お金で買われてほどかれて~社長と事務員のじれ甘婚約~

読了目安時間:9分

2-2.幼馴染み、婚約者、必然

「いらっしゃいませ、『グレイス』へようこそ。はじめてのご来店ですか?」 「はい、はじめてです」  受付嬢のにこやかな微笑みに、雪生(ゆきな)もぎこちない笑みを返しながらうなずいてみせた。  女性用マッサージ店『グレイス』。静かなクラシックが響く店内は豪華さが際立っており、どこか特別感を匂わせる。時折出入りする客は、見る限り年齢が高めだ。『プロタゴニスタ』はどちらかというと若い層に人気がある。客層は被っていない。 「では、こちらの方に、必要事項を記入していただいてもよろしいでしょうか?」 「わかりました」  受付嬢に言われ、手のひらで指し示された椅子に腰かける。手には渡された書類が数枚。これはどちらの店でも変わらないんだな、と思いながら、ポニーテールにした黒髪をかき上げた。  『グレイス』に来る客質がわからなくて、結局格好はスーツだ。ちょっとした堅さを出すために、紺色のパンツルックを選んだ。アクセサリーはいつものようにつけていない。  名前は偽名で、わかりやすい適当なものを書いた。住所や電話番号は正直に記したけれど。アレルギーの有無、妊娠しているかどうか、大抵のチェック項目は『プロタゴニスタ』と変わらない。好きな香りのところに、軽く迷って不明と書いたのは、慣れていない感じを出すためだ。  書類を書き終え、受付嬢の元へ持っていく。お待ち下さい、そう言われて、また椅子に座る。開放感のある内装に、薄赤を基調とした壁紙がまぶしい。飾られた花も豪奢だ。同じマッサージ店でも『プロタゴニスタ』とはかなり違うことに、内心で驚く。 「小林様。本日、施術を担当させていただきます木場(きば)と申します」  受付嬢に見つからないよう、こっそりと辺りを見回していた雪生の前に、一人の女性が現れる。きっちりと結い上げられた茶髪、長い睫に彩られた鳶色の瞳が艶やかな美人だ。化粧も完璧に、丁寧にされていて、華やかさの中に清潔感もあった。 「よ、よろしくお願いします」  女性の胸プレートに、木場紅子(べにこ)と書かれていたものだから、一瞬慌てた。  紅子といえば、美土里(みどり)が口にしていた女性ではないか。まさか自分の胸を疼かせた女性と対面することになるなんて、と自分の不幸を嘆く。 「それではお部屋の方へご案内します。どうぞこちらへ」 「はい」  簡易なストレートパンツに施術用のジャケットという格好でありながら、紅子の放つ雰囲気は気圧されるに十分なほどだ。かと言って、嫌味がない。背筋もしっかりしており、浮かべている微笑みも美しい。 (……社長とどういう関係なんだろう)  考えてしまえば、体に力がこもる。いけない、と緊張を解きほぐすように二の腕を擦りながら、案内された部屋に入る。  『プロタゴニスタ』とは違い、やはり高級感が強い。薄明かりのランプも洒落ている。 「紙ショーツとブラジャーはそちらにご用意しております。用意ができましたら、うつ伏せになってお待ち下さいませ」 「わかりました」  紅子が一礼し、外に出て行く。早速着替えはじめながら、興味深く室内を見渡した。シャンデリアっぽい飾りや紫の壁紙を見て、やはり年齢層を高めにした作りだと思う。場違いかな、そんな風にも感じたが、今のところ怪しまれている様子はなくて安心した。  伸ばした腕や足には未だ、美土里がつけたキスの跡がある。赤痣は完全に消えてないようだ。家に帰った後、半身を映せる鏡で確認したが、首筋にも強く吸われた跡が残っていた。  それが恥ずかしく、夕方にこの店へ訪れたのだが、無駄だったようだ。仕方ない、と諦めて施術用のベッドに寝そべりながら、流れてくるクラシックに耳を傾ける。 (どんなマッサージなのかな……紅子さんがいい、って社長は言ってたけど)  もしかしたら、マッサージ界隈では有名な人なのかもしれない。とはいえ、美土里との関係性を聞くには、あまりにも自分は中途半端な位置にいる気がした。  緊張と、若干不安にも似た感覚で体が固まるのを、また自覚する。リラックスして、と美土里の声が脳裏で再生された。無理です、と心の中で反論した。 「小林様、失礼します。準備はできましたか?」 「あ、は、はい。どうぞ」  ともかく今は、施術のやり方を確認するのが先だ。心を落ち着かせるため、深呼吸する。 「それでは、足の裏からやらせていただきますね。痛かったり、不快だと感じましたら遠慮なくおっしゃって下さい」 「はい、お願いします」  スモーキーな香りに、甘い果実が混じったような匂いがする。落ち着く香りだ。  紅子の施術は、驚くほど心地よかった。痛気持ちいい程度の強さで、痒いところにまで手が届くやり方。原にも負けず劣らずの動きは巧みで、いつしか雪生は緊張を忘れ、まどろむ感覚に身を委ねていた。 「いかがでしょう、当店のマッサージは。……(みやこ)さん」 「はい、気持ちいいで」  す、と語尾を飲みこんだ。一気に目が覚め、上体を起こして振り返る。艶美に微笑む紅子と目が合った。 「ふふ、随分素直なのね」 「どうして私の名前……」 「顔。美土里から写真、見せてもらったことがあるのよ。あなたが婚約者だっていうのも知ってるわ」 「え、ええと」   突然のことに頭の中が真っ白になる。この紅子という女性、美土里とは一体どんな関わりがあるのか。少なくとも、自分が美土里の婚約者だと知っているのだ。深い関係であることに違いはないだろう。 「その、ここに来たのは、ですね」 「店の偵察でしょ? さ、寝そべってリラックスして。気にしないから、あたし」  笑みを深める紅子は、自信に溢れている。はあ、とかまあ、とか生返事をし、言われた通り再び寝そべる。正体がバレてしまっては、もうまな板の鯉になるしかない。  マッサージをする手を休めず、紅子は微かな笑い声を漏らした。 「でも、まさかあなたと会えるなんて思わなかったわ。スタッフが来ると思ってたから。美土里の指示かしらね?」 「一応、秘密ということで……」 「そうしておいてあげる。美土里のお気に入りが来たんですもの、精一杯施術するわね」 「……お気に入りだなんて、そんなことありません」 「でも、婚約者なんでしょう?」  紅子の疑問に、思わず言葉を詰まらせた。それは嘘です、なんて言えばどうなってしまうかわからない。そもそもなぜ、彼女が自分と美土里の関係を知っているのか、それすら知らないのだから。 「あたしね、美土里と貴江(たかえ)の幼馴染みなの。だから美土里から色々聞いてるってわけ」 「そうなんですか。すみません、何も聞いていなくて、私」  こんな美人が幼馴染みにいるというのに、何を考えて自分みたいな地味な人間を仮初めの婚約者にしたのか。そんなことを思いながらも、先程の紅子の言葉を怪訝に思った。写真なんて、いつの間に美土里は自分を撮ったのだろう。怖々と聞いてみる。 「あの、写真って言ってましたけど、私の写真、社長が持ってたんですか?」 「……どうやら隠し撮りみたいね。やらしいのよ、美土里って。場所は確か病院かしら。ナースステーションが映ってたわ」 「病院……?」  病院に通っていたのは、一年半とちょっと前ほどだ。父のいた病棟を思い出す。  でも、そこで美土里と話したことは一度もない。出会ったのは確実に、それ以降がはじめてだ。こないだ済ませた一周忌に美土里も来てくれたけれど、そんな話題、出たことがない。 「さて、次は仰向けになってくれる? デコルテをやりたいから」  考えてもわからず、紅子の指示に従い仰向けになる。もうこうなったら、技術を盗ませてもらうだけだ。そう決めるといささか気持ちが晴れやかになる。 「お上手ですね、マッサージ」 「ありがとう。匂いはどう? 嫌じゃないかしら」 「好きな香りです。森林みたいな……でも優しくて、甘くて」 「こっちも『プロタゴニスタ』に負けないよう、必死にアロマ作ってるの。相手は美土里だから、なかなか難しいんだけど」 「木場さんがアロマ、調合してらっしゃるんですか?」 「さて、それはどうかしら。企業秘密ね」  唇をほころばせる紅子は、どこまでも綺麗だ。美土里と並んだら、きっと映えるだろう。そんな美人に肌を見られていることが、なんとなく恥ずかしかった。 「最初に美土里から、婚約者が決まったって聞いたのには驚いたわ。だって最初、あたしが婚約者になる予定だったんだもの」 「え?」  唐突に意地悪く、そんなことを言われたものだから一瞬、惚けた。きっと間抜け面を見せているな、と思いながらまたたきを繰り返すばかりだ。 「幼馴染みでもあって婚約者。あたしの家も少し大きいから。必然って言うのかしらね」 「ああ……そうなんですね。なんとなく理解できます」 「それだけ? 本当に?」 「だって、広宮(ひろみや)家って老舗のお香店ですよね。そういうのもあるのかなって」  すとんと、何かが心にはまったような感じがした。揺らいでいた思いが休まる感覚だ。紅子は同性の雪生から見ても美人だし、華やかだ。自信に満ち、それだけでオーラがある。きっとこんな人なら、美土里の人生の伴侶として相応しい、そう思う。  束の間の火遊び、その相手にきっと、美土里は自分を選んだのだろう。金で買われたという言葉がようやく腑に落ちた感じがして、内心で自嘲した。 「でも結局、今はあなたが婚約者になったから話は流れたけど。おかげで貴江とくっつくハメになったわ」 「そ、それはすみません」 「まあ、美土里も捨てがたいのよね。美土里、エスコートが上手いでしょう」 「はあ……」  デートもしたことないからわかりません、とは言えず、適当に返事をした。紅子は手を休めることなく、唇の端をつり上げる。 「ふーん。今まで美土里が付き合ってた女たちと違うタイプね、あなた」 「……そうですか。木場さんは社長のこと、よく知ってらっしゃるんですね」 「もちろん。長い付き合いだもの。ところであなたは美土里のこと、名前で呼ばないの?」 「公私は分けてるんです」  するりと嘘が口をついて出た。なんとなく、心に穴が空いた感じがする。名前なんて呼ぶ間柄じゃない。紅子と話していると、嫌でもそのことを自覚させられた。なぜか胃の辺りがムカムカしてどうしようもない。例えようのない感情が、自分の胸を占めている。 (なんでこんな気持ちになるんだろう。馬鹿みたい、本当に)  目を閉じ、小さく嘆息した。マッサージの技術も手順も、頭に入ってこない。紅子はそれ以上何も言うことなく、施術を続けている。体は心地よいのに気分だけが最悪だ。でも、どうして落ちこむのか、ここにいるのかすらわからなくなってくる。  施術時間の終わり、それを告げるアラームの音が響くまで、部屋は無言に包まれる。  また会いましょう、と退室する際に微笑まれたけれど、上手く返せたかわからなかった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Dual World War

    異世界転移×SF (毎週水曜更新中)

    13,400

    160


    2021年6月11日更新

    主人公:水奈 亮(17)はごく普通の高校2年生。そんな彼にも異世界への扉が開かれた。 そこは私たちが住まう世界とはわずかに、でも、確実に異なる世界。。。 わずかな違和感とそれを薄めるような安心感との連続で次第に自分を見失いつつあるなか、 何の脈絡もなくソイツは姿を現した。 突如課せられた使命。 5年前に終息したはずの【外来生物】の再来と、 滅びを水際で食い止めし人類が用意した対抗策:外来生物特務機関NAVISとは一体何か!? 等身大の高校生が世界の命運をかけて戦う異世界転移型SFストーリー ぜひご一読を!

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • Against 〈human〉:『想像/創造』世界の神を墜とす恋色の蝶

    神と戦いが日常に在る異世界日ノ本戦記!

    14,500

    0


    2021年4月26日更新

    「人々の想像で〈人〉が生まれ地獄ができた。貴女はこのままでは終わる救世を拒むの?」 想像したものが現実となる。その力の源である万能粒子を人々は『テイル』と呼んだ。――人々はそれを力として使い戦争を起こすに至ってしまった。 人々は地獄と化した世界を救う救世主を求め創造した。人間と同じ見た目でありながら、頭脳、身体能力、万能粒子への適合度が高い〈現神人《あらがみひと》〉、通称〈人〉。人間を強大な力で戦争の世界から救ったが、上位存在の知性体として人間を支配、管理するようになった。 日ノ本も戦乱の世。12の〈人〉の一族が島国を十二分し、思想の違いから争いあっていた。 この物語は、1人の少女の恋と旅立ち、絶望と時代の終わりまでの戦いを書く。 ※更新や最新情報はTwitterをチェック!→https://twitter.com/TT_againsthuman Ⅰ 『無知故の白き羽は、戦いと思慕で紅色に染まる』――The girl was left behind―― 13歳になった少女、四十番もまた、その争いの兵士となるように育てられ、成人式を契機にいずれかの〈人〉の下で奉仕をするために売られることになる運命だった。しかし、彼女を買収したのは16歳の旅人。彼らは行方不明となった友人を見つけるための旅をする傭兵。 彼らの弟子となり、『明奈』という名前を与えられた彼女は、主となった2人との生活の中で、自分の生きる意味と希望を見つけていく。 「私、先輩と一緒に生きて、お手伝いがしたいです」 その言葉は、彼女を、少年2人が抱えていた運命との戦いに巻き込み始める。 Ⅱ 『楽園に至る紅き蝶は、邪神の炎に包まれる』 ――The city is full of inferno―― 源家本領の戦いから、2年が経過した。 戦いの舞台は京都。倭の中で人間が唯一比較的自由に暮らすことができる人間にとっての理想郷人間の自治区。人間差別主義の家の襲撃が訪れる最中、明奈の目の前に〈影〉の神が現れ、明奈の戦いが佳境を迎える。そして史上最悪の内戦の1つと呼ばれた、京都会戦が始まる。 ※小説家になろう カクヨム ノベリズム アルファポリスでも掲載中 ※作者Twitterで活動情報等のお知らせをしてます→@TT_againsthuman

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間56分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • お見合い相手は大嫌いな同級生だった!

    よろしくお願いします♪

    2,000

    0


    2021年6月13日更新

    「雪乃、明後日の日曜日にお見合い決定やから!」と突然母に言われ 付き合っている相手もいなく 三十路手前の私、羽山雪乃27歳には断る理由もすべもなく仕方なくお見合いを受けるはめになった・・・。 そしてお見合いの席でお見合い相手を確認したら 「横山丈一郎です。雪乃久しぶりやなぁ」と中学の頃の私の同級生だった、大嫌いな奴が爽やかな笑顔で私に微笑み立っていた・・・。 お見合いの相手が、まさかの同級生・・・その頃の奴の一言のせいで私はトラウマになったんや!!! 誰がアンタなんかと結婚するか!! 絶対に断ったるからな!!

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 事故死して生まれ変わった俺の体は、皮肉にも妻の浮気相手になっていた

    死ぬ間際から転生後まで過酷だ……

    5,000

    0


    2021年6月13日更新

    『どうせなら異世界に転生した方がマシだったかもしれない……。』 妻の浮気現場を目撃し、気が沈んだまま迎えた初めての結婚記念日。 しかし不運な事故に遭い、目が覚めた時には過去の世界の『自分』………ではなく妻の『浮気相手』になっていた⁉︎ 知ってる世界で巻き起こる、知らなかった急展開。 見つめ直される主人公と妻と浮気相手の関係性。 それでも主人公は同じ職場で、別人として働く毎日。 まさかの事態は受け止めるけど、愛した妻への感情は錯綜しっぱなし。 そもそも今の俺、どう見ても『浮気相手』だよ‼︎

    読了目安時間:1時間24分

    この作品を読む