異世界ファンタジー 長編 連載中

どん亀と呼ばれた僕は、理想の彼女を見つけるという不純な動機で片手間に冒険者家業を続けてるけど、そんな様子を神様はしっかり見ていたようで…

作者からの一言コメント

亀と蛇が織り成すエロチック&ファンタジー

読了目安時間:2時間11分

僕──クロウル・シルベスタは、冒険者ギルドのサポーター組合制度に登録したC級冒険者。 今は、S級クラン「紅龍の牙」の臨時サポーター要員。 呼び名はどん亀、または亀ちゃん。 使えるスキルは、アイテムボックス・真甲羅の2つだけ。 味方の周囲に甲羅盾を何枚か並べると、自らの背を丸めて亀の甲羅のように変化させ、後は、戦いが終わるのを|只管《ひたすら》待つのが僕の十八番。 毎回十八番の必殺技を繰り出していたら、そりゃ─、誰だって、いつかはそうするさ。 強敵に負けそうになったら、必ずそうなるだろうって覚悟はしてた。 そう、僕は囮にされた。 重傷を負って、辛うじて生き残った「紅龍の牙」のメンバー達から見捨てられた。 敢え無く強敵に食われた僕は、消化液が溢れる強敵の腹の中で、自分の死に様を嘲笑う。 だが、待てど暮らせど、僕は死ななかった。 真甲羅スキルは、再生化、魔素浄化吸収、状態異常完全無効化の効果もある、ぶっ壊れスキルだったからだ。 今まで貯めていたスキルPTを消費して真甲羅スキルを一気にレベルUPさせた僕は、念願の甲羅素材の一戸建ての家を新築、強敵に一緒に食われた聖女様達と一つ屋根の下、一緒に暮らし始める。 其の内に強敵の内に内在する穢れた魔素をどんどん吸収していき、新たな種族『玄武人族』に進化した僕は、強敵を内側から爆死させてしまう。 大量の経験値を取得した真っ裸の僕は、諦めの表情を浮かべた。 だって、人間の姿じゃなくなったから。 見た目は亀人の魔物。 全身が硬い鱗に覆われて、背中が甲羅を背負った姿。 そして、何故か僕の大事な息子が、とぐろを巻いた喋る蛇になっちゃった? その蛇は伸び縮みができるけど、元の長さにするのは無理だって言うしさ。 付け根の部分から分裂するみたいに何本も生やせる特技があるって偉そうに自慢をし始める蛇。 さあ、これからどうする。 これは、亀の蛇が織り成す異世界ファンタジー巨編。 ちょっとエロちっくな蛇と臆病な亀が繰り広げる物語が今、幕が上がる。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 どん亀と呼ばれた僕は、理想の彼女を見つけるという不純な動機で片手間に冒険者家業を続けてるけど、そんな様子を神様はしっかり見ていたようで…
作者名 黒いきつね
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ファンタジー 異世界 チート 魔王 ちょいエロ 恋愛したい 玄武 甲羅
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2021年4月30日 0時19分
最終投稿日 2021年5月23日 18時21分
完結日 -
文字数 65,682文字
読了目安時間 2時間11分
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 成瀬敬一(なるせけいいち)は、恋人や親友らと共に見知らぬ世界で目覚めた。 そこは自分たちの知らない別世界であった。 召喚した理由は、この世界に存在する大迷宮を攻略させるためだという。 当然反発する俺達だったが、死んでも記憶を失って帰るだけ。だが十分な成果を上げて帰れば特別な力を持ち帰れる。 しかも召喚者にはもれなくスキルという強力な力を得ることが出来るという言葉で、あっさりと引き受けた。 ……はずだったのだが、なぜか俺のスキルはハズレ。何もないというのだ。 召喚者の定員には限度がある。役立たずは即お帰りという事で、俺は帰還のゲートとやらにポイ……だがその途中、突然に発動した謎のスキル『ハズレ』。 それが全ての始まりであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間1分

    この作品を読む

  • 竜のこどもの物語 ~青年は竜のこどもとして竜となる~

    思わず笑顔になっちゃう作品をあなたに。

    86,000

    120


    2021年6月22日更新

    主人公《平田 深那生》(ひらた みない) は、あとすこしで卒業を控える大学生。ちょっとだけつっ走りがちな彼は、ある日突然、異世界へと召喚される。 光の灯る闇のなか、そこで彼が目にしたもの――。それは、黒燐を纏(まと)い、紅い瞳で彼を見つめる、巨大な竜の姿だった……。 まるで、小説や映画にでも出てきそうなその竜は、彼の無事を確認。すると魔法で、美しい女性の姿に変身し、すこし、緊張しながらこう告げる――。 「……ぬしよ。わしの『息子』になってはくれぬか……」 「……へ?」 ……これは、彼と竜とが織りなす、魔法の世界の物語――。 いきなり喚ばれた異世界で、『竜のこども』になる彼に、いったい、どんな出会いがあるのだろうか……? ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ※【R -15】表現について。 → リアルな感じでいきたいのですが、『なるべく少なめに』書いていく予定です。 ・・・ 内容は、王道展開に持っていく予定の長編作品です。「序章」では、主人公と竜の出会いから、その仲を深めていくまでを描いています。 ・・・ 「バトル要素」は、外伝にてお試しですこし。【※036[其の伍]熊】にて――。 本編でのバトルは、「第1章」からの予定です。 ・・・ ※外伝が完結しました。【032〜042】にあります。(2021/02/23。全11話。) ※序章が完結しました。【001〜031、043〜056】にあります。 (2021/03/27。全41話、前幕1話、番外編2話、幕間1話。) ※第1章が始まりました。(2021/05/01。) ・・・ 【※のんびり更新中です】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間16分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る