異世界転生でチートを授かった俺、最弱劣等職なのに実は最強だけど目立ちたくないのでまったりスローライフをめざす ~奴隷を買って魔法学園で底辺生活を送ってたらいつのまにか英雄視され美少女に囲まれてた件~

ついてきちゃったんですか

 エレノアが言っていたことを思い出す。  クラス分け試験の評価基準に、どのダンジョンを選ぶのかが含まれているんじゃないか。もしそうだとしたら、俺の選択は誤っていたことになる。 「サラ。このメダルをそのまま持っていくことについて、どう思う?」 「別にいいんじゃないですか? 早く終わらせるに越したことはないでしょうし」 「バカ。それじゃあ余計な評価をされちまうだろうが。俺は目立ちたくないんだ。平均点かそのちょっと下あたりを狙いたいんだよ」 「それでしたら……」  サラはうーんと腕を組む。 「だったらいっそのこと捨てちゃったらどうですか? そのメダル。それで、他のダンジョンに新しいメダルを取りに行くとか」 「あれだけ苦労して手に入れたメダルを捨てる? そりゃいい考えだな」  何度も言う。俺の行動理念ランキングには、目立ちたくない、が堂々の一位に輝いている。その為なら、どんな苦労も功績もドブに捨ててやる。  とりあえず俺は、足元にメダルをポイ捨てした。幸運な誰かが拾ってくれることを信じて。 「ん?」  足元に違和感。 「ご主人様! これって……!」  おいおい、ウソだろ。  俺の足元には、あの大人しくなったスライムがいた。 「ついてきたのかよ……」  コンビニエンスストアほど大きかったスライムは、今やバレーボール大に縮んでいる。俺がイメージする某RPGのスライムっぽい。目と口はないけど。 「どうすんだよこれ」 「どうしましょう」  俺もサラも困っている。  うーむ。  スキルでテイムしたことにすればなんとかなるかもしれないが、見る人が見ればすぐにバレるだろう。俺にテイム系のスキルがないことは学籍情報にも登録されている。  なにより、スライムなんか連れていたら目立つことこの上ない。 「おい、お前」  俺はしゃがみ込んでスライムを睨みつける。 「俺にお前の面倒を見てやれる余裕はない。ついてきてもらっちゃ困る」  分かっているのかいないのか、スライムは小さく震えていた。 「あの、ご主人様。この子、お腹が空いているんじゃなかったでしたっけ?」 「ああ、そうだ。だから人を襲っていた。俺の『ノーハングリー』で誤魔化したみたいだけど」 「ご主人様がこの子から離れちゃうと、また同じことが繰り返されるんじゃ……」 「そうは言ってもな」 「それにこの子。もうご主人様に懐いてるみたいです」  まじか。 「スキルなしでモンスターをテイムするなんて、やっぱりご主人様はものすごい『無職』ですね!」  しかしどうしたものか。ダンジョンで生まれたモンスターが外に出てくるだけでも事件なのに。 「仕方ない。とりあえずこれに入れておくか」  俺は懐からビンを取り出す。今は空だが、王都への旅で飲み水の容器にしていたものだ。 「やいスライム。ついてきたいならこの中に入れ。イヤなら大人しく森へお帰り」  俺がビンを置くと、スライムは迷う素振りも見せず中に収まっていった。  そんなについてきたいのか。しょうがねぇなぁ。 「ご主人様の魅力には、スライムでさえメロメロってことですね!」 「サラ。いつも俺を肯定してくれてありがとな。めちゃ自信に繋がる」 「本心を申し上げているだけです!」  ああそうかい。それが一番ありがたいんだよ。  それはともかく。  不本意ながらスライムを仲間にした俺達は、平均的評価を得るために他のダンジョンに向かうことにした。  目指すは、捨てられた神殿だ。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿