにして。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    752,731

    3,693


    2021年6月6日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20時間38分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    87,800

    230


    2021年6月12日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間4分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ハッピースパイラル ~幸せを紡ぐ旅~

    いきなり小学生に求婚されたらどうします?

    1,000

    0


    2021年6月13日更新

    天涯孤独の高校生宇宙大地は、突如現れた小学生にパパと呼ばれ、挙げ句に求婚された! この不思議少女の正体と求婚の真意とは一体? 怒涛の如く押し寄せる愛に、主人公=あなたは果たして耐えられるのか?! この物語は、心優しく元気溢れる謎多き少女に追いかけられ、次第に絆を結んでいくお話です。主人公の宇宙大地と共に、少女の一途な心に触れながらその謎に迫ってみませんか? 【お知らせ】 しばらくは1日2話で掲載したいと思います。 カクヨムで先行掲載しています。https://kakuyomu.jp/works/16816452220140659092 【こんな人にオススメ!】 ・ヒロインと仲良くなる過程をじっくり楽しみたい人 ・キャラ達が成長する過程を暖かく見守りたい人 ・幼女に優しくからかわれるのが好きな人 ・賢く鋭い主人公が好きな人 ・心理戦、知的な掛け合いが好きな人 ・伏線の考察が好きな人(≒ミステリー好き) ・シリアス展開で感動したい人 少しでも当てはまれば楽しめますので、是非ご覧ください! 【考察好きの方へのご注意】 幕間と書かれたエピソードは、メインヒロインの正体を探る大きなヒントになっています。あくまで主人公視点で正体を探りたいという方は、一旦読み飛ばしてもらうことをオススメします(幕間0についてはほぼノーヒントなので、気にせず読まれても差し支えありません)。 物語が進んで正体が明かされた後に読まれますと、また味わい深いものがあると思います。 【ハピスパの特殊な楽しみ方】 次回予告集「1分で分かるハピスパ」を別窓開いておき、各話を読んだ後にその回の予告を見ると、よりお楽しみいただけるかもしれません(不思議少女が気に入った方は特に)。 また、2日目以降の1日が終わるごとに登場人物紹介がございます。これはWikiのようなスタイルで書かれておりますので、良い情報整理になるかと思います。基本的にそこまでの劇中の情報のみで構成していますが、小ネタの解説があったりもします。

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • お見合い相手は大嫌いな同級生だった!

    よろしくお願いします♪

    2,000

    0


    2021年6月13日更新

    「雪乃、明後日の日曜日にお見合い決定やから!」と突然母に言われ 付き合っている相手もいなく 三十路手前の私、羽山雪乃27歳には断る理由もすべもなく仕方なくお見合いを受けるはめになった・・・。 そしてお見合いの席でお見合い相手を確認したら 「横山丈一郎です。雪乃久しぶりやなぁ」と中学の頃の私の同級生だった、大嫌いな奴が爽やかな笑顔で私に微笑み立っていた・・・。 お見合いの相手が、まさかの同級生・・・その頃の奴の一言のせいで私はトラウマになったんや!!! 誰がアンタなんかと結婚するか!! 絶対に断ったるからな!!

    読了目安時間:1分

    この作品を読む