異世界ファンタジー 長編 連載中

異世界転生でチートを授かった俺、最弱劣等職なのに実は最強だけど目立ちたくないのでまったりスローライフをめざす ~奴隷を買って魔法学園で底辺生活を送ってたらいつのまにか英雄視され美少女に囲まれてた件~

作者からの一言コメント

なろう系の皮をかぶった一大叙事詩。

読了目安時間:33時間52分

総エピソード数:807話

異世界転生でチートを授かった俺、最弱劣等職なのに実は最強だけど目立ちたくないのでまったりスローライフをめざす ~奴隷を買って魔法学園で底辺生活を送ってたらいつのまにか英雄視され美少女に囲まれてた件~の表紙

不慮の事故(死神の手違い)で命を落としてしまった日本人・御厨 蓮(みくりや れん)は、間違えて死んでしまったお詫びにチートスキルを与えられ、ロートス・アルバレスとして異世界に転生する。 「目立つとろくなことがない。絶対に目立たず生きていくぞ」 生前、目立っていたことで死神に間違えられ死ぬことになってしまった経験から、異世界では決して目立たないことを決意するロートス。 十三歳の誕生日に行われた「鑑定の儀」で、クソスキルを与えられたロートスは、最弱劣等職「無職」となる。 そうなると、両親に将来を心配され、半ば強制的に魔法学園へ入学させられてしまう。 魔法学園のある王都ブランドンに向かう途中で、捨て売りされていた奴隷少女サラを購入したロートスは、とにかく目立たない平穏な学園生活を願うのだった……。 そしてロートスは、この世界の真実に近づいていく。 スキルとは。 神とは。 そして運命とは。 これは、壮大なスケールで描かれる一大叙事詩である。 表紙イラスト:サイト 様 ※『小説家になろう』でも掲載しています。

総エピソード数:807話

総エピソード数:807話

作品情報

作品名 異世界転生でチートを授かった俺、最弱劣等職なのに実は最強だけど目立ちたくないのでまったりスローライフをめざす ~奴隷を買って魔法学園で底辺生活を送ってたらいつのまにか英雄視され美少女に囲まれてた件~
作者名 朝食ダンゴ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ コメディ ほのぼの アクション/バトル 最強主人公 男主人公 悪役令嬢 エルフ ラブコメ 第3回HJ大賞 学園 転生/転移 チート ハーレム スキル
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年1月13日 4時54分
最終更新日 2023年6月3日 12時08分
完結日 -
文字数 1,016,092文字
読了目安時間 33時間52分
総エピソード数 807話
ブックマーク登録 474件
コメント 269件
スタンプ 3,231件
ビビッと 23件
応援ポイント 2,718,171pt
ノベラポイント 2,852pt
応援レビュー 3件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ЯeinCarnation

    転生者と吸血鬼の戦いを描く物語

    90,000

    50


    2023年6月5日更新

    「私の人生は吸血鬼共を殺す為にある」 吸血鬼を粛清する天命を与えられたリンカーネーション。その一人である彼女の異名はヒュブリス。亡き恩師の理想『吸血鬼が存在しない世界』を果たす為、孤独に吸血鬼と戦い続けてきた。 彼女が転生したのは千年後の時代。生まれ持った肉体は彼女が最も嫌う吸血鬼とのハーフ。そして出会ったのは異世界転生者の高校生だった。 敵対する異世界モノに描かれた無敗の怪物。新武装と奇怪な力『血涙』を片手に、彼女はアレクシア・バートリとして吸血鬼や規格外の存在と死闘を繰り広げていく。 そう、これは新生ダークファンタジーの世界を歩む──転生者の少女と異世界転生者の少年の物語である。 ※更新日は平日の月曜日の7:00です。 ※調子が良ければ水曜日、金曜日の7:00にも更新します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:46時間55分

    この作品を読む

  • 裏切りの令嬢は微笑み返す〜推しのためになら剣を取りましょう〜

    力が全て

    100

    0


    2023年6月5日更新

    ---------------- 【作者が考える作品のセールスポイント】 1.主人公は血に課せられた役目(仕事)を果す 2.推しに一途 3.多視点での構成 ---------------- あらすじ 「好きです!私を貴方のお嫁さんにしてください!」 「悪いが君の想いに応えてやれない」 何度目になるでしょうか。こうしてヴァン様に告白するのは。そして、何度目でしょうか。こうしてヴァン様に断られるのは…… 私が英雄の血族であるが故に、ヴァン様は私の手をとってはくれないのですね。英雄の血族の私に剣を持たなくて良いと唯一言ってくれた。 しかし、隣国との戦、数々の魔物の襲来。そして、王都の壊滅。未来は絶望へと繋がっていくのです。 私は貴方が生きる未来の為ならば、喜んで剣を取りましょう。例えその結末がゲームの通りに私が貴方に剣を向けることになったとしても、最推しのヴァン様の為にバッドエンドなど切伏せて差し上げます。 ですが、あのゲームのラスボスって誰だったのかしら? *内容に不快感を感じられましたら、そのまま閉じることをお勧めします。異世界シンデレラのタグついてますが、シンデレラ(成り上がり)ではありません。 *作者の目は節穴のため誤字脱字は存在します。 *アルファポリス様、カクヨム様、小説家になろう様にも投稿しております。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間14分

    この作品を読む

  • 「愛する方とは永遠に結ばれないでしょう」と予言された王子のお話

    予言の意味を正しく読み解いた王子のお話

    0

    0


    2023年6月5日更新

    昔々あるところに、一つの王国がありました。王様と、王妃様と、王妃様から生まれた三人の王子様達は、立派な王宮で仲良く暮らしておられました。国を治めるという、大変なお仕事を、立派に務めておられました。 王宮の近くに、小さな離宮がありました。小さな離宮にも、王子様がおられました。王妃様ではなく、平民から生まれた四人目の王子様でした。 四人目の王子様は「愛する方とは永遠に結ばれないでしょう」と予言を授けられました。 王様も王妃様も王妃様から生まれた三人の王子様たちも、貴族たちも、その予言に驚きましたが、四人目の王子様は、元気に「はい」と、お返事をされました。 月日は流れ、四人目の王子様も、恋するお年頃になりました。王国にある王侯貴族と一部の平民だけが通うことが出来る学園に、慣例通り、通っています。四人目の王子様は、お勉強が苦手でした。王子様がお勉強が苦手では困ります。学園長先生は、一人のお勉強が得意な平民の女の子を、四人目の王子様にお勉強を教えるために雇いました。 王族と平民は身分が違いすぎます。「愛する方と永遠に結ばれないでしょう」と予言された王子様です。相手の女の子を万が一好きになっても予言があります。問題はないだろうと学園長先生はお考えになったのです。 王様と王妃様と王妃様から生まれた三人の王子様たちも、学園長先生の意見に反対しませんでした。ご本人たちも、愛する人とでなく、国のためになる人と結婚するのです。「愛する方と永遠に結ばれないでしょう」という当たり前のことを告げた予言のことなど気にしていませんでした。 王家の人々にとって、平民は、治めるべき民です。慈しみ導いてやる存在であり、結婚などありえません。隣国との国境が騒がしくなり始めていたこともあり、四人目の王子様のことを考える暇などありませんでした。 人生は、予想通りに行くとは限りません。 これは、「愛する方と永遠に結ばれないでしょう」と予言された王子様と、その王子様を愛した女性の物語です。 フィクションです。実在の国、事件とは一切関係がありません。中世の欧州を基盤とした架空の世界です。身分制度があります。宗教もあります。物語の設定上のものであり、筆者個人の思想との関連性はありません。 R15は保険です。小説家になろう、カクヨムにも投稿しております。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 転生のおと

    ファンタジー成分薄めでのんびり展開。

    1,700

    0


    2023年6月5日更新

    気付けば男は何もない白い空間から、別の肉体へと意識を移していた。 いつしか彼の意識は溶け合い、混濁し、そして元の記憶も思い出さぬまま地道に生きていくこととなるのだが―― ゆっくり展開異世界転生成分ファンタジー成分薄めの異世界転生ファンタジー。 第1章、第2章はライトノベル風、進行中の第3章はライト文芸風。 ※派生作品の「紫黒の乙女 -転生のおと外典-」(完結済み)もよろしくお願いします。 https://novelup.plus/story/755959601 ※この作品は縦書き表示推奨です。 ※この作品は小説家になろう、カクヨム、エブリスタでも投稿しています

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間57分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 悪の組織の新米幹部 死にかけの魔法少女を拾いました!

    これは、悪党なりの人助け。

    2,300

    0


    2023年6月4日更新

    悪の組織の新米幹部ピーターは、幹部としての初任務で侵略するかもしれない世界の調査を命じられる。 しかしそこは、魔法少女と怪物が戦い合う恐ろしい世界だった。 そんな中、偶然ピーターは目の前で死にかける一人の魔法少女を悪の組織として(治療のため)攫ってしまう。 「元居た所(深夜枠とニチアサ系の中間。日常系友情あり熱血あり微ダークあり)に返してきなさい」 「(治療の為に色々やらかしたからほとぼりが冷めるまで)嫌です!」 これは、悪ではあるけど非情には成り切れない新米幹部がつづる調査記録。 この作品はハーメルン、小説家になろう、カクヨム、ツギクルにも連載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • ダークスレイヤーの帰還

    最初で最後の本格&エピックなファンタジー

    1,910,723

    18,895


    2023年5月30日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、最終選考!】 ※現在小規模な改稿中です! かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は350万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 ※各章話の予定はその項をご覧ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:44時間19分

    この作品を読む

  • 世界の平和より自分の平和

    神の子(超不器用)と愉快(?)な仲間たち

    554,950

    1,316


    2023年6月2日更新

    (物理的に)不器用な神様の子とその周囲の人々がわちゃわちゃする、90年代ライトノベル風味の現代ダークファンタジー。 スプラッタや、稀に同性愛表現が含まれます。 ****** 人間の両親と聖獣“朱雀”のミトコンドリア置換で生まれた『試験管ベイビー』の主人公、翔。そんな彼は不器用で、能力の扱いはイマイチ。痛覚が鈍く、しかし痛いのが大好きで、自傷癖持ち。一番の友だちは、百舌鳥の寒太。 ふわふわの薄栗色の髪の毛には太いアホ毛。とても目立つワインレッドの眼は、いつも眠そう。顔付きは可愛くもなければ、男前でもない。 特性だらけのモブ。 成り行きで婚約者となった未来の嫁は魔女らしく、超絶美人な日本×ドイツのハーフ。その嫁の使い魔は、自分が殺してしまった父親。 だが、翔は婚約者がどうも苦手だったりする。 そんな彼らに忍び寄る、他組織の影。 時に爆発を起こし、時に自分を刺したりしながら、家庭内や、自らが所属している組織内でマイペースに成長していく。……のかもしれない。そんな話。 ================ ☆小説家になろうからの転載 ☆週1~2回更新 ☆ブックマーク、感想、スタンプなど頂けると踊って喜びます!(ただし、作者はおぼろ豆腐のようなメンタルの持ち主です) ☆挿し絵も自作 『ウサギ印の暗殺屋~13日の金曜日~』(完結済)の、ちょうど二年前の話(『ウサギ印』の親的なお話)になります。 (連載開始は『ウサギ印』より早かったのです……) キャラ多過ぎ! をコンセプトに書いてるお祭り小説なので、キャラが多いです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間16分

    この作品を読む

  • 罪人は英雄の夢を見る

    現実に抗う物語。超絶バトルものです。

    789,596

    12,963


    2023年5月22日更新

    魔神が白き英雄によって討たれてから二千年が過ぎた世界。 白き英雄を崇める白炎教会によって超常の力は弾圧され、あらゆる魔性の存在は悪とされていた。 社会を脅かす魔性の存在と、それらから人々を守る白炎教会。 長きにわたる善と悪の戦いだと、世間は信じて疑わない。 所詮は他人事。自分たちが血を流すことにならなければ、世界は平和だと信じていられる。 盲信することを選び、思考を放棄した人々は気がつかない。 悪と決めつけられ、生存権を奪われた魔女や魔術師、異形の者たちの叫びに。 生きるための戦いを余儀なくされた者たちは爪を研ぎ、抗い続ける。 世界から排斥された者たちの行きつく先とは——。 紛い物の英雄譚、ここに開幕! ※毎週月曜更新予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間45分

    この作品を読む